無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 世田谷区尾山台で台風で破損した棟板金とスレート屋根を火災保険.....

世田谷区尾山台で台風で破損した棟板金とスレート屋根を火災保険で交換工事

【施工前】
被害を受けたスレートの棟板金

【施工後】
棟板金交換工事が完成しました

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


世田谷区尾山台で屋根の修理工事をおこないました。
昨年10月の台風19号(令和元年東日本台風)の強風により、スレート葺き屋根の棟板金が浮いてしまいました。台風の強風の被害の場合、建物の火災保険の風災が適用になり、元の状態に戻す為の復旧工事の費用を保険会社が負担してくれます。今回の工事も保険が適用になりました。
被害が出たのは棟板金だけではなく、スレートの破損もありました。割れたのは一部ですが、割れたスレートを差し替えるためには一枚だけ交換すると雨漏りのリスクが高くなってしまうため、お勧めできません。
被害を受けたのは、屋根の側面部分のケラバと谷に挟まれた三角の部分でしたので、その部分の葺き替えをおこないました。防水紙(ルーフィング)の劣化もありましたので、防水紙から新しくしていますので、雨漏りの心配も無くなりました。
木製の貫板から樹脂製の貫板に変更して新しいガルバリウム鋼板製の棟板金にしております。固定も釘からビス(ネジ)にしておりますので、更に風の影響をうけにくくなりました。
世田谷区尾山台で屋根の修理工事をおこないました。
昨年10月の台風19号(令和元年東日本台風)の強風により、スレート葺き屋根の棟板金が浮いてしまいました。台風の強風の被害の場合、建物の火災保険の風災が適用になり、元の状態に戻す為の復旧工事の費用を保険会社が負担してくれます。今回の工事も保険が適用になりました。
被害が出たのは棟板金だけではなく、スレートの破損もありました。割れたのは一部ですが、割れたスレートを差し替えるためには一枚だけ交換すると雨漏りのリスクが高くなってしまうため、お勧めできません。
被害を受けたのは、屋根の側面部分のケラバと谷に挟まれた三角の部分でしたので、その部分の葺き替えをおこないました。防水紙(ルーフィング)の劣化もありましたので、防水紙から新しくしていますので、雨漏りの心配も無くなりました。
木製の貫板から樹脂製の貫板に変更して新しいガルバリウム鋼板製の棟板金にしております。固定も釘からビス(ネジ)にしておりますので、更に風の影響をうけにくくなりました。


担当:富田


【工事内容】
屋根補修工事 棟板金交換
【工事詳細】
使用材料
樹脂製貫板、ガルバリウム鋼板製棟板金、コロニアルグラッサ
施工期間
3日間
築年数
20年
平米数
26m
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
Y様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
3年間
【工事内容】
屋根補修工事 棟板金交換
【工事詳細】
使用材料
樹脂製貫板、ガルバリウム鋼板製棟板金、コロニアルグラッサ
施工期間
3日間
築年数
20年
平米数
26m
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
Y様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
3年間
足場アイコン火災保険アイコン台風アイコン棟板金交換

被害の状況を調べます

全体的には被害は受けていません 換気棟もあります

 スレート葺き屋根には棟板金が取り付けてあります。今回はその棟板金が浮いてしまったというお問合せで調査に伺いました。

 お問合せは棟板金でしたが、屋根全体の状況も一緒に点検していきます。

釘が抜けている部分が何か所かあります 浮いた棟板金

 棟板金は釘で固定されていますが、経年によって釘が抜けてしまう事があります。貫板という木に棟板金を被せて釘で固定するのですが、貫板が劣化して腐食したり木が痩せて釘が緩んで抜けてしまうと、棟板金が乗っているだけで固定されていないのと同じになるので、風の影響を受けやすくなってしまいます。

釘の抜けが何か所かあります

 『近所で工事をしているのですが、お宅の棟板金の釘が浮いていますよ』と言ってくる業者が最近増えています。しかし、2軒も離れてしまえば棟板金の釘が浮いている事は確認出来ませんので、この様に言ってくる業者には注意が必要です。

 今回調査に伺った屋根は、釘が抜けているところが何か所もあり棟板金の浮きもありましたので、棟板金交換工事が必要です。

台風の強風によってスレートも破損しています

棟板金以外にも被害がありました スレートの一部が割れています

 棟板金は浮いてしまった原因は、昨年の10月に上陸した台風19号(令和元年東日本台風)の強風によって浮いてしまいました。元々釘が抜けているところもあり固定されていなところが強風で浮いたのですが、棟板金以外にも被害を受けているところがります。

 屋根に葺いてあるスレートが割れているところがあります。スレートの表面が劣化していて反りが出始めていますので、強風が吹き込んで割れてしまった様です。

割れたスレート

 割れた部分のスレートだけを差し替える事も出来ますが、一枚だけ交換する時には釘で固定する事が出来ませんので、接着して固定する事になります。接着での固定では雨水の流れが阻害され雨漏りの原因になりますので、お勧めできません。

 今回のような台風の強風による被害の場合、火災保険の風災が適用になりますので、元に戻す為に掛かる工事費用を保険会社が負担してくれます。自己負担を抑えて直す事が出来ますので台風などの強風で被害を受けた時には保険申請をお勧めします。

棟板金交換と破損したスレートを直します

今回の工事で使用する材料です ガルバリウム鋼板製の棟板金

 今回の工事で使用する材料です。工事内容は棟板金交換と破損したスレートの部分葺き替えです。元々取り付けてあった棟板金はサビが出始めていましたが、交換する棟板金はガルバリウム鋼板製の物を使用しますので、サビにくくて耐久性も上がります。

樹脂製の貫板を使用します

 棟板金の下地には木製の貫板が使用されていましたが、新しい棟板金の下地には樹脂製の貫板を使用します。樹脂製の貫板は雨水や湿気などによって腐食する事がありませんので、今回の様な強風の被害を受けにくくなります。

棟板金交換は貫板を新しくする事が目的です

古い貫板を撤去します

 棟板金交換は板金自体はもちろん交換しますが、下地の貫板を新しくする事が目的です。古い貫板に新しい棟板金を被せても、しっかりと固定する事が出来ませんので、必ず貫板は新しくします。

貫板を撤去します 新しい貫板は樹脂製です

 古い貫板を撤去した後は新しい貫板を固定していきます。樹脂製の貫板を同じように配置して固定するのですが、木製の貫板は釘で固定されていました。釘はサビが出て膨張する事で効きが良くなるのですが、貫板が痩せてしまうと釘がそのままで貫板が外れてしまう事もあります。

樹脂製の貫板で強度アップ

下地は樹脂製です

 樹脂製の貫板の固定にはビス(ネジ)を使用します。ビスは引き抜きに強いので、貫板ごと浮いてしまう事を防ぐ事が出来ます。ネジ山がありますので釘と比べても木の劣化の影響を受けにくくなります。

隅棟にも樹脂製の貫板を固定します 樹脂製の貫板

 今回工事をおこなった屋根は屋根の形状から棟板金が複雑に連続しています。棟板金の固定がしっかりと出来る様に繋ぎの部分も丁寧に作業していきます。

棟板金交換工事が完成しました

棟板金交換が完成しました

 新しい樹脂製の貫板とガルバリウム鋼板製の棟板金をビスで固定して完成です。

 今までの様に木製の貫板に釘で固定されていたものと違い、固定が強固になっていますので強風が吹いても浮きにくく耐久性が高い棟板金に変える事が出来ました。

破損したスレートは部分葺き替えで直します

古い防水紙 防水紙を新しくします

 割れたスレートを直すのですが、割れた部分だけを直すわけではありません。

 スレートは屋根の一番低くなっている軒先部分から葺いていき、上の段を重ねて棟まで吹き上げていきますので、屋根の途中で割れたスレートを直す場合は、葺くときと逆に棟から破損したところまで剥がす必要があります。

 被害を受けたのが屋根の側面のケラバと谷に挟まれた三角形の部分だけでしたので、部分葺き替えも小面積で済みました。

部分葺き替え工事が完成しました

新しくスレートにします

 破損した面の部分葺き替えが完成しました。今回はこの破損した三角形部分だけを葺き替えたのですが、古いところと比べて色が違って見えます。屋根全体は元々今回新しくしたのと同じ黒(ブラック)の仕上げになっていましたが、経年によって色が褪せてしまい汚れの付着もあり色が全然違っています。

 この部分は撥水性が新しい状態に戻っていますので、劣化の心配もなくなりました。

 世田谷区尾山台でおこなった屋根の修理工事は、火災保険の風災を適用して直す事が出来ました。皆様も台風に限らず、風・雪・雹(ひょう)により建物が被害を受けた場合は、火災保険が適用になりますので保険会社へ確認する事をおすすめします。

 私たち街の屋根やさんでは、マスク着用やアルコール消毒などの新型コロナウイルス対策をおこなっておりますのでご安心ください。

 

 

世田谷区で令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風によって被災してしまった方へ

 2019年9月9日の台風15号、10月12日の台風19号の勢力は凄まじく、各地より被害のご相談をいただきました。世田谷区にお住まいのお客様からもお問合せをいただき、私たち街の屋根やさんでは、数多くの災害復旧工事を実施してきました。
 台風発生当時に比べて、ブルーシートがかかった屋根を見かける機会も減り、それだけ復旧工事が進んでいるように感じますが、中には、まだ工事を行えていない方もいらっしゃると思います。台風シーズン前にしっかりと補修を行いましょう。

令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風に関する世田谷区特設ページはこちら

このページに関連するコンテンツをご紹介

令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和2年6月1日更新 現在、台風に関するお問い合わせは落ち着いてきており、現地調査や工事着工についても通常通りお伺いすることができます。街の屋根やさんでは工事後、長く安心して暮らしていただくため、品質の高い適切な施工を行っています。お気軽にお問い合わせください。現在の東東京支店と品川支店、多摩川支店…続きを読む
【2020年最新】火災保険が適用される屋根工事

【2020年最新】火災保険が適用される屋根工事

 保険が適用される屋根工事、ってどういうことをイメージされるでしょうか?特にそれが「火災保険」となると「屋根修理に使えるの?」と繋がらないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?昨今は大型台風の上陸、そしてそれらの被害が頻発したことにより火災保険という名前や保険の支払い規模の大きさなどがメディア…続きを読む
スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

 国内でもっとも使用されている屋根材の一つが今回のテーマにもなっているスレート(化粧スレート)と呼ばれる屋根材です。コロニアルやカラーベストとも呼ばれることも多く、「我が家も屋根材にスレートを使っている」という方も多いかもしれませんね。仮に瓦や金属といった他の屋根材のお住まいに住んでいらっしゃる方で…続きを読む
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう

台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう

 私たちの住んでいる日本は世界的に見ても台風や地震といった自然災害が非常に多い地域です。台風の数で言うと気象庁の発表では2000年以降462(年間平均24)の台風が発生し、58もの台風が日本に上陸しました。年間平均で3、最も多い2004年には10を超える台風が日本に上陸し私たちの生活を脅かしました。…続きを読む
棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

 毎年9月、10月の台風の時期になると特に増えるお問い合わせがあります。それは「棟板金交換」です。こちらのページをお読みの方でも「屋根の上から異音がする」など屋根の上の異変に不安を抱えていらっしゃる方はいらっしゃいませんでしょうか?台風に限らず春一番や竜巻、木枯らしなど突発性の強風でも被害を受けるこ…続きを読む
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

 台風銀座と呼ばれている沖縄・九州・地方・近畿地方南部だけでなく、毎年のようにさまざまな地域に被害をもたらす台風。台風の通過により各地で被害が発生し、毎年多くのお問合せをいただきます。また、台風の通過からかなりの日数が経っているというのに街の屋根やさんにでは季節に関係なく「前回の台風で屋根が被害を受…続きを読む
台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう

台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう

 日本全土のほとんどが台風の通り道であり、地震大国でもあるという日本、豊かな気候など温泉やメリットもあるのですが、災害が多いというデメリットもあります。地震や台風で被災してしまった場合、最も大切なのは二次被害を防ぐということです。二次被害は心掛け次第でゼロにすることができるはずです。台風後や地震後の…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
屋根の台風対策|雨漏り対策|無料点検実施中

屋根の台風対策|雨漏り対策|無料点検実施中

  お住いの台風対策はお済みですか?   台風対策に向け、お住まいのココがチェックポイント!   ※特に屋根の点検は危険ですので、専門家にお任せください! 問題があった方は要注意!台風被害にあう可能性があります…続きを読む
雪害漫画コンテンツ台風漫画コンテンツ火災保険漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      足立区入谷で令和元年東日本台風で棟板金を飛ばされたお客様の棟板金交換修理と屋根塗装を行いました

      【施工内容】

      棟板金交換、屋根塗装、ガルバリウム鋼板

      立川市錦町でトタンの腐食が原因で雨漏りしていた玄関の庇を下地から直しました

      【施工内容】

      屋根補修工事、雨漏り修理

      八王子市中野町で強風で落下したモニエル瓦のケラバを修理します

      【施工内容】

      屋根補修工事、瓦屋根工事

      その他の施工事例一覧→

      世田谷区と近隣地区の施工事例のご紹介

      調布市西つつじケ丘で剥がれてしまった軒天の補修工事をいたしました

      【施工内容】

      破風板・軒天部分補修

      世田谷区深沢で雨水でボロボロになった階段をタキステップで仕上げます

      【施工内容】

      その他の工事

      調布市国領町で倉庫の大型雨樋を高所作業車を使用して交換工事をおこないました

      【施工内容】

      雨樋交換

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      イオン銀行住宅ローン

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る