無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 墨田区立花で台風被害に遭った廃版セメント瓦屋根を火災保険併用.....

墨田区立花で台風被害に遭った廃版セメント瓦屋根を火災保険併用でコロニアル屋根に葺き替えしました

【施工前】
廃版のセメント瓦屋根

【施工後】
コロニアル屋根

【お問い合わせのきっかけ】


担当:渡辺


墨田区立花のs様は台風の強風で屋根から瓦が落ちてきたそうです。その後から室内に雨漏りが発生する様になって困って「街の屋根屋さん」にお問い合わせを頂きました。地域柄、狭小で梯子を掛けて屋根を点検することが出来なかったため、まずは足場を掛けて点検をさせていただくことになりました。s様の屋根は現在すでに製造されていないセメント瓦である事は地上から見える形状でもわかってはおりましたが被害場所がわからないと修理のしようもありませんでした。足場が組まれて屋根を点検したところ、ケラバといわれる屋根の袖の瓦が二か所脱落して無くなっており、そこから雨水が浸入して雨漏りを起こしていることがわかりました。s様は火災保険にご加入だったので火災保険を申請して修理を行っていくことになりましたが、廃版瓦の為、該当する屋根面は代替品の屋根材、コロニアルにて葺き替えを行う見積りで申請を行い、認めてもらうことが出来ました。そうなると一部の屋根面は廃版瓦が残ってしまうことになるので保険申請で認定された部分と並行して屋根全体をコロニアル屋根に葺き替える工事をご契約いただきました。
墨田区立花のs様は台風の強風で屋根から瓦が落ちてきたそうです。その後から室内に雨漏りが発生する様になって困って「街の屋根屋さん」にお問い合わせを頂きました。地域柄、狭小で梯子を掛けて屋根を点検することが出来なかったため、まずは足場を掛けて点検をさせていただくことになりました。s様の屋根は現在すでに製造されていないセメント瓦である事は地上から見える形状でもわかってはおりましたが被害場所がわからないと修理のしようもありませんでした。足場が組まれて屋根を点検したところ、ケラバといわれる屋根の袖の瓦が二か所脱落して無くなっており、そこから雨水が浸入して雨漏りを起こしていることがわかりました。s様は火災保険にご加入だったので火災保険を申請して修理を行っていくことになりましたが、廃版瓦の為、該当する屋根面は代替品の屋根材、コロニアルにて葺き替えを行う見積りで申請を行い、認めてもらうことが出来ました。そうなると一部の屋根面は廃版瓦が残ってしまうことになるので保険申請で認定された部分と並行して屋根全体をコロニアル屋根に葺き替える工事をご契約いただきました。


担当:渡辺


【工事内容】
瓦屋根補修工事 瓦屋根葺き替え 雨樋交換 雨漏り修理 雪止め設置
【工事詳細】
使用材料
ケイミューコロニアルクワッド
施工期間
屋根葺き替え工事で2日間
築年数
40年
平米数
54㎡
施工金額
詳細はお問い合わせください
お施主様
s様
ハウスメーカーその他
知り合いの工務店
保証年数
10年
【工事内容】
瓦屋根補修工事 瓦屋根葺き替え 雨樋交換 雨漏り修理 雪止め設置
【工事詳細】
使用材料
ケイミューコロニアルクワッド
施工期間
屋根葺き替え工事で2日間
築年数
40年
平米数
54㎡
施工金額
詳細はお問い合わせください
お施主様
s様
ハウスメーカーその他
知り合いの工務店
保証年数
10年
足場アイコン火災保険アイコン台風アイコン屋根葺き替え雨樋交換雨漏り修

【点検】

墨田区立花のs様の屋根から台風で落ちてきた瓦の残骸です。お客様が保管しておいてくれておりました。バラバラに割れてしまっており形状が確認できない状況です。まずは雨漏りを止める養生だけでも実施しないといけないため屋根に登る場所を確認していきました。

狭小区域 建物の立地環境

瓦が落ちていたのは、お隣さんとの間の通路だったそうです。空間も狭くここからは屋根にアプローチはできません。

隣地と狭小 割れやすい小波スレート屋根

建物裏側もお隣さんと非常に距離が近く、梯子を立てることが出来ませんでした。建物は手前が平屋で倉庫になっており、奥に二階建てで瓦の落ちた棟がつながっております。手前の平屋は屋根が非常に割れやすい小波スレート屋根だったため、梯子を使って登頂することは諦めざろう得ませんでした。

蛍光灯のある天井からの雨漏り 天井雨漏りの様子

室内の雨漏りは思いのほか深刻で、天井のベニヤはだいぶふやけてしまっておりました。蛍光灯があるので漏電も心配です。雨漏りの位置は比較的壁際に近いところで発生している為、瓦が落下したのも壁際に近いところだと推測されます。まずは足場を掛けて場所の特定と養生を先行することになりました。

【原因発見と養生】

瓦脱落部分

調査と養生のための足場仮設を行い、屋根に上って見てみると、棟違いになった屋根の袖部分、ケラバ瓦が二枚落ちてしまっていることがわかりました。下地の防水紙も切れて無くなってしまっていたのと、軒先の為棟側からの雨水がすべて集まってくるという場所に当たり、雨漏りも酷かったことがわかりました。

葺き替え該当屋根面 セメント瓦屋根

問題は修理方法です。s様の屋根のセメント瓦は製造しておらず入手することはまず不可能です。そのため、たった二枚の瓦の為ですが、火災保険では現状復旧させるためには該当する屋根面をグレードアップしない屋根材で葺き替えを行う見積書を申請します。手前側の屋根は被害を受けていませんので葺き替えの申請対象にはなりません。

屋根欠損部分養生

保険の申請、認定、工事までにはこのような大災害の後では時間がかかるため、これ以上雨漏りが広がらないように防水紙を使用して屋根の瓦欠損部分に養生を行いました。これで工事までの間は大丈夫です。

【工事】

瓦降ろし開始

いよいよセメント瓦屋根からコロニアル屋根への葺き替え工事の着工となりました。建物の形状から平屋部分の割れやすい小波スレート屋根にステージを作成し二段階で荷物の上げ下ろしをしなければなりません。ダイレクトに瓦を下せない分、労力は倍になります。屋根葺き替え工事では、初日に防水紙までは最低限実施しないといけない時間の制約があります。防水紙がない状態では万一、雨が降ってしまった場合に全体に雨漏りを起こしてしまいます。人員を6人投入して作業を開始しました。

セメント瓦撤去棟から セメント瓦撤去

屋根の頂点、棟から解体を行っていきます。セメント平瓦屋根の棟は三角形をした棟瓦が乗っかっているだけなので、和瓦の棟の様に漆喰や土が出ない分、撤去は楽です。続いて平瓦の撤去を行っていきます。築年数が相当経っていることもあり既存の防水紙はかなり劣化してるのがハッキリわかりますね。

瓦撤去後の状態 野地板重ね張り開始

劣化した防水によって、下地の野地板も雨漏りまではいかないまでも傷んでしまっている所もあり、足を置く場所を間違えると踏み抜いてしまいそうな場所もありました。

野地板重ね張り 防水紙敷設開始

そんな状態では作業もしにくいので、踏み抜きそうな場所には野地板に使用する合板を仮止めしつつ足元の安全を確保します。瓦の撤去が終わった部分から野地板の重ね張りを行いました。

防水紙壁際立ち上がり コロニアルケラバ

荷揚げ荷下ろしが順調に進み、人員を多く投入したことも奏功して予定通り一日目は防水紙の敷設、役物の設置まで終了いたしました。

コロニアル施工 コロニアル貼り

作業二日目は新しい屋根材「コロニアルクワッド」の設置です。専用の釘で屋根の野地板に打ち付けていきます。

施工二日目屋根材敷設 施工二日目

棟を取り付けてセメント瓦屋根からコロニアル屋根への葺き替え工事は終了となります。

【完工】

瓦脱落部分もキレイに葺き替え済み

瓦が外れてしまっていた部分もすっかりキレイになりました。セメント瓦屋根の時にはなかった雪止め金具も今回の葺き替え工事で設置したしました。

雨樋の吊り替え

雪止め金具を付けたのも、以前に降った雪で雨樋がダメージを受けてしまっていたからです。屋根工事に合わせて歪んでしまっていた雨樋の吊り替え工事も実施いたしました。

江戸川区で令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風によって被災してしまった方へ

 2019年9月9日の台風15号、10月12日の台風19号の勢力は凄まじく、各地より被害のご相談をいただきました。江戸川区にお住まいのお客様からもお問合せをいただき、私たち街の屋根やさんでは、数多くの災害復旧工事を実施してきました。
 台風発生当時に比べて、ブルーシートがかかった屋根を見かける機会も減り、それだけ復旧工事が進んでいるように感じますが、中には、まだ工事を行えていない方もいらっしゃると思います。台風シーズン前にしっかりと補修を行いましょう。

令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風に関する江戸川区特設ページはこちら 雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別) 散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

セメント瓦とモニエル瓦、塗り替えを必要とする瓦の最適なメンテナンス方法

セメント瓦とモニエル瓦、塗り替えを必要とする瓦の最適なメンテナンス方法

 一般的な日本家屋に使用される陶器瓦と比較しても価格の安いセメント瓦やモニエル瓦。これらの瓦は高度経済成長期の住宅不足を解消する一端を担い、1980年代から1990年代にかけて国内で広く普及しました。 現在ではすっかり影をひそめ、新築でも使用されることがなくなり、手に入れることも困難になってきた屋根…続きを読む
4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

 瓦屋根というと半世紀、またはそれ以上もの耐用年数を期待できる大変寿命の長い屋根材ですよね。そのため瓦屋根にお住まいの方の中にはどうしてもメンテナンスが怠りがちになってしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし瓦屋根と言えども経年劣化がまったくないかというとそうではありませんし、…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和2年6月1日更新 現在、台風に関するお問い合わせは落ち着いてきており、現地調査や工事着工についても通常通りお伺いすることができます。街の屋根やさんでは工事後、長く安心して暮らしていただくため、品質の高い適切な施工を行っています。お気軽にお問い合わせください。現在の東東京支店と品川支店、多摩川支店…続きを読む
【最新版】火災保険が適用される屋根工事

【最新版】火災保険が適用される屋根工事

 保険が適用される屋根工事、ってどういうことをイメージされるでしょうか?  特にそれが「火災保険」となると「屋根修理に使えるの?」と繋がらないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?昨今は大型台風の上陸、そしてそれらの被害が頻発したことにより火災保険という名前や保険の支払い規…続きを読む
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう

台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう

 私たちの住んでいる日本は世界的に見ても台風や地震といった自然災害が非常に多い地域です。台風の数で言うと気象庁の発表では2000年以降462(年間平均24)の台風が発生し、58もの台風が日本に上陸しました。年間平均で3、最も多い2004年には10を超える台風が日本に上陸し私たちの生活を脅かしました。…続きを読む
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

 台風銀座と呼ばれている沖縄・九州・地方・近畿地方南部だけでなく、毎年のようにさまざまな地域に被害をもたらす台風。台風の通過により各地で被害が発生し、毎年多くのお問合せをいただきます。また、台風の通過からかなりの日数が経っているというのに街の屋根やさんにでは季節に関係なく「前回の台風で屋根が被害を受…続きを読む
台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう

台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう

 日本全土のほとんどが台風の通り道であり、地震大国でもあるという日本、豊かな気候など温泉やメリットもあるのですが、災害が多いというデメリットもあります。地震や台風で被災してしまった場合、最も大切なのは二次被害を防ぐということです。二次被害は心掛け次第でゼロにすることができるはずです。 【動画で確認…続きを読む
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

 瓦に飛来物が当たり割れてしまった場合、また風によって少しずれてしまっている場合、雨漏りが起きていなくとも防水紙の劣化に繋がりますので、補修は必要です。瓦の差し替え工事瓦の並び戻し工事 漆喰が剥がれることによって内部の土が露出し、雨水で流れ出てしまいます。そのまま放置してしまうと棟自体の並びも変形・…続きを読む
プロが教える屋根リフォームで失敗しないコツ

プロが教える屋根リフォームで失敗しないコツ

 屋根リフォームの主な目的は、雨漏りの防止や安全対策です。頻繁におこなう必要はありませんが、定期的に屋根の状況をチェックして、必要があれば補修や清掃、塗り直しをおこなうことで、屋根そのものの寿命を延ばすことができます。春の大風や夏場の暑い日差しに台風、冬の積雪などで屋根は徐々に痛んできています。「う…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
屋根の台風対策|雨漏り対策|無料点検実施中

屋根の台風対策|雨漏り対策|無料点検実施中

  お住いの台風対策はお済みですか?   台風対策に向け、お住まいのココがチェックポイント!   ※特に屋根の点検は危険ですので、専門家にお任せください! 問題があった方は要注意!台風被害にあう可能性があります…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      品川区西大井で散水試験で雨漏りの原因特定したのでサッシの取付方法を直します

      【施工内容】

      雨漏り修理

      東京都狛江市西野川で散水試験で雨漏り箇所特定して葺き替え工事で直します

      【施工内容】

      屋根葺き替え、雨漏り修理

      大田区西馬込で造りがおかしな折板屋根からの雨漏り修理を行いました

      【施工内容】

      雨漏り修理

      その他の施工事例一覧→

      江戸川区と近隣地区の施工事例のご紹介

      葛飾区新小岩にてスーパーガルテクトを使用した屋根カバー工事を実施、色はSシェイドブラックになります

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      江戸川区西一之江で雨漏りの発生に伴い屋根の部分葺き直し工事を施工致しました

      【施工内容】

      屋根葺き直し、棟瓦取り直し 、雨漏り修理

      江戸川区西小岩で膨れが多く発生している屋上ウレタン防水をウレタン塗膜防水通気緩衝工法で改修しました

      【施工内容】

      防水工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      新型コロナウィルス
      対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る