無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 葛飾区金町にて遮熱塗料(高日射反射率塗料)が対象の助成金で外.....

葛飾区金町にて遮熱塗料(高日射反射率塗料)が対象の助成金で外壁塗装工事、合わせて屋根カバー工事も実施しました

【施工前】
葛飾区金町で屋根外壁調査を行いました

【施工後】
葛飾区金町でスーパーガルテクトを使用した屋根カバー工事・サーモアイウォールで外壁塗装工事を実施

【お問い合わせのきっかけ】


担当:岡野


 葛飾区金町のO様より「エコ助成金で外壁塗装を行いたい。費用が合えば屋根の塗装も考えています。」と、お問い合わせをいただき調査にお伺い致しました。葛飾区ではかつしかエコ助成金が設けられており塗装工事を行なう場合は遮熱塗装が対象となります。
 まず、外壁の調査を行うと外壁材の継目のシーリングにひび割れや剥離を発見致しました。また、欠落している箇所もあり早めの対応が必要な状態です。外壁の塗膜はチョーキング現象が発生しており塗り替えのサインが出ていますので外壁塗装工事が必要な状態でした。続いて屋根の調査を行うと屋根材の表層が剥離している状態でした。屋根材はニチハのパミールの可能性があり、屋根塗装工事を行なっても表層が剥離してしまうので塗装でのメンテナンスは推奨できません。O様は屋根のメンテナンスもご検討されておりましたので、塗装でのメンテナンスではなく、耐久性に優れた軽量金属屋根材であるガルバリウム鋼板を今の屋根に被せる屋根カバー工事をご提案したところ、外壁塗装工事とあわせて工事のご依頼をいただきました。屋根カバー工事に使用する屋根材にはアイジー工業のスーパーガルテクトをお選びいただきました。外壁塗装工事はエコ助成金の対象となる遮熱塗料を使用致しました。遮熱塗料は高日射反射率塗料とも言われており、使用した塗料は日本ペイントのサーモアイウォールSiを使用致しました。色はND-152をお選びいただきました。サーモアイウォールは外壁用の遮熱塗料で熱を反射し、省エネ問題に貢献する塗料になります。助成金の申請を自治体にしたところ許可が下りましたので屋根カバー工事と外壁塗装工事を実施致しました。
 葛飾区金町のO様より「エコ助成金で外壁塗装を行いたい。費用が合えば屋根の塗装も考えています。」と、お問い合わせをいただき調査にお伺い致しました。葛飾区ではかつしかエコ助成金が設けられており塗装工事を行なう場合は遮熱塗装が対象となります。
 まず、外壁の調査を行うと外壁材の継目のシーリングにひび割れや剥離を発見致しました。また、欠落している箇所もあり早めの対応が必要な状態です。外壁の塗膜はチョーキング現象が発生しており塗り替えのサインが出ていますので外壁塗装工事が必要な状態でした。続いて屋根の調査を行うと屋根材の表層が剥離している状態でした。屋根材はニチハのパミールの可能性があり、屋根塗装工事を行なっても表層が剥離してしまうので塗装でのメンテナンスは推奨できません。O様は屋根のメンテナンスもご検討されておりましたので、塗装でのメンテナンスではなく、耐久性に優れた軽量金属屋根材であるガルバリウム鋼板を今の屋根に被せる屋根カバー工事をご提案したところ、外壁塗装工事とあわせて工事のご依頼をいただきました。屋根カバー工事に使用する屋根材にはアイジー工業のスーパーガルテクトをお選びいただきました。外壁塗装工事はエコ助成金の対象となる遮熱塗料を使用致しました。遮熱塗料は高日射反射率塗料とも言われており、使用した塗料は日本ペイントのサーモアイウォールSiを使用致しました。色はND-152をお選びいただきました。サーモアイウォールは外壁用の遮熱塗料で熱を反射し、省エネ問題に貢献する塗料になります。助成金の申請を自治体にしたところ許可が下りましたので屋根カバー工事と外壁塗装工事を実施致しました。


担当:岡野


【工事内容】
屋根カバー工法 外壁塗装 遮熱塗料
【工事詳細】
使用材料
屋根カバー工事:スーパーガルテクト 外壁塗装工事:サーモアイウォールSi
施工期間
4週間
築年数
築20年
平米数
屋根:70㎡ 外壁:151㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
O様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
10年
【工事内容】
屋根カバー工法 外壁塗装 遮熱塗料
【工事詳細】
使用材料
屋根カバー工事:スーパーガルテクト 外壁塗装工事:サーモアイウォールSi
施工期間
4週間
築年数
築20年
平米数
屋根:70㎡ 外壁:151㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
O様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
10年
足場アイコン屋根足場アイコン外壁塗装屋根カバー工事

外壁調査の様子

外壁にチョーキング現象が発生    外壁のチョーキング現象

 外壁の調査の様子です。外壁のサイディングボードは2種類の物が使用されており、どちらもチョーキング現象が発生しておりました。チョーキング現象は塗装表面が紫外線や風雨等により劣化し、塗料の色成分の顔料がチョークのような粉状になってしまう状態です。チョーキング現象は塗り替えのサインになりますので外壁塗装工事が必要な状態です。

外壁のシーリング材の欠落    外壁のシーリング材が欠落

 外壁の継目に充填されているシーリング材の様子です。バルコニーの外壁のシーリング材が欠落しておりました。シーリング材は住宅等の建物の防水性や気密性を保つための重要な役割を果たしており、外壁や窓枠等の継目や隙間に充填されている建築資材になります。紫外線や風雨等の影響で劣化してしまい、ひび割れや剥離等の傷みが出てきてしまいます。更に傷みが進んでしまうとシーリング材が欠落してしまい、外壁の内側が露出してしまいます。内側には防水紙が設置されておりますが、このままですと雨水に晒されてしまい防水紙が劣化してしまうため雨漏りに繋がりますのでシーリング材の打替え工事が必要になります。

屋根の調査の様子

屋根調査で屋根材の表層剥離    葛飾区金町の屋根調査にてニチハのパミールの表層剥離

 屋根の調査の様子です。屋根材の表層が剥離している状態でひび割れている箇所もありました。屋根材はニチハのパミールです。一昔前のスレート屋根はアスベストが使用されておりました。アスベストを使用する事により耐久性に優れていましたが、人体への健康被害を引き起こす事が問題となり、アスベスト規制によって屋根材にはアスベストの使用が禁止されたため、ノンアスベスト製品としてニチハが販売したのがパミールです。パミールは一枚一枚重ね合わせ圧縮して水分を抜いていく抄造法という製造方法になり、劣化すると何層にも重ねられた層が剥離してしまいます。層間剥離やミルフィーユ化現象と言われるこの症状は塗装でのメンテナンスは推奨できません。塗装を行っても表面しか保護が出来ませんので剥離してしまうと塗装した意味が無くなってしまうためです。塗装が出来ない場合は屋根葺き替え工事屋根カバー工事でのメンテナンスが必要になります。

足場仮設工事の様子

急勾配の屋根足場の様子    急勾配の屋根足場の様子

 屋根カバー工事、外壁塗装工事の足場仮設の様子です。O様邸は3階建てで屋根の形状は切妻屋根です。片面の屋根勾配は6寸勾配、もう片方の屋根勾配は12寸5分の急勾配でしたので作業効率や安全性、ご近隣の方にご迷惑をお掛けしないためにも屋根足場を設置致しました。

屋根カバー工事の様子

屋根カバー工事で田島ルーフィングのタディスセルフを敷設    屋根カバー工事でルーフィングを敷設

 屋根カバー工事のルーフィング敷設の様子です。屋根カバー工事の最初の工程は既存の棟板金を解体・撤去し、新しいルーフィング(防水紙)を敷設する作業から行います。使用致しましたルーフィングは田島ルーフィング株式会社のタディスセルフを使用致しました。ルーフィングには様々な種類がありますが、タディスセルフは遅延粘着式のタイプになり、貼り付け直後には強く粘着せず簡単に修正できますので施工性に優れています。貼り付けから数時間後には強固な粘着力と防水効果を発揮致しますので屋根カバー工事等の改修工事に最適な下葺材になります。

 ルーフィングを敷設する際は、雨水の浸入を防ぐためにも原則として屋根下部の軒先から敷設し、屋根上部の棟部分へと重ねて敷設していきます。重ね幅と致しましては100mm以上を目安とします。雨水は屋根の上部から下部へと流れていきますので敷設する順番を上部から下部へと行ってしまうと雨漏りの原因になります。

スーパーガルテクト設置の様子

屋根カバー工事でスーパーガルテクトを使用    屋根カバー工事でスーパーガルテクトを使用

 屋根材の設置の様子です。新しい屋根材にはアイジー工業のスーパーガルテクトを設置し、色はO様ご希望のSシェイドチャコールになります。屋根材を設置する際にもルーフィングと同様に軒先から棟へと重ねて設置し、ビスで固定していきます。スーパーガルテクトは上と下が重なる部分は嵌合致しますので強固な固定が期待できますので風に強い屋根になります。

スーパーガルテクト設置の様子    スーパーガルテクト設置の様子

 スーパーガルテクトは金属屋根材ですので軽量です。日本は地震の多い国ですので屋根カバー工事には軽量で耐震性に優れたスーパーガルテクトが多く用いられています。ガルバリウム鋼板で耐久性にも優れており、遮熱性鉄板と断熱材の相乗効果で優れた断熱性能を発揮します。また、メーカー保証の内容も充実しております。

役物設置の様子

棟板金の下地材に樹脂製貫板のタフモックを設置    棟板金設置の様子

 役物設置の様子です。屋根材のスーパーガルテクトの設置が完了致しましたら、頂点部分の棟に役物と呼ばれる棟板金を設置していきます。棟板金の下地材には樹脂製貫板のタフモックを設置していきます。下地材の貫板には木製のものが使われる事が多いのですが、木製ですと経年により腐食等の劣化が原因で棟板金を固定する力が弱くなりますので台風などの強風や突風により飛散する可能性が高くなってしまいます。新しく設置する樹脂製貫板のタフモックは樹脂製ですから腐食しにくく耐久性に優れていますので屋根カバー工事や棟板金交換工事等のメンテナンスの際にはタフモックを使用する事を推奨致します。

棟板金をSUSビスで固定    棟板金をSUSビスで固定

 棟板金を固定する際にはステンレス製のSUSビスを使用致しました。SUSビスはねじ込み式になりますので、棟板金を固定する際に一般的に多く使われている釘と比較すると台風などの強風や突風の被害に遭いにくいので風に強い棟板金が期待できます。

雨押え設置の様子    雨押え設置の様子

 役物の雨押え板金設置の様子です。下屋根と外壁の取り合い部分は雨仕舞が必要になりますので、雨押え板金を設置していきます。棟板金と同様に下地材にはタフモックを設置し、SUSビスで固定していきます。固定が完了しましたら外壁と雨押え板金の隙間から雨水が浸入しないようにシーリング材を充填し、しっかりと雨仕舞を行います。

葛飾区金町で行ったスーパーガルテクトを使用した屋根カバー工事完了

 役物の設置、雨仕舞を行い、下屋根の納めも完了致しましたら、屋根カバー工事が完了となります。大屋根は急勾配でしたが屋根足場を設置した事により滞りなく無事に完了致しました。

外壁塗装工事の様子

外壁塗装工事で高圧洗浄の様子    外壁塗装工事で高圧洗浄で汚れを除去

 外壁塗装工事の様子です。外壁塗装工事は先ず、高圧洗浄の工程から行います。経年により付着した汚れや苔・藻・カビ、経年の劣化により機能を発揮できていない塗膜を高圧洗浄で除去していきます。玄関ポーチ等、外壁の汚れが流れてきますので一緒に高圧洗浄で洗い流します。

シーリング打替えの様子    外壁塗装工事でシーリング材の打替え

 シーリング材打替えの様子です。高圧洗浄を行い外壁が乾燥いたしましたら、傷んでしまった既存のシーリング材をカッター等の専用の工具を使用し、外壁を傷つけないよう丁寧に撤去していきます。

シーリング材の打替えにオートンイクシードを使用    外壁塗装工事でオートンイクシードを使用したシーリング材打替え

 新しいシーリング材にはオート化学工業株式会社のオートンイクシードを使用致しました。シーリング材は紫外線等の影響を受けてひび割れや剥離等の劣化が発生致します。一般的なシーリング材ですと5年が経過したあたりから劣化が発生致しますが、オートンイクシードは特殊高耐久ポリマー「LSポリマー」を配合する事により、耐久性、耐候性に優れた長寿命シーリング材で、その寿命は20年超とも言われております。

下塗りの様子

外壁塗装工事の下塗りにサーモアイウォールシーラーを使用    外壁塗装工事の下塗りでサーモアイウォールシーラーを使用

 下塗りの様子です。外壁塗装工事の上塗りにはサーモアイウォールSiを塗っていきますので下塗り塗料はサーモアイウォール専用のサーモアイウォールシーラーを塗っていきます。下塗りは外壁材と中塗り・上塗りの塗料との接着力を高める重要な工程になります。いくら耐久性に優れた上塗り塗料で塗装をしても下塗りの工程を行わないと塗料に気泡が発生したり、外壁材に染み込んでしまうので耐久性を損ってしまいます。使用するサーモアイウォールシーラーには反射性能を備えておりますので遮熱効果を発揮します。上塗りのサーモアイウォールSiとのダブル反射で従来の塗料よりも高い遮熱性能になります。窓ガラスなど塗料が付着してはいけない部分には必ず養生を行い塗装していきます。

中塗り・上塗りの様子

外壁塗装工事でサーモアイウォールSiを使用    外壁塗装工事でサーモアイウォールSiを使用

 中塗り・上塗りの様子です。下塗り塗料が乾燥しましたら中塗りの工程になります。使用する塗料はエコ助成金の対象となる高日射反射率塗料の日本ペイント株式会社のサーモアイウォールSiになります。色はND-152になります。サーモアイウォールSiは高耐候性、低汚染性、防藻・防カビ、浸透性により長時間に渡り遮熱性能を保持し、建物を維持する事が可能となりました。

外壁塗装工事でサーモアイウォールSiを使用    外壁塗装工事でサーモアイウォールSiを使用

 中塗りが終わりましたら上塗りの工程になります。上塗りは仕上げの工程になりますので丁寧に均一に塗りしっかり乾燥させます。サーモアイウォールは赤外線を反射し蓄熱を抑制する効果があります。外壁面の温度や室内温度を低減し、電力の総使用量の削減や電力ピーク時の電力削減や環境にも貢献できますので省エネに繋がり光熱費も削減できます。サーモアイウォールは陽当たりがとても良く、ヒートアイランド現象に悩む都市部にお住いにお薦めの塗料です。

付帯部塗装の様子

破風板塗装の様子    付帯部塗装にファインパーフェクトトップを使用

 付帯部塗装の様子です。破風板や雨樋、霧除けや幕板等の付帯部は日本ペイント株式会社のファインパーフェクトトップを使用致しました。色はND-013で統一致しました。

霧除け等の付帯部塗装    

 付帯部は大まかに屋根と壁面以外の箇所を指します。付帯部は素材が様々ですが屋根や外壁と同様に紫外線や風雨等の影響で劣化してしまいます。塗装する事でお家の寿命を延ばす事や美観の維持に繋がりますので外壁塗装工事の際は付帯部の塗装も一緒に行う事を推奨します。

工事が完了致しました

工事完了時の清掃    屋根カバー工事・外壁塗装工事が完了致しました

エコ助成金を活用した外壁塗装工事と屋根カバー工事

 付帯部の塗装が終わりましたら、お家の周りの清掃を行い工事が完了となります。屋根材の剥離の心配がありましたが屋根カバー工事を実施した事でご不安も解消できました。ご要望にありました外壁塗装工事におけるエコ助成金も自治体の許可が下り、活用できましたのでお客様に満足していただけました。

 私たち街の屋根やさんでは新型コロナウィルス感染症対策を行っております。感染を防ぐためにもソーシャルディスタンスを徹底し、お客様、スタッフの安全管理を徹底致します。詳しくは「新型コロナウィルス対策について」をご覧ください。

 

屋根カバー工法・屋根カバー工事698,000円~(消費税・諸経費別) 雪害漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      東大和市新堀で雹(ひょう)の被害を受けたスレート屋根をスーパーガルテクトで屋根カバー工事

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      江戸川区篠崎町にてアイジー工業のスーパーガルテクトを使用した屋根カバー工事を実施

      【施工内容】

      屋根カバー工法、換気棟

      葛飾区東金町で台風で被害を受けたコロニアル屋根にスーパーガルテクトで屋根カバー工事を実施、結露対策に換気棟も新設しました

      【施工内容】

      屋根カバー工法、ガルバリウム鋼板、換気棟

      その他の施工事例一覧→

      葛飾区と近隣地区の施工事例のご紹介

      葛飾区青戸で軒先がなくなってしまったトタン製霧除け屋根の葺き替え工事を行いました

      【施工内容】

      庇工事、ガルバリウム鋼板

      葛飾区東新小岩で令和元年東日本台風のご被害により棟板金が飛散、火災保険を使用して修繕工事を行いました

      【施工内容】

      棟板金交換

      墨田区東墨田にて令和元年房総半島台風で被災した工場のポリカ波板屋根の貼り替え工事を行いました

      【施工内容】

      屋根葺き替え、雨樋交換、庇工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る

      質問してね!

      私は街の屋根やさんの人工知能、AIコンシェルジュ!
      何を知りたい?

      9:03

      質問してね!