無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 江戸川区南小岩で強風による棟板金の剥がれの復旧に併せて屋根塗.....

江戸川区南小岩で強風による棟板金の剥がれの復旧に併せて屋根塗装

【施工前】
棟板金が剥がれたスレート屋根

【施工後】
屋根塗装と棟板金交換を行ったスレート屋根

【お問い合わせのきっかけ】
「屋根の板金が取れかかっているので、そのお見積もりをお願いしたい」というご相談を江戸川区南小岩のお客様から承りました。詳しいお話をお聞きすると、昨年の台風で被害を受けたらしく、たまたまご自宅の屋根がよく見えるところを通ったら、棟板金の異変に気付いたということでした。修理費が高額になるのではないかというご不安をお持ちでしたが、火災保険にご加入だったので足場仮設代金まで保険で賄うことができました。お家は3階建てで棟板金交換には足場が必要になることから、以前から塗り替えしたいと思っていた屋根の塗装も同時に行うことになりました。足場の仮設が必要になる工事はまとめた方がお得になります。

【工事内容】
【工事詳細】
使用材料
サーモアイSi(屋根塗装),ガルバリウム製棟板金
施工期間
6日間
築年数
築18年
平米数
61.0 ㎡(屋根)
お施主様
T様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
10年(屋根塗装)

【点検の様子】

屋根の局所的なアップ スレート屋根の右端

お客様は屋根を見て、棟板金の異変に気付いたそうです。ご自宅の近くに屋根をよく観察できるポイントがあるということなので、教えていただきました。確かに見えますし、棟板金が何となくおかしくなっているのは分かりますが、お客様は相当、目が良いようです。

 

お客様の屋根は3階建て 急勾配のスレート屋根

こちらの建物はスレート屋根で素材的には一般的なものですが、形状がちょっと複雑です。片側の屋根の下り方向が短い招き屋根、そして屋根の途中で勾配が変わるギャンブレル屋根の要素を持っています。3階にちょうどバルコニーがあるので、ここを利用させていただき屋根の上にのぼれました。棟板金が剥がれて、片側が持ち上がり、浮いている状態です。

 

天端にビスが打たれている 天端にビスが打たれている

棟板金には固定力を増すために追加で打たれたビスがありました。他の業者が以前に行ったもののようです。標準的にはビスは棟板金の側面に打ち、その通りに施工されている部分も多いのですが、脳天打ちされている部分もありました。おそらく側面にビスを打ったところ、貫板の腐食なとで固定力が足りないと感じたのでしょう。

 

【施工の様子~屋根塗装と棟板金交換】

小岩警察署で道路使用許可の申請 道路の使用許可がおりました

今回は足場を仮設しての屋根塗装と棟板金交換になりますまで建材の積み降ろしにも結構な時間がかかります。道路の使用許可を小岩警察に申請します。これで車を駐車し、路上での建材の積み降ろしもできるようになりました。

 

ご近隣への挨拶 u4

工事に入る前にご近隣の方へもご挨拶へ訪れます。足場の仮設時などは大きな音がしますから、事前に通告が必要なのです。道路の仕様許可やご近隣へのご挨拶を経てからが工事の本番です。ますば足場を仮設します。

 

屋根足場も設置 高圧洗浄

屋根の勾配が急であり、しかも途中でさらに急勾配になるので足場を仮設しました。足場の仮設後は高圧洗浄時の飛沫などがご近隣へ飛散しないようにメッシュシートで足場を取り囲んでから、工事に入ります。

 

高圧洗浄で汚れが取れた屋根 遮熱塗料サーモアイ

高圧洗浄後の屋根の様子です。汚れなどで分かりませんでしたが、化粧スレートは傷みが出始めていたようです。今回は遮熱塗料サーモアイで屋根塗装を行います。遮熱塗料は文字通り、熱さを遮る塗料であり、夏の暑さ対策にもかなり有効です。室内で2~3℃程、温度を呈させると言われいます。

 

サーモアイシーラー タスペーサーで縁切り

サーモアイシーラー専用塗料で下塗りを行っていきます。これだけの勾配があれば毛細管現象も起こりにくいでしょうが、念のためにタスペーサーで縁切りしておきましょう。屋根材が重なっている部分には屋根内部に入った雨水の排出や通気のために隙間が必要なのです。

 

屋根を中塗り中 棟板金地を交換

下塗り後は仕上げ塗りの1回目となる中塗りを進めていきます。今回、色はクールブラックをお選びになられました。中塗りが終了しましたら、屋根塗装は一旦ストップです。今度は棟板金工事を進めていきます。歪んで、剥がれかかった棟板金を撤去します。

 

貫板の撤去 樹脂製貫板タフモック

その下の貫板も撤去します。これまでの貫板は木製でしたが、3階建てということでより強風に強く、固定力も経年で変化しにくい樹脂製の貫板を使用することになりました。使用される環境が厳しい部分にはそれに対応した建材を使うことが大切です。

 

棟板金の取り付け 屋根塗装、上塗り

棟板金を固定しましたら、こちらの工事は完了です。再び、屋根塗装に入ります。仕上げ塗りの2回目、上塗りを行います。塗り終わりましたら、乾燥を待って養生を剥がします。

 

【竣工、屋根塗装と棟板金交換】

 
屋根塗装空撮
屋根塗装と棟板金交換が竣工しました。高い部分はそれだけ風も強く、それに対応した各種建材が求められます。棟板金を交換する際には樹脂製貫板をお選びください。こちらのお客様の建物は片側の屋根面積が大きいので、太陽光による蓄熱もかなりのものではないでしょうか。サーモアイの遮熱性能はかなり効果的だと思います。強くなった棟板金と遮熱性能を持った屋根での生活をお楽しみください。

街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      中野区本町で強風で割れたバルコニーの屋根をポリカーボネートの波板で張り替えます

      【施工内容】

      西東京市ひばりが丘で強風で飛散した屋根の笠木をガルバリウム鋼板製へ交換します

      【施工内容】

      江戸川区松島で台風で落下した丸瓦を棟取り直しで復旧

      【施工内容】

      その他の施工事例一覧→

      江戸川区と近隣地区の施工事例のご紹介

      葛飾区東水元で下屋根の雨押えからの雨漏りが発生した為、特殊形状加工した板金カバーにて解決致しました

      【施工内容】

      雨漏り修理、ガルバリウム鋼板、その他の工事

      墨田区東向島で台風でも安心できる長期メンテナンスフリーの屋根を目指してスーパーガルテクトフッ素を使用した屋根カバー工事を一部火災保険を使用して行いました

      【施工内容】

      屋根補修工事、屋根カバー工事、ガルバリウム鋼板

      江戸川区本一色で築45年瓦屋根のお住まいをスーパーガルテクトで屋根葺き替え工事を施工致しました

      【施工内容】

      瓦屋根葺き替え、雨樋交換、ガルバリウム鋼板、瓦屋根から金属屋根へ葺き替え工事、その他の工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      台風10号への備え、できていますか

      台風10号への備え、できていますか

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東東京
      〒132-0023 東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      ページトップへ戻る