無題ドキュメント

HOME > ブログ > 葛飾区でセメント瓦屋根への塗装のご相談でしたが・・・

葛飾区でセメント瓦屋根への塗装のご相談でしたが・・・

更新日:2016年8月19日

台風の後も大気の状態が不安定らしくすっきりとしない天気が続いています。今日は葛飾区のお客様からセメント瓦屋根への塗装工事のご相談を頂いてお伺いさせていただきました。とはいってもお客様も屋根の素材が何であるのかはご存じなかった様子で本日初めて知ったようです。セメント瓦はすでに廃版となっているのは皆様ご存知でしょうか?ある意味貴重品とも言えます。塗装に関しましても下塗りをしっかり行ってあげることで全く問題なく塗装をすることは可能です。ただしセメント瓦を使用している建物は概して築年数のかなり経過した建物が多い事も事実です。となると雨漏りを起こしている可能性が非常に高くなります。本日の建物も内装のリフォームを行っているさなかとの事でした。では、お客様の建物は雨漏りはどうなのでしょう?というご質問に大雨の時に持ってきた部分があった、とのご回答を頂きました。心配した部分が的中となってしまいましたが、まずは状況を見てみなければわかりません。屋根に上がっての調査を行わせていただきました。

 

完全な切妻ではなく一部袴屋根になっているようです。下からでは確かに屋根材の想定は難しい状況です。外回りはリフォーム工事をされていてサイディングボードなどが置かれておりました。ニチハモエンサイディングですね。窯業系サイディングでは多くのシェアを持っているサイディングです。

アスベストの問題がいろいろと騒がれていることもあって今や建材にはアスベストは含まれていないことがほとんどです。こちらのサイディングにもシッカリと印字されていました。

 

お客様の屋根にのぼらせてもらいました。貴重品のセメント平型瓦ですので破損させない様に十分注意をしながら移動を行いました。長さは比較的眺めではありますが流れが短く全体の面積としてはそれほど大きくもない屋根です。棟はかなり大きくずれてしまっています。もともとの色は青であったようで塗装を行った形跡が見受けられました。

 

瓦と瓦の隙間という隙間は全てコーキングで塞がれている、ラバーロック工法を行った形跡があります。しかしながら一部はコーキングの色が違っていたりで後からも手を入れているのがわかります。袴屋根の棟の部分には防水テープを施した跡が。上から塗られていることを見るとこの屋根を以前に塗った際に施工されたものでしょう。ラバーロックは瓦を地震などの揺れや強風などから飛ぶのを抑える目的であったり雨漏りしない様になどで行われることがありますが、良い工事とは決して言えません。一見して隙間が無いように見えても微妙に空いている隙間から水が浸入した場合には完全なる雨漏り補修はほぼ不可能になってしまいます。

 

リフォーム中とのことで屋根裏内部を見ることが出来ました。築年数がかなり経っていることもあるでしょうが黒く雨水が滴ったり染み込んだような跡がくっきりと見受けられました。結露という量ではありません。小屋裏天井にも雨跡が残っています。雨漏りをした、というお客様のお言葉に間違いはないようです。たまに塗装をすれば雨漏りが止まる、と言ったようなことをおっしゃる業者さんもいるようですが、屋根塗装はあくまでも一次防水の部分でしかありません。二次防水である防水紙が傷んでいたら何の解決にもなりませんので気を付けましょう。今回は屋根の状態から塗装よりも葺き替えを工事としてはご提案させていただきました。建物にとって屋根と床下はとても大事な部分ですから。

 

このページに関連するコンテンツをご紹介

セメント瓦とモニエル瓦、塗り替えを必要とする瓦の最適なメンテナンス方法

セメント瓦とモニエル瓦、塗り替えを必要とする瓦の最適なメンテナンス方法

 一般的な日本家屋に使用される陶器瓦と比較しても価格の安いセメント瓦やモニエル瓦。これらの瓦は高度経済成長期の住宅不足を解消する一端を担い、1980年代から1990年代にかけて国内で広く普及しました。 現在ではすっかり影をひそめ、新築でも使用されることがなくなり、手に入れることも困難になってきた屋根…続きを読む
4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

 瓦屋根というと半世紀、またはそれ以上もの耐用年数を期待できる大変寿命の長い屋根材ですよね。そのため瓦屋根にお住まいの方の中にはどうしてもメンテナンスが怠りがちになってしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし瓦屋根と言えども経年劣化がまったくないかというとそうではありませんし、…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
オンラインにて屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

オンラインにて屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

 新型コロナウィルスの新規感染者数も全国的に落ち着きを見せ始め、5月末までに延期された緊急事態宣言も一部解除を見据えた動きが活発化しています。 とは言え、感染症であるゆえに新たな第二波、第三波による感染拡大の恐れという緊張感、そして暗い雰囲気が私たちの生活を覆っていることに変わり…続きを読む
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

 瓦に飛来物が当たり割れてしまった場合、また風によって少しずれてしまっている場合、雨漏りが起きていなくとも防水紙の劣化に繋がりますので、補修は必要です。瓦の差し替え工事瓦の並び戻し工事 漆喰が剥がれることによって内部の土が露出し、雨水で流れ出てしまいます。そのまま放置してしまうと棟自体の並びも変形・…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
屋根塗装・外壁塗装の知識

屋根塗装・外壁塗装の知識

屋根塗装・外壁塗装が必要なわけ屋根塗装・外壁塗装工事は大きくわけると2つの理由があります。1.機能・性能UP塗料を外壁や屋根に塗装すると、膜(塗膜)を形成し、雨や紫外線などから保護してくれます。しかし、この塗膜も、経年とともに劣化してきてしまいます。塗膜が劣化すると、塗装が剥げ、やがて屋根や外壁の素…続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

狛江市東大和市の葺き替え工事と併せて板金の屋根をポリカの波板に交換しました

【施工内容】

その他の工事

世田谷区成城で外れかけた天井のボードを張替え工事で修復しました

【施工内容】

その他の工事

新宿区若松町で台風被害にあった塩ビの波板を火災保険で使ってポリカーボネートに交換しました

【施工内容】

その他の工事

その他の施工事例一覧→

葛飾区と近隣地区の施工事例のご紹介

足立区谷中で庇屋根の立ちハゼ葺きの部分葺き替え工事を行いました

【施工内容】

金属屋根工事

葛飾区東四つ木で下屋根下の雨漏りのご相談から下屋根のカバー工事を施工致しました

【施工内容】

屋根カバー工法

江戸川区南小岩でFRPベランダの陥没した排水口を改修用ドレンを使って補修、ウレタン塗膜防水で仕上げました

【施工内容】

雨漏り修理

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る