無題ドキュメント

HOME > ブログ > 葛飾区でモニエル瓦屋根のメンテナンス見積り調査、要注意は棟と.....

葛飾区でモニエル瓦屋根のメンテナンス見積り調査、要注意は棟とケラバです

更新日:2017年1月30日

信じられないような暖かさでびっくりしましたが、こんな日は調査もスムーズに行えて本格的な春が待ち遠しい限りです。葛飾区のお客様から屋根外壁塗装の調査のご依頼を頂きました。屋根はモニエル瓦という洋瓦で葺いてあるとの事です。塗装工事に合わせて屋根も点検、悪いところは補修・補強も行って以降と思っていらっしゃいました。ただし、一点問題がありました。それは屋根が超急勾配だったのです。我々、工事業者から見た場合、施工するうえでの急勾配とは6寸勾配以上を指します。6寸勾配とは角度でいうとおおよそ31度あります。例えて言うと、スキージャンプ台の最大傾斜が35度だそうです。4度ほど少ないですが結構な角度があることは想像していただけましたでしょうか。その数値を大きく超える角度の屋根だったのです。それは実に45度です。建築界では矩(かね)勾配と言われる勾配です。通常の矩勾配の屋根ではまず梯子で上がることは不可能ですが、お客様の屋根は2段構えとなっていたので何とか登って確認することが出来ました。

 

矩(傾斜角45度)の屋根です。横から見ると大したこと無さそうに見えるんですけどね。下から見るともはや壁ですね。2段構えの屋根の構造で助かりました。2段目の屋根にどうにか梯子を掛けられました。

 

梯子をかけた2段目の屋根です。角に棟が有ります。モニエル瓦もかなり表面が荒れていますね。棟は内部の漆喰が剥がれてしまってきています。軒先は隙間が多いため鳥の巣が造られているようでした。この棟はケラバにもなっているので漆喰の剥がれは水の浸入につながりケラバを兼ねている部分の下地木部の腐食が心配です。

 

なだらかになっている屋根から急勾配の棟、親棟を見上げてみます。棟の下は近づけないため素材は確認できませんが、モルタルのようなやや荒目の素材に感じました。剥がれなどは無いようです。どうにか頂点の棟によじ登り、棟の通りを確認します。大きく乱れている様子は有りませんでした。

 

過去に棟の冠瓦が台風で外れてしまったことが有ったそうです。雨水の浸入を防止するために施工されたシーリング材の状態を見るとかなり前だったことが推測されます。ケラバ側を棟から見た様子です。さすがにここには手が届かないというよりも体を安定させていることが精いっぱいでした。細かく見るためには足場が必要です。一般的に急勾配の屋根は平場と呼ばれる部分の面は雨漏りがお気に悔いと言われています。それは傾斜が急なため雨水がとどまりにくいからです。だたし、屋根の端のケラバと言われる部分は防水の処置をしっかり行っていない場合、浸水によって下地木部が腐食しケラバ瓦の脱落につながる事があります。特に最終的に水が集まる軒先側にその傾向が顕著だったりします。

ケラバ瓦を下地の木材に釘かビスで固定されています。浸水が多いとこの木部が腐食して釘やビスが外れてしまいます。

葛飾区モニエル瓦屋根点検010

ケラバ瓦の落下は過去にも数多く修理を行って参りました。こちらの写真の屋根も急勾配のセメント瓦屋根でした。ケラバの瓦が台風の後に数個落ちてしまった修理です。経年と浸水で下地木部が劣化して弱くなっていたところに風にあおられて落ちてしまったのでした。急勾配の屋根には足場は必須ですので塗装を行う機会が有った時はぜひ点検、補修を行いましょう。特にセメント瓦やモニエル瓦は、塗装しなくて良い、といった情報がありました。実際は塗装は必要です。ただし、特にモニエル瓦はスラリー層というものがあって塗装にはこの部分を取り除くかしっかり剥がれない様に専用シーラーで固めることが塗装の際に必要となるため嫌がられて、「塗装をしなくて良い」といった話が出てきたのかもしれません。しっかりとした技術と経験でモニエル瓦の塗装もお任せください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

 瓦屋根というと半世紀、またはそれ以上もの耐用年数を期待できる大変寿命の長い屋根材ですよね。そのため瓦屋根にお住まいの方の中にはどうしてもメンテナンスが怠りがちになってしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし瓦屋根と言えども経年劣化がまったくないかというとそうではありませんし、…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

 瓦に飛来物が当たり割れてしまった場合、また風によって少しずれてしまっている場合、雨漏りが起きていなくとも防水紙の劣化に繋がりますので、補修は必要です。瓦の差し替え工事瓦の並び戻し工事 漆喰が剥がれることによって内部の土が露出し、雨水で流れ出てしまいます。そのまま放置してしまうと棟自体の並びも変形・…続きを読む
お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント

お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント

 一生に一度のお買い物と言われるお住まい、手に入れるまでは相当な努力と苦労を伴います。何年もかけて貯めた頭金、購入してからはローンと大変です。手に入れたということで満足してしまい、そこでゴールという方も多いようです。かつては新築だったお住まいも年月を経れば、どんなに大事にしていてもいろいろなところが…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
屋根工事、屋根塗装はなぜ必要?メンテナンスの必要性を教えます

屋根工事、屋根塗装はなぜ必要?メンテナンスの必要性を教えます

 健全なお住まいに暮らしている場合、普段から屋根のメンテナンスやリフォームを意識して生活している人はほとんどいないでしょう。 しかし、どんな屋根であってもメンテナンスやリフォームが必要な時期がやってきます。屋根がどんな環境におかれているか想像してみてください。 晴れの日…続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

狛江市東大和市の葺き替え工事と併せて板金の屋根をポリカの波板に交換しました

【施工内容】

その他の工事

世田谷区成城で外れかけた天井のボードを張替え工事で修復しました

【施工内容】

その他の工事

新宿区若松町で台風被害にあった塩ビの波板を火災保険で使ってポリカーボネートに交換しました

【施工内容】

その他の工事

その他の施工事例一覧→

葛飾区と近隣地区の施工事例のご紹介

足立区谷中で庇屋根の立ちハゼ葺きの部分葺き替え工事を行いました

【施工内容】

金属屋根工事

葛飾区東四つ木で下屋根下の雨漏りのご相談から下屋根のカバー工事を施工致しました

【施工内容】

屋根カバー工法

江戸川区南小岩でFRPベランダの陥没した排水口を改修用ドレンを使って補修、ウレタン塗膜防水で仕上げました

【施工内容】

雨漏り修理

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る