無題ドキュメント

HOME > ブログ > 小金井市緑町でサッシの上の庇が台風で飛んだのでガルバリウム鋼.....

小金井市緑町でサッシの上の庇が台風で飛んだのでガルバリウム鋼板で直します

更新日:2019年11月22日

小金井市緑町で台風の強風で庇のトタンが飛ばされてしまったとお問い合わせをいただいた建物です。庇は木で下地が作られており、屋根としてトタンが被せてあります。経年によって下地の木が腐食してしまうと固定が緩くなってトタンが浮いてしまいます。風が吹かなければ被害は出ませんでしたが、浮いたところに風が吹き込んで飛ばされてしまいました。周りのモルタルも破損していますので、下地から作り直さないと崩れ落ちてしまうので危険です。

庇の被害状況を確認します

飛ばされた庇のトタン

飛ばされたトタンが置いてあります。結構なサイズですので、この大きさのトタンが飛ばされたらとても危険です。穴が開いている訳ではありませんが、サビは出ています。釘で固定してありましたが、釘自体が錆びて折れてしまうので固定されずに乗っているだけの状態になっていました。

元々あったトタンの上にトタンが被せてありました モルタルが剥がれて下地が見えています

剥がれたトタンの下から古いトタンが見えました。上からトタンが被せてあり、それが飛んでしまった様です。回りはモルタルで囲われていますが、下地が腐食しているのでところどころ剥がれていました。モルタル自他は重いので、剥がれたところからモルタルが落っこちてしまうかもしれませんので、下地を作り直して落ちない様にしなければなりません。

下地が問題なければメンテナンス方法はガルバリウム鋼板を被せます

サビたトタンの上にガルバリウム鋼板をかぶせます トタンよりも耐久性が高いガルバリウム鋼板

こちらは別の現場の庇です。下地は問題なかったのですが、トタンのサビが大分広がっていましたので上からガルバリウム鋼板で新しい屋根を被せます。小金井市緑町で台風の被害を受けた庇は、下地を作り直してからトタンではなく耐久性の高いガルバリウム鋼板で直すことになりました。

このページに関連するコンテンツをご紹介

お家の意外と大事な部分、庇(霧除け)の役割とメンテナンス方法

お家の意外と大事な部分、庇(霧除け)の役割とメンテナンス方法

 ちょっと前のお家だと必ずといっていいほど取り付けられている庇、屋根や外壁のようにお手入れの重要性がよく指摘される場所ではないのですが、雨漏りや庇の崩落などの不具合を見てきた経験からやはりメンテナンスは重要です。最近のお家では固定資産税の影響やデザイン性や狭小地等の立地もあって庇を取り付けていないお…続きを読む
令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和2年6月1日更新 現在、台風に関するお問い合わせは落ち着いてきており、現地調査や工事着工についても通常通りお伺いすることができます。街の屋根やさんでは工事後、長く安心して暮らしていただくため、品質の高い適切な施工を行っています。お気軽にお問い合わせください。現在の東東京支店と品川支店、多摩川支店…続きを読む
屋根材や外壁材の素材であるガルバリウム鋼板とは?特徴とメリットを徹底解説

屋根材や外壁材の素材であるガルバリウム鋼板とは?特徴とメリットを徹底解説

 一般的な戸建て住宅においては今や使われていない建物を探す方が難しいと思わせる素材がガルバリウム鋼板です。軽いことから屋根リフォームで人気の高い屋根カバー工法の選択肢となりやすい屋根材ですし、耐用年数が長いことから屋根葺き替えでも選ばれることが多くなってきました。2014年には従来のガルバリウム鋼板…続きを読む
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう

台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう

 私たちの住んでいる日本は世界的に見ても台風や地震といった自然災害が非常に多い地域です。台風の数で言うと気象庁の発表では2000年以降462(年間平均24)の台風が発生し、58もの台風が日本に上陸しました。年間平均で3、最も多い2004年には10を超える台風が日本に上陸し私たちの生活を脅かしました。…続きを読む
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

 台風銀座と呼ばれている沖縄・九州・地方・近畿地方南部だけでなく、毎年のようにさまざまな地域に被害をもたらす台風。台風の通過により各地で被害が発生し、毎年多くのお問合せをいただきます。また、台風の通過からかなりの日数が経っているというのに街の屋根やさんにでは季節に関係なく「前回の台風で屋根が被害を受…続きを読む
台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう

台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう

 日本全土のほとんどが台風の通り道であり、地震大国でもあるという日本、豊かな気候など温泉やメリットもあるのですが、災害が多いというデメリットもあります。地震や台風で被災してしまった場合、最も大切なのは二次被害を防ぐということです。二次被害は心掛け次第でゼロにすることができるはずです。台風後や地震後の…続きを読む
屋根の台風対策|雨漏り対策|無料点検実施中

屋根の台風対策|雨漏り対策|無料点検実施中

  お住いの台風対策はお済みですか?   台風対策に向け、お住まいのココがチェックポイント!   ※特に屋根の点検は危険ですので、専門家にお任せください! 問題があった方は要注意!台風被害にあう可能性があります…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

調布市深大寺元町で下地が腐食したかわらUの棟をガルバリウム鋼板の棟板金へ交換工事

【施工内容】

屋根補修工事、棟板金交換

杉並区阿佐谷北で強風の被害を受けた波板をポリカーボネートで張り替えます

【施工内容】

屋根補修工事

立川市錦町でトタンの腐食が原因で雨漏りしていた玄関の庇を下地から直しました

【施工内容】

屋根補修工事、雨漏り修理

その他の施工事例一覧→

小金井市と近隣地区の施工事例のご紹介

府中市府中町で強風で破損した軒天のべニアを足場を架けて張り替え工事します

【施工内容】

その他の工事

三鷹市深大寺で漆喰が剥がれて棟が崩れ始めたので棟瓦取り直し工事で元通りにします

【施工内容】

棟瓦取り直し 

西東京市泉町で旧松下電工製のレサス屋根の葺き替え工事を行いました

【施工内容】

屋根葺き替え

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウィルス対策について

  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

イオン銀行住宅ローン

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る