無題ドキュメント

HOME > ブログ > 大田区西六郷で起こった雨漏りは、モルタルで造られた破風の隙間.....

大田区西六郷で起こった雨漏りは、モルタルで造られた破風の隙間から発生しておりました

更新日:2020年4月16日

「先日の長雨で雨漏りしました」とお悩みのご相談がございましたのは、大田区西六郷にお住いになられているH様からでした。これまでも何度か雨漏りが発生しているそうで、雨漏りが発生するのは建物の西側からなのだそうです。雨漏りといえば屋根と連想する方も多いとは思いますが、雨漏りは建物のどこからでも発生する可能性がございます。そして原因不明な雨漏りも必ずどこかに原因があります。まずは大田区西六郷H様のお宅にお伺いして現状を把握いたします。私達、街の屋根やさんでは、HPに記載させている対策をとりながら対応させていただいております。詳しくは「新型コロナウイルスの対策について」をご覧ください。

ご自宅の室内で雨漏り発生

 

天井と壁の取合いから染みが広がっておりました

モルタルが雨水を吸い続けて染みが出来ている 破風に大きなひび割れが出来ている

まずは実際に雨漏りが発生しているところを室内側から確認をして、それから建物外部を確認していきます。室内で雨漏りが発生しているのは、2階のお部屋で天井と壁の取合いから染みが広がっております。天井と壁の取合いから雨漏り発生している場合は、屋根から雨水が侵入している可能性もありますし、外壁から雨水が侵入している可能性もあります。建物外部に出て雨漏りが発生していた地点まで行ってみると、そこには雨水を吸い込みすぎて染みになっている軒天や破風がありました。

 

隙間からは何故か古い雨樋用の支持金具が見えておりました

破風のモルタルに隙間が出来ている 破風の隙間から雨樋の支持金具が見えている

屋根の軒先水切りとモルタルで造られた破風との取合いに、隙間たくさん出来ております。これはモルタルが劣化して欠損している状態です。モルタルのなかでも上端の部分ですので、崩れたり欠けたりしやすいところでもあります。モルタルが無くなった隙間からは、ラス網となぜか雨樋の支持金具が見えました。なぜモルタルの奥に雨樋の支持金具が埋まっているかは分かりませんが、ここから雨水が建物内部へ侵入しているのは確かです。この場合は既存の雨樋を撤去して、軒天と破風を直さなければ雨漏りが続くことになります。私達、街の屋根やさんでは、屋根や外壁の調査・点検以外にも、雨漏りに関する調査・点検も承っております。雨漏りでお困り・お悩みなときは、街の屋根やさんにお任せ下さい。

 

 

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

江戸川区鹿骨で令和元年東日本台風のご被害で波板屋根が損壊、火災保険で修繕致しました

【施工内容】

その他の施工事例一覧→

大田区と近隣地区の施工事例のご紹介

江東区東砂で築20年のお宅の陸屋根屋上の防水工事、ウレタン防水通気緩衝工法で施工致しました

【施工内容】

防水工事

世田谷区東玉川で雪害にあった雨樋の交換工事が完了しました

【施工内容】

雨樋交換

世田谷区成城で階段手摺の工事中、下地の腐食が判明したため鉄骨の手摺に交換いたしました

【施工内容】

雨漏り修理

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る