無題ドキュメント

HOME > ブログ > 世田谷区玉川で雨漏りの原因になっている屋上防水の劣化を直しま.....

世田谷区玉川で雨漏りの原因になっている屋上防水の劣化を直します

更新日:2020年2月9日

世田谷区玉川で雨漏りしている建物の調査をおこないました。何度も雨漏りしていて、その都度補修工事をおこなったのですが、なかなか止まらなかった様です。雨漏りしている部屋の上は屋根ではなく屋上になっています。床は防水工事が施工してあるのですが、劣化している為に雨漏りしている様です。雨漏りを放置してしまうと建物の劣化がどんどん進行してしまいますので、早急に対策が必要です。

室内の雨漏り箇所を確認します

天井から大量の雨漏り 壁からも雨漏りしています

雨漏りしている室内の状況を見てみます。天井から大量の雨漏りをしている為にビニールで養生してあります。天井だけでなく壁も雨漏りによって腐食が大分進行しています。天井と壁には石膏ボードが張ってありその上にクロスで仕上げていますが、雨水を吸った石膏ボードは触るだけでボロボロになってしまうので、被害を受けた部分は張替えが必要です。

雨漏りの原因は防水の劣化

屋上防水の劣化は雨漏りに繋がります

雨漏りしている上の部分は屋上になっています。木造住宅ですが屋根ではなく屋上になっており、床には防水工事が施工してあります。天井や壁からの雨漏りの原因はこの屋上防水の劣化にありました。

下地が沈んでいるので雨水が溜まっています 下地が劣化していてブヨブヨです

元々防水が施工してありその上にタイルが敷き並べられていましたが、そのまま上から新たな防水をおこなってあります。湿気を逃がす方法で防水がおこなわれていない為、湿気によるものか雨漏りによって床下地が劣化していてブヨブヨになっていました。劣化した部分が沈んでいる為に、あちこちで雨水が溜まった跡があります。タイルの形が透けるような状態なので、一番上の防水層も信頼できる状態ではなくなっています。世田谷区玉川で調査した雨漏りしている建物は、屋上防水の劣化が原因になっていましたので防水工事をやり直す必要があります。下地も劣化していますので、床を剥がして下地の新しく直す工事も一緒におこないます。下地の腐食が考えられますので早急な防水工事をご提案しました。

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別)散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

調布市下石原で葺き直し工事で瓦葺きのアパートの雨漏りを止めました

【施工内容】

屋根葺き直し、雨漏り修理

江東区東砂で築20年のお宅の陸屋根屋上の防水工事、ウレタン防水通気緩衝工法で施工致しました

【施工内容】

防水工事

豊島区駒込で台風被害で破損したドーム型天窓カバーの交換工事を行いました

【施工内容】

雨漏り修理、天窓工事

その他の施工事例一覧→

世田谷区と近隣地区の施工事例のご紹介

渋谷区幡ヶ谷でサビて穴が空いたアパートの瓦棒屋根をガルバリウム鋼板で葺き替え工事

【施工内容】

屋根葺き替え

世田谷区東玉川で雪害にあった雨樋の交換工事が完了しました

【施工内容】

雨樋交換

世田谷区成城で階段手摺の工事中、下地の腐食が判明したため鉄骨の手摺に交換いたしました

【施工内容】

雨漏り修理

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る