無題ドキュメント

HOME > ブログ > 大田区南六郷で台風で飛散した棟板金を貫板から新しく棟板金交換.....

大田区南六郷で台風で飛散した棟板金を貫板から新しく棟板金交換します

更新日:2019年11月9日

大田区南六郷で台風の被害を受けた屋根の調査をおこないました。台風19号の強風によってスレート葺き屋根の棟板金が飛ばされてしまったそうです。塗装工事でのメンテナスをおこなった跡はありますが、殆ど剥がれていました。築30年以上経過していて棟板金は新築時の取り付けたままの状態ですので、下地の貫板が大分劣化しています。今回の台風で飛ばされたのは一カ所だけでしたが、他も今後飛ばされてしまう可能性が高いので、残っている部分も一緒に交換工事をおこなう事をお薦めします。

台風でどこが被害を受けたのか確認します

残っている棟板金も今後飛ばされる可能性があります 台風で飛ばされたのは一カ所です

台風の被害を受けたのはスレート葺き屋根に取り付けてある棟板金です。寄棟という屋根形状で、一番高い部分の棟板金だけ飛ばされていました。スレートを葺いた後に貫板という木を固定してから棟板金を被せます。釘で固定していますが、木が腐食したり痩せてしまう事で釘が抜けてしまい、強風で飛ばされてしまいます。今回は貫板は残っていましたが、腐食状態によっては貫板ごと飛ばされてしまう事があります。

スレートの下のルーフィングは切れていません

棟の下は屋根と屋根が合わさる所で、板金が無くなると下地の防水紙(ルーフィング)が剥き出しになってしまい、経年劣化していてヒビ割れたり裂けたりしていると雨漏りしてしまいます。剥き出しの状態で放置出来ませんので早めに貫板も新しくして棟板金交換工事をおこないます。

塗装してありますが殆ど剥がれています

棟板金は塗装をした跡があります スレートの塗装は殆ど剥がれています

棟板金とスレートには塗装工事が行われた跡がありますが、スレート部分の塗膜は殆ど剥がれていました。この様な塗装の剥がれ方は、塗装をする時に高圧洗浄をおこなわなかったり下塗りをしていなかった場合に付着が悪くておこってしまいます。棟板金交換と一緒に屋根のメンテナンスをおこなった方が良い傷み具合ですが、塗装工事でのメンテナンスはお勧めできません。築年数が30年経過しているので下に葺いてある防水紙(ルーフィング)の劣化が考えられますので、最適なメンテナンスは屋根の葺き替え工事ですが、棟板金交換だけおこなうのか葺き替え工事で屋根全体のメンテナンスをおこなうのかは、今後何年持たせたいかを考えて一番良い方法をご提案します。

このページに関連するコンテンツをご紹介

令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和2年6月1日更新 現在、台風に関するお問い合わせは落ち着いてきており、現地調査や工事着工についても通常通りお伺いすることができます。街の屋根やさんでは工事後、長く安心して暮らしていただくため、品質の高い適切な施工を行っています。お気軽にお問い合わせください。現在の東東京支店と品川支店、多摩川支店…続きを読む
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう

台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう

 私たちの住んでいる日本は世界的に見ても台風や地震といった自然災害が非常に多い地域です。台風の数で言うと気象庁の発表では2000年以降462(年間平均24)の台風が発生し、58もの台風が日本に上陸しました。年間平均で3、最も多い2004年には10を超える台風が日本に上陸し私たちの生活を脅かしました。…続きを読む
棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

 毎年9月、10月の台風の時期になると特に増えるお問い合わせがあります。それは「棟板金交換」です。こちらのページをお読みの方でも「屋根の上から異音がする」など屋根の上の異変に不安を抱えていらっしゃる方はいらっしゃいませんでしょうか?台風に限らず春一番や竜巻、木枯らしなど突発性の強風でも被害を受けるこ…続きを読む
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

 台風銀座と呼ばれている沖縄・九州・地方・近畿地方南部だけでなく、毎年のようにさまざまな地域に被害をもたらす台風。台風の通過により各地で被害が発生し、毎年多くのお問合せをいただきます。また、台風の通過からかなりの日数が経っているというのに街の屋根やさんにでは季節に関係なく「前回の台風で屋根が被害を受…続きを読む
台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう

台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう

 日本全土のほとんどが台風の通り道であり、地震大国でもあるという日本、豊かな気候など温泉やメリットもあるのですが、災害が多いというデメリットもあります。地震や台風で被災してしまった場合、最も大切なのは二次被害を防ぐということです。二次被害は心掛け次第でゼロにすることができるはずです。台風後や地震後の…続きを読む
屋根の台風対策|雨漏り対策|無料点検実施中

屋根の台風対策|雨漏り対策|無料点検実施中

  お住いの台風対策はお済みですか?   台風対策に向け、お住まいのココがチェックポイント!   ※特に屋根の点検は危険ですので、専門家にお任せください! 問題があった方は要注意!台風被害にあう可能性があります…続きを読む
台風漫画コンテンツ
街の屋根やさん品川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒141-0031
        東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      足立区入谷で令和元年東日本台風で棟板金を飛ばされたお客様の棟板金交換修理と屋根塗装を行いました

      【施工内容】

      棟板金交換、屋根塗装、ガルバリウム鋼板

      三鷹市新川で樹脂製木材「タフモック」を使用した棟板金交換工事を実施

      【施工内容】

      屋根補修工事、スレート屋根工事、棟板金交換、ガルバリウム鋼板

      町田市本町田で強風で飛ばされた棟板金は火災保険の風災を適用して交換工事しました

      【施工内容】

      棟板金交換

      その他の施工事例一覧→

      大田区と近隣地区の施工事例のご紹介

      世田谷区深沢で雨水でボロボロになった階段をタキステップで仕上げます

      【施工内容】

      その他の工事

      世田谷区宇奈根にて令和元年東日本台風で剥がれ始めた漆喰の劣化を含め棟瓦取り直し工事で改善

      【施工内容】

      屋根補修工事

      世田谷区深沢で物置を撤去して雨漏りする前に屋上防水工事を実施しました

      【施工内容】

      防水工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      イオン銀行住宅ローン

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る