無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 江戸川区北小岩で台風によりコロニアル屋根材が飛ばされたお客様.....

江戸川区北小岩で台風によりコロニアル屋根材が飛ばされたお客様の屋根を将来を見据えてスーパーガルテクトシェイドブルーで屋根カバー工事しました

【施工前】
カバー前割れている屋根材

【施工後】
スーパーガルテクト葺きあがり

【お問い合わせのきっかけ】


担当:渡辺


江戸川区北小岩のK様は2018年10月1日に猛威を振るった台風24号の後に、ベランダに屋根材のコロニアルが剥がれて落ちているのを発見されました。ご自身で屋根を覗いて剥がれた部分は確認できたそうですが、他の部分もご心配になり「街の屋根やさん」に屋根調査のご依頼を頂きました。実際に屋根に上がらせていただき調査を実施した所、幸い剥がれてしまっていたコロニアル屋根材はK様が確認された所のみでしたが、台風の影響は少なからず屋根面に痕跡を残し、割れて剥がれないまでも日々割れが多く発生している状況で有ったので、今後の屋根メンテナンスの部分を含め屋根カバー工事をすることをご提案させていただき工事を実施させていただく運びとなりました。使用する屋根材の色選びからシミュレーションを実施しお気に入りの色になった、と大変喜んでいただくことが出来ました。
江戸川区北小岩のK様は2018年10月1日に猛威を振るった台風24号の後に、ベランダに屋根材のコロニアルが剥がれて落ちているのを発見されました。ご自身で屋根を覗いて剥がれた部分は確認できたそうですが、他の部分もご心配になり「街の屋根やさん」に屋根調査のご依頼を頂きました。実際に屋根に上がらせていただき調査を実施した所、幸い剥がれてしまっていたコロニアル屋根材はK様が確認された所のみでしたが、台風の影響は少なからず屋根面に痕跡を残し、割れて剥がれないまでも日々割れが多く発生している状況で有ったので、今後の屋根メンテナンスの部分を含め屋根カバー工事をすることをご提案させていただき工事を実施させていただく運びとなりました。使用する屋根材の色選びからシミュレーションを実施しお気に入りの色になった、と大変喜んでいただくことが出来ました。


担当:渡辺


【工事内容】
屋根補修工事 スレート屋根工事
【工事詳細】
使用材料
IG工業スーパーガルテクトシェイドブルー
施工期間
3日間
築年数
約15年
平米数
約40㎡
お施主様
K様邸
【工事内容】
屋根補修工事 スレート屋根工事
【工事詳細】
使用材料
IG工業スーパーガルテクトシェイドブルー
施工期間
3日間
築年数
約15年
平米数
約40㎡
お施主様
K様邸
火災保険アイコン台風アイコン3階建て

【台風被災の屋根点検】

ベランダに落ちたコロニアル コロニアル剥がれ

K様が発見したのはコロニアル(スレート・カラーベスト)屋根材の比較的大きな欠片です。建物の南側面の屋根の一部でした。落ちた場所がベランダだったそうですが、大きな音がしてビックリされたそうです。剥がれた屋根の一部に防水紙が見えてしまっておりますが、破けてはいないので急な雨漏りの心配がないことはお伝えしてひとまず安心しただきました。反対側にあたる北面の屋根はさすがに覗き見ることもできず不安だとの事で屋根に上らせていただき確認を行ってまいりました。

屋根台風の影響

剥がれおちた部分はもちろんですが、周囲にも良く見ると無数の亀裂が・・・・。建物が三階建てと言うこともあって風の影響が強いのでしょうか。屋根全体にこの亀裂が多くみられる状態でした。

コロニアル屋根ひび割れ多数 アンテナ支柱で割れたコロニアル

屋根の頂点(棟)際にもヒビ割れが多く、確認が難しい北面もやはりヒビ割れが多く発生しておりました。TVアンテナの固定台の部分は強風でかなりの力が加わったのでしょう。かろうじてアンテナ脚で支えられて落下を防いでいる状況でした。これらの点検状況から、お客様ご加入の火災保険会社へ修理見積りを作成してご提出をするに当たり、コロニアル屋根材の部分差し替えは困難であることを明記し屋根全体(大屋根のみ)を同素材で葺き替える修理見積りを申請させていただきました。昨年の台風24号は被害がとても多かったため、保険会社も相当忙しかったらしく結果が出るまでに時間が掛かりましたがこちらの申請内容を認めて頂き、火災保険で修理費用を捻出することが出来ました。火災保険は「現状復旧」が前提だけに過剰な内容は認めてもらえません。適切な復旧判断の内容だったという証でもあります。

【スーパーガルテクトを使って屋根カバー工事】

江戸川区K様カバー施工事例工事001 防水紙の施工

保険会社からコロニアル屋根材での葺き替え工事を認めてもらいましたが、k様としては「また同じ素材を使用することで同じような思いをするのは避けたい。」という思いもお持ちだったため工事はコロニアル屋根材よりも丈夫で割れたりすることもなく、再塗装のサイクルも長くメンテナンスフリーに近い「ガルバリウム鋼板屋根材」を使用した「屋根カバー工事」実施することになりました。使用する屋根材は通常よりも更に高耐久な超ガルバリウム鋼板を使用している「IG工業スーパーガルテクト」です。

これから使用する屋根材など 役物板金

屋根工事ですから、もちろん足場を仮設して工事に臨みます。立地環境が非常に厳しく、荷揚げが機械を使用して行えませんでした。そこで人海戦術となるわけですが、三階建ての建物の屋根上までいくら軽量とは言え屋根材を上げるのはさすがに骨が折れました。足場の各階に一人ずつ人員配置をし、地上から屋根に向かってバケツリレー状態です。

役物板金の加工 腰折れ屋根部のルーフィング

材料さえ屋根に上がってしまえば、後はカバー工事のメリットである施工の速さが生かされます。既存屋根面にある突起物(棟・雪止め金具)を手早く撤去し、既存屋根面を極力傷めない遅延粘着式改良アスファルトルーフィング「タディスセルフ」を屋根面に敷設、各種役物(軒先唐草・ケラバ水切り等)を設置していきます。

雪止めの施工 雪止めの固定

メインの屋根材「スーパーガルテクト」の施工は屋根タルキの位置を墨だしして、確実にビス止めをしていくのはもちろんいつもの通りです。忘れてならないのは「雪止め金具」ですね。塗装したてのコロニアル屋根もそうですが、金属屋根も摩擦係数はかなり低いです。屋根材が落ちなくなっても雪が落ちてきたら危険を避けるためにも行った今回の屋根カバー工事の意味もありません。特に北面は「腰折れ」といって屋根面の傾斜が変化しており、それもかなりの急傾斜となっておりますので、確実に雪の重量を支えられるよう、屋根材同様、タルキにシッカリとビスで固定しております。

換気棟の施工 古くなったTVアンテナ

もともと換気棟の付いた屋根でしたので、換気棟もIG工業スーパーガルテクト純正品を使用して工事をしております。たまに換気棟がただの飾りになっておるお宅があったりもしますがk様邸は換気の穴は開いておりました。屋根調査の際に気になっていた屋根の汚れを発生させていた錆びたTVアンテナもこの際新しいものに交換するために撤去をいたします。

雨樋の不良 雨樋復旧

北面の腰折れ屋根軒樋が台風のせいか、雪のせいかわかりませんが、下がってしまっておりました。調査の際には発見できなかった部分ですが、そのまま放置はできません。お客様に状況をお伝えし、再度火災保険申請を追加で行い修理費を認めてもらいました。

ガルテクトカバー終了

正味工事日数は2日と少々、と言ったところでスーパーガルテクトシェイドブルー色を使った屋根カバー工事は終了となりました。冬空の青を受けた青い屋根はk様ご一家を長い安心で守ってくれることでしょう。

小さな下屋根 下屋根の処理は塗装

部屋に光を入れる為だけに付いている下屋根は被害もなく、スパース的な関係もあり、シェイドブルーに近い色で塗装で仕上げました。

【完工写真】

一番破損していた場所の施工後

IG工業スーパーガルテクトは独特なちじみ模様が表面に施されています。なんとなく意匠的にはコロニアル屋根にも似ている雰囲気を持っているので、金属屋根=トタンみたい、といった昔の概念とは違い葺きあがりも非常におしゃれな印象になります。

小さな下屋根は塗装仕上げ

下屋根の塗装仕上げは、大屋根のスーパーガルテクトシェイドブルーに近い色をニットコウ短冊から選び、ツヤ感があまり違わなくならない様に、5分ツヤ仕上げにした塗料で塗装を行っています。さすがにスーパーガルテクトの持つメタリック感は表現出来ませんが違和感はない仕上がりです。

古いアンテナは撤去、新設

今となっては全く使用することない地上アナログ放送アンテナを撤去し、サビが酷くサビ汁で屋根を汚してしまっていたアンテナポールと固定台は新品に交換。地上デジタル放送のUHFアンテナも当然新品に交換しました。まだVHFアンテナが残っている屋根を多く見ます。台風の時など強風で飛ばされて近隣にご迷惑を掛けてしまうこともありますので屋根工事の際は必ずお声掛けさせていただき、必要なら撤去新設も承っております。

江戸川区で令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風によって被災してしまった方へ

 2019年9月9日の台風15号、10月12日の台風19号の勢力は凄まじく、各地より被害のご相談をいただきました。江戸川区にお住まいのお客様からもお問合せをいただき、私たち街の屋根やさんでは、数多くの災害復旧工事を実施してきました。
 台風発生当時に比べて、ブルーシートがかかった屋根を見かける機会も減り、それだけ復旧工事が進んでいるように感じますが、中には、まだ工事を行えていない方もいらっしゃると思います。台風シーズン前にしっかりと補修を行いましょう。

令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風に関する江戸川区特設ページはこちら

このページに関連するコンテンツをご紹介

瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?

瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?

 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面を広く取った屋根、そし…続きを読む
令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和2年6月1日更新 現在、台風に関するお問い合わせは落ち着いてきており、現地調査や工事着工についても通常通りお伺いすることができます。街の屋根やさんでは工事後、長く安心して暮らしていただくため、品質の高い適切な施工を行っています。お気軽にお問い合わせください。現在の東東京支店と品川支店、多摩川支店…続きを読む
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう

台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう

 私たちの住んでいる日本は世界的に見ても台風や地震といった自然災害が非常に多い地域です。台風の数で言うと気象庁の発表では2000年以降462(年間平均24)の台風が発生し、58もの台風が日本に上陸しました。年間平均で3、最も多い2004年には10を超える台風が日本に上陸し私たちの生活を脅かしました。…続きを読む
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

 台風銀座と呼ばれている沖縄・九州・地方・近畿地方南部だけでなく、毎年のようにさまざまな地域に被害をもたらす台風。台風の通過により各地で被害が発生し、毎年多くのお問合せをいただきます。また、台風の通過からかなりの日数が経っているというのに街の屋根やさんにでは季節に関係なく「前回の台風で屋根が被害を受…続きを読む
台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう

台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう

 日本全土のほとんどが台風の通り道であり、地震大国でもあるという日本、豊かな気候など温泉やメリットもあるのですが、災害が多いというデメリットもあります。地震や台風で被災してしまった場合、最も大切なのは二次被害を防ぐということです。二次被害は心掛け次第でゼロにすることができるはずです。 【動画で確認…続きを読む
長寿命な屋根材はどれ?耐用年数から考える各屋根材の耐久性ランキング

長寿命な屋根材はどれ?耐用年数から考える各屋根材の耐久性ランキング

 お住まいの中で最も過酷な環境に晒されている部位を問われたら、多くの方が屋根だと答えるでしょう。高いから強風の影響を受けやすく、寒暖・雨・直射日光といった天候の影響をダイレクトに受ける、本当にとんでもないところです。寒い地方になれば、降雪や降雹はもちろんのこと、軒に氷柱ができます。積雪の重みにも耐え…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
進化したガルバリウムでより強い屋根材へスーパーガルテクト

進化したガルバリウムでより強い屋根材へスーパーガルテクト

耐久性・快適性・意匠性が見事にマッチした屋根材の新しいスタンダード ガルバリウム鋼板の屋根材はリフォーム市場においてナンバー1のシェアを誇ります。そもそも、ガルバリウム銅板とは、JIS規格では「溶融55%アルミニウム亜鉛合金めっき鋼板」と定められています。アルミと亜鉛で鉄を守ることで生まれた鋼板です…続きを読む
屋根の台風対策|雨漏り対策|無料点検実施中

屋根の台風対策|雨漏り対策|無料点検実施中

  お住いの台風対策はお済みですか?   台風対策に向け、お住まいのココがチェックポイント!   ※特に屋根の点検は危険ですので、専門家にお任せください! 問題があった方は要注意!台風被害にあう可能性があります…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      府中市北山町にてスレートからスーパーガルテクトへの葺き替え工事を行いました

      【施工内容】

      スレート屋根工事、屋根葺き替え

      大田区東糀谷で強風で一枚剥がれたスレート屋根は火災保険を適用して復旧工事します

      【施工内容】

      屋根補修工事、スレート屋根工事、屋根葺き替え

      世田谷区弦巻で台風被害に遭った棟板金を火災保険で交換工事しました

      【施工内容】

      屋根補修工事、棟板金交換、ガルバリウム鋼板

      その他の施工事例一覧→

      江戸川区と近隣地区の施工事例のご紹介

      葛飾区東四つ木で下屋根下の雨漏りのご相談から下屋根のカバー工事を施工致しました

      【施工内容】

      屋根カバー工法、雨樋交換、雨漏り修理

      葛飾区東新小岩で雨漏りの発生に伴い笠木の交換工事を行いました

      【施工内容】

      雨漏り修理、ガルバリウム鋼板、その他の工事

      江戸川区西瑞江で軒天落下防止対策で破風板板金カバー工事を施工、併せて塗装仕上げを行いました

      【施工内容】

      その他の工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
      新型コロナウィルス対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る