無題ドキュメント

HOME > ブログ > 大田区池上で錆びた瓦棒葺きトタン屋根を屋根カバー工法で修繕

大田区池上で錆びた瓦棒葺きトタン屋根を屋根カバー工法で修繕

更新日:2020年7月2日

本日は大田区池上のお宅に伺い、屋根リフォームの事前調査を行いました。
ご相談内容はお家の屋根が古くなっているため修繕をしたいとのこと。
普段目につくことがなかった屋根ですが、酷く錆びていることに気付いてご連絡をくださったそうです。

古くなった屋根の様子

錆が広がったトタン屋根 屋根全体が錆びています

早速屋根の状態を見せていただきました。
おっしゃるように屋根全体にサビが広がっています。
屋根材自体、古くなりかなり傷んでいるようです。
屋根の頂点に設置されている「棟板金」一部がなくなっています。

棟板金が剥がれています

芯木の劣化状態から棟板金が外れたのは最近ではなさそうですね。
幸い、室内に雨漏りは発生していないとのことでした。

瓦棒葺きトタン屋根の特徴

こちらの屋根は瓦棒葺きトタン屋根です。

瓦棒が腐食して雨漏りに繋がることもあります 瓦棒が設置されています

金属材が使用されているため経年劣化により今回のように錆が発生します。
錆がさらに進行し、穴が開いてしまうと雨漏りに発展してしまいます。
屋根材には瓦棒という芯木が取り付けられています。
この芯木が水分を吸って腐食してしまうこともあり、現在の金属屋根は瓦棒を使用することが少なくなっています。
トタン屋根は比較的雨漏りしにくい、軽量で地震に強い、といったメリットがありますが
夏は暑い、雨音がうるさいなどのデメリットがあり、お住まいのお客様もそれを感じておられるそうです。

今回、お客様には現在の屋根材の上に新しい金属屋根を被せる「屋根カバー工法」をご提案しました。
既存屋根の撤去や廃材処理費がかかる「屋根葺き替え」より低価格・短い工期で修繕が可能です。
遮熱・遮音性に優れたガルバリウム鋼板の屋根材についてもお話しさせていただきました。
今後、今以上に快適に生活できるのならと大変ご興味を持ってくださり、早速お見積もりを作成することとなりました。

このページに関連するコンテンツをご紹介

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類できます。 そして瓦の種類によってメンテナンス方法も違ってくるのです。 目次【非表示表示】 …続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ間違いなく割れます。瓦屋根でこういった多重被害を受けた方もいるのではないでしょうか。 自分の敷地内ならまだしも、お…続きを読む
古くなったトタン屋根に最適なメンテナンスは塗装か屋根カバー工法か葺き替えか

古くなったトタン屋根に最適なメンテナンスは塗装か屋根カバー工法か葺き替えか

 安くて丈夫、施工もしやすいということから普及がはじまったトタン屋根。現在では見かけることが少なくなったものの、トタン屋根という建物は意外とあります。現在のトタン屋根はそのほとんどが大分、古くなってきています。古くなってきたからこそ、メンテナンスが必要な状態なのですが、どのような方法が改修としては最適なのでしょうか。屋根塗装、屋根カバー工法、屋根葺き替えと代表的なメンテナンス方法をそれぞれ見ていきましょう。 …続きを読む
地震に備えるなら軽い屋根を!スレート屋根へのカバー工法と種類をご紹介

地震に備えるなら軽い屋根を!スレート屋根へのカバー工法と種類をご紹介

 スレート屋根への屋根リフォームとして行われる屋根カバー工法。これまでの屋根の上に新しい屋根を被せる工法で、その新しい屋根には金属屋根材が用いられることがほとんどです。 実は金属屋根材以外でも屋根カバー工法は可能ということをご存知ですか。それでも金属屋根材が使われるのには合理的な理由があるのです。 目次【非表示表示】 ・スレート屋根の屋根カバー工法で金属屋根は遠慮したいという方へ …続きを読む
屋根カバー工法を行う4つのメリットをご紹介

屋根カバー工法を行う4つのメリットをご紹介

 現在の屋根をほぼそのまま残し、その上に新しい屋根を載せて、覆うのが屋根カバー工法です。文字通り、屋根を屋根でカバーする工法です。よって、屋根が二重になります。屋根を重ねて葺くので、「重ね葺き」という呼ばれ方もします。 「屋根カバー工法」についての漫画コンテンツはこちら 目次【非表示表示】 ・屋根リフォームをお考えの方へ、屋根カバー工法のメリット4つ ・屋根…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。  また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。 目次【非表示表示】 ・屋根の勾配とデザイン  -屋根の勾配が緩やかだと雨漏りの危険性が高まる  …続きを読む
雪害漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん品川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒141-0031
        東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      立川市錦町でトタンの腐食が原因で雨漏りしていた玄関の庇を下地から直しました

      【施工内容】

      屋根補修工事、雨漏り修理

      八王子市中野町で強風で落下したモニエル瓦のケラバを修理します

      【施工内容】

      屋根補修工事、瓦屋根工事

      相模原市東橋本で塗膜の劣化したトタン屋根を遮熱塗料による屋根塗装工事でメンテナンス

      【施工内容】

      金属屋根工事、屋根塗装、遮熱塗料

      その他の施工事例一覧→

      大田区と近隣地区の施工事例のご紹介

      世田谷区宇奈根にて令和元年東日本台風で剥がれ始めた漆喰の劣化を含め棟瓦取り直し工事で改善

      【施工内容】

      屋根補修工事

      世田谷区深沢で物置を撤去して雨漏りする前に屋上防水工事を実施しました

      【施工内容】

      防水工事

      世田谷区尾山台で台風で破損した棟板金とスレート屋根を火災保険で交換工事

      【施工内容】

      屋根補修工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る