無題ドキュメント

HOME > ブログ > 八王子市絹ヶ丘で下地が傷んだ瓦葺き屋根を葺き直し工事でメンテ.....

八王子市絹ヶ丘で下地が傷んだ瓦葺き屋根を葺き直し工事でメンテナンス

更新日:2019年8月16日

八王子市絹ヶ丘で瓦屋根の調査をおこないました。一度もメンテナンスをおこなった事が無い屋根で、白い欠片が落ちてきたので見て欲しい、というのがお問合せのきっかけです。瓦屋根の場合、瓦が何十年もつ耐久性が高い屋根材の為、メンテナンスが必要ない屋根と思われている事がありますが、実際には手を掛けなければなりません。今回屋根から落ちてきた白い欠片もメンテナンスが必要な部分ですので、屋根に上って状況を確認してみましょう。

白い欠片は剥がれた漆喰(しっくい)です

瓦葺き屋根はメンテナンスが必要です

瓦葺き屋根も定期的にメンテナンスが必要です。瓦を葺いた後に屋根の一番高い部分に棟瓦が積まれています。その棟瓦と屋根面の瓦の隙間には漆喰(しっくい)が詰めてあります。今回落ちてきた白い欠片は、棟瓦の下から剥がれ落ちた漆喰でした。

漆喰の剥がれは棟瓦の崩れに繋がります 棟瓦は漆喰が剥がれると崩れてしまいます

漆喰が剥がれると棟瓦の下地になっている土が削れてしまうので、酷くなると棟瓦の支えが無くなって崩れてしまう事になります。棟が崩れると直すための工事も大掛かりになりますので、屋根に白い欠片が落ちていたら、被害が広がる前に漆喰(しっくい)の詰め直し工事をおこないましょう。

下地の傷みは葺き直し工事で直します

瓦の下に葺いてある防水紙 瓦は問題無くても下地は傷みが出ます

瓦が葺いてあると分かりませんが、下地の傷みもみていく必要があります。瓦屋根は瓦の表面と瓦の下に葺いてある防水紙によって雨から建物を守っています。下地も経年によって劣化していきますので、定期的に確認して直していかなければなりません。今回調査した八王子市絹ヶ丘の瓦葺き屋根は、下地がとんとん葺きという木を薄く剥いだものをシート状に編み合わせた物が葺かれていて、経年劣化によって硬くなりバリバリになっています。穴が空いている所もあるので、放置すれば雨漏りに直結してしまいます。瓦葺き屋根のメンテナンス方法は大きく分けて2種類あり、別の屋根材に替える葺き替え工事か、同じ瓦を使用して下地だけ直す葺き直し工事があります。お客様が瓦を大変気に入られているので、今回ご提案する工事は葺き直し工事です。まだ雨漏りしていませんが、被害が出てしまう前に早めに工事をおこなう事をお薦めします。

このページに関連するコンテンツをご紹介

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント

お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント

 一生に一度のお買い物と言われるお住まい、手に入れるまでは相当な努力と苦労を伴います。何年もかけて貯めた頭金、購入してからはローンと大変です。手に入れたということで満足してしまい、そこでゴールという方も多いようです。かつては新築だったお住まいも年月を経れば、どんなに大事にしていてもいろいろなところが…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
屋根工事、屋根塗装はなぜ必要?メンテナンスの必要性を教えます

屋根工事、屋根塗装はなぜ必要?メンテナンスの必要性を教えます

 健全なお住まいに暮らしている場合、普段から屋根のメンテナンスやリフォームを意識して生活している人はほとんどいないでしょう。 しかし、どんな屋根であってもメンテナンスやリフォームが必要な時期がやってきます。屋根がどんな環境におかれているか想像してみてください。 晴れの日…続きを読む
これまでの瓦を再利用!瓦屋根葺き直しの2つのメリット・デメリット

これまでの瓦を再利用!瓦屋根葺き直しの2つのメリット・デメリット

これまでの瓦を再利用して屋根を葺き替えるから地球に優しい 一旦、屋根材(瓦・天然スレート)を取り外し、防水紙や野地板を交換・補修してから、これまでの屋根材を再利用して屋根を葺き直す工事です。既存の屋根材を新しい屋根材に交換する屋根葺き替えと似ていますが、これまでの屋根材を再利用するところが大きく違い…続きを読む
雪害漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      清瀬市元町で雨漏りを止めるため瓦屋根の葺き直し工事で下地を直しました

      【施工内容】

      瓦屋根工事、屋根葺き直し、雨漏り修理

      江戸川区篠崎町で鬼瓦の損壊で棟の部分取り直し工事を施工、鬼瓦も漆喰で補強し強風対策を行いました

      【施工内容】

      瓦屋根工事、棟瓦取り直し 、漆喰取り直し

      八王子市中野町で強風で落下したモニエル瓦のケラバを修理します

      【施工内容】

      屋根補修工事、瓦屋根工事

      その他の施工事例一覧→

      八王子市と近隣地区の施工事例のご紹介

      町田市本町田で強風で飛ばされた棟板金は火災保険の風災を適用して交換工事しました

      【施工内容】

      棟板金交換

      多摩市聖ヶ丘でチョーキングが出ているスレート屋根の下塗り材にベスコロフィラーを使用して屋根塗装工事

      【施工内容】

      屋根塗装

      町田市金井で雪の被害で歪んだ雨樋を火災保険を適用して雨樋交換工事

      【施工内容】

      雨樋交換

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      イオン銀行住宅ローン

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る