無題ドキュメント

HOME > ブログ > 国分寺市にて廃盤品のセメント瓦は交換不可能なので屋根葺き替え.....

国分寺市にて廃盤品のセメント瓦は交換不可能なので屋根葺き替えを行います

更新日:2018年12月5日

国分寺市で屋根の調査をおこないました。棟の先端についている瓦が落ちて割れてしまったので見て欲しい、というお問い合わせです。落下した棟瓦は粉々に破損していて使える状態ではありません。屋根に上って見ると瓦葺きの屋根なのですが、瓦の材質が土が原料の陶器瓦ではなく、セメントで瓦状に造られたセメント瓦が葺かれていました。セメント瓦は現在、ほとんど生産されていないため、破損した部分を交換する事が出来ず、廃盤品の屋根材と同じで全体を直さなければなりません。セメント瓦が葺かれている時点で築年数が経過した屋根なのがわかりますので、下地の傷み具合も非常に気になります。釘で固定されている場合が多いので、一枚を剥がして下地の状態を確認する事が出来ません。全体を葺き替え工事で直すのであれば、新しい屋根材はガルバリウム鋼板などの軽くて耐久性が高い金属屋根がお薦めです。

【屋根に葺かれた材料はセメント瓦】

屋根全景 棟瓦

セメント瓦葺きの屋根です。お問合せにあった棟の先端にあった瓦というのは鬼瓦の事ですが、確かに鬼瓦が無くなっているのが分かります。

取れた鬼瓦

鬼瓦があった所です。鬼瓦は棟を積む時に一緒に固定するのですが、棟木から銅線で引っ張って固定するので、直すには棟を一旦取り外す必要があります。しかもセメントで造られたセメント瓦の場合、現在手に入りませんので、破損した部分だけ直す事が出来ません。鬼瓦だけでなく他にも破損している所がありますので、屋根全体を直す必要があります。葺き替え工事をおこなう事になりますが、重いセメント瓦から軽くて耐久性が高い屋根材に変える事で、建物への負担を軽減させるメリットがあります。

【漆喰(しっくい)が剥がれると棟が崩れて雨漏りの原因になります】

漆喰(しっくい)の剥がれ 剥がれたしっくい

棟瓦と平らな桟瓦の間には必ず隙間が出来ます。この隙間を埋める様に詰めてあるのが漆喰(しっくい)です。棟の下地には土が詰めてありますが、そのままでは雨水によって土が削れてしまい、棟瓦の支えが無くなって崩れてしまう事になります。棟が崩れて下地が剥き出しになると、そこから雨水が入り込んで雨漏りの原因になりますので、漆喰(しっくい)が剥がれていた場合は、詰め直し工事が必要になります。国分寺市で調査したセメント瓦葺きの屋根は、破損している部分が多いので、金属屋根への屋根葺き替え工事をご提案しました。

このページに関連するコンテンツをご紹介

セメント瓦とモニエル瓦、塗り替えを必要とする瓦の最適なメンテナンス方法

セメント瓦とモニエル瓦、塗り替えを必要とする瓦の最適なメンテナンス方法

 一般的な日本家屋に使用される陶器瓦と比較しても価格の安いセメント瓦やモニエル瓦。これらの瓦は高度経済成長期の住宅不足を解消する一端を担い、1980年代から1990年代にかけて国内で広く普及しました。 現在ではすっかり影をひそめ、新築でも使用されることがなくなり、手に入れることも困難になってきた屋根…続きを読む
屋根葺き替えで不安を解消しませんか?

屋根葺き替えで不安を解消しませんか?

 これまでの屋根を解体・撤去し、新しい屋根材に葺き替える工事です。屋根材を取り外しますので、その下の防水紙や野地板といった手の入れにくい部分も同時にメンテナンスや補修を行うことができます。屋根の葺き替えというと老朽化した屋根というイメージがありますが、最近では耐震対策としての軽い屋根へ葺き…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?

屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?

 屋根工事の中で大型リフォームと言えば屋根葺き替えと屋根カバー工法が挙げられます。いずれも屋根材を新設するリフォームですが、工期やコストの違いがあるなどそれぞれにメリットやデメリット、特徴があります。 こうした大型の屋根葺き替えや屋根カバー工法を検討するタイミングとしては経年劣化により屋根…続きを読む
お家の屋根材が廃盤・生産終了になってしまった場合屋根のメンテナンスはどうすべき

お家の屋根材が廃盤・生産終了になってしまった場合屋根のメンテナンスはどうすべき

 多くの屋根材が工場で生産されるようになってから久しく、さらに現在では現場での切削・加工が極端に少なくなるようプレカットまでされるようになってきました。そのことによって新築でも、リフォームでも、工期が短くなり、人権費の削減にも繋がっています。施工期間の短縮と費用の削減はどちらもお施主様の負担が軽くな…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別)

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

足立区谷中で庇屋根の立ちハゼ葺きの部分葺き替え工事を行いました

【施工内容】

金属屋根工事、屋根葺き替え、ガルバリウム鋼板

調布市佐須町で雨漏りしているスレート屋根をスーパーガルテクトでカバー工事しました

【施工内容】

金属屋根工事、屋根葺き替え、雨漏り修理

練馬区高野台で雨漏りした瓦屋根を、地震対策もかねてスーパーガルテクトに葺き替え工事します

【施工内容】

瓦屋根工事、金属屋根工事、屋根葺き替え、ガルバリウム鋼板、瓦屋根から金属屋根へ葺き替え工事

その他の施工事例一覧→

国分寺市と近隣地区の施工事例のご紹介

立川市砂川町で固定が弱まってきた棟板金をビス補強いたしました

【施工内容】

その他の工事

小平市鈴木町でトタンの瓦棒葺き屋根を日本ペイントファインルーフのサニーレッドで塗装します

【施工内容】

屋根塗装

国分寺市東元町で雨漏り修理のため瓦屋根の葺き直し工事と壁の板金張替え工事

【施工内容】

瓦屋根工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る