無題ドキュメント

HOME > ブログ > 世田谷区野毛でガルバリウム鋼板で屋根カバー工事を検討中のスレ.....

世田谷区野毛でガルバリウム鋼板で屋根カバー工事を検討中のスレート葺き屋根

更新日:2019年10月17日

世田谷区野毛でスレート葺き屋根の調査をおこないました。30年近い築年数ですが、今のところ雨漏りはしていません。塗装工事をおこなった事がありますが、大分年数が経過している為に表面がズルズルに滑る状態になっています。反りなどはありませんのでスレートだけ見れば塗装工事は可能ですが、下に葺いてある防水紙(ルーフィング)の寿命を超えた築年数ですので、今のところ不具合は出ていませんが、そろそろ雨漏りする可能性が高くなってしまいます。下地に傷みはありませんので上からガルバリウム鋼板製の屋根材を被せる屋根カバー工事をおこなう事をお薦めしました。

塗装した事があるスレート葺き屋根

以前に塗装工事をおこなった事があるスレート葺き屋根 塗膜が劣化してズルズルになっています

屋根のメンテナンスは定期的におこなう必要があります。汚れやコケなどが付着してきて美観が損なわれてしまうので、塗装工事をおこなって綺麗な状態に戻していきます。美観も大事ですが屋根の一番の役割は、『雨から建物を守る事』です。雨が降った時に建物内に雨水を侵入させない様に、屋根材と下に葺いてある防水紙によって二重の防御をしています。しかし、塗装工事で効果が出るのはスレートの表面だけで、防水紙(ルーフィング)の劣化には影響がありません。スレート葺き屋根に限らず屋根材のだけで雨水を防ぐ事は不可能ですので、防水紙(ルーフィング)の状態に重要になります。瓦屋根と違いスレート屋根は防水紙(ルーフィング)の状態を目視で確認する事が出来ませんので、20年~25年といわれている寿命を目安に傷みの状態を想定します。

台風15号で飛ばされた方形屋根の棟板金 築年数が経過したトップライトは雨漏りの原因になります

屋根はピラミッド型の方形(ほうぎょう)屋根で、斜めになっている棟が一点に集まって納めてあります。台風15号の強風で棟が捲れてしまったそうで、補修をおこなった後がありました。今のところ雨漏りはしていませんが、30年近い築年数の屋根なので雨漏りの可能性が高くなっていく時期です。また、屋根に穴を開けているトップライトも雨漏りの原因になりやすい所です。パッキンやシール部分などのメンテナンスを定期的におこなわないと、大量の雨漏りに繋がってしまう事があります。

屋根だけでなく雨樋の納まりも確認します

雨樋の位置が低いので雨水が飛び越えてしまうかもしれません

世田谷区野毛で調査したスレート葺き屋根は、築年数と下地に傷みが無い事を考えて、ガルバリウム鋼板での屋根カバー工事をご提案しました。屋根工事をおこなう時に気を付けなければならないのが、屋根を直した事によって他に影響が出る所が無いかを確認する事です。調査した建物でいいますと、雨樋に取り付け位置が低い事が気になります。雨樋の役割は屋根から流れたきた雨水を受けて下に流す事にあります。しかし、調査した屋根に取り付けてある雨樋は、基準的な納め方と比べても大分低い位置に取り付けてあります。劣化したスレートの表面を流れた雨水は受けられるかもしれませんが、スーパーガルテクトなどのガルバリウム鋼板製の屋根材に替えることで、屋根材の表面流れる雨水の勢いが現在と比べて強くなってしまいます。現在の雨樋の位置では雨水が雨樋を飛び越えてしまう可能性が高くなりますので、雨樋交換工事も一緒におこなって、屋根を直した事でおこる不具合も想定したうえで最適な御提案をさせていただきます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根材や外壁材の素材であるガルバリウム鋼板とは?特徴とメリットを徹底解説

屋根材や外壁材の素材であるガルバリウム鋼板とは?特徴とメリットを徹底解説

 一般的な戸建て住宅においては今や使われていない建物を探す方が難しいと思わせる素材がガルバリウム鋼板です。軽いことから屋根リフォームで人気の高い屋根カバー工法の選択肢となりやすい屋根材ですし、耐用年数が長いことから屋根葺き替えでも選ばれることが多くなってきました。2014年には従来のガルバリウム鋼板…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

屋根カバー工法・屋根カバー工事698,000円~(消費税・諸経費別)

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

江戸川区南篠崎町でパミール屋根のカバー工事、スーパーガルテクトを使用致しました

【施工内容】

屋根カバー工法

荒川区町屋で切妻形状の化粧スレート屋根の天窓を撤去しながらIG工業スーパーガルテクトで屋根カバー工事を行いました

【施工内容】

屋根カバー工法、ガルバリウム鋼板

江戸川区北小岩でニチハのパミール製の屋根をスーパーガルテクトを使用しての屋根カバー工事

【施工内容】

屋根カバー工法、天窓工事

その他の施工事例一覧→

世田谷区と近隣地区の施工事例のご紹介

調布市下石原で葺き直し工事で瓦葺きのアパートの雨漏りを止めました

【施工内容】

屋根葺き直し

渋谷区幡ヶ谷でサビて穴が空いたアパートの瓦棒屋根をガルバリウム鋼板で葺き替え工事

【施工内容】

屋根葺き替え

世田谷区東玉川で雪害にあった雨樋の交換工事が完了しました

【施工内容】

雨樋交換

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る