無題ドキュメント

HOME > ブログ > 日野市にて屋根葺き替え工事をご検討中のニチハ「パミール」の経.....

日野市にて屋根葺き替え工事をご検討中のニチハ「パミール」の経年劣化を調査

更新日:2018年11月30日

日野市にて築12~13年のお住まい無料点検を承りました。屋根は葺き替えをご検討中とのことですが、通常はスレート・瓦・金属屋根材も20年以上は持ちますので塗装メンテナンス等で充分です。しかしスレート屋根材の中には塗装が出来ない屋根材が存在します。今回はその屋根材の一つニチハのパミールが劣化した状態をご紹介します。

【塗装できない屋根材ニチハのパミール】

屋根葺き替え点検 下屋の点検

色褪せや雨染みの状態は築10年を経過した屋根材で良く見られる症状です。パミールでなければ問題なく塗装メンテナンスを行う事が出来た事でしょう。しかし屋根材の端が捲れ始めている事が分かりますか?

跡形の無い軒先 パミール

近くで見ると良く分かりますが、屋根材自体が上層から剥がれ始めてしまっています。パミールは(1996~2008年)に販売されたノンアスベスト屋根材の先駆け製品です。ノンアスベスト屋根材になる前までは、健康被害に問題を起こす以外には頑丈なアスベストを混合していたため、割れも少なく寧ろ高い耐久性を維持することが出来ていました。それほどアスベスト(石綿)は優れた素材だったのです。その為、アスベストに代わる素材が見つからず様々な工夫を凝らしながら屋根材を開発しなければなりませんでした。

ミルフィーユ状に形成されたパミール

ミルフィーユ状

こちらは屋根材1枚の断面図です。ミルフィーユ状に重ねて形成していることが分かりますが、屋根材に雨水が入り込むことによって表面から剥がれる層間剥離を起こすのがパミールの特徴です。剥がれた様子を見るとパミールとわかりますが、図面等がなくとも軒先の凹凸が等間隔になっていてクレーターのような白い剥がれ跡が見られるのもパミールの特徴ですので、見分けることは可能です。また今回のような剥がれを起こしていなくとも、使用したラスパート釘にめっき処理が薄い物が混入されていたこともあり、屋根材自体が滑落してしまう問題もあるようです。

パミールは屋根材の表面から剥がれてしまいますし、洗浄の高い水圧で屋根材が剥がれてしまいますので、塗装メンテナンスが出来ません。

敷地内に落下する屋根材 葺き替え工事

今回のように剥がれが目立つようになると、ポロポロ屋根材が落ちてくるようになりますので早急にお問い合わせください。お住まいの雨漏りを防いでいるのは防水紙ですが、屋根材が劣化することで防水紙の保護が出来ず劣化を促進することになります。

屋根葺き替え工事を行う際に心配されるのがアスベスト(石綿)の飛散や処分費用ですが、パミールにはアスベストが含まれていませんので問題はありません。屋根に残したまま屋根カバー工法を行っても問題はありませんが、住宅の負担にもなりますのでコストを検討した上で全撤去してしまった方が良いでしょう。現在のスレート屋根材は改良を重ねて剥がれや滑落といったトラブルも起こりにくくなっていますので、ご安心ください。2018年になりパミールをご使用のお住まいはほとんどが築10年を経過してしまいました。保証期間内であれば別屋根材の提供を受けられる可能性がありますので、丁度10年目という方は一度施工会社やメーカーに確認してみましょう。

今回のお住まいは経年劣化が酷く進行していましたので、雨漏りを起こす前に葺き替え工事を行っていく予定です。他のお住まいでもパミールかもしれない、屋根材が落下してくる、補修方法を知りたいといった方がいらっしゃいましたら、お気軽に街の屋根やさんへご相談ください。点検・お見積りは無料ですのでご安心ください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根葺き替えで不安を解消しませんか?

屋根葺き替えで不安を解消しませんか?

 これまでの屋根を解体・撤去し、新しい屋根材に葺き替える工事です。屋根材を取り外しますので、その下の防水紙や野地板といった手の入れにくい部分も同時にメンテナンスや補修を行うことができます。屋根の葺き替えというと老朽化した屋根というイメージがありますが、最近では耐震対策としての軽い屋根へ葺き…続きを読む
屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?

屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?

 屋根工事の中で大型リフォームと言えば屋根葺き替えと屋根カバー工法が挙げられます。いずれも屋根材を新設するリフォームですが、工期やコストの違いがあるなどそれぞれにメリットやデメリット、特徴があります。 こうした大型の屋根葺き替えや屋根カバー工法を検討するタイミングとしては経年劣化により屋根…続きを読む
ニチハパミールの問題。今後のメンテナンスが不安な方へ、5つの解決策をご紹介

ニチハパミールの問題。今後のメンテナンスが不安な方へ、5つの解決策をご紹介

 屋根材が何層にも渡って剥離し、ミルフィーユのようになってしまい、最終的には剥がれて崩れ落ちていく… そんな悪夢のような光景を各地で起こしているのがニチハの屋根材「パミール」です。普通のスレート屋根材よりもはるかに短い時間で屋根材としての機能を喪失してしまう「パミール」のメンテナンス方法をご紹介しま…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別)

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

東京都狛江市西野川で散水試験で雨漏り箇所特定して葺き替え工事で直します

【施工内容】

屋根葺き替え、雨漏り修理

三鷹市井口で強風により屋根が飛散、縦ハゼ葺きの金属屋根スタンビーで葺き替え工事しました

【施工内容】

金属屋根工事、屋根葺き替え

八王子市犬目町で浮いてしまった棟板金を該当箇所のみ交換工事を行いました

【施工内容】

屋根補修工事、棟板金交換

その他の施工事例一覧→

日野市と近隣地区の施工事例のご紹介

立川市砂川町で固定が弱まってきた棟板金をビス補強いたしました

【施工内容】

その他の工事

武蔵野市吉祥寺本町で割れて雨漏りしたサンルームの屋根を新しいポリカーボネートで交換工事

【施工内容】

その他の工事

東大和市仲原で2018年5月の雹被害に遭った波板をポリカーボネートの波板に交換しました

【施工内容】

その他の工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る