無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 西東京市田無でセメント瓦からスーパーガルテクトへ屋根葺き替え.....

西東京市田無でセメント瓦からスーパーガルテクトへ屋根葺き替え

【施工前】
屋根葺き替え前のセメント瓦屋根

【施工後】
屋根葺き替え後の金属屋根

【お問い合わせのきっかけ】


担当:岡野


「屋根リフォームを考えている」と西東京市からH様からご相談いただきました。築年数も30年を超えたあたりから瓦の汚れが目立つようになり、ひび割れと思える筋のようなものも増えてきたということです。H様のお家の屋根はセメント瓦で、現在はほぼ生産されていないものです。今後は部分的な補修も困難になることが予想されること、そして地震対策として軽い金属屋根に葺き替えることになりました。
「屋根リフォームを考えている」と西東京市からH様からご相談いただきました。築年数も30年を超えたあたりから瓦の汚れが目立つようになり、ひび割れと思える筋のようなものも増えてきたということです。H様のお家の屋根はセメント瓦で、現在はほぼ生産されていないものです。今後は部分的な補修も困難になることが予想されること、そして地震対策として軽い金属屋根に葺き替えることになりました。


担当:岡野


【工事内容】
瓦屋根葺き替え
【工事詳細】
使用材料
スーパーガルテクト
施工期間
9日間
築年数
34年
平米数
112.0㎡
お施主様
H様邸
【工事内容】
瓦屋根葺き替え
【工事詳細】
使用材料
スーパーガルテクト
施工期間
9日間
築年数
34年
平米数
112.0㎡
お施主様
H様邸
足場アイコン屋根葺き替え

【点検の様子】

セメント瓦屋根の点検の様子 雨筋がついた屋根

セメント瓦というと洋瓦が多いイメージがありますが、こちらのお住まいはJ形と呼ばれる和瓦が使われていました。色がグレーなので、遠くから見ると粘土瓦のようにも見えますが、近くで見ると表面がざらざらしており、違う素材の瓦だということが分かります。

 

ところどこに目立つクラック 完全には割れていないが時間の問題

既に築30年を超えているということで、セメント瓦の方も耐用年数を超え、そろそろ使用の方も限界に来ているようです。ところどころにクラックが入っており、そこに雨水と汚れが染み込み、筋になっています。欠けたり、割れたりしてしまう日もそう遠くはないように感じられます。

 

セメント瓦 防水紙は大丈夫

粘土瓦の特徴としていぶし瓦以外は裏面が素地の色の赤茶をしています。こちらはセメントの色をしています。瓦の下にある防水紙に傷や破れはないようですが、いずれにせよセメント瓦が限界手前です。割れやすくなっているのは間違いないので、屋根葺き替えを行います。

 

【施工の様子~セメント瓦からスーパーガルテクトへの屋根葺き替え】

棟を解体 瓦を撤去

金属屋根材のスーパーガルテクトへ吹き替えるので、これまでのセメント瓦は不要になります。瓦屋根を解体して、セメント瓦をを撤去していきます。解体してみると、瓦の下から多数の鳥の巣が出てきました。

 

瓦を整理整頓 瓦を取り去った屋根

瓦は処分いたしますが、できるだけ丁寧に扱います。経年により強度が落ちているため、手荒い真似をすると簡単に割れてしまいそうだからです。割れたら、その欠片を拾い集めなければなりませんので、その分、余計な手間となります。すべての瓦を撤去しました。

 

桟木を撤去 野地板の増し張り

野地板を増し張りするために桟木(水平方向に取り付けられている棒)を取り外していきます。取り外したら、構造用合板を張っていきます。

 

構造用合板を使用 防水紙取り付け

構造用合板は文字通り、木の繊維方向を変えて貼り合わせた合板で、地震に対してのお家の強度を上げる耐力壁にも使われるものです。野地板に増し張りするとこによってお家全体の強度も上がります。増し張りが終わりましたら、防水紙を敷いていきます。

 

防水紙の取り付け完了 スーパーガルテクト

防水紙にはカッパ21を使用しました。改質アスファルトを使用してますので耐用年数も長く、破れにくい防水紙です。防水紙を敷き終えましたら、いよいよスーパーガルテクトの出番です。

 

スーパーガルテクトに葺き替え 平部の葺き替え完了

ほとんどの屋根材は軒先から棟に向かって葺いていきます。取り付けた屋根材の上に屋根材を重ねて葺いていきます。色はシェイドブラウンです。

 

貫板の取り付け 棟板金の取り付け

棟に貫板を設置し、棟板金を取り付けていきます。スーパーガルテクトというと、シェイドブラックやシェイドブルーをお選びになる方が多いのですが、シェイドブラウンもいい色ですね。

 

【竣工、セメント瓦からスーパーガルテクトへの屋根葺き替え】

屋根葺き替え完了

セメント瓦から金属屋根材スーパーガルテクトへの屋根葺き替えが竣工しました。屋根が軽くなりましたので、地震の際も安心です。また、瓦のように強風でずれたり、落下するようなことも起こりません。あらゆる災害に対して強くなりましたので、安心して生活を送れると思います。

このページに関連するコンテンツをご紹介

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?

屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?

 屋根工事の中で大型リフォームと言えば屋根葺き替えと屋根カバー工法が挙げられます。いずれも屋根材を新設するリフォームですが、工期やコストの違いがあるなどそれぞれにメリットやデメリット、特徴があります。こうした大型の屋根葺き替えや屋根カバー工法を検討するタイミングとしては経年劣化により屋根が寿命を迎え…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
セメント瓦とモニエル瓦、塗り替えを必要とする瓦の最適なメンテナンス方法

セメント瓦とモニエル瓦、塗り替えを必要とする瓦の最適なメンテナンス方法

 屋根材というと現在でも瓦というイメージが強いのか、どんな屋根材でも瓦と呼ばれがちです。スレート(カラーベスト・コロニアル)はスレート瓦と呼ばれますし、成型金属屋根材も金属瓦と呼ばれます。小さなピースを幾重にも並べて屋根を形成する屋根材の場合、そのような傾向が高いようです(トタンはトタン瓦と呼ばれな…続きを読む
屋根葺き替えで不安を解消しませんか?

屋根葺き替えで不安を解消しませんか?

 これまでの屋根を解体・撤去し、新しい屋根に葺き替える工事です。屋根材を取り外しますので、その下の防水紙や野地板といった手の入れにくい部分も同時にメンテナンスや補修を行うことができます。屋根の葺き替えというと老朽化した屋根というイメージがありますが、最近では耐震対策としての軽い屋根へ葺き替えるお客様…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
進化したガルバリウムでより強い屋根材へスーパーガルテクト

進化したガルバリウムでより強い屋根材へスーパーガルテクト

耐久性・快適性・意匠性が見事にマッチした屋根材の新しいスタンダード ガルバリウム鋼板の屋根材はリフォーム市場においてナンバー1のシェアを誇ります。そもそも、ガルバリウム銅板とは、JIS規格では「溶融55%アルミニウム亜鉛合金めっき鋼板」と定められています。アルミと亜鉛で鉄を守ることで生まれた鋼板です…続きを読む
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      三鷹市大沢にて令和元年東日本台風で被害を受けた瓦から、立平スタンビーへの屋根葺き替え工事を実施

      【施工内容】

      屋根補修工事、瓦屋根工事、屋根葺き替え、瓦屋根葺き替え、ガルバリウム鋼板、瓦屋根から金属屋根へ葺き替え工事

      足立区梅田で瓦屋根のお住まいをガルバリウム鋼板、スーパーガルテクトに葺き替え工事を行いました

      【施工内容】

      瓦屋根葺き替え、ガルバリウム鋼板

      墨田区立花で台風被害に遭った廃版セメント瓦屋根を火災保険併用でコロニアル屋根に葺き替えしました

      【施工内容】

      瓦屋根補修工事、瓦屋根葺き替え、雨樋交換、雨漏り修理、雪止め設置

      その他の施工事例一覧→

      西東京市と近隣地区の施工事例のご紹介

      練馬区下石神井でテラスへ雪止めを設置しました

      【施工内容】

      雪止め設置

      西東京市中町でモニエル瓦葺き屋根をジンカリウム鋼板のエコグラーニへ葺き替え工事

      【施工内容】

      瓦屋根からエコグラーニへ葺き替え工事

      小平市小川西町で雹(ひょう)の被害を受けたバルコニーの屋根を火災保険で直します

      【施工内容】

      屋根補修工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      イオン銀行住宅ローン

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る