無題ドキュメント

HOME > ブログ > 国立市富士見台で傷みが出始めたスレート屋根を金属屋根でカバー.....

国立市富士見台で傷みが出始めたスレート屋根を金属屋根でカバー工事

更新日:2018年12月10日

国立市富士見台へ屋根の調査に伺いました。スレート葺きの屋根で一度もメンテナンスをした事がありません。スレート屋根は新築で葺いた後に必ず塗装のメンテナンスが必要になりますが、塗装工事をおこなわないとスレート表面の撥水性が落ちていき、雨が降っても雨水を弾かずに吸い込んでしまいます。その様になると、塗れたスレートの表面が先に乾いてしまい表面側に反りが出てきてしまいます。常に濡れた状態になる事で傷みが進んでしまい、最悪の場合ボロボロになってしまう事もあるんです。既に表面は日が当たりにくい北面にはコケや花粉が付着してオレンジ色に変わっています。割れている部分もあるので今からですと塗装工事でのメンテナンスはお勧めできません。塗装をお薦め出来ない理由は他にもあります。築年数を考えるとスレートの下の防水紙(ルーフィング)の寿命がそろそろやってきます。塗装が出来るスレートの状態だとしても防水紙が劣化していたら確実に雨漏りしてしまう事になります。屋根全体の状態を確認してみましたが、今のところ下地に傷みは出ていませんので、今回お薦めするのは屋根カバー工事です。上からガルバリウム鋼板などの金属屋根を被せる事で、今後の雨漏りの可能性も無くなりますので、長い目で見た時に安心してお住まいになれる良い工法だと思います。

【方角で違うスレート屋根表面の汚れ方】

方角で傷みが違う屋根

屋根は方形というピラミッドと同じ様な形になっていました。画像の右側が南面で左側が北面になるのですが、見た目で傷み方が違うのが分かると思います。

傷んだスレート コケや花粉の付着があります

スレートの表面が傷んだ事で雨水を弾かなくなってしまい、雨は降ると雨水を吸い込んでしまいます。常に濡れた状態になりますので、日が当たりにくい北面はコケが付着したりカビが生えたりしてしまいます。近くに木が有れば花粉の付着もあり、更にスレート表面の劣化を進めてしまいます。

【大分前から割れていたスレート】

欠けているスレート屋根 割れたスレート

スレートが欠けている所がありましたが、どかしてみるとクッキリと割れたスレートの跡が付いています。大分以前から割れてこの位置にあった事が良く分かります。国立市富士見台で調査したスレート葺きの屋根は、スレートだけを見れば屋根塗装工事が出来ない事はありませんは、築年数が経過していて下に葺いてある防水紙(ルーフィング)の劣化も考えると、下地に傷みが出ていない今のタイミングで有れば、上からガルバリウム鋼板などの金属屋根を被せる屋根カバー工事が可能です。もう少し後になってしまうと、劣化した防水紙から雨漏りしてしまい下地に腐食が出て、カバー工事ではなく葺き替え工事しか方法が無くなってしまうかもしれません。建物のメンテナンスは早いに越した事はありませんので、被害が広がる前に傷んだ部分を直していきましょう!

このページに関連するコンテンツをご紹介

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

 国内でもっとも使用されている屋根材の一つが今回のテーマにもなっているスレート(化粧スレート)と呼ばれる屋根材です。コロニアルやカラーベストとも呼ばれることも多く、「我が家も屋根材にスレートを使っている」という方も多いかもしれませんね。仮に瓦や金属といった他の屋根材のお住まいに住んでいらっしゃる方で…続きを読む
一番強い金属屋根、トタン・ガルバリウム・エスジーエル(次世代ガルバリウム)を徹底比較

一番強い金属屋根、トタン・ガルバリウム・エスジーエル(次世代ガルバリウム)を徹底比較

 建物に使われる金属製の屋根材にはさまざまなものがありますが、一般的な戸建て住宅に使われているのはトタン、ガルバリウム、エスジーエルのいずれかがほとんどです。この中で最も耐用年数長く、一番コストパフォーマンスが高い金属屋根材はどれなのでしょうか。さまざまな面から比較します。「ガルバリウム鋼板」につい…続きを読む
屋根の専門家が教える、金属屋根(ガルバリウム)のメンテナンス方法とご自身で点検できる4つのチェックポイント

屋根の専門家が教える、金属屋根(ガルバリウム)のメンテナンス方法とご自身で点検できる4つのチェックポイント

 お住まいもお体と同じです。悪いところは早期に発見し、迅速にケアしてあげれば、大事に至ることはありませんし、費用もお安くなります。定期的な点検の他、悪天候後も検査してあげれば完璧でしょう。しかし、屋根に上るのは危険ですし、体の病状の判断と同じように、その道の専門家でなければ不具合を見逃してしまうこと…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

屋根カバー工法・屋根カバー工事698,000円~(消費税・諸経費別)

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

調布市西つつじヶ丘で劣化して傷みが進んだスレート屋根をスーパーガルテクトでカバー工事

【施工内容】

屋根カバー工法

葛飾区東四つ木で下屋根下の雨漏りのご相談から下屋根のカバー工事を施工致しました

【施工内容】

屋根カバー工法、雨樋交換、雨漏り修理

板橋区大谷口で築36年になる化粧スレート屋根にディプロマットスターで屋根カバー工事しました

【施工内容】

屋根カバー工法

その他の施工事例一覧→

国立市と近隣地区の施工事例のご紹介

立川市砂川町で固定が弱まってきた棟板金をビス補強いたしました

【施工内容】

その他の工事

国分寺市東元町で雨漏り修理のため瓦屋根の葺き直し工事と壁の板金張替え工事

【施工内容】

瓦屋根工事

府中市白糸台で硬化不良を起こしている屋上の床を防水工事で直します

【施工内容】

防水工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る