無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 墨田区東向島にて台風19号により棟板金が落下、屋根の全ての棟.....

墨田区東向島にて台風19号により棟板金が落下、屋根の全ての棟板金の交換工事を行いました

【施工前】
棟板金が台風で離脱落下

【施工後】
落下した箇所の板金を復旧

【お問い合わせのきっかけ】


担当:藤崎


墨田区東向島のお客様より、台風15号、19号と続いたご被害で棟板金が落下してしまったとのご相談をお受け致しました。地元も含めいくつか屋根工事の業者を当たられたそうでしたが、なかなか即応できる業者が見つからず当社へのご相談となりました。現地調査にお伺いしお話しをお伺い致しましたが、先ずは台風15号のご被害で棟が外れ、下から見てズレてはみ出してしまった状況だったそうです。その後約ひと月のちに襲来した台風19号で棟板金が落下してしまったとのお話しでした。その為、どうしてもこれ以上の更なる被災の不安感もあるので、出来るだけ早くに対応してもらえて、且つ良心的で実績の豊富な業者さんにお願いしたいとのお話になり、即ご依頼の運びとなりました。
墨田区東向島のお客様より、台風15号、19号と続いたご被害で棟板金が落下してしまったとのご相談をお受け致しました。地元も含めいくつか屋根工事の業者を当たられたそうでしたが、なかなか即応できる業者が見つからず当社へのご相談となりました。現地調査にお伺いしお話しをお伺い致しましたが、先ずは台風15号のご被害で棟が外れ、下から見てズレてはみ出してしまった状況だったそうです。その後約ひと月のちに襲来した台風19号で棟板金が落下してしまったとのお話しでした。その為、どうしてもこれ以上の更なる被災の不安感もあるので、出来るだけ早くに対応してもらえて、且つ良心的で実績の豊富な業者さんにお願いしたいとのお話になり、即ご依頼の運びとなりました。


担当:藤崎


【工事内容】
棟板金交換
【工事詳細】
使用材料
ガルバリウム鋼板
施工期間
1日
築年数
18年
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
T様邸
【工事内容】
棟板金交換
【工事詳細】
使用材料
ガルバリウム鋼板
施工期間
1日
築年数
18年
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
T様邸
足場アイコン火災保険アイコン台風アイコン3階建て棟板金交換

3階建ての急勾配屋根のお家

 急勾配屋根で点検が困難

現地にお伺いすると3階建てのお住まいです。今回棟板金が飛ばされて落下してしまった模様ですが、こう言ったご被害は都内各所で多数発生致しました。こちらのお客様もそもそも台風15号の際に棟板金が外れてしまったそうで、その際に屋根業者をお探しになられたそうですがなかなか見つからず、その後台風19号が直撃するに至り、棟板金の離脱、落下してしまったとのお話しです。先ずは確認の為ベランダに梯子を掛けて状況調査をしてみる事に致しました。

急勾配で梯子では登れず点検調査が出来ず

急勾配のスレート屋根

ところが梯子を掛けてみると、15寸ぐらいの勾配で屋根にのぼる事が困難でした。見える面の棟板金に外れてしまった形跡は見受けられません。反対面の隅棟板金が飛散している可能性が高いですがベランダ面の梯子からは確認出来ませんでした。よって状況確認の為にドローンでの調査等もご提案致しましたが、お客様より台風15号の際に取れ掛かって、今回の19号でのご被害で棟板金は落下しているのは間違いないとのお話しになり、いずれにしても1日も早く工事を行い対応して欲しいとのご要望をお受けし、即日施工のご依頼を賜り最速で段取りさせて頂く事となりました。

足場を設置致します

足場架設作業 屋根用足場の架設作業

工事のお申し込みに伴い、直ちに足場を組み立てました。再度、強風での棟板金被害も予想できますし、3階建てで急勾配の屋根の部分もあります。万が一、被災すると大きな二次災害も想定できます。足場設置もお申し込みから時間を置かず素早く対応させていただき、飛散や落下するの可能性のあるものを撤去することにしました。

独特な形状の屋根

緩勾配の屋根 急勾配の屋根

こちらのお住まいの屋根は形状が非常に独特で御覧の通り1面は緩めの勾配となりますが、他の3面についてはこのような急勾配の形状をしております。

屋根作業用の屋根足場も設置

屋根用足場の設置

よって勾配の急な所は当然作業員も登って作業すると言った事は出来ないので、作業範囲に手が届く様屋根用の足場も取り付けます。こういった作業対策も採る事によって屋根作業の円滑化を図って参ります。

 

屋根の被災状況の確認

棟板金が貫板ごと離脱

足場も設置致しましたので屋根の詳細の被災状況の確認が出来ました。隅棟板金の一番下の部分が離脱し落下しています。更にその上部にある板金も変形して釘が抜けてしまっている事からも更なる落下の危険がある事は言うまでも有りません。

貫板も離脱しています

貫板も顕になっています 離脱した棟板金

よくよく見ると棟板金のみならず下地の貫板も本来両サイドに2本打ち付けられている物が1本しか残っておりません。要は貫板ごと棟板金が飛散落下した事になり台風の威力の凄まじさを物語っております。被災状況の確認もしっかり出来ましたので、工事開始後にはなりましたが火災保険の申請も速やかに行いました。こういった台風被害は当然火災保険の適用を受ける事は出来ます。工事前でも工事後でも出来ますが、被災後の写真が必ず必要となりますので、先付けで工事をされる場合はそのあたりをご注意頂く必要があります。

いよいよ屋根施工、先ずは既設の板金撤去

棟板金、貫板を撤去 棟板金の撤去完了

今回、落下してしまった箇所だけでなく、今後の事も考えて全棟板金の交換を行う事となりました。先ずはこのように既設の棟板金を撤去し貫板ごと全て外してしまいます。

樹脂製貫板の取り付け

樹脂製貫板の設置 大棟、隅棟の樹脂貫の取り合い部分

屋根勾配の急な面があるので、こちらのお住まいでは幅の狭いタイプの貫板を使用致しました。これは板金のおさまりの問題もあり、このサイズの貫板を活用する事で屋根にしっかりフィットした板金取り付けに繋がります。

棟板金の取り付け開始

棟板金のビス止め取り付け

貫板の設置を終えると板金の取り付けに移ります。下から上に取り付けて参りますが、従来の釘は使用せず強度の有るビスを使用し一つ一つ取り付けて参ります。

隅棟先端部の処置

隅棟先端部の折り込み 隅棟先端の処置

急勾配であるとともに隣接する屋根の流れが不揃いである事から、先端部もこのような形状になります。こう言った細かい処理もしっかり行うことで工事の出来栄えも変わっていくのです。

大棟への板金の取り付け

大棟板金取り付け

隅棟の取り付けを終え、てっぺんの大棟へ板金の取り付けを行います。ここまで進むと工事の終了も見えて参りました。あともう一息です。

取り合い部分のシーリング処理を行います

接合部のシーリング処理 シーリングのマスキング養生

棟板金の取り付けを終えると最後に、大棟と隅棟の接合部分のシーリング処理を行っていきます。マスキングテープで養生を行い継ぎ目部分にシーリングを施します。

棟板金交換工事が完了しました!

棟板金の交換工事完了です

取り合い箇所のシーリング処理を行い工程の全てがこれで完了致しました。気付けば夕刻になっておりました。夕闇をバックに3階からの眺めが良く、棟板金交換工事の達成感もひとしおです。

工事完了後のドローンによる確認

棟板金工事完了のドローン航空写真

工事後足場を取り払い全体の確認を致しました。全体を見てもしっかりと納まりました。独特な形状の屋根で職人さんもやりづらかった部分も有ったかと思いますが、これで無事工事も完了となります。

 

 

【工事完了後】

変形屋根の棟板金交換

形状が変わった屋根でしたが、屋根足場の設置や貫板のサイズ調整、そしてなによりも職人の技量と工夫で工事を行って参りました。今回は被災箇所のみならず、棟板金の全交換を行いました。

これで台風が来ても今回の様な飛散落下災害への対策はしっかり出来たものと思います。大棟と呼ばれるてっぺんの棟板金と斜め下に流れる隅棟と呼ばれる棟板金が接合する部分もこのようにシーリング処理で水の進入を防いできます。こう言った処置もしっかり行う事で、同じ様なご被害は勿論、雨漏りの発生なども防止していく事が重要となります。

大棟、隅棟板金の取り合い処理

これで台風が来ても今回の様な飛散落下災害への対策はしっかり出来たものと思います。大棟と呼ばれるてっぺんの棟板金と斜め下に流れる隅棟と呼ばれる棟板金が接合する部分もこのようにシーリング処理で水の進入を防いできます。こう言った処置もしっかり行う事で、同じ様なご被害は勿論、雨漏りの発生なども防止していく事が重要となります。

棟板金交換の完了

現地調査から工事完了まで瞬く間に過ぎて行きましたが工事も無事完了です。工事開始後の申請となりましたが火災保険も無事適用されるとの回答を得て、費用のご負担も軽減され工事を行う事が出来ました。お客様もなかなか業者さんが見つからず苦慮していらしゃっただけに、誠にありがたくも工事完了後お礼の言葉を頂戴致しました。皆様も是非ご参考にされて下さい。

台風漫画コンテンツ火災保険漫画コンテンツ
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      三鷹市新川で樹脂製木材「タフモック」を使用した棟板金交換工事を実施

      【施工内容】

      屋根補修工事、スレート屋根工事、棟板金交換、ガルバリウム鋼板

      町田市本町田で強風で飛ばされた棟板金は火災保険の風災を適用して交換工事しました

      【施工内容】

      棟板金交換

      江戸川区松江で令和元年房総半島台風で棟板金を破損したコロニアル屋根を火災保険で復旧、屋根塗装も実施

      【施工内容】

      棟板金交換、雨樋交換、屋根塗装

      その他の施工事例一覧→

      墨田区と近隣地区の施工事例のご紹介

      江戸川区船堀で雨漏りの発生から天窓を撤去、部分葺き替えと屋根塗装工事を施工致しました

      【施工内容】

      スレート屋根葺き替え工事、屋根塗装、天窓工事

      江戸川区鹿骨でFRP防水ベランダをウレタン塗膜防水通気緩衝工法で再防水工事しました

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事

      墨田区亀沢で瓦棒屋根のカバー工事、嵌合式のアールロックを使用して施工致しました

      【施工内容】

      金属屋根カバー工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る