無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 大田区西六郷にて台風19号の強風で飛ばされた棟板金を火災保険.....

大田区西六郷にて台風19号の強風で飛ばされた棟板金を火災保険の風災を適用して直します

【施工前】
飛ばされた棟板金

【施工後】
棟板金交換工事が完了しました

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


大田区西六郷で棟板金交換工事をおこないました。昨年10月に上陸した台風19号の強風によって屋根が被害を受けていました。台風が通過した翌日にお隣りとの間に板金が落ちていて、屋根を見上げると片流れ屋根の棟板金が無くなっている事に気付かれたそうです。長さが2m程度ある金属の板が降ってきますのでどこかにぶつかると結構な衝撃ですが、幸いな事に回りには被害が出ていませんでした。
下地の貫板は腐食していませんでしたが、屋根は片流れになっていっるためにした方吹き上げる風の影響を受けやすく、台風の強風によって持ち上げられてしまった様でした。棟板金が持ち上がった時に釘も一緒に飛ばされたために貫板が割れている部分もありましたので、交換工事で貫板から新しくします。
今回の被害は台風の強風によるものですので、建物に掛けられた火災保険の風災が適用になります。直すために掛かる工事費用を保険会社が負担してくれますので、自己負担なく元の状態に直す事も可能です。また、新しいガルバリウム鋼板製の棟板金は釘ではなくビスで固定しますので、風の影響を受け難くする事が出来ました。今までよりもしっかりと固定しましたので、今後は安心出来るようになりました。
大田区西六郷で棟板金交換工事をおこないました。昨年10月に上陸した台風19号の強風によって屋根が被害を受けていました。台風が通過した翌日にお隣りとの間に板金が落ちていて、屋根を見上げると片流れ屋根の棟板金が無くなっている事に気付かれたそうです。長さが2m程度ある金属の板が降ってきますのでどこかにぶつかると結構な衝撃ですが、幸いな事に回りには被害が出ていませんでした。
下地の貫板は腐食していませんでしたが、屋根は片流れになっていっるためにした方吹き上げる風の影響を受けやすく、台風の強風によって持ち上げられてしまった様でした。棟板金が持ち上がった時に釘も一緒に飛ばされたために貫板が割れている部分もありましたので、交換工事で貫板から新しくします。
今回の被害は台風の強風によるものですので、建物に掛けられた火災保険の風災が適用になります。直すために掛かる工事費用を保険会社が負担してくれますので、自己負担なく元の状態に直す事も可能です。また、新しいガルバリウム鋼板製の棟板金は釘ではなくビスで固定しますので、風の影響を受け難くする事が出来ました。今までよりもしっかりと固定しましたので、今後は安心出来るようになりました。


担当:富田


【工事内容】
棟板金交換
【工事詳細】
使用材料
ガルバリウム鋼板
施工期間
3日間
築年数
10年
平米数
10m
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
W様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
3年間
【工事内容】
棟板金交換
【工事詳細】
使用材料
ガルバリウム鋼板
施工期間
3日間
築年数
10年
平米数
10m
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
W様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
3年間
足場アイコン火災保険アイコン台風アイコン3階建て棟板金交換

被害の状況確認

お隣りとの間に落ちていましたが他に被害は出ていません

台風19号の強風によって建物が被害を受けています。台風が過ぎた後建物の回りを見てみたら、金属の板が落ちていたそうです。どこから飛んできたのか調べてみたら、ご自宅の屋根の板金が剥がれている事に気付かれてお問合せいただきました。

貫板は屋根に残っています

屋根は片流れになっていて、一番高いところには棟板金が取り付けてあります。雨水が回り込まない様にするために取り付けるのですが、片流れ屋根の場合片側だけしかしっかりと固定されていない事があります。

断面を見るとL型になっているので、下から吹き上げるような風が吹くと棟板金を持ち上げてしまう事があります。今回の台風でも同じような事が起こったようです。スレートを葺いた後に貫板という木を屋根に固定して棟板金を被せたあと、貫板にむかって釘で固定するのですが、今回飛ばされた部分を見てみると貫板は屋根にしっかり固定されており、棟板金を固定する釘も板金と一緒に飛ばされている事がわかりました。

良く見ると元々ちゃんと貫板に刺さっていない所もありますので、ちゃんと固定する必要があります。

貫板から新しく交換します

古い貫板は飛ばされていませんでした 防腐剤を沁み込ませた貫板

片流れ屋根は、棟板金を取り付けないと屋根材が葺きあがった部分が剥き出しになっています。その板金が無くなってしまうと通常の屋根よりも雨水が下地の方へ入り込みやすくなってしまいますので、新しい棟板金で塞がなければなりません。

元々の貫板は腐っている訳ではありませんが、棟板金と一緒に新しい物へ交換を行います。

貫板を新しくします 貫板を新しく交換します

古い貫板は屋根に釘で固定されていますが、新しいものはビス(ネジ)で固定しますので今までよりも抜けにくくなります。棟板金自体も新しいものに変えますが、固定には釘ではなくビスを使用します。釘のようにに緩んでしまうこともなく、棟板金の固定が強固になりますので、今回のような台風でも影響を受けにくくなりました。

棟板金交換工事完成

棟板金工事が完成

棟板金交換工事が完成しました。

下地の貫板も新しくなり固定には全て釘の代わりにビスを使用しましたので、簡単に飛ぶことは無くなりました。ビスを使用したので緩むことはほどんどありません。

横もビスで固定するので強固になりました

今回の台風で棟板金が飛ばされた原因になっている吹き上げの風に対しても、棟板金の中に風が吹き込みにくくなるように破風板へビスで固定しました。ここが固定されているだけでも持ち上がりにくくなりますので、風には効果的です。

片流れ屋根は、屋根面の反対側が外壁になっていている為に、建物にぶつかった風が外壁面を伝わて上ってくることがあります。その点も考えて風の影響を受けにくくする事が大切です。

また台風の強風による被害でしたので、火災保険の風災を適用して棟板金の復旧工事をおこないました。元に戻す為の費用を保険会社が負担してくれますので、自己負担なく直すことも可能です。台風だけでなく雪や雹(ひょう)による被害にも適用されますので、自然災害によって被害を受けた時にはまず保険会社へ連絡してみましょう。

このページに関連するコンテンツをご紹介

令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和2年6月1日更新 現在、台風に関するお問い合わせは落ち着いてきており、現地調査や工事着工についても通常通りお伺いすることができます。街の屋根やさんでは工事後、長く安心して暮らしていただくため、品質の高い適切な施工を行っています。お気軽にお問い合わせください。現在の東東京支店と品川支店、多摩川支店…続きを読む
【2020年最新】火災保険が適用される屋根工事

【2020年最新】火災保険が適用される屋根工事

 保険が適用される屋根工事、ってどういうことをイメージされるでしょうか?特にそれが「火災保険」となると「屋根修理に使えるの?」と繋がらないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?昨今は大型台風の上陸、そしてそれらの被害が頻発したことにより火災保険という名前や保険の支払い規模の大きさなどがメディア…続きを読む
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう

台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう

 私たちの住んでいる日本は世界的に見ても台風や地震といった自然災害が非常に多い地域です。台風の数で言うと気象庁の発表では2000年以降462(年間平均24)の台風が発生し、58もの台風が日本に上陸しました。年間平均で3、最も多い2004年には10を超える台風が日本に上陸し私たちの生活を脅かしました。…続きを読む
棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

 毎年9月、10月の台風の時期になると特に増えるお問い合わせがあります。それは「棟板金交換」です。こちらのページをお読みの方でも「屋根の上から異音がする」など屋根の上の異変に不安を抱えていらっしゃる方はいらっしゃいませんでしょうか?台風に限らず春一番や竜巻、木枯らしなど突発性の強風でも被害を受けるこ…続きを読む
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

 台風銀座と呼ばれている沖縄・九州・地方・近畿地方南部だけでなく、毎年のようにさまざまな地域に被害をもたらす台風。台風の通過により各地で被害が発生し、毎年多くのお問合せをいただきます。また、台風の通過からかなりの日数が経っているというのに街の屋根やさんにでは季節に関係なく「前回の台風で屋根が被害を受…続きを読む
台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう

台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう

 日本全土のほとんどが台風の通り道であり、地震大国でもあるという日本、豊かな気候など温泉やメリットもあるのですが、災害が多いというデメリットもあります。地震や台風で被災してしまった場合、最も大切なのは二次被害を防ぐということです。二次被害は心掛け次第でゼロにすることができるはずです。台風後や地震後の…続きを読む
屋根の台風対策|雨漏り対策|無料点検実施中

屋根の台風対策|雨漏り対策|無料点検実施中

  お住いの台風対策はお済みですか?   台風対策に向け、お住まいのココがチェックポイント!   ※特に屋根の点検は危険ですので、専門家にお任せください! 問題があった方は要注意!台風被害にあう可能性があります…続きを読む
台風漫画コンテンツ火災保険漫画コンテンツ
街の屋根やさん品川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒141-0031
        東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      足立区入谷で令和元年東日本台風で棟板金を飛ばされたお客様の棟板金交換修理と屋根塗装を行いました

      【施工内容】

      棟板金交換、屋根塗装、ガルバリウム鋼板

      三鷹市新川で樹脂製木材「タフモック」を使用した棟板金交換工事を実施

      【施工内容】

      屋根補修工事、スレート屋根工事、棟板金交換、ガルバリウム鋼板

      町田市本町田で強風で飛ばされた棟板金は火災保険の風災を適用して交換工事しました

      【施工内容】

      棟板金交換

      その他の施工事例一覧→

      大田区と近隣地区の施工事例のご紹介

      世田谷区宇奈根にて令和元年東日本台風で剥がれ始めた漆喰の劣化を含め棟瓦取り直し工事で改善

      【施工内容】

      屋根補修工事、瓦屋根工事、瓦屋根補修工事、棟瓦取り直し 

      世田谷区深沢で物置を撤去して雨漏りする前に屋上防水工事を実施しました

      【施工内容】

      防水工事

      世田谷区尾山台で台風で破損した棟板金とスレート屋根を火災保険で交換工事

      【施工内容】

      屋根補修工事、棟板金交換

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る