無題ドキュメント

HOME > ブログ > 品川区戸越で全ての隙間をシーリングで塞がれてしまっているスレ.....

品川区戸越で全ての隙間をシーリングで塞がれてしまっているスレート屋根から雨漏り

更新日:2020年7月28日

品川区戸越にて雨漏り点検です。雨漏り箇所は2階の天井ということで、早速屋根に上がらせていただき点検いたしましたが、あまりの状態に思わず声が漏れるほどでした。

全ての隙間がシーリングで埋められています

隙間がシーリングで塞がれ雨漏り 棟板金とスレートの隙間にもシーリング

屋根はグレーに塗装された化粧スレートでした。驚いたのは、スレート同士の重なり部分、それからスレートと棟板金(てっぺんにある金属部材)の隙間など、ほぼ全てをシーリングで埋められていることでした。数年前に一度メンテナンスとして屋根塗装をしたとのこと。その際にこのような施工をされたのでしょう。お客様は、その時は施工業者のいうままにお願いしたのでよく分からない、とのことでした。

シーリングで埋められ雨漏りの原因に 屋根塗装の際にシーリングで埋められてしまった

スレート屋根に塗装工事は必要です。スレートは表面の塗膜が劣化すると防水性が落ちてしまうので、再塗装することで屋根を健全に保つことができるのです。しかし隙間をシーリングで埋めてしまうのは間違っています。そもそも、新築でスレート屋根を施工する際には、その隙間をシーリングで埋めたりはいたしません。屋根材にはある程度の隙間が必須なのです。なぜかというと、内部にこもった湿気や、浸入した水分を排出するためです。屋根材同士に隙間が空いていても、雨で入り込んだ水分をうまく外に出せるように作られているので、こうして全てを塞いでしまうとその逃げ道が無くなってしまいます。結果、湿気や水分は屋根の内側に溜まり、雨漏りを引き起こしてしまうのです。(棟板金の継ぎ目など、一部をシーリングで留めるのは間違っていません。)

修繕方法は?

スレート屋根雨漏り点検

今あるシーリングを全て外すのはかなりの量力が必要です。スレートを傷つけてしまう可能性もあります。それに、既に雨漏りしているということなので、下地にもダメージがあることでしょう。上から新しい防水紙と屋根材を載せてしまうカバー工法も有効だということで、ご案内させていただきました。

このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根工事と雨漏り補修に必要なシーリングやコーキングの種類と使用法

屋根工事と雨漏り補修に必要なシーリングやコーキングの種類と使用法

 一般的な戸建て住宅だけでなく、ビルなどの建物においてもさまざまな箇所に使われているのがコーキング剤やシーリング材と呼ばれる充填剤です。容器に入っている時は半固体状の粘弾性を持ち、乾燥して固まるとゴムのような弾性を持つ物質になります。主に建築資材と資材の隙間に充填され、それらの接触による破損を防ぐ緩…続きを読む
スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

 国内でもっとも使用されている屋根材の一つが今回のテーマにもなっているスレート(化粧スレート)と呼ばれる屋根材です。コロニアルやカラーベストとも呼ばれることも多く、「我が家も屋根材にスレートを使っている」という方も多いかもしれませんね。仮に瓦や金属といった他の屋根材のお住まいに住んでいらっしゃる方で…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別)散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

調布市下石原で葺き直し工事で瓦葺きのアパートの雨漏りを止めました

【施工内容】

屋根葺き直し、雨漏り修理

豊島区駒込で台風被害で破損したドーム型天窓カバーの交換工事を行いました

【施工内容】

雨漏り修理、天窓工事

中野区若宮で雨漏りで崩れた瓦屋根を下地を作り直して葺き直し工事をおこないました

【施工内容】

瓦屋根工事、屋根葺き直し、雨漏り修理

その他の施工事例一覧→

品川区と近隣地区の施工事例のご紹介

渋谷区幡ヶ谷でサビて穴が空いたアパートの瓦棒屋根をガルバリウム鋼板で葺き替え工事

【施工内容】

屋根葺き替え

江東区東砂で築20年のお宅の陸屋根屋上の防水工事、ウレタン防水通気緩衝工法で施工致しました

【施工内容】

防水工事

港区白金台で老朽化で釘が浮いてしまった棟板金を新しく取り替えます

【施工内容】

棟板金交換

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る