無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 世田谷区鎌田で強風で捲れてしまった片流れ屋根の棟板金を交換し.....

世田谷区鎌田で強風で捲れてしまった片流れ屋根の棟板金を交換しました

【施工前】
強風で捲れた棟板金

【施工後】
棟板金交換工事が完成しました

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


世田谷区鎌田で棟板金の交換工事をおこないました。
スレート葺き屋根の一番高いところに取り付けてあるのが棟板金ですが、今回工事をおこなったのは片流れと言って屋根が一面だけで作られている屋根の棟板金です。
切り妻屋根などは棟板金が屋根面と屋根面をまたぐ様に取り付けてありますが、片流れの場合は、片側は屋根面ですが、反対側は外壁面に面しています。この様な形状の場合、建物にぶつかった強風が下から吹き込んで外壁面側から棟板金を持ち上げてしまう事があり、今回の被害もそれが原因になっています。
棟板金は貫板という木をスレートに固定して、貫板を下地にして棟板金を固定しています。工事をおこなった建物は築12年で貫板に腐食はみられませんでしたが、釘で固定している為に引っ張りには強くありませんので、新しい下地には樹脂製の貫板を使い、固定には釘ではなくビス(ネジ)を使用しましたので、風の影響を受けにくくする事が出来ました。
世田谷区鎌田で棟板金の交換工事をおこないました。
スレート葺き屋根の一番高いところに取り付けてあるのが棟板金ですが、今回工事をおこなったのは片流れと言って屋根が一面だけで作られている屋根の棟板金です。
切り妻屋根などは棟板金が屋根面と屋根面をまたぐ様に取り付けてありますが、片流れの場合は、片側は屋根面ですが、反対側は外壁面に面しています。この様な形状の場合、建物にぶつかった強風が下から吹き込んで外壁面側から棟板金を持ち上げてしまう事があり、今回の被害もそれが原因になっています。
棟板金は貫板という木をスレートに固定して、貫板を下地にして棟板金を固定しています。工事をおこなった建物は築12年で貫板に腐食はみられませんでしたが、釘で固定している為に引っ張りには強くありませんので、新しい下地には樹脂製の貫板を使い、固定には釘ではなくビス(ネジ)を使用しましたので、風の影響を受けにくくする事が出来ました。


担当:富田


【工事内容】
棟板金交換
【工事詳細】
使用材料
ガルバリウム鋼板製棟板金、樹脂製貫板
施工期間
3日間
築年数
12年
平米数
13.5m
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
K様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
3年間
【工事内容】
棟板金交換
【工事詳細】
使用材料
ガルバリウム鋼板製棟板金、樹脂製貫板
施工期間
3日間
築年数
12年
平米数
13.5m
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
K様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
3年間
足場アイコン棟板金交換

強風で捲れてしまった棟板金

片流れのスレート屋根 真ん中あたりが浮いているのが確認出来ます

 建物はスレート葺きの片流れ屋根です。屋根面が一面で作られているのが特徴で一番シンプルな屋根の形状です。低い方は軒先になっていて雨樋が吊ってあり、高い方には棟板金が取り付けてあります。

 今回の工事のきっかけは棟板金が浮いてしまったというもので、現地を確認したら片流れの棟板金の真ん中あたりが浮いているのが確認出来ました。

 台風などの強風の場合火災保険の風災が適用になります。台風に限らず瞬間最大風速20m/秒以上の風が吹けば対象になりますので、この様な被害の場合は保険会社へ申請してみましょう。

浮き上がった部分

 赤丸で囲った部分が浮いた棟板金です。強風で持ち上げられてしまった部分で足場を架けて交換工事をおこないます。

 片流れの屋根の棟板金は、片側は屋根面での固定になりますが反対側は外壁面に固定する事になり、吹き上げの風の影響を非常に受けやすいので、下から持ち上がってしまいやすい作りです。

足場を架けて棟板金交換工事を開始します

撤去していきます 築12年で貫板に腐食はありません

 スレートを葺いた後に貫板という木を固定して棟板金を被せています。築12年で貫板が腐食している訳ではありませんでしたが、棟板金だけ持ち上げられていました。

 棟板金交換工事では、板金だけでなく貫板も一緒に新しい物へ交換しますので、古い貫板も取り外します。

棟板金の下に換気用が作ってあります

 板金と貫板を外すと屋根の下地が見えますが、下地の野地板の下に網が取り付けてありました。これは、小屋裏(天井裏)の換気の役割をしていて、温まった小屋裏の空気が軽くなって上にあがるために、一番高い棟板金の所で外へ逃がす造りになっています。この換気がある事で小屋裏に空気の対流が起きるので、熱や湿気がこもりにくくなります。

 網自体は棟板金を被せると隠れてしまうので、雨水が入る心配はありません。

樹脂製の貫板を固定します

古い棟板金を撤去します

 古い貫板を棟板金を撤去した後は新しい貫板を屋根に固定していきます。

 元々は木製の貫板が使用されていましたが、新しい貫板は樹脂製の物を使用します。古い貫板も腐食していたわけではありませんが、木製ですので乾燥して痩せてしまったり経年によって腐食してしまう事があります。樹脂製の貫板を使用すると痩せる事も腐食する事もありませんので、固定が緩くなったりする心配も無くなります。

新しい貫板を固定します

 貫板や棟板金は釘を使って固定されていましたが、今回の交換工事では釘の替りにビス(ネジ)を使いますので、引っ張りに強くなるために緩んだり抜けたりしにくくなるので固定も強固になります。

棟板金交換工事が完成しました

棟板金のジョイントにはコーキングを裏打ちします 棟板金工事が完成

 交換する棟板金は長さが13.5mほどありますので、端から端まで一枚の棟板金では施工できません。必ずジョイントが出来て棟板金同士を重ねて繋げていくのですが、重なる部分にコーキングを裏打ちしておくことで、仕上がった表面にコーキングが剥き出しな状態にならないで済みます。ジョイント部分をこの様に繋いでいって棟板金交換工事が完成します。

棟板金交換工事完成

 強風で浮き上がった棟板金は下地から新しくなり強固な固定方法に変えましたので、これで風の影響を受けにくくする事が出来ました。台風などの瞬間的に吹く強風の時には耐えられないかもしれませんが、今までより間違いなく安心できる様に工事をおこなわせていただきました。

このページに関連するコンテンツをご紹介

台風・雨漏りに弱い!?片流れ屋根の特徴とメンテナンス方法

台風・雨漏りに弱い!?片流れ屋根の特徴とメンテナンス方法

 「片流れ屋根って強風に弱いって聞いたから台風シーズンが来ると心配で・・・」 「片流れ屋根は雨漏りが多いみたいだけど本当なの?」 このような不安やお悩みを抱えてはいませんか。シンプルモダンでおしゃれな外観が魅力の片流れ屋根ですが、台風や雨漏りには弱いとされている側面もあります。台風や雨漏り…続きを読む
棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

 毎年9月、10月の台風の時期になると特に増えるお問い合わせがあります。それは「棟板金交換」です。こちらのページをお読みの方でも「屋根の上から異音がする」など屋根の上の異変に不安を抱えていらっしゃる方はいらっしゃいませんでしょうか?台風に限らず春一番や竜巻、木枯らしなど突発性の強風でも被害を受けるこ…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      葛飾区西新小岩で棟板金の交換工事を施工、それに伴い屋根塗装工事も同時に行いました

      【施工内容】

      棟板金交換、屋根塗装、遮熱塗料

      足立区西新井で昨年の台風19号(令和元年東日本台風)で被害を受けた棟板金を火災保険を使って交換しました

      【施工内容】

      棟板金交換、ガルバリウム鋼板

      調布市深大寺元町で下地が腐食したかわらUの棟をガルバリウム鋼板の棟板金へ交換工事

      【施工内容】

      屋根補修工事、棟板金交換

      その他の施工事例一覧→

      世田谷区と近隣地区の施工事例のご紹介

      三鷹市深大寺で漆喰が剥がれて棟が崩れ始めたので棟瓦取り直し工事で元通りにします

      【施工内容】

      棟瓦取り直し 

      世田谷区成城で外れかけた天井のボードを張替え工事で修復しました

      【施工内容】

      その他の工事

      杉並区阿佐谷北で強風の被害を受けた波板をポリカーボネートで張り替えます

      【施工内容】

      屋根補修工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      イオン銀行住宅ローン

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る