無題ドキュメント

HOME > ブログ > 渋谷区初台で棟板金の釘浮きを指摘された屋根を調査してきました.....

渋谷区初台で棟板金の釘浮きを指摘された屋根を調査してきました

更新日:2020年6月10日

通りすがりの業者から、棟板金の釘が浮いてますよと指摘を受けたとのこと

屋根全体

 街の屋根やさんでは、日々様々な屋根についてのお問合せを受けていますが、「通りすがりの業者から、棟板金の釘が浮いてますよと指摘を受けた」というお問い合わせは非常に多いお問い合わせ内容の一つです。今回渋谷区初台のお客様も同様のお問い合わせを頂きました。

 屋根のてっぺんには屋根の接合部分を覆うように設置された棟板金があります。屋根の中でも特に風の影響を受けやすい場所であるため、貫板という木製の板に釘で打ち付けてしっかりと固定されているのですが、築年数が経過していくと貫板の劣化が進み釘が少しずつ外れていきます。どんなに視力が良くても、地面や1軒隣の家から棟板金の釘浮きを目視することは困難を極めます。しかしながら、築年数が15年、20年と経ったような家ではこの現象がほぼ起きているので、少し古くなった家に声をかけて、「釘が浮いている」と言えばほぼほぼ的中してしまいます。

 よくある訪問営業の手法の一つですが、築年数に応じたメンテナンスが必要であることも確かです。すぐにその場で修理を訪問業者に依頼する必要はありませんが、声をかけられたということはメンテナンスの時期なのだろうかと考えるきっかけとしては良いかと思います。

棟板金を調査していきます

棟板金 釘の浮きと頭からの釘打ち

 屋根に上らせていただくと、確かに棟板金の釘が浮いていました。部分的に棟板金を修理した後も見受けられました。訪問業者の話では棟板金が外れかかっており風でバタついているとの話でしたが、一つ一つ確認してもバタついている棟板金はありませんでした。本当に棟板金がバタついているのであれば直ぐに交換が必要ですが、釘が浮いているからといって早急な対応が必要というわけではございません。とはいえ、風などに対する耐久力が落ちていることに間違はありません。

 また、一般的に棟板金の釘は横から貫板に打ち付けるのですが、今回の棟板金は上からも打ち付けて、釘を覆うようにコーキング処理がされていました。もしコーキングが剥がれた場合、雨水が釘を伝って屋根に流れ込んでいってしまいかねない施工であるため、私たちではこのような施工は絶対に行いません。

屋根全体を調査します

スレートの浮き スレートの浮き(ペン)

 棟板金のお問い合わせだからと言って、棟板金だけの調査で終わらせることはありません。お客様の大事な家を、しっかりと調査させていただきます。

 今回のお宅は築35年以上とのことで、屋根全体の傷みも調査いたしました。スレート屋根を下から見ると、一枚一枚が浮いており、ペン1本が下に入ってしまうような隙間が空いていました。多少の風では問題ございませんが、大型の台風などで下から風が吹きつけた場合スレートが飛散する可能性が高まっている状態でした。また、スレートの下にある防水紙の寿命も約20年であることから、屋根そのものの工事も考えた方が良い状態といえます。

 棟板金のみの交換ももちろん可能ですが、棟板金を交換しても屋根の傷みは変わりません。交換後に屋根が破損して屋根工事をする場合、交換した棟板金も全て撤去して工事を行うことになります。そうなる可能性が高まっている現状では、棟板金のみの交換よりも長い目で見て屋根全体をカバー工事でメンテナンスするという選択肢もございます。今回は、それぞれのお見積りを作成し、ご提案させていただきます。

 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウィルス対策としてマスクを着用してスタッフが現地調査させていただきますので、ご安心してお問合せいただければ幸いです。

このページに関連するコンテンツをご紹介

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

 毎年9月、10月の台風の時期になると特に増えるお問い合わせがあります。それは「棟板金交換」です。こちらのページをお読みの方でも「屋根の上から異音がする」など屋根の上の異変に不安を抱えていらっしゃる方はいらっしゃいませんでしょうか? 台風に限らず春一番や竜巻、木枯らしなど突発性の強風でも被害を受けることが多い棟板金ですが「強風を受けて棟板金が剥がれてしまっている」「台風の通過後、庭を見たら飛散した棟板金が落下し…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。  また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。 目次【非表示表示】 ・屋根の勾配とデザイン  -屋根の勾配が緩やかだと雨漏りの危険性が高まる  …続きを読む
雪害漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      足立区入谷で令和元年東日本台風で棟板金を飛ばされたお客様の棟板金交換修理と屋根塗装を行いました

      【施工内容】

      棟板金交換、屋根塗装、ガルバリウム鋼板

      三鷹市新川で樹脂製木材「タフモック」を使用した棟板金交換工事を実施

      【施工内容】

      屋根補修工事、スレート屋根工事、棟板金交換、ガルバリウム鋼板

      町田市本町田で強風で飛ばされた棟板金は火災保険の風災を適用して交換工事しました

      【施工内容】

      棟板金交換

      その他の施工事例一覧→

      渋谷区と近隣地区の施工事例のご紹介

      世田谷区宇奈根にて令和元年東日本台風で剥がれ始めた漆喰の劣化を含め棟瓦取り直し工事で改善

      【施工内容】

      屋根補修工事

      世田谷区深沢で物置を撤去して雨漏りする前に屋上防水工事を実施しました

      【施工内容】

      防水工事

      杉並区阿佐谷南で傷んだ半月型の雨樋を水が溢れにくい角型のものに交換しました

      【施工内容】

      雨樋交換

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る