無題ドキュメント

HOME > ブログ > 国分寺市戸倉で緩い勾配のスレート屋根の葺き替え工事を検討中

国分寺市戸倉で緩い勾配のスレート屋根の葺き替え工事を検討中

更新日:2019年3月29日

国分寺市戸倉で屋根の調査をおこないました。築40年程経過したスレート葺きの屋根で、下地の状態があまり良くない為に軒天に影響が出ており、剥がれている部分がありました。原因は屋根からの雨水の浸入によるもので、雨漏りが原因になっていました。下地がブヨブヨな部分もありますので、葺き替え工事をおこなう必要があります。屋根の勾配(角度)もスレート屋根が施工可能なギリギリの3寸勾配なので、築年数が経過してい防水紙(ルーフィング)が劣化すると雨漏りの危険性が勾配が急な屋根よりも高くなってしまいます。

【軒天の傷みは屋根の傷みが原因です】

軒天の破損は屋根に原因があります スレート葺き屋根全景

軒先の裏側にはべニアが有ってありますが、湿気や雨漏りよってボロボロになってしまう事があります。雨漏りに気付かないと、軒天を張る為の下地が腐ってしまい大掛かりな木工事をおこなわなければならなくなります。

棟板金 葺き替え

棟板金も何度か補修した跡があり、上から釘で固定してありました。釘の頭の部分にはコーキングが打ってありますが、釘は屋根材を貫通して下地まで届かせてありますので、コーキングが劣化してしまえば雨水が下地まで到達して雨漏りしてしまいます。この様に屋根の表面に釘やビスを打つ事はおこなってはいけません。

【勾配が緩いと雨漏りの可能性が高くなります】

スレートには必要な確度があります

屋根材には最低限必要な屋根の角度(勾配)が決められています。この角度(勾配)は雨漏りさせない為に必要で、瓦屋根は4寸勾配以上、化粧スレートは3寸勾配以上、金属などのタテ葺きの場合は1寸勾配以上が必要になります。国分寺市戸倉で調査した屋根は3寸勾配で、1m水平に移動した時に30cm垂直に上がった角度をいいます。約17°が3寸勾配にあたり、最低限必要な確度を確保している事は分かります。しかし、築40年を経過していると下に葺いてある防水紙(ルーフィング)の寿命を超えていますので、5寸や6寸の急な勾配の屋根に比べると雨水の流れが悪い為、雨漏りのリスクが高くなってしまいます。下地に腐食がみられるのも、この事が原因と想定出来ます。今回は下地に傷みが出ている為に葺き替え工事をおこなう必要がありますが、長い目で見た時には軒先から棟までが一枚の板で出来ているタテ葺きが最適な工事方法です。ガルバリウム鋼板を使用すれば、工事後のメンテナンスも殆ど必要なくなりますので、お薦めです。

このページに関連するコンテンツをご紹介

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

 国内でもっとも使用されている屋根材の一つが今回のテーマにもなっているスレート(化粧スレート)と呼ばれる屋根材です。コロニアルやカラーベストとも呼ばれることも多く、「我が家も屋根材にスレートを使っている」という方も多いかもしれませんね。仮に瓦や金属といった他の屋根材のお住まいに住んでいらっしゃる方でも「スレート」と聞けばどんな屋根材かイメージできるという方も多いかもしれません。それほど一般的で大変よく見かける屋根…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。  また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。 目次【非表示表示】 ・屋根の勾配とデザイン  -屋根の勾配が緩やかだと雨漏りの危険性が高まる  …続きを読む
屋根の専門家が教えます、屋根の勾配(角度)と屋根材の関係

屋根の専門家が教えます、屋根の勾配(角度)と屋根材の関係

 普段、生活している限り、屋根のことはあまり気にしない方がほとんどだと思います。それでも、屋根というと大半の方は三角屋根を思い浮かべるのではないでしょうか。見慣れた街並みを思い出してください。大方の屋根には勾配(傾斜)が付けられています。 屋根勾配は雨水を効率良く流すのに必要です。積雪地ではその勾配を大きくして、雪が自然に落下するように屋根を作ることもあります。 屋根勾配は屋根材の種類、そして地域…続きを読む
金属屋根材への葺き替え工事

金属屋根材への葺き替え工事

  実際に瓦屋根から金属屋根材への葺き替え工事の流れをご紹介しています。 そもそも、葺き替え工事とは一体どんな工事なのか、も合わせてご紹介していきたいと思います。                     …続きを読む
屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別) 雪害漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      立川市錦町でトタンの腐食が原因で雨漏りしていた玄関の庇を下地から直しました

      【施工内容】

      屋根補修工事、雨漏り修理

      八王子市中野町で強風で落下したモニエル瓦のケラバを修理します

      【施工内容】

      屋根補修工事、瓦屋根工事

      小平市小川西町で雹(ひょう)の被害を受けたバルコニーの屋根を火災保険で直します

      【施工内容】

      屋根補修工事

      その他の施工事例一覧→

      国分寺市と近隣地区の施工事例のご紹介

      立川市柏町でコケが付着したスレート屋根を、関西ペイントのスーパーシリコンで塗装します

      【施工内容】

      屋根塗装

      立川市柴崎町で雨漏りで腐食した屋根と軒天を部分葺き替え工事で直しました

      【施工内容】

      屋根葺き替え

      小金井市中町で瓦棒屋根の飛散した棟板金を交換

      【施工内容】

      棟板金交換

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る