無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 国分寺市で雨漏りしている面だけの瓦屋根の部分的な葺き直し

国分寺市で雨漏りしている面だけの瓦屋根の部分的な葺き直し

【施工前】
瓦屋根葺き直し前

【施工後】
瓦屋根葺き直し後

【お問い合わせのきっかけ】


担当:谷


雨漏りに悩んでいるという国分寺市のお客様です。お客様のお家は瓦屋根で、それほど激しくはないが長く雨漏りが続いているそうです。このところ、室内への雨漏りする量が増えてきたように感じるということで、ご相談をいただきました。しっかりと雨漏りを止めて、雨の日でも不安なくお過ごしいただけるよう屋根の葺き直しをご提案しました。
雨漏りに悩んでいるという国分寺市のお客様です。お客様のお家は瓦屋根で、それほど激しくはないが長く雨漏りが続いているそうです。このところ、室内への雨漏りする量が増えてきたように感じるということで、ご相談をいただきました。しっかりと雨漏りを止めて、雨の日でも不安なくお過ごしいただけるよう屋根の葺き直しをご提案しました。


担当:谷


【工事内容】
屋根カバー工法
【工事詳細】
使用材料
シルガード
施工期間
4日間
平米数
15.5 ㎡
お施主様
K様邸
【工事内容】
屋根カバー工法
【工事詳細】
使用材料
シルガード
施工期間
4日間
平米数
15.5 ㎡
お施主様
K様邸
屋根カバー工事

【点検の様子】

小屋裏の様子 換気システム

雨漏りしているということで、小屋裏を拝見させていただきました。雨染みが出来ているのは1箇所だけで、それほど酷いというものではありません。この程度の被害の時にご相談いただき幸いでした。屋根には換気システムが備えられていました。メカっぽくて格好いいデザインですが、雨漏りには勝てません。

 

苔むした瓦屋根 割れている瓦

環境が悪いのか、瓦が古くなってしまったのか。どちらか分かりませんが、瓦が苔むしています。燻し瓦は古くなると釉薬瓦よりも苔が生えやすいといわれています。真っ二つに割れている瓦を発見しました。割れている瓦はこれだけです。ピンポイントで飛来物でもあったのでしょうか。

 

瓦の下は水が溜まっていた 仮補修

瓦が真っ二つに割れているとなれば、当然、そこから雨水が入ってきます。瓦を外してみるとみ瓦を発見しました。割れている瓦はこれだけです。ピンポイントで飛来物でもあったのでしょうか。瓦の下は水が溜まっていました。この直下に雨染みがあったことからここから雨水が入り込んでいることは間違いないようです。割れていた瓦は補修しておき、工事の際に新しいものへと差し替えます。

 

【瓦屋根の部分的な葺き直し】

瓦の撤去 寄棟の一面を葺き直し

今回は費用を抑えるため、部分的な葺き直しで対応します。お客様の屋根は寄棟屋根で下り棟が4つ、屋根は4面あるのですが、雨漏りしていた面とそこに近い棟を解体します。

 

瓦桟も撤去 水が溜まらないよう溝が切ってある

瓦を撤去し、瓦を引っ掛けておく瓦桟も撤去しました。防水紙を敷き、瓦桟を固定していきます。瓦屋根というとかなり昔からあるものなので、工程も使われる材料もあまり変わってなさそうな感じを受けますが、実はいろいろと工夫が盛り込まれています。緑色の瓦桟を見てください。溝が切ってありますよね。この溝、屋根材の下に雨水が浸入してきた際にその水を堰き止めず、流してしまうためのものなのです。こうすることによって雨漏りもしにくくなります。ちょっと工夫ですが、思いついた人は凄いですね。従って、溝を下側にして固定します。

 

瓦桟の固定 瓦の葺き直し

瓦桟を固定します。こうやって見ると防水紙にも工夫が凝らされていることが分かります。水平に引かれている線を目安に瓦桟も設置できますし、釘を打つ間隔も目盛りでから判断することもできます。この水平線や目盛り、現場では意外と重宝するんです。

 

1列ずつ縦に葺いていく 棟の設置

瓦を葺きなおしていきます。今回は棟との間を調整しながら葺いていくので、1列ずつ縦に葺いていきます。棟までの瓦を並べ終わりました。

 

シルガード使用 棟の設置完了

棟を取り直して再設置を行います。今回は漆喰と葺き土の変わりになるシルガードを使用しました。現在はシルガードやなんばんだけで仕上げる工法が主流です。防水性も高く、耐久性も高いのが特徴です。

 

【瓦屋根の部分的な葺き直し、竣工】

 

完工

部分的な屋根の葺き直しと棟の取り直しが完成しました。これで雨漏りとは無縁の生活になるでしょう。これからは洗濯物のためだけに天気を気にすることになるでしょう。

屋根カバー工法・屋根カバー工事698,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

 瓦屋根というと半世紀、またはそれ以上もの耐用年数を期待できる大変寿命の長い屋根材ですよね。そのため瓦屋根にお住まいの方の中にはどうしてもメンテナンスが怠りがちになってしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし瓦屋根と言えども経年劣化がまったくないかというとそうではありませんし、…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

 瓦に飛来物が当たり割れてしまった場合、また風によって少しずれてしまっている場合、雨漏りが起きていなくとも防水紙の劣化に繋がりますので、補修は必要です。瓦の差し替え工事瓦の並び戻し工事 漆喰が剥がれることによって内部の土が露出し、雨水で流れ出てしまいます。そのまま放置してしまうと棟自体の並びも変形・…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
これまでの瓦を再利用!瓦屋根葺き直しの2つのメリット・デメリット

これまでの瓦を再利用!瓦屋根葺き直しの2つのメリット・デメリット

これまでの瓦を再利用して屋根を葺き替えるから地球に優しい 一旦、屋根材(瓦・天然スレート)を取り外し、防水紙や野地板を交換・補修してから、これまでの屋根材を再利用して屋根を葺き直す工事です。既存の屋根材を新しい屋根材に交換する屋根葺き替えと似ていますが、これまでの屋根材を再利用するところが大きく違い…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      葛飾区新小岩にてスーパーガルテクトを使用した屋根カバー工事を実施、色はSシェイドブラックになります

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      江戸川区江戸川で腰折れ屋根のカバー工事、野地板の増し貼りとアールロックで施工致しました

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      調布市西つつじヶ丘で劣化して傷みが進んだスレート屋根をスーパーガルテクトでカバー工事

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      その他の施工事例一覧→

      国分寺市と近隣地区の施工事例のご紹介

      立川市砂川町で固定が弱まってきた棟板金をビス補強いたしました

      【施工内容】

      その他の工事

      小平市鈴木町でトタンの瓦棒葺き屋根を日本ペイントファインルーフのサニーレッドで塗装します

      【施工内容】

      屋根塗装

      国分寺市東元町で雨漏り修理のため瓦屋根の葺き直し工事と壁の板金張替え工事

      【施工内容】

      瓦屋根工事、屋根葺き直し、雨漏り修理

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      新型コロナウィルス
      対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る