無題ドキュメント

HOME > ブログ > 品川区西品川で剥がれている軒天の点検、破風など木部の劣化も要.....

品川区西品川で剥がれている軒天の点検、破風など木部の劣化も要注意

更新日:2020年2月28日

軒天の剥がれを修繕したいとのご相談をいただき、品川区西品川へ点検に伺いました。軒天は、軒裏などとも呼ばれ、突き出ている屋根の裏側の部分です。白い化粧板が貼ってありますが、ところどころ剥がれて木肌があらわになっています。家が必要以上に古びて見えてしまうため直したいとのお話です。

剥がれた軒天

剥がれた軒天 軒天の板が剥がれてしまっている

軒天は屋根の裏側を保護し美観を良くするために多くの場合こうして化粧板が貼られています。こちらでは木製の板が白く塗装されたもののようです。年月が経つうちに塗装が劣化し剥がれ、木材そのものが傷んでしまいます。いずれ穴が空いてしまうようなことになれば、雨が建物内に入り込む危険性だけでなく、小動物が住み着いてしまう心配もあります。

軒天塗装の劣化

剥がれていない別の箇所も、よく見ると表面がひび割れて今にもぼろぼろと崩れてしまいそうです。特に日光や風が当たりやすい箇所は劣化が早いようです。全面的に修繕した方が良さそうです。

木部の劣化に注意 破風や鼻隠しの劣化

軒天以外にも、庇や屋根のすぐ下部分である破風(はふ)など、木材が表面に出ている部分は他にもあり、それぞれ塗装が劣化しひび割れていました。今ではこうした場所には燃えにくいケイカル板や金属の素材を使うのが一般的です。木材よりも長持ちし今後も安心です。
どんなものでも、しっかりとお手入れをしながら使い続ければ長持ちします。家も長く住み続けていれば部材の劣化は免れません。定期的にメンテナンスをして長く安心して住めるよう、私たちもお手伝いさせていただきます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

軒天の雨染みと剥がれは見逃し厳禁! 雨漏りや鳥獣被害に繋がります

軒天の雨染みと剥がれは見逃し厳禁! 雨漏りや鳥獣被害に繋がります

 お家を維持する上でかなり重要なお家の各部位の名前というと「破風板」や「鼻隠し」、「ケラバ」など聞きなじみのないものも多く、漢字も難しいものが多いのですが、「軒天」という字面を見るとどの場所かは何となく想像がつくのではないでしょうか。 そうです、「屋根の軒」の「天井」だから軒天で…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

昭島市東町で穴が空いた軒天の補修工事を行いました

【施工内容】

破風板・軒天部分補修

調布市西つつじケ丘で剥がれてしまった軒天の補修工事をいたしました

【施工内容】

破風板・軒天部分補修

小平市小川町で強風で飛ばされたベニヤ製の軒天の張り替え

【施工内容】

破風板・軒天部分補修

その他の施工事例一覧→

品川区と近隣地区の施工事例のご紹介

目黒区柿の木坂で強風で破損した竪樋を火災保険の風災を適用して元通りに直します

【施工内容】

雨樋交換

渋谷区幡ヶ谷でサビて穴が空いたアパートの瓦棒屋根をガルバリウム鋼板で葺き替え工事

【施工内容】

屋根葺き替え

江東区東砂で築20年のお宅の陸屋根屋上の防水工事、ウレタン防水通気緩衝工法で施工致しました

【施工内容】

防水工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る