点検・調査・お問い合わせ
無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 文京区で雹災に有った化粧スレート屋根のカバー工事を行いました

文京区で雹災に有った化粧スレート屋根のカバー工事を行いました

【施工前】
施工前写真

【施工後】
施工後写真

【お問い合わせのきっかけ】
文京区のお客様も2017年7月の大粒の雹により屋根・庇波板・雨樋に被害を受けました。火災保険にご加入で、火災保険を使っての工事実績の多い弊社のホームページをみてご連絡を頂きました。実際に調査に伺わせていただいたのは雹が降った日から少し時間が経っていました。 調査を実施し、火災保険会社へ被災状況の写真、原状回復への工事お見積りを送っていただき、鑑定人による調査を経て、工事を行うこととなりました。 工期等を考慮し、屋根カバー工事を行いました。使用材料はKNルーフです。同時に穴の開いた波板と欠損してしまった雨樋も交換いたしました。

【工事内容】
庇波板交換工事
【工事詳細】
使用材料
KNルーフ
施工期間
4日間(仮設工事含む)
平米数
65㎡

【点検】

文京区雹災屋根破損調査001 文京区雹災屋根破損調査003

2017年の7月に文京区や豊島区で多くの被害を与えた雹災害ですが、文京区のお客様も同じく屋根、雨樋、庇波板に被害を受けました。

屋根一面には雹があたったことによる、白っぽい跡が無数に残されておりました。近寄って確認すると、屋根材の表面がえぐれてしまっているところも見られます。

文京区雹災屋根破損調査002 文京区雹災屋根破損調査004

屋根以外にも、庇の波板にも穴が開いてしまっていました。雹災で被害を受ける場所はやはり素材的に弱い部分が多いようです。雨樋も典型的な部分です。

文京区雹災屋根破損調査005

お客様は、火災保険に入られていたので、火災保険での修復を行う為に申請をいたしました。申請の内容は、屋根の表面がえぐれてしまっていることも有ったため、現状に戻すため「屋根葺き替え工事」にて原状回復工事にて見積もりを提出いたしました。

この様な自然災害による工事見積りの場合は、状況によって保険会社からの鑑定人が現場調査に来ることがあります。今回のケースも鑑定人が状況調査にいらっしゃいました。一緒に被災状況を見ながら見積

もり内容の確認を行っていきます。鑑定人は、塗膜の剥がれ、と言う見解を示しましたが、それでは納得のいかない場所もあるので数回に渡り交渉を行って、こちら側の申請内容を認めてもらえました。

【工事】

文京区雹災屋根破損カバー工事001 文京区雹災屋根破損カバー工事002

雹災を受けた時期からだいぶ経ちましたが、桜の満開の三月の後半に工事を行わせていただきました。住宅密集地のため、近隣様にご挨拶をシッカリと行って工事に着手いたしました。ご近隣の皆様も地域柄

「お互い様」と言っていただけて助かりました。

文京区雹災屋根破損カバー工事003 文京区雹災屋根破損カバー工事004

仮設工事も問題なく終えて、いよいよ屋根工事です。屋根はほぼ片流れの形状で比較的簡単な形をしているので工事自体はそれほど時間が掛かりません。今回の工事は、工期とご予算とを良くお打合せをさ

せて頂き、屋根カバー工事にて雹災復旧工事をさせて頂きました。

棟を解体して、遅延粘着式ルーフィング「タディスセルフ」を屋根に敷設し、屋根材KNルーフをビス止めする屋根垂木部分への墨だしを行います。

文京区雹災屋根破損カバー工事005 文京区雹災屋根破損カバー工事006

KNルーフを軒側から貼り上げていきます。この位の面積(約65㎡)であれば、大まかな工事は1日で終了できます。下屋根が無い事、屋根の形状が簡単である事も要因です。雹で被災して穴が開いてしまった

庇波板も交換です。もちろんこの交換工事も火災保険で認めてもらっています。以前の波板は網入りの波板でしたが、実は網入りの波板は見た目ほど強くありません。昨年の雹被害で穴の開いてしまった波板

のほとんどはこのタイプでした。素材もポリカではないこともあるでしょう。今回の交換では乳白色のポリカ製波板に変更いたしました。

文京区雹災屋根破損カバー工事008 文京区雹災屋根破損カバー工事007

波板を固定する金具、フックボルト、と言いますが、こちらも丈夫な金属製を使用いたしました。このフックボルトもポリカ製の物は比較的丈夫ではありますが、プラスチック製の物もあって、それは比較的弱く折れ

やすいのです。雨樋も経年劣化も見られましたが、保険での交換が認めてもらえましたので交換いたしました。

 

 

【工事完了後】

棟の仕上がり

ほぼ片流れの屋根の棟部分です。これなら完全片流れでも良いのに、と思うくらいの幅で片側の屋根が付いています。

既存屋根には雪止め金具は付いていませんでしたが、今回はガルバ鋼板製KNルーフで屋根カバー工事を行ったので、雪止め金具を設置いたしました。大雪ではあまり意味をなさなくなりますが、雨樋へのダメージ軽減や軒先からの雪の塊の不意の落下には効果があるでしょう。

雪止め金具を設置

既存屋根には雪止め金具は付いていませんでしたが、今回はガルバ鋼板製KNルーフで屋根カバー工事を行ったので、雪止め金具を設置いたしました。大雪ではあまり意味をなさなくなりますが、雨樋へのダメージ軽減や軒先からの雪の塊の不意の落下には効果があるでしょう。

壁の波板

ベランダを囲うように付いていた波板も雹でボロボロになってしまっていたので交換いたしました。この辺りの工事も足場が無いとできない場所でしたのでご近所様にご協力を頂いて少し越境させて頂きました。

街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
    1. お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      江戸川区|FRP防水ルーフバルコニーの浮きを部分的に切除して補修を実施

      【施工内容】

      千代田区|飛散したら危険!ビル街の狭間の棟板金交換を実施

      【施工内容】

      豊島区で破けたシート防水からウレタン塗膜防水へ再防水工事を実施いたしました

      【施工内容】

      その他の施工事例一覧→

      文京区と近隣地区の施工事例のご紹介

      文京区|瓦屋根から金属屋根に葺き替え工事が完了しました

      【施工内容】

      瓦屋根葺き替え、ガルバリウム鋼板、瓦屋根から金属屋根へ葺き替え工事

      荒川区で強風で飛びかけた庇と棟板金をカバー工法と交換で修理しました

      【施工内容】

      屋根補修工事

      荒川区で雹で穴の開いたトーヘン117雨樋の交換を実施

      【施工内容】

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もりなど無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東東京
      〒132-0023 東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      街の屋根やさん東京大田
      〒145-0071 東京都大田区田園調布1-5-5 1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      ページトップへ戻る