無題ドキュメント

HOME > ブログ > 大田区大森、モルタル外壁にこんな症状が出たらメンテナンスの時.....

大田区大森、モルタル外壁にこんな症状が出たらメンテナンスの時期です

更新日:2020年11月7日

大田区大森にある一戸建てのお宅の無料点検に伺いました。
築15年が経過したため建物全体の塗装などのメンテナンスを検討されているとのことです。

外壁に現れたクラック 外壁塗装のきっかけとなったひび割れ

お客様がメンテナンスを考えるきっかけとなったのが外壁に発生したクラック(ひび割れ)です。
細かいヒビから少し心配になってしまうような大きめのものまで建物全体に多数のクラックができていることに気付き、そろそろ修繕した方がよいかもと考えられたそうです。

屋根や外壁は使用されている塗料や材料にもよりますが、一般的には10〜15年程度で再塗装をおすすめしています。
しかし、建物をよく観察するとメンテナンス時期を知らせるサインとなる劣化が現れていることもありますので目の届く範囲でチェックしてみてください。

外壁の汚れやチョーキング

汚れが付着したモルタル 汚れが落ちなくなったら塗装の時期です

外壁に汚れがつきやすくなってきたら表面の防水性が低下している可能性があります。
するとその場合、カビや苔の発生も進みやすくなります。
中性洗剤で手洗いすると軽度の汚れは取れますが、やはり長年蓄積された汚れやカビや苔は落ちにくくなります。
頑固な汚れや高い部分にまで拡がってしまった汚れ対策は専門業者による塗装がおすすめです。

チョーキング現象

またこちらの外壁表面を指で擦ると白い粉が付着する「チョーキング現象」が発生しています。
モルタル表面を保護している塗膜が紫外線によって分解され、顔料が浮いてしまっている状態です。
塗膜を失ったモルタルは防水性が低下し、雨水などで劣化が進行してしまいますのでチョーキング現象を確認した場合は早めの塗り替えを検討しましょう。

クラックの発生

お客様も気にされていたクラック(ひび割れ)ですが修繕が必要なものとそうでないものがあります。
見分け方は幅と深さです。

細かいクラックはすぐに修繕しなくても大丈夫です 0.3mm以下のヘアクラック

髪の毛のように細いクラックや幅0.3mm以下のものはヘアクラックと呼ばれ築浅のモルタルにも見られる現象です。
ただちに建物に悪影響を及ぼすことはありませんので修繕に必要性はありませんが、悪化が進まないかを定期的に点検しましょう。

0.3mm以上のクラックは構造クラックです 幅が広く深いクラックはただちに修繕しましょう 

逆に幅0.3mm以上、深さ5mm以上になると早めに修繕をしなければなりません。
モルタル内部に雨水が浸入してしまうこともありますし、建物の構造自体に影響を及ぼすことにもなりかねません。
このようなクラックを発見したら専門業者によるメンテナンスをご依頼ください。

このような劣化が外壁に現れているということは同じように屋根にもメンテナンス時期を表すサインが出ていると考えられますね。
しかし危険ですのでご自身で屋根の上に上ることはせず私たちに点検をお任せください。

適切なサイクルでメンテナンスを行うと建物は長持ちしますし、美観も保たれます。
街の屋根やさんでは屋根に限らず、建物全体の修繕も承ります!
雨漏りや目に見える大きな不具合が現れる前に点検・修繕を行いましょう。

このページに関連するコンテンツをご紹介

防水性の低くなった屋根は危険!屋根塗装で防水性を回復

防水性の低くなった屋根は危険!屋根塗装で防水性を回復

「屋根塗装工事」についての漫画コンテンツはこちら 漫画で読むならコチラ 動画で見るならコチラ   前述の通り、屋根塗装・外壁塗装の主な目的は「お住まいの耐久性を保持する」ことです。近年ではそれに「快適な室温にする」、「汚れ…続きを読む
お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント

お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント

 一生に一度のお買い物と言われるお住まい、手に入れるまでは相当な努力と苦労を伴います。何年もかけて貯めた頭金、購入してからはローンと大変です。手に入れたということで満足してしまい、そこでゴールという方も多いようです。かつては新築だったお住まいも年月を経れば、どんなに大事にしていてもいろいろなところが…続きを読む
屋根工事、屋根塗装はなぜ必要?メンテナンスの必要性を教えます

屋根工事、屋根塗装はなぜ必要?メンテナンスの必要性を教えます

 健全なお住まいに暮らしている場合、普段から屋根のメンテナンスやリフォームを意識して生活している人はほとんどいないでしょう。 しかし、どんな屋根であってもメンテナンスやリフォームが必要な時期がやってきます。屋根がどんな環境におかれているか想像してみてください。 晴れの日…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

屋根塗装348,000円~(消費税・諸経費別)

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

江戸川区新堀で換気棟を取り付けた棟板金交換と屋根塗装工事を施工致しました

【施工内容】

棟板金交換、屋根塗装、換気棟

練馬区豊玉上にてウレタン塗膜防水で雨漏りを改善、今後の雨漏り防止として外壁タイルの目地シーリング補修も実施

【施工内容】

防水工事、屋根塗装

台東区千束でベランダ防水の劣化に伴うメンテナンス、通気緩衝工法で施工致しました

【施工内容】

防水工事、外壁塗装

その他の施工事例一覧→

大田区と近隣地区の施工事例のご紹介

江東区東砂で築20年のお宅の陸屋根屋上の防水工事、ウレタン防水通気緩衝工法で施工致しました

【施工内容】

防水工事

世田谷区東玉川で雪害にあった雨樋の交換工事が完了しました

【施工内容】

雨樋交換

世田谷区成城で階段手摺の工事中、下地の腐食が判明したため鉄骨の手摺に交換いたしました

【施工内容】

雨漏り修理

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る