無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 荒川区で瓦屋根から横暖ルーフハイブリッドでの葺き替えで雨漏り.....

荒川区で瓦屋根から横暖ルーフハイブリッドでの葺き替えで雨漏り解消

【施工前】
荒川区で瓦屋根から横暖ルーフハイブリッドへの葺き替え施工前

【施工後】
荒川区で瓦屋根から横暖ルーフハイブリッドへの葺き替え完工後

【お問い合わせのきっかけ】


担当:渡辺


二階のお部屋への雨漏り… 荒川区にお住まいのY様は屋根をどのように直したらよいかお悩みでした。Y様のお住まいは瓦屋根で築50年ということです。他の業者さんにも相談をされているということでした。実際に屋根にのぼり、状況を確認したところ、部分補修も可能でした。しかし、いろいろと問題を抱えており、今後も他の部分の補修が必要になりそうな状態です。何度も補修を繰り返すより、屋根を葺き替えてしまった方が不安を解消できるということで、瓦屋根から金属屋根への屋根リフォームをお奨めしました。
二階のお部屋への雨漏り… 荒川区にお住まいのY様は屋根をどのように直したらよいかお悩みでした。Y様のお住まいは瓦屋根で築50年ということです。他の業者さんにも相談をされているということでした。実際に屋根にのぼり、状況を確認したところ、部分補修も可能でした。しかし、いろいろと問題を抱えており、今後も他の部分の補修が必要になりそうな状態です。何度も補修を繰り返すより、屋根を葺き替えてしまった方が不安を解消できるということで、瓦屋根から金属屋根への屋根リフォームをお奨めしました。


担当:渡辺


【工事内容】
屋根葺き替え 瓦屋根葺き替え
【工事詳細】
使用材料
ニチハ横暖ルーフハイブリッド
施工期間
4日間
築年数
50年以上
平米数
35㎡
お施主様
Y様邸
【工事内容】
屋根葺き替え 瓦屋根葺き替え
【工事詳細】
使用材料
ニチハ横暖ルーフハイブリッド
施工期間
4日間
築年数
50年以上
平米数
35㎡
お施主様
Y様邸
足場アイコン屋根葺き替え

【点検】

室内の雨漏り箇所 問題の多そうな瓦屋根

お部屋の天井にはテープで印がつけられていました。室内で採寸し、屋根へとのぼります。都内の古くからの商店街ということで建物同士が密接してることが分かります。これは施工もちょっと大変そうです。

トップライト 棟の漆喰の傷みと剥がれ

一目見ただけでいろいろと問題を抱えていることが分かります。まず、棟が歪んでいます。漆喰も剥がれている部分があります。天窓も怪しそうです。

ずさんな施工をされたパラペットと取り合い部分 モルタルとコーキングがとにかく盛られている

過去に補修された跡が残っていました。雨水が浸入しそうなところは全て埋めてしまえとばかりに施工したようで、モルタルやコーキング材が塗りたくられています。ここまでやってしまうと、雨水の逃げ道を塞いでしまうことにもなるので、逆効果です。雨漏りの原因にもなります。

防水紙は杉皮 モルタルから染み出てきた雨水

雨水の浸入箇所となっていると思われるところの瓦を外してみました。古いお住まいなので下地には杉皮のとんとんが使われていました。大量に盛られたモルタルが雨水の流れを邪魔しており、前日の雨が溜まっています。雨漏りを止めるためには棟の積みなおしとパラペットの取り合い部分、笠置の補修が必要です。これで一旦、雨漏りは止まるでしょう。しかし、老朽化が進んでいるため、今度は違うところから雨漏りがはじまりそうです。このまま雨漏りと補修を繰り返すいたちごっこになってしまいますし、住宅密集地だけに何度も工事を繰り返すわけにもいきません。一度の工事で長く安心して過ごせる屋根葺き替えをご選択されました。

【工事前の申請】

屋根工事の申請のために荒川区役所へ 道路使用許可のために警視庁南千住署へ

現場が商店街で、しかも仮設する足場が公道にはみ出てしまうため、荒川区役所と管轄の警察署へ道路使用許可と道路占有許可を申請します。

道路使用許可書 道路使用許可書とその書類

警察署からの許可は最短の場合、1日でおります。区役所の方は1週間ほどかかりますのでそのことを考えて工事日程を組まなければなりません。

【足場の仮設】

足場の仮設 人を保護するカバーを設置

都内の商店街ということで隙間なく建物が建っています。足場を仮設し、人が接触しそうなところはスポンジなどで養生します。人通りが多いところなので、そういうところにも気を使います。

【屋根葺き替え】

荷揚げと荷下ろし用の昇降機を設置 不要ににった瓦

屋根葺き替えというのはこれまでの屋根材を取り外しますので、それを屋根から降ろさなければなりません。また、新規葺き替えの屋根材も屋根の上に上げなければなりませんので荷揚げ機を使って上げ下ろしをします。これで作業効率アップです。

野地板の増し張り 野地板の増し張り2

これまでの瓦桟と杉皮の上から補強用の野地板を貼り付けていきます。これが新しい屋根の下地になります。こういったシンプルな形状のところは作業しやすいのですが…

腐食が酷かったパラペット部分 腐食部分を取り除き、補強

パラペットの取り合い部分などは問題です。複雑な形状をしているので面に合わせて合板を加工していきます。傷んでる部分も多いので交換したり、補強しながら進めていきます。

防水紙の敷設 アスファルトルーフィングの設置

野地板の次はルーフィング(防水紙)の敷設です。今回はアスファルトルーフィングを使用しました。激しい雨や強風を伴った雨は表面の屋根材だけでは受け止めきれず、その下にも浸入してきます。浸入してきた雨水をお住まいの内部に入らないようにしているのがルーフィングなのです。

ガルバリウム鋼板屋根材横暖ルーフハイブリッド 横暖ルーフ ハイブリッドで屋根葺き替え

いよいよ屋根材を葺いていきます。使うのはニチハ横暖ルーフシリーズのハイブリッドです。色はギングロで、これまでのいぶし瓦屋根と同じです。遮熱塗料が塗られた鋼板なので、室内の温度上昇を抑えることもできます。

腐食したパラペット部分の補修 

パラペットの内部は傷みが酷く、腐食も進んでいました。腐食している部分は交換し、必要に応じて補強を入れています。この傷み具合、前述の「雨水が浸入しそうなところは全て埋めてしまえ」と施工したことが影響しているのでしょう。雨水の逃げ道を塞いでしまうことよって腐食を早めたと思われます。

腐食した部分の木材の交換 パラペット部の補修完了

パラペットと屋根の取り合い部分は複雑な形状になるため、気を使って作業に当たります。形状が複雑だと雨水が浸入しやすくなるからです。各面の形状に合わせて加工し、隙間無く施工していきます。

トップライトの雨じまい パラペットの取り合いも工事完了

雨漏りの原因となりやすい天窓周りも板金を加工してしっかりと雨仕舞いしました。これで瓦屋根からガルバリウム鋼板の屋根への葺き替えが終わりました。今後は雨漏りの不安なく、安心して過ごせると思います。

 

 

【工事完了後】

荒川区で瓦屋根から横暖ルーフハイブリッドへの葺き替え完工後、パラペット部分

パラペットやその笠木の部分は雨水の浸入しやすい部分です。商店などでは看板や店名を入れるためにパラペットが設けられています。「何年も点検していない」、「点検が疎かになっている」という方は一度、点検しておいた方が良いでしょう。

そのパラペットの部分ですが雨水が入り込まないよう、しっかりとガルバリウム鋼板を板金加工し、施工しました。屋根との取り合い部分と立ち上がり部分をしっかり雨仕舞いしております。きっちりとメンテナンスしてあげればこの先、何十年と雨が浸入することはないでしょう。

荒川区で瓦屋根から横暖ルーフハイブリッドへの葺き替え完工後

そのパラペットの部分ですが雨水が入り込まないよう、しっかりとガルバリウム鋼板を板金加工し、施工しました。屋根との取り合い部分と立ち上がり部分をしっかり雨仕舞いしております。きっちりとメンテナンスしてあげればこの先、何十年と雨が浸入することはないでしょう。

荒川区で瓦屋根から横暖ルーフハイブリッドへの葺き替え完工後、棟部分

瓦から金属屋根になりましたので、屋根の重量が約10分の1になりました。屋根が軽くなると耐震性や減震性に寄与します。重い屋根は地震に不利なのです。大きな地震が来るたびに「瓦屋根から軽い金属屋根に葺き替えたい」というお客様からのご相談が増えます。いつかやってくるといわれている大震災が心配な方は軽い金属屋根を検討してみてはいかがでしょうか。

屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

 瓦屋根というと半世紀、またはそれ以上もの耐用年数を期待できる大変寿命の長い屋根材ですよね。そのため瓦屋根にお住まいの方の中にはどうしてもメンテナンスが怠りがちになってしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし瓦屋根と言えども経年劣化がまったくないかというとそうではありませんし、…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

 瓦に飛来物が当たり割れてしまった場合、また風によって少しずれてしまっている場合、雨漏りが起きていなくとも防水紙の劣化に繋がりますので、補修は必要です。瓦の差し替え工事瓦の並び戻し工事 漆喰が剥がれることによって内部の土が露出し、雨水で流れ出てしまいます。そのまま放置してしまうと棟自体の並びも変形・…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
遮音性・遮断性・遮熱性に優れた屋根材!横暖ルーフ

遮音性・遮断性・遮熱性に優れた屋根材!横暖ルーフ

屋根葺き替え・屋根カバー工法どちらの屋根リフォームにも最適 屋根リフォームの中でも大きな工事と言えば、屋根葺き替えと屋根カバー工法です。阪神・淡路大震災以降、耐震性に優れる軽い屋根材が注目されるようになってきました。同じ躯体であれば、軽い屋根の方が耐震性に優れています。一般的な屋根材の中で一番軽いも…続きを読む
雪害漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      足立区鹿浜で雨漏りをしているポリカ波板工場庇屋根をガルバリウム波板に屋根葺き替え工事しました

      【施工内容】

      屋根葺き替え、雨漏り修理、ガルバリウム鋼板

      台東区千束で屋根葺き替え工事、アイジー工業のスーパーガルテクトで施工致しました

      【施工内容】

      屋根葺き替え、ガルバリウム鋼板、瓦屋根から金属屋根へ葺き替え工事

      江戸川区一之江で瓦屋根の葺き替え工事、スーパーガルテクトで施工致しました

      【施工内容】

      屋根葺き替え

      その他の施工事例一覧→

      荒川区と近隣地区の施工事例のご紹介

      足立区南花畑で令和元年東日本台風のご被害により波板屋根が損壊、火災保険を使用しての修繕工事となります

      【施工内容】

      その他の工事

      足立区入谷で令和元年東日本台風で棟板金を飛ばされたお客様の棟板金交換修理と屋根塗装を行いました

      【施工内容】

      棟板金交換、屋根塗装、ガルバリウム鋼板

      墨田区亀沢で瓦棒屋根のカバー工事、嵌合式のアールロックを使用して施工致しました

      【施工内容】

      金属屋根カバー工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      台風14号によって被害を受けた方・受けてしまったかもしれない方は街の屋根やさんが実施している無料点検をご利用ください

      台風14号によって被害を受けた方・受けてしまったかもしれない方は街の屋根やさんが実施している無料点検をご利用ください

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      イオン銀行住宅ローン

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る