無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 目黒区下目黒にて台風の強風で飛ばされた片流れの屋根の棟板金を.....

目黒区下目黒にて台風の強風で飛ばされた片流れの屋根の棟板金を火災保険で直します

【施工前】
飛ばされた棟板金

【施工後】
ガルバリウム鋼板で交換しました

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


目黒区下目黒で棟板金の交換工事をおこないました。台風の強風によって屋根の棟板金が飛ばされてしまい落下していた建物です。屋根は片流れになっていて、角度の強い片流れ用の棟板金が取り付けてありましたが、経年劣化によって下地の貫板が腐食してしまい、釘が全く効いていなかったために台風の強風に煽られて飛ばされてしまった様です。
今回の被害は台風の強風によるものですので、建物に掛けてある火災保険の風災を適用して復旧工事をおこないました。火災保険は文字通りの火災だけでなく、風・雪・雹(ひょう)などの自然災害によって建物が被害を受けた時にも適用できる事がありますので、建物が被害を受けた時には保険の内容を確認する事が大切です。作業するための足場も保険の範囲になりますので、被害状況によっては全く自己負担なく元の状態に直す事も可能です。
片流れの屋根の一番高い部分に取り付けられた棟板金が飛ばされてしまったので新しく棟板金交換をおこなうのですが、板金自体を交換するというより下地の貫板を新しくする事が目的です。貫板を新しくして今までは釘で固定していましたがビスで固定する事で抜けにくくなりますので、今後は風の影響を受けにくくなり安心です。
目黒区下目黒で棟板金の交換工事をおこないました。台風の強風によって屋根の棟板金が飛ばされてしまい落下していた建物です。屋根は片流れになっていて、角度の強い片流れ用の棟板金が取り付けてありましたが、経年劣化によって下地の貫板が腐食してしまい、釘が全く効いていなかったために台風の強風に煽られて飛ばされてしまった様です。
今回の被害は台風の強風によるものですので、建物に掛けてある火災保険の風災を適用して復旧工事をおこないました。火災保険は文字通りの火災だけでなく、風・雪・雹(ひょう)などの自然災害によって建物が被害を受けた時にも適用できる事がありますので、建物が被害を受けた時には保険の内容を確認する事が大切です。作業するための足場も保険の範囲になりますので、被害状況によっては全く自己負担なく元の状態に直す事も可能です。
片流れの屋根の一番高い部分に取り付けられた棟板金が飛ばされてしまったので新しく棟板金交換をおこなうのですが、板金自体を交換するというより下地の貫板を新しくする事が目的です。貫板を新しくして今までは釘で固定していましたがビスで固定する事で抜けにくくなりますので、今後は風の影響を受けにくくなり安心です。


担当:富田


【工事内容】
棟板金交換
【工事詳細】
使用材料
片流れ用棟板金
施工期間
3日間
築年数
20年
平米数
13m
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
F様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
3年間
【工事内容】
棟板金交換
【工事詳細】
使用材料
片流れ用棟板金
施工期間
3日間
築年数
20年
平米数
13m
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
F様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
3年間
足場アイコン火災保険アイコン台風アイコン棟板金交換

台風の強風で飛ばされた棟板金

この屋根は招き屋根といいます 招き屋根の片流れ部分が飛ばされました

台風の強風の被害を受けた建物です。左右の屋根の角度が違う招き屋根(まねきやね)になっています。

飛ばされたのは高い方の片流れになっている屋根の棟板金です。端から一部の棟板金が台風の強風に煽られて飛ばされてしまいました。

飛ばされた棟板金が敷地内に落ちています 飛ばされてしまった片流れの棟板金

飛ばされた棟板金は敷地内に落ちたので、周りに被害は出ていませんでした。棟板金を固定するための釘がそのまま残っていましたので、固定が効いていなかったと推測出来ます。

台風による被害は火災保険の風災が適用になります

棟板金が飛ばされて下地が剥き出しです 棟板金が飛ばされると隙間から雨水が入り込みます

屋根の一番高い部分に取り付けてある棟板金が飛ばされていて下地が剥き出しになっています。貫板という下地の木を屋根に固定してから棟板金を被せるのですが、片流れの場合は屋根の上にだけ貫板がありますので、通常の屋根と比べても固定が甘くなっている事が多いのです。

工事までの間防水テープで養生します

工事までの間、棟板金が飛ばされたところから雨水が入り込まない様に防水テープで養生しておきます。棟板金が飛ばされたのは下地の貫板が腐食していて釘が殆ど聞いていなかった事が原因ですので、棟板金交換と一緒に貫板も交換もおこないます。今回の被害は台風の強風によって棟板金が飛ばされました。

建物に掛けてある火災保険には、風・雪・雹(ひょう)などの自然災害によって被害を受けた時に、元の状態に戻す為に掛かる費用を保険会社が負担してくれることがあります。今回の棟板金交換工事も火災保険を適用して直す事になりました。

片流れ屋根専用の棟板金

片流れ専用の棟板金は急角度になっています

棟板金交換工事をおこなうのですが、破損している部分もありますので、古い棟板金は使用しません。新しい棟板金はガルバリウム鋼板製の片流れ屋根専用のものを使います。通常の屋根の上に取り付ける棟板金よりも、片流れ屋根専用のものは角度がきつめになっていてしっかりと固定出来るようになっています。

古い棟板金と下地の貫板を撤去します

浮いている釘を抜いていきます 釘を抜いて棟板金を撤去します

片流れ屋根の棟板金は、片方は貫板の側面に釘を打っていて、反対側は屋根の側面部分に釘を打ってあります。棟板金を撤去するためには釘を1本ずつ抜いていきます。飛ばされてしまった部分の貫板は腐食していて真っ黒になっているので、固定する釘が殆ど効いていない状態です。

古い貫板を撤去します 防腐剤を注入した貫板を使用します

棟板金を撤去した後は貫板も全て取り除きます。棟板金交換工事では、板金自体を交換するというよりは貫板を新しくする事の方が重要になります。新しい貫板は防腐剤を沁み込ませた腐食しにくいものを使用します。

貫板を固定したあとは棟板金を被せます 釘の代わりにビスで固定します

貫板を固定した後は新しい棟板金を被せて固定していきます。今までは釘を使用していましたが、新しい棟板金はビスで固定しますので、今までの様に抜けにくくなり風にも強い棟板金になりました。

棟板金交換工事が完成しました

棟板金交換工事が完成しました

台風で飛ばされた棟板金は屋根の一部でしたが、端から端まで全ての棟板金を交換しました。新しい貫板に交換しガルバリウム鋼板製の棟板金をビスで固定しましたので、風の影響も受けにくくなり今後は安心出来る様になりました。火災保険の風災が適用出来ましたので、保険会社が工事費用を負担して自己負担が無く元の状態に戻す事が出来ました。

建物が自然災害によって被害を受けた時には火災保険が適用になることがありますので、保険内容を確認してみたうえで有効に火災保険を活用しましょう。

台風漫画コンテンツ火災保険漫画コンテンツ
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      世田谷区尾山台で台風で破損した棟板金とスレート屋根を火災保険で交換工事

      【施工内容】

      屋根補修工事、棟板金交換

      港区白金台で老朽化で釘が浮いてしまった棟板金を新しく取り替えます

      【施工内容】

      棟板金交換

      江戸川区上篠崎で令和元年東日本台風で引きちぎられたアパートの鉄板屋根の葺き替え工事を行いました

      【施工内容】

      金属屋根工事、金属屋根葺き替え工事、棟板金交換、雨漏り修理、ガルバリウム鋼板

      その他の施工事例一覧→

      目黒区と近隣地区の施工事例のご紹介

      世田谷区船橋で台風の被害を受けた急勾配屋根の棟板金には火災保険が適用になります

      【施工内容】

      棟板金交換

      世田谷区鎌田で強風で捲れてしまった片流れ屋根の棟板金を交換しました

      【施工内容】

      棟板金交換

      大田区下丸子で台風の被害を受けた波板と雨樋を火災保険で直します

      【施工内容】

      屋根補修工事、雨樋交換

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る

      質問してね!

      私は街の屋根やさんの人工知能、AIコンシェルジュ!
      何を知りたい?

      9:03

      質問してね!