無題ドキュメント

HOME > ブログ > 府中市四谷で傷みがスレート屋根は葺き替え工事でメンテナンスし.....

府中市四谷で傷みがスレート屋根は葺き替え工事でメンテナンスします

更新日:2019年9月2日

府中市四谷でスレート葺き屋根の調査をおこないました。一度もメンテナンスをおこなっていないので、表面が大分劣化しています。撥水性が無いので反りも酷くなっていました。屋根全体の下地に傷みが出ていますし棟板金も釘が抜けて浮いていましたので、メンテナンスは塗装工事ではなく葺き替え工事をお薦めします。

屋根の状態を確認して必要な工事をご提案します

表面が大分劣化しています 表面の塗膜が剥がれています

屋根の状態を確認するために梯子を架けて屋根に上ります。スレート葺き屋根は塗装工事でメンテナンスをおこなわないと、表面の撥水性が無くなってしまい、コケが付着したり反りが出てしまいます。梯子を架けたのが日が当たりにくい北面でしたので、結構コケが付着していました。

一度反ってしまったスレートは元に戻りません

反りが酷いスレート

スレートは一番低い軒先部分から上の段を重ねて葺いていく屋根材です。本来であれば下のスレートと上のスレートはくっついているのですが、表面の撥水性が落ちてしまった事で反りが出ていて軒先から見ると隙間が空いてガタガタになっていました。一度反りが出てしまったスレートは塗装工事などのメンテナンスをおこなっても元に戻す事が出来ません。築年数も大分経過していて下地に傷みが出ていましたので、葺き替え工事でのメンテナンスをお薦めしました。

棟板金は全体的に浮いています

浮いてしまいパカパカになっています 固定されていないので指が入ってしまいます

屋根の面と面がぶつかる所には棟板金が被せてあります。下地の木の上に棟板金を被せて横から釘で固定するのですが、下地の木が腐食したりして釘が浮いたり抜けてしまいます。そうすると固定されていない状態になりますので、パカパカと浮いてしまい風によって飛ばされる危険が出てしまいます。府中市四谷で調査したスレート葺き屋根は、スレートの傷みと下地の傷みを考えて、葺き替え工事が最適なメンテナンスと判断しました。同じスレートにも葺き替えが出来ますし、軽くて耐久性が高いガルバリウム鋼板製の屋根材へする事も出来ますので、工事後になるべくメンテナンスが必要ない様にしていきましょう。

このページに関連するコンテンツをご紹介

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

 国内でもっとも使用されている屋根材の一つが今回のテーマにもなっているスレート(化粧スレート)と呼ばれる屋根材です。コロニアルやカラーベストとも呼ばれることも多く、「我が家も屋根材にスレートを使っている」という方も多いかもしれませんね。仮に瓦や金属といった他の屋根材のお住まいに住んでいらっしゃる方でも「スレート」と聞けばどんな屋根材かイメージできるという方も多いかもしれません。それほど一般的で大変よく見かける屋根…続きを読む
お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント

お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント

 一生に一度のお買い物と言われるお住まい、手に入れるまでは相当な努力と苦労を伴います。何年もかけて貯めた頭金、購入してからはローンと大変です。手に入れたということで満足してしまい、そこでゴールという方も多いようです。 かつては新築だったお住まいも年月を経れば、どんなに大事にしていてもいろいろなところが傷んできます。定期的なメンテナンスが必要になってくるのです。  メンテナンスのタイミン…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。  また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。 目次【非表示表示】 ・屋根の勾配とデザイン  -屋根の勾配が緩やかだと雨漏りの危険性が高まる  …続きを読む
屋根工事、屋根塗装はなぜ必要?メンテナンスの必要性を教えます

屋根工事、屋根塗装はなぜ必要?メンテナンスの必要性を教えます

目次【非表示表示】 ・屋根には様々な負担がかかっています ・様々なリスクから私たちを守ってくれています ・塩害の及ぶ範囲 ・全てのものには耐用年数と寿命があります ・瓦・スレート・金属・各屋根材の耐用年数目安  -スレート(コロニアル・カラーベスト)屋根  -瓦屋根  -金属屋根 ・新築から10年が一つの目安です  健全なお住まいに…続きを読む
金属屋根材への葺き替え工事

金属屋根材への葺き替え工事

  実際に瓦屋根から金属屋根材への葺き替え工事の流れをご紹介しています。 そもそも、葺き替え工事とは一体どんな工事なのか、も合わせてご紹介していきたいと思います。                     …続きを読む
屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別)
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      三鷹市大沢にて令和元年東日本台風で被害を受けた瓦から、立平スタンビーへの屋根葺き替え工事を実施

      【施工内容】

      屋根補修工事、瓦屋根工事、屋根葺き替え、瓦屋根葺き替え、ガルバリウム鋼板、瓦屋根から金属屋根へ葺き替え工事

      墨田区東墨田にて令和元年房総半島台風で被災した工場のポリカ波板屋根の貼り替え工事を行いました

      【施工内容】

      屋根葺き替え、雨樋交換、庇工事

      葛飾区西水元にて雨漏りの原因だった天窓を撤去、モニエル瓦からスーパーガルテクトへ屋根葺き替え

      【施工内容】

      屋根葺き替え、天窓工事

      その他の施工事例一覧→

      府中市と近隣地区の施工事例のご紹介

      調布市下石原にて火災保険を利用して割れたセメント瓦の差し替えと屋根塗装メンテナンスを実施

      【施工内容】

      屋根塗装

      調布市深大寺にて令和元年東日本台風で被害を受けた瓦屋根の棟を補強金物を使った積み直し工事で改善

      【施工内容】

      屋根補修工事

      調布市飛田給で、雹災害に遭ったバルコニーの波板を火災保険で交換工事しました

      【施工内容】

      その他の工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る