無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 新宿区高田馬場で釘が抜けて浮いたトタンの棟板金をガルバリウム.....

新宿区高田馬場で釘が抜けて浮いたトタンの棟板金をガルバリウム鋼板製の棟板金に交換しました

【施工前】
浮いた棟板金

【施工後】
棟板金交換工事が完成

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


 新宿区高田馬場で棟板金交換工事をおこないました。お問合せのきっかけは、近くで工事をしていたという業者が訪ねてきて『屋根が危ないので早く葺き替え工事をした方が良い』と言われたという事でした。
 このようなお問合せは最近非常に増えており、お住まいの方が見えない部分の不具合を指摘し不安感を煽る様な話をしていきます。実際には近くで工事自体がおこなわれていな事が殆どですが、中には実際に被害が出ている事がありますので、状況は調べる必要があります。
 屋根は瓦棒葺きで何度か塗装工事をおこなった跡がありました。古い塗膜がそのままで塗装してありましたので、今の所剥がれは殆どありませんでしたが、トタン屋根は熱による収縮が大きいので剥がれる可能性が高くなります。棟板金は殆どの所は問題ありませんでしたが、何か所か釘が抜けているところが有りました。
 釘が抜けていると言いましたが、よく見ると抜かれた跡が棟板金についています。一番高い部分の棟板金が一本も釘が無いということろが有りましたので、違和感を感じて確認すると釘が打たれた回りにクギ抜きを使用して抜いた傷がついていました。
 この部分の画像を見せて、『直ぐに葺き替え工事をした方が良い』と言ってきたわけです。あまりにも酷い対応をする業者ですので、そこのいう事は信用する必要はありませんが、実際に棟板金の貫板は腐食し始めていますので、貫板からの交換工事は必要です。
 屋根全体の状態はそろそろメンテナンスが必要な時期に入っていますが、今回は一番劣化が進行している棟板金交換工事をおこなう事になりました。下地の貫板も新しくし釘ではなくビスで固定しますので、今までよりも強固になりますので工事後は安心していただけます。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、安心して工事をお任せください。
 新宿区高田馬場で棟板金交換工事をおこないました。お問合せのきっかけは、近くで工事をしていたという業者が訪ねてきて『屋根が危ないので早く葺き替え工事をした方が良い』と言われたという事でした。
 このようなお問合せは最近非常に増えており、お住まいの方が見えない部分の不具合を指摘し不安感を煽る様な話をしていきます。実際には近くで工事自体がおこなわれていな事が殆どですが、中には実際に被害が出ている事がありますので、状況は調べる必要があります。
 屋根は瓦棒葺きで何度か塗装工事をおこなった跡がありました。古い塗膜がそのままで塗装してありましたので、今の所剥がれは殆どありませんでしたが、トタン屋根は熱による収縮が大きいので剥がれる可能性が高くなります。棟板金は殆どの所は問題ありませんでしたが、何か所か釘が抜けているところが有りました。
 釘が抜けていると言いましたが、よく見ると抜かれた跡が棟板金についています。一番高い部分の棟板金が一本も釘が無いということろが有りましたので、違和感を感じて確認すると釘が打たれた回りにクギ抜きを使用して抜いた傷がついていました。
 この部分の画像を見せて、『直ぐに葺き替え工事をした方が良い』と言ってきたわけです。あまりにも酷い対応をする業者ですので、そこのいう事は信用する必要はありませんが、実際に棟板金の貫板は腐食し始めていますので、貫板からの交換工事は必要です。
 屋根全体の状態はそろそろメンテナンスが必要な時期に入っていますが、今回は一番劣化が進行している棟板金交換工事をおこなう事になりました。下地の貫板も新しくし釘ではなくビスで固定しますので、今までよりも強固になりますので工事後は安心していただけます。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、安心して工事をお任せください。


担当:富田


【工事内容】
棟板金交換
【工事詳細】
使用材料
ガルバリウム鋼板製棟板金
施工期間
1日
築年数
30年
平米数
25m
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
S様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
3年
【工事内容】
棟板金交換
【工事詳細】
使用材料
ガルバリウム鋼板製棟板金
施工期間
1日
築年数
30年
平米数
25m
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
S様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
3年
棟板金交換

棟板金の状態を確認します

屋根の状態 抜けた釘が落ちています

 お問合せのきっかけは、近所で工事をおこなっているという業者が訪ねてきて、棟板金の不具合を指摘されたという事でした。実際に屋根の状態を確認すると確かに棟板金に不具合が出ています。

 棟板金は貫板という木を下地にして釘で固定しています。経年劣化によって貫板が腐食したりして釘が緩んでしまい抜けてしまう事があります。屋根の上には抜けた釘が落ちていました。

持ち上がります 棟板金が固定されていない

 釘が全く打たれていない棟板金は、簡単に持ち上がってしまいます。瓦棒葺き屋根の場合、瓦棒の上に棟板金を載せる納め方になりますので、瓦棒の厚み分屋根との隙間が出来ます。そのため、スレート屋根などと比べても風の影響を受けやすいので、釘で固定されていなければ風によって飛ばされてしまう危険が有ります。

 持ち上げてみると貫板が劣化している事が確認出来ましたので、このまま放置は出来ません。

釘は自然に抜けたのでしょうか

抜けた釘 釘が打たれた後

 矢印部分に釘が打たれていましたが抜けています。抜けた釘穴の回りの塗料が剥がれているのですが、自然に剥がれた様には見えない部分が結構あります。クギ抜きで抜いた様な跡もありますので、突然訪問してくる業者には注意が必要です。

 どちらにしても棟板金の貫板は腐食していましたので、今回は棟板金交換工事をおこなう事になりました。

古い棟板金を撤去します

古い棟板金を撤去します

 棟板金交換工事は、棟板金自体を交換するというよりは下地の貫板を交換する事が重要です。木製の貫板は経年によって痩せたり腐食する事もありますので、板金だけ交換してもしっかりとした固定が出来ません。

棟板金を外していきます 棟板金の釘を抜いていきます

 古い棟板金の釘を抜いて板金を剥がしていきます。釘を抜くのにクギ抜きを使用しますので、先程抜けていた部分と同じ様になっています。一部コーキングがうってあり、その上から塗装工事をおこなっていましたので、塗膜が剥がれない様に注意して板金を撤去していきます。

下地の貫板が腐食しています

 瓦棒の高さ分隙間が空いていますので、雨が降った時の跳ね返りの雨水で貫板が濡れやすい為、腐食の進行もスレート屋根などと比べても早くなります。また、古い貫板は今使用されているもの良いも薄い事が多いので、真っすぐ釘が打たれていない事もあります。

腐食している部分があります 古い貫板

 棟板金を剥がして貫板が見える状態になると、腐食の状況が良く分かります。全く腐食していない所もあれば、結構ボロボロになっているところもありましたので、今回の棟板金交換工事は良いタイミングだったと思います。

新しい貫板は木製ではなく樹脂製を使用します

棟板金を撤去しました

 瓦棒葺き屋根は板金屋根で、棟部分は立上げを作って折り曲げてありますので、棟からの雨水の浸入の心配は殆どありません。しかし、ゴミなどが溜まりやすくなっていますので、雨水が溜まると毛細管現象などで雨水を吸い上げてしまう事もありますので注意が必要です。

木の替りに樹脂製の貫板を使用します 新しい貫板

 今迄は木製の貫板が使用されていましたが、新しい貫板は樹脂製の物を使用します。樹脂製ですので雨水による腐食の心配はありませんので、跳ね返りの雨水によって劣化する事もありません。今回の様な瓦棒葺き屋根などの屋根材と棟板金に隙間が出来る場合には特に有効な材料です。

樹脂製の貫板を使用します

 樹脂製の貫板を屋根に固定して下地の工事は完了です。元々の木製の貫板は屋根に釘で固定されていましたが、樹脂製の貫板の固定にはビス(ネジ)を使用しますので、釘と比べても抜けにくくなります。

棟板金を被せてビスで固定します

端の分は折り曲げて加工します 新しい棟板金を被せます

 樹脂製の貫板を固定した後は新しい棟板金を被せます。端の方は折り曲げの加工などをおこなって納めていきます。今までのトタン製の棟板金と比べてもガルバリウム鋼板製の棟板金は、非常にサビにくいメッキ鋼板ですので暫くは塗装などでのメンテナンスも必要ありません。

ビスで固定します

 今迄釘で固定してありましたが、棟板金もビス(ネジ)で固定します。釘よりも抜けにくくなり、貫板も樹脂製を使用しましたので木製の様に木が痩せたり腐食する心配もありませんので、取付位置は同じですが風の影響を非常に受け難くする事が出来ました。

棟板金交換工事が完成しました

ガルバリウム鋼板製の棟板金 ドローンで撮影

 全ての棟板金を樹脂製の貫板とガルバリウム鋼板製の棟板金に交換し、固定には全てビスを使用していますので工事後も安心出来る状態になりました。屋根全体は塗装でのメンテナンスをおこなっておりますが、だんだん塗膜が劣化して剥がれ始めているところもありますので、次回何か不具合が出た時には屋根全体で葺き替え工事などを検討する必要がありそうです。

棟板金交換工事が完成

 屋根全体の状況です。全ての棟板金交換工事が完成しました。強風などで棟板金が飛ばされてしまい回りに被害が出てしまう事もありますので、今回の棟板金交換工事でその心配も無くなり安心していただける様になりました。

工事を行なったS様のご感想をご紹介いたします

S様のアンケート

【工事前】

工事前お客様写真

工事前アンケート

Q1.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
とび込みできた屋根工事会社を信用してよいかどうか?
Q2.弊社をどのように探しましたか?
インターネットで!!
Q3.弊社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
すぐには電話できませんでした インターネットで探した業社で大丈夫か?不安でした
Q4.何が決め手となり弊社にお問合せをされましたか?
地元の方の業社がいいなと思いました 何かあってもすぐ来てくれるイメージで!!
Q5.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
担当者の方とは電話メールのみでお会いすることはなかったのですがこちらの質問にきちっと答えていただきました。

【工事後】

工事後アンケート

Q1.当初、工事を依頼する会社にどんなことを期待されていましたか?
手抜き工事をしない会社 依頼主の立場になって提案してくれる会社
Q2.弊社にご依頼いただく際に他社と比較しました方はどこの会社と比較しましたか?
とび込みできた業社(他県)と比較しました
Q3.弊社に工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?
地元業社さんということ 電話をしてからの対応が早かったこと
Q4.工事が終わってみていかがですか?良かった事・嬉しかったことを忌憚なく頂戴出来ましたら幸いです。
工事当日に担当の方とお会いしたのですがこの方にお願いしてよかったと思いました 工事報告書(写真)もあってよかったです
Q5.街の屋根やさんを他の方に紹介するとしたらなんと紹介しますか?
「一度、相談してみたら?不安が安心に変わると思うよ」

S様のアンケートを詳しく見る→

このページに関連するコンテンツをご紹介

入居率を上げる魅力的な4つのポイント、アパート・マンション・ビルの屋根メンテナンスを行うメリット

入居率を上げる魅力的な4つのポイント、アパート・マンション・ビルの屋根メンテナンスを行うメリット

アパート・マンション、ビルなど賃貸物件のオーナーの皆様 私たちはたくさんのアパート・マンション、ビルなどの屋根工事を手がけています。アパート・マンション、ビルはオーナー様の資産ですからとても大切なもメンテナンスサイクルを検討し、予算も組み、定期的にメンテナンスをされていらっしゃるオーナー様もたくさん…続きを読む
屋根材や外壁材の素材であるガルバリウム鋼板とは?特徴とメリットを徹底解説

屋根材や外壁材の素材であるガルバリウム鋼板とは?特徴とメリットを徹底解説

 一般的な戸建て住宅においては今や使われていない建物を探す方が難しいと思わせる素材がガルバリウム鋼板です。軽いことから屋根リフォームで人気の高い屋根カバー工法の選択肢となりやすい屋根材ですし、耐用年数が長いことから屋根葺き替えでも選ばれることが多くなってきました。2014年には従来のガルバリウム鋼板…続きを読む
棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

 毎年9月、10月の台風の時期になると特に増えるお問い合わせがあります。それは「棟板金交換」です。こちらのページをお読みの方でも「屋根の上から異音がする」など屋根の上の異変に不安を抱えていらっしゃる方はいらっしゃいませんでしょうか?台風に限らず春一番や竜巻、木枯らしなど突発性の強風でも被害を受けるこ…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      葛飾区堀切で台風被害で破損したコロニアル屋根の棟板金を修理交換しました

      【施工内容】

      棟板金交換、ガルバリウム鋼板

      豊島区北大塚で瓦棒屋根の棟板金交換工事、台風被害により火災保険を使用しての施工となります

      【施工内容】

      棟板金交換

      江戸川区西篠崎で令和元年房総半島台風のご被害で火災保険を使用した棟板金の交換工事を行いました

      【施工内容】

      棟板金交換

      その他の施工事例一覧→

      新宿区と近隣地区の施工事例のご紹介

      豊島区南長崎で強風で剥がれたALC外壁に貼られた金属サイデイングの貼り替え工事を行いました

      【施工内容】

      ガルバリウム鋼板、その他の工事

      豊島区長崎でしっくい面戸が剥がれた5段積み瓦棟を耐震対策にもなる7寸丸に積み替えました

      【施工内容】

      棟瓦取り直し 

      江戸川区西瑞江でセメント瓦のお住まいの屋根葺き替え工事を施工致しました

      【施工内容】

      屋根葺き替え

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
      新型コロナウィルス対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る