無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 西東京市住吉町で軒天の剥がれの原因だった雨漏りを瓦から金属屋.....

西東京市住吉町で軒天の剥がれの原因だった雨漏りを瓦から金属屋根の葺き替えで解消

【施工前】
雨漏りの起点となっていた谷樋と瓦屋根

【施工後】
交換された谷樋と瓦から金属に吹き替えられた屋根

【お問い合わせのきっかけ】


担当:白石


西東京市住吉町にお住まいで軒天の剥がれに悩んでいるというお客様です。お客様は老朽化によって剥がれてきたと考えていたそうですが点検したところ、瓦屋根から雨漏りが原因で剥がれていることが判明しました。軒天だけを張り替えて直しても、また雨水によってすぐに剥がれてくるでしょう。屋根葺き替えを行ってから、軒天を張り替える必要があります。
西東京市住吉町にお住まいで軒天の剥がれに悩んでいるというお客様です。お客様は老朽化によって剥がれてきたと考えていたそうですが点検したところ、瓦屋根から雨漏りが原因で剥がれていることが判明しました。軒天だけを張り替えて直しても、また雨水によってすぐに剥がれてくるでしょう。屋根葺き替えを行ってから、軒天を張り替える必要があります。


担当:白石


【工事内容】
破風板・軒天部分補修 屋根葺き替え
【工事詳細】
使用材料
スーパーガルテクト,ケイカル板
施工期間
9日間
築年数
28年
平米数
99.0㎡
お施主様
K様邸
【工事内容】
破風板・軒天部分補修 屋根葺き替え
【工事詳細】
使用材料
スーパーガルテクト,ケイカル板
施工期間
9日間
築年数
28年
平米数
99.0㎡
お施主様
K様邸
足場アイコン屋根葺き替え破風板・軒天部分補修

【点検の様子】

剥がれた軒天 健全な軒天

軒天の剥がれに困っているというお客様です。お客様は「老朽化が原因」と考えているようですが、どうも違うようです。老朽化が原因であれば、全体的に傷んでいるはずですが、健全な部分もあります。では、どうして軒天が剥がれてくるのでしょうか。こちらはベニヤの軒天なので、雨水に染みると剥離してきます。雨水に染みるが原因には雨樋の排水不良などがありますが、こちらはそのような雨水を浴びた形跡がありません。

 

雨水の浸入しそうな箇所 防水紙は大丈夫

軒天が汚れていないことから、雨水は上から浸入してきたと考えられます。屋根から浸入してきた雨水が軒天に達して剥がれてしまったのでしょう。つまり、軒天の上の屋根が怪しいということです。外壁との取り合い、ラバーロックされた部分、防水紙の継ぎ目など不安を抱えている部分はたくさんあります。お施主様は「前々から瓦屋根の重量も気になっていた」ということで金属屋根に吹き替えることになりました。

 

【施工の様子~瓦屋根から金属屋根への葺き替え】

屋根瓦の撤去 廃棄する屋根瓦

今回は瓦屋根から金属屋根、スーパーガルテクトへ葺き替えますので、不要となる瓦を撤去していきます。瓦自体は約100年使えると言われていますから、ちょっと勿体ないですね。

 

防水紙の穴 野地板の増し張り

瓦を撤去していくと、やはり防水紙に穴が開いている部分がありました。実は屋根の表面が健全であっても、その下には雨水が入るケースは結構な頻度で起こりえます。室内側への雨水の浸入を防いでいるのが防水紙なのです。瓦を引っ掛ける桟木(横方向の棒)を取り外して、野地板を増し張りしていきます。野地板を増し張りすることで、屋根だけでなく、お家全体の強度も増します。

 

野地板の増し張り完成 防水紙カッパ23

野地板を増し張りが終わりましたら、防水紙を敷いていきます。私達から言わせてもらいますと、防水紙はぜひ、こだわって選んでいただきたいものです。スーパーガルテクトの耐用年数は約30年超と言われています。一方で防水紙は安価なものだと耐用年数が15年程度しかありません。表面の屋根材と寿命を合わせたものを選びましょう。カッパ23は耐用年数が長い改質アスファルトを使用しており、引き裂きや裂けに強い優れた防水紙です。

 

防水紙の敷設 谷樋の設置

カッパ23を野地板の上に設置していきます。安価な防水紙の場合、寒いと固くなり、屋根の角などにフィットさせにくくなるのですが、カッパ23は冬でも柔軟性を維持しています。防水を敷設しましたら、谷の部分には谷樋を設置します。

 

スーパーガルテクトへの葺き替え スーパーガルテクトへの葺き替え完了

スーパーガルテクトを葺いていきます。金属屋根の原材料はめっき鋼板です。世の中にはさまざまなめっき鋼板がございますが、屋根を含めた建材にはガルバリウム鋼板が使われていることが多いですね。スーパーガルテクトはそのガルバリウム鋼板を進化させた超耐久ガルバと呼ばれるものを使用しています。メーカーの穴あき保証はなんと25年です。これでスーパーガルテクトへの屋根葺き替えは完了です。

 

【軒天の部分的な貼り替え】

軒天も交換 塗料で保護

屋根を葺き替えて雨漏りの心配もなくなりましたので、軒天を張り替えます。これまではベニヤが使用されていましたが、雨に濡れても剥離の心配がないケイカル板を使用します。不燃なので万が一の場合にも安心です。ケイカル板には塗装をして表面を保護し、防水性を高めます。

 

【竣工 スーパーガルテクトへの葺き替えと軒天の貼り替え】

スーパーガルテクトで葺き替え完了

今回の軒天の剥がれのように、建物を直す場合は傷みが見えている部分だけでなく、その傷みの原因となっている部分も直さなくてはならないことがあります。そうなると思った以上に費用がかかることになります。そうなる前に直すのが一番です。日頃から点検をして、何か違和感を感じたら専門業者に見てもらうのが一番です。もし、直す場所が複合的になっても、被害が小さいうちでしたら、費用も確実に抑えられます。

屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別) 雪害漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      三鷹市大沢にて令和元年東日本台風で被害を受けた瓦から、立平スタンビーへの屋根葺き替え工事を実施

      【施工内容】

      屋根補修工事、瓦屋根工事、屋根葺き替え、瓦屋根葺き替え、ガルバリウム鋼板、瓦屋根から金属屋根へ葺き替え工事

      墨田区東墨田にて令和元年房総半島台風で被災した工場のポリカ波板屋根の貼り替え工事を行いました

      【施工内容】

      屋根葺き替え、雨樋交換、庇工事

      葛飾区西水元にて雨漏りの原因だった天窓を撤去、モニエル瓦からスーパーガルテクトへ屋根葺き替え

      【施工内容】

      屋根葺き替え、天窓工事

      その他の施工事例一覧→

      西東京市と近隣地区の施工事例のご紹介

      西東京市中町でモニエル瓦葺き屋根をジンカリウム鋼板のエコグラーニへ葺き替え工事

      【施工内容】

      瓦屋根からエコグラーニへ葺き替え工事

      小平市小川西町で雹(ひょう)の被害を受けたバルコニーの屋根を火災保険で直します

      【施工内容】

      屋根補修工事

      練馬区西大泉で滑りやすい金属屋根に雪止めを増設して落雪対策

      【施工内容】

      雪止め設置

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る