無題ドキュメント

HOME > ブログ > 品川区旗の台で傷んだ鼻隠し・破風・軒天は雨漏りを招きます

品川区旗の台で傷んだ鼻隠し・破風・軒天は雨漏りを招きます

更新日:2019年8月6日

品川区旗の台のお宅へ、屋根周りの修繕のため調査に伺いました。外壁から突き出た部分の、屋根の軒先に取り付けられている板がボロボロになってきたとのご相談でした。この部分は、鼻隠しや破風と呼ばれ、雨風の影響を受けやすい部分でもあります。

鼻隠しや破風の劣化

鼻隠しの傷み 破風の傷み
木製の部材が常に露出している状態なので、放っておけば経年とともに水分を吸って反りが出たり、腐食したりしてしまいます。お客様も、見た目が悪くいかにも家が古く見えるようだと気にされていました。表面の塗装によって劣化を防いでいるのですが、それもはがれてきてしまっているようです。

常に家を守っている部分です

破風や鼻隠しが劣化している
破風や鼻隠しは、吹き付ける雨が屋根の内部に入り込むのを防ぎ、また、吹き上げる風から屋根や建物を守っています。過酷な環境から家を守っている部材なので、こまめに手入れをしてあげる必要があります。方法としては、板の張替え、再塗装、さらに現在では金属板を巻き付けて強化するのも一般的です。

軒天の劣化

軒天の隙間 軒天に亀裂
突き出た屋根の裏側の部分(軒天)にも、亀裂や隙間が見られました。回り込んで流れた雨の影響や、また、屋根が雨漏りしていて内部にたまった水分が影響を与えている可能性もあります。屋根裏を調査する必要もありそうです。こちらも、より強い素材への張替えや塗装での補修ができます。鼻隠し、破風、軒天の劣化が進み、水がしみ込むような隙間を作ってしまえば、そこからさらに雨漏りの被害を呼ぶこともあります。こういった細かい部分のメンテナンスが、家を長持ちさせることにつながります。大事なお住まいですから、いつまでもきれいに気持ちよく住み続けたいですね。

このページに関連するコンテンツをご紹介

軒天の雨染みと剥がれは見逃し厳禁! 雨漏りや鳥獣被害に繋がります

軒天の雨染みと剥がれは見逃し厳禁! 雨漏りや鳥獣被害に繋がります

 お家を維持する上でかなり重要なお家の各部位の名前というと「破風板」や「鼻隠し」、「ケラバ」など聞きなじみのないものも多く、漢字も難しいものが多いのですが、「軒天」という字面を見るとどの場所かは何となく想像がつくのではないでしょうか。 そうです、「屋根の軒」の「天井」だから軒天で…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

昭島市東町で穴が空いた軒天の補修工事を行いました

【施工内容】

破風板・軒天部分補修

調布市西つつじケ丘で剥がれてしまった軒天の補修工事をいたしました

【施工内容】

破風板・軒天部分補修

小平市小川町で強風で飛ばされたベニヤ製の軒天の張り替え

【施工内容】

破風板・軒天部分補修

その他の施工事例一覧→

品川区と近隣地区の施工事例のご紹介

港区白金台で老朽化で釘が浮いてしまった棟板金を新しく取り替えます

【施工内容】

棟板金交換

大田区下丸子で台風の被害を受けた波板と雨樋を火災保険で直します

【施工内容】

屋根補修工事

品川区中延にて火災保険の風災で波板張り替えと雨樋交換工事をおこないます

【施工内容】

雨樋交換

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウィルス対策について

  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

イオン銀行住宅ローン

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る