無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 新宿区新宿で劣化したアクリル板の屋根をポリカーボネートに交換.....

新宿区新宿で劣化したアクリル板の屋根をポリカーボネートに交換しました

【施工前】
施工前アクリル板

【施工後】
施工後ポリカ板

【お問い合わせのきっかけ】


担当:高田


 新宿区新宿のH様より、ビルの1階外廊下に取り付けられている屋根が劣化して雨漏りを起こしているので調査してほしいとご依頼をいただき、現地調査に伺いました。確認すると、鉄骨でできた格子状の骨組みにアクリル板が張り巡らされている屋根があり、表面の劣化とコーキングの劣化が顕著に見られる状態でした。

 H様のご希望としては、2ヶ所ある屋根のうち、1ヶ所は高圧洗浄による汚れの除去のみ。もう1ヶ所は鉄骨の再塗装を行った上でアクリル板を新しいものに交換してほしいとのことでした。
 アクリル板はより丈夫にするためにポリカーボネート製の板で交換することとし、その他のご要望も全てお受けする形で工事の計画を立てさせていただきました。

 鉄骨の枠組みは規定のサイズが存在するわけではないため、取り寄せたポリカーボネートの板を現地でサイズ合わせしながら施工して行くことになります。また、アクリル板を固定していた金属の枠組みも、アクリル板の撤去と同時に変形して使えなくなる恐れがあったため、そちらも材料を購入して現地でサイズを合わせながらの施工となりました。サイズ合わせに時間がかかるため工事も少し時間がかかりましたが、無事に全ての板を交換して完工となりました。
 以前よりも透明度の高い屋根にすることで、明かりを多く取り込み明るい空間へと生まれ変わりました。
 新宿区新宿のH様より、ビルの1階外廊下に取り付けられている屋根が劣化して雨漏りを起こしているので調査してほしいとご依頼をいただき、現地調査に伺いました。確認すると、鉄骨でできた格子状の骨組みにアクリル板が張り巡らされている屋根があり、表面の劣化とコーキングの劣化が顕著に見られる状態でした。

 H様のご希望としては、2ヶ所ある屋根のうち、1ヶ所は高圧洗浄による汚れの除去のみ。もう1ヶ所は鉄骨の再塗装を行った上でアクリル板を新しいものに交換してほしいとのことでした。
 アクリル板はより丈夫にするためにポリカーボネート製の板で交換することとし、その他のご要望も全てお受けする形で工事の計画を立てさせていただきました。

 鉄骨の枠組みは規定のサイズが存在するわけではないため、取り寄せたポリカーボネートの板を現地でサイズ合わせしながら施工して行くことになります。また、アクリル板を固定していた金属の枠組みも、アクリル板の撤去と同時に変形して使えなくなる恐れがあったため、そちらも材料を購入して現地でサイズを合わせながらの施工となりました。サイズ合わせに時間がかかるため工事も少し時間がかかりましたが、無事に全ての板を交換して完工となりました。
 以前よりも透明度の高い屋根にすることで、明かりを多く取り込み明るい空間へと生まれ変わりました。


担当:高田


【工事内容】
その他の工事
【工事詳細】
使用材料
ポリカーボネート
施工期間
4日
築年数
50年
平米数
23.3㎡
施工金額
お問い合わせください
お施主様
H様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
保証は付けておりません
【工事内容】
その他の工事
【工事詳細】
使用材料
ポリカーボネート
施工期間
4日
築年数
50年
平米数
23.3㎡
施工金額
お問い合わせください
お施主様
H様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
保証は付けておりません
ビルアイコン

長年の汚れが蓄積されたアクリル屋根

工事前の状態

 築50年のビルの1階に外廊下があり、取り付けられた屋根から雨漏りがしているので修理をお願いしたいとご依頼をいただいたことがきっかけで、今回の工事を承ることになりました。状態を見ると格子状の鉄骨にアクリル板を敷き詰めた屋根で、アクリル板は劣化して汚れや藻が大量に付着している状態でした。H様のご希望をお伺いするとパネルは全て交換して、鉄骨は塗装をされたいとのことでした。また、同様の屋根がもう一箇所ありましたが、そちらは高圧洗浄のみお願いしたいとのことでしたので、全てご希望に沿うプランで工事の計画を立てさせていただきました。

サンダーでアクリル板を裁断 バールで取り外していく

 はじめはアクリル板をサンダーで裁断し、バールで撤去していく方向性でアクリル板の撤去を行っていました。アクリル板を押さえている鉄製のバーを先に外す案もありましたが、経年劣化でバーを固定しているビス山がほぼ埋まっており、バーの取り外しが困難と判断しました。しかしながら、作業をする中でビスがそもそも錆びており、ビスを回さなくてもバールでバーが外れることが判明したため、先にバーを取り外してアクリル板を撤去する方向性になりました。裁断の方法では非常に時間がかかってしまっていましたが、方法を変えたことで格段に作業スピードが上がりました。

アクリル屋根を撤去して骨組みのみの状態にしました

アクリル板撤去後

 まずは撤去完了です。13時から撤去作業を開始して、15時に終了しました。撤去だけであればそこまで時間のかかる作業ではありません。立地的に今回は足場なしでの作業となりましたが、撤去が進むにつれて鉄骨の上を歩くことが難しくなってくるため、滑り落ちないように注意が必要です。

狭い足場での作業 撤去時のホコリを掃除

 撤去に伴って堆積していた細かいゴミや汚れが廊下に落ちてしまうため、作業後は綺麗に掃除をします。作業だけではなく、作業によって生じる周りへの影響に気を配ることも、丁寧な作業をする上ではとても大切です。掃除まで終わったら1日目の作業は終了です。2日目は別の屋根の高圧洗浄と鉄骨の塗装を行っていきます。

アーチ状のアクリル屋根を高圧洗浄

汚れたアクリル屋根 高圧洗浄

 2日目はまず高圧洗浄のみご依頼をいただいたもう一箇所の屋根を高圧洗浄していきます。1日目に撤去したアクリル板に比べると汚れがそこまでひどくなかったので、洗浄のみで良いという判断です。みるみるうちに汚れが取れていき、なんだか見ていてとても気持ちの良い風景です。

綺麗になったアクリル屋根

 アクリル板の日焼けによる劣化などもあるので完全にピカピカとは行きませんが、高圧洗浄前と比べるととても綺麗になりました。高圧洗浄用の機械は家庭用でも販売されていますが、屋根の上を洗浄する場合は滑って大変危険ですので、くれぐれも不安定な場所での使用はお控えください。

鉄骨を塗装していきます

ケレンがけ 錆びた鉄骨

 鉄骨のケレンがけを行います。鉄を塗装する際表面がツルツルしている状態で塗装すると、塗装が直ぐに剥げてしまう原因となります。そのため、ケレンがけという作業で鉄部にわざと傷を付けて、塗装がしっかりと塗れるように下地処理を行います。この作業工程を蔑ろにすると、出来上がりの見た目こそ違いがわかりませんが、施工後に年数が経ったとき、塗装の持ちに明らかに違いが出てきます。

剥がれそうな部分を整える シーラーの塗装

 また、以前の塗装が剥がれそうになっている部分は予め塗膜を剥がしてしまいます。剥がれそうな塗膜に上塗りしたところで、塗膜が剥がれてしまえば上塗りの意味が無くなってしまうため、綺麗に塗装するためには必要な作業です。
 一通りの下地処理が終了したら、下塗り材を塗装していきます。今回使用した下塗り材は「カンペザウルスEX」です。関西ペイントの塗料で、鉄やトタンの錆を防ぐ効果のある下塗り材としてよく使われています。下塗り材は基本的に白色であるため、下塗り材を塗り始めると、希望していた色と違う色で塗られていると驚かれる方もいらっしゃるかもしれません。下塗りが終わった後に上塗りとしてご希望の色を塗っていきますので、ご安心ください。

上塗り その他の部分も塗装

 下塗りが終了したら、乾燥を待って上塗りに入ります。上塗りは2回行うため、下塗りと合わせると合計で3回塗装することになります。3回よりも少ない塗装は劣化も早いですが、2回塗りと3回塗りを見分けることはほぼ不可能です。しっかりと施工されているか、確認しておきたい部分です。上塗りには「SKマイルドウレタン」を使用しました。ウレタン樹脂系の塗料で、防水や防汚性能に優れています。塗装の作業は塗り重ねる工程に乾燥が必要であるため、時間がかかってしまいます。今回の内容であれば下塗りと1回めの上塗りで1日、仕上げの上塗りで1日の合計2日かかる予定でしたが、天候に恵まれて塗料がとても早く乾いたため、1日で全ての工程が終了しました。暖かい時期の珍しいケースですが、運が良かったです。

ポリカ屋根を設置していきます

ポリカ設置途中

 3日目、仕上げの塗装もしっかり乾燥したことを確認して、新しいポリカーボネートの板を設置していきます。今回使うポリカーボネートは、タキロンシーアイ製のもので、色はグレースモークを選びました。写真だと透明度が低いように見えますが、これは仕入れた際に養生用の薄いシートが貼られているためこのような色になっています。施工後にシートを剥がせば透明度の高い美しい姿になります。

その場でサイズを合わせながら作業を進める

その場でサイズを合わせる 固定用の金属バーもサイズを合わせる クッション性の防水テープ ビスでバーとポリカ板を固定

 ポリカーボネート板はある程度のサイズで仕入れますが、現場で必要なサイズのものがそのまま売っているわけではないため、基本的には現地でのサイズ合わせが必要になります。少しでもサイズを間違えば材料が無駄になってしまうので、注意しながらサイズを合わせていきます。今回は鉄製のバーも新しくアルミ製のものにするため、こちらも同じく現場でサイズを合わせて施工していきます。通常はバーのみでも設置できるのですが、今回は雨漏りへの対処としてバーの内側にクッション性の防水テープを貼って、より雨漏りに強い状態に仕上げました。細かい点への気配りが、より長持ちするリフォームに繋がっていきます。

フィルムを剥がしていく

養生フィルムを剥がす 綺麗に仕上がった

 一通りの作業が終わったので、フィルムを剥がしていきます。ピカピカに輝くポリカーボネート板が出てきました。ここまで来ると生まれ変わった姿が見えてきます。

仕上げに枠をコーキングする

養生してコーキング コーキング材

 仕上げに鉄枠の全てをコーキングで防水処理していきます。今回の屋根の構造上、どうしても水下に水が溜まってしまうため、このコーキング作業がしっかりできていないと雨漏りを起こしてしまいます。景観も考慮して養生をした上でコーキング作業を行います。不安定な足場の中ではありますが、隙間ができないようにキッチリとコーキングしていきます。通常であれば1回のコーキングで作業終了となりますが、今回は雨漏りの懸念が強い構造の屋根であったため、4日目の作業として再度全ての枠にコーキングを打って、2重に施工しました。これで雨漏りへの心配は最小限にできました。

ポリカーボネートに交換して美しい姿に生まれ変わりました

完工後の状態

 以上で施工完了となりました。もともとの状態と比べるととてもきれいに生まれ変わらせることができました。透明度の高いポリカーボネートの板を使ったことで、廊下も明るくなり暖かみのある空間になりました。H様も工事前との比較で綺麗になったことをとても喜んでいただけました。

 私たち街の屋根やさんでは、感染拡大中の新型コロナウィルスへの感染対策として、現地調査などでお伺いする際は必ずマスクを着用し、手指の消毒を徹底して実施しております。お問い合わせの際はご安心していただければ幸いです。

 

このページに関連するコンテンツをご紹介

ベランダ・バルコニーの屋根の補修・修理、防水工事もお任せください

ベランダ・バルコニーの屋根の補修・修理、防水工事もお任せください

 ベランダやバルコニーで必要なメンテナンスと言えば、「防水工事」だけてなく「ポリカの屋根」のお手入れです。夏の暑さが気になる方には遮熱の防水工事もありますし、窓ガラスの断熱化でも対処できます。窓ガラスの断熱化で紫外線をカットするものを使えば夏の夜に寄ってくる虫も少なくなります。ベランダやバルコニー屋…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      世田谷区深沢で雨水でボロボロになった階段をタキステップで仕上げます

      【施工内容】

      その他の工事

      足立区南花畑で令和元年東日本台風のご被害により波板屋根が損壊、火災保険を使用しての修繕工事となります

      【施工内容】

      その他の工事

      調布市下石原にて火災保険を利用して割れたセメント瓦の差し替えと屋根塗装メンテナンスを実施

      【施工内容】

      屋根塗装、その他の工事

      その他の施工事例一覧→

      新宿区と近隣地区の施工事例のご紹介

      江戸川区平井で勾配の取れていないベランダに勾配を作成しウレタン塗膜防水工事にいたしました

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事

      江戸川区中央で雨漏りの発生から屋根の棟及び瓦の部分葺き直し工事で解消致しました

      【施工内容】

      屋根葺き直し、棟瓦取り直し 

      葛飾区細田で令和元年東日本台風で破損したダイカポリマの角形雨樋をエスロンの角形雨樋X70に交換しました

      【施工内容】

      雨樋交換

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      イオン銀行住宅ローン

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る