無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 三鷹市中原にて令和元年東日本台風で発生した雨漏りを葺き直し工.....

三鷹市中原にて令和元年東日本台風で発生した雨漏りを葺き直し工事で改善

【施工前】

【施工後】

【お問い合わせのきっかけ】


担当:谷


 三鷹市中原にお住まいのお客様は、台風15号の当日天井から雨漏りが生じてしまい、部屋中が水浸しになってしまったそうです。何カ所もお部屋の雨漏りが生じてお困りになってしまいました。
 いくつかの工事店に見てもらった結果問題は無いとの事でしたが、新たに来た台風19号でも雨漏りが生じてしまい、困り果てた時にホームページにて、屋根調査をしてくれる、弊社のホームページを見つけ出したそうです。
 ご依頼を頂き調地調査を実施すると、屋根防水紙の劣化が原因と言う事が判明しました。、雨漏りを放置できない事もあり、屋根全体の葺き直し工事を決意したそうです。しっかりとした現地調査の様子を見て、私達、街の屋根やさんに工事のご依頼を頂くこととなりました。
 三鷹市中原にお住まいのお客様は、台風15号の当日天井から雨漏りが生じてしまい、部屋中が水浸しになってしまったそうです。何カ所もお部屋の雨漏りが生じてお困りになってしまいました。
 いくつかの工事店に見てもらった結果問題は無いとの事でしたが、新たに来た台風19号でも雨漏りが生じてしまい、困り果てた時にホームページにて、屋根調査をしてくれる、弊社のホームページを見つけ出したそうです。
 ご依頼を頂き調地調査を実施すると、屋根防水紙の劣化が原因と言う事が判明しました。、雨漏りを放置できない事もあり、屋根全体の葺き直し工事を決意したそうです。しっかりとした現地調査の様子を見て、私達、街の屋根やさんに工事のご依頼を頂くこととなりました。


担当:谷


【工事内容】
屋根補修工事 瓦屋根工事 瓦屋根補修工事 屋根葺き直し
【工事詳細】
使用材料
なんばん漆喰、アスファルトルーフィング・瓦桟
施工期間
6日
築年数
約30年
平米数
147㎡
施工金額
約220万
お施主様
Y様邸
保証年数
10年
【工事内容】
屋根補修工事 瓦屋根工事 瓦屋根補修工事 屋根葺き直し
【工事詳細】
使用材料
なんばん漆喰、アスファルトルーフィング・瓦桟
施工期間
6日
築年数
約30年
平米数
147㎡
施工金額
約220万
お施主様
Y様邸
保証年数
10年
台風アイコン

台風の影響で室内天井雨漏り

室内天井雨漏り

 三鷹市中原にお住まいのお客様は、昨年の台風15号で室内に雨漏りが生じてしまい大変お困りになってしまいました。雨漏りが生じていると言う事は、屋根に異常が発生していると思い、業者さんに来てもらえたそうでしたが、見に来た業者いわく、「屋根には問題が無い」との事で、帰ってしまったそうです。少し安心したものの翌週の台風19号の影響で再発してしまい、本当に困り果ててしまったそうです。

現地調査依頼

防水紙の劣化 現地調査

 台風の際他業者に問題が無いと言われたが、室内に雨漏りが生じている事は確かです。普段の生活に支障が生じてしまうとの事で一度屋根をしっかり調べてもらいたいとの事で、いろいろ調べている中で弊社のホームページを見て頂いたそうです。現地調査無料の私達、街の屋根やさんに一度見てもらう事にしたとおっしゃっていました。

 ご依頼を頂き調査してみると確かに瓦には破損や割れなどは無く、瓦自体に異常はありませんでした。ただ雨漏りは発生しているので付近を調べてみると、防水紙がビリビリに破れてしまっていることがわかりました。

瓦屋根葺き直し工事

瓦撤去 瓦撤去風景

 お客様のご自宅は築年数が約30年近く経っており、屋根のメンテナンスとして棟瓦の漆喰工事を1度だけ工事をした事はあるそうですが、その他は何もやらずに今現在に至ったとの事でした。調査した防水紙は劣化が進み色々な場所で破れている事が解り直すには瓦を全て解体しないと直せません。今回お客様のご自宅は火災保険にご加入でしたが、屋根瓦自体は破損していなく強風を伴う雨水の吹込みが原因であった為、火災保険の適応は受ける事が出来ません。工事金額のすべてをお客様がご負担するしか無くなってしまいましたが、屋根材は葺き替え工事が必要と考えます。今回は残念ながら火災保険の対象外になりましたが、この様な事でもない限り屋根の修繕をするきっかけが無いとの事で、思いきって葺き直し工事をご依頼頂きました。(屋根の葺き直しの事でしたらこちらまで)

棟瓦の不具合

棟の取り直し

 屋根は撤去してみると悪くなっている所が良くわかります。三州瓦が設置してありましたが実際大きな破損が無いと、何処が悪くなっているかわかりません。

 瓦は釉薬を塗り焼き上げているものなので、割れない限り使用が可能です。一枚一枚が重なり合い雨水の侵入を防ぎますが、強風や地震などで徐々にズレて来てしまい、隙間が生じてしまう事があります。綺麗に積みあがっている棟瓦なども、屋根土の劣化で内部の屋根土が徐々に流れ出してしまい、写真のように一番下ののし瓦が水平になってくると棟瓦内側に雨水を誘導してしまうようになり、棟の劣化が進行してしまいます。こう言った小さな出来事が積み重なり、雨漏りの原因となってきます。

防水紙の張替え工事

葺き直し準備 ルーフィング葺き直し工事

 現地調査した時点での屋根防水紙は至る場所で破れてしまっていました。瓦の隙間はどうしても生じてしまう物ですが何が雨漏りを防いでいるかと言うと、下地の防水紙になります。強風を伴わない雨でしたら、瓦の隙間から入らずに瓦の表面で雨水を流せますが、強風が伴うとどうしても隙間から下地に雨水が侵入してしまいます。

 今回使用した防水紙は、日新工業株式会社のカッパルーフ2号と言う商品になります。二種類の合成繊維不織布を使用して、防水紙の中でも軽量かつ高耐候を維持します。特に軽量化に特化しており施工性を向上させてくれる、改質アスファルトルーフィングです。

瓦桟取り付け工事

瓦桟取り付け

 今回使用した瓦桟は防腐材が注入されてある瓦桟になります。瓦はこの桟に引っかけますので屋根を形成して行く下地材になっています。当時の瓦桟は防腐材などは注入していない杉板です。徐々に蓄積した砂やほこりなどで瓦桟には堆積物が溜まり、屋根下地に侵入した雨水が原因で雨漏りが発生しやすくなりますが、現在の瓦桟には溝が掘られており雨水を逃がす事が出来るため、雨漏りのリスクを減らす事が出来ます。

なんばん漆喰を使用します

なんばん漆喰 棟積み直し工事

 色々当時の施工方法や建材は変化してきましたが、瓦屋根材でメンテナンスフリーになったのは、なんばん漆喰を使用する事だと思います。瓦屋根は棟が破損しやすくメンテナンスが発生しやすい屋根材ですが、今回の様になんばん漆喰で棟土台を一発仕上げで形成できるようになり、シリコンなど雨水に強い物が配合されていることから、雨漏りしにくく高い品質が保証されています。(漆喰の事でしたらこちらまで)

棟の積み直し工事

棟取り直し工事 鬼瓦取り付け

 屋根瓦を綺麗に並べ終わると棟瓦の設置となります。先ほど紹介したなんばん漆喰を使用し瓦土台のメインである、のし瓦を設置して行きます。当時は屋根土でしたので、劣化してくると、縮んだり流れ出してしまったりすることが起こりやすくメンテナンスを定期的にするものでしたが、なんばん漆喰を使用することで、メンテナンスフリーになります。

今までとは違う瓦下地に屋根葺き直し工事

屋根葺き直し工事

 屋根材はこの数十年で様々な物が変化してきました。その中でも瓦は大昔からあまり進化してこなかった屋根材だと思います。古くからの伝統と技術により、職人気質みたいなものが有った為でしょうか?

 昔は瓦を住宅に設置した瓦職人が、後世屋根を守り何か不具合が出たら解決していたことが多かったのですが、現在の様なモダン建築などの多様性により、職人が衰退してきてしまっています。本来手掛けた人が屋根の事などは一番詳しいはずですが、日本瓦の様な技術を伴う職種の人口が減少している事が現実です。しかし建材の進化により、より快適な屋根が実現できるものとなってくるでしょう。私達、街の屋根やさんでは、伝統技術を守りつつ、どの様な屋根にも対応可能ですので、何でもご相談してください。(屋根診断などの事でしたら、こちらまで)

三鷹市で令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風によって被災してしまった方へ

 2019年9月9日の台風15号、10月12日の台風19号の勢力は凄まじく、各地より被害のご相談をいただきました。三鷹市にお住まいのお客様からもお問合せをいただき、私たち街の屋根やさんでは、数多くの災害復旧工事を実施してきました。
 台風発生当時に比べて、ブルーシートがかかった屋根を見かける機会も減り、それだけ復旧工事が進んでいるように感じますが、中には、まだ工事を行えていない方もいらっしゃると思います。台風シーズン前にしっかりと補修を行いましょう。

令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風に関する三鷹市特設ページはこちら

このページに関連するコンテンツをご紹介

令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和2年6月1日更新  現在、台風に関するお問い合わせは落ち着いてきており、現地調査や工事着工についても通常通りお伺いすることができます。街の屋根やさんでは工事後、長く安心して暮らしていただくため、品質の高い適切な施工を行っています。お気軽にお問い合わせください。 現在の東東京支店と品川支店、多摩川支店の各エリアの待ち状況と工事のお申し込みをいただいてから着工までの目安をお伝えします。 …続きを読む
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう

台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう

 私たちの住んでいる日本は世界的に見ても台風や地震といった自然災害が非常に多い地域です。台風の数で言うと気象庁の発表では2000年以降462(年間平均24)の台風が発生し、58もの台風が日本に上陸しました。年間平均で3、最も多い2004年には10を超える台風が日本に上陸し私たちの生活を脅かしました。7月から10月にかけてが最も多く、私たち屋根業者としても毎年この時期になると台風によって被害を受けたお客様と接するた…続きを読む
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

 台風銀座と呼ばれている沖縄・九州・地方・近畿地方南部だけでなく、毎年のようにさまざまな地域に被害をもたらす台風。台風の通過により各地で被害が発生し、毎年多くのお問合せをいただきます。また、台風の通過からかなりの日数が経っているというのに街の屋根やさんにでは季節に関係なく「前回の台風で屋根が被害を受けたみたいだ」というご相談をいただいております。 「こんなことなら台風前にメンテナンスしておけばよかった」、「来年…続きを読む
台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう

台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう

 日本全土のほとんどが台風の通り道であり、地震大国でもあるという日本、豊かな気候など温泉やメリットもあるのですが、災害が多いというデメリットもあります。 地震や台風で被災してしまった場合、最も大切なのは二次被害を防ぐということです。二次被害は心掛け次第でゼロにすることができるはずです。 目次【非表示表示】 ●台風後や地震後の屋根にはその後の災害便乗商法を含めて危険がいっぱい ●台風…続きを読む
これまでの瓦を再利用!瓦屋根葺き直しの2つのメリット・デメリット

これまでの瓦を再利用!瓦屋根葺き直しの2つのメリット・デメリット

これまでの瓦を再利用して屋根を葺き替えるから地球に優しい  一旦、屋根材(瓦・天然スレート)を取り外し、防水紙や野地板を交換・補修してから、これまでの屋根材を再利用して屋根を葺き直す工事です。既存の屋根材を新しい屋根材に交換する屋根葺き替えと似ていますが、これまでの屋根材を再利用するところが大きく違います。したがって、屋根葺き直しが行える屋根は耐用年数が長い屋根材、瓦や天然スレート葺…続きを読む
屋根の台風対策|雨漏り対策|無料点検実施中

屋根の台風対策|雨漏り対策|無料点検実施中

    お住いの台風対策はお済みですか?       台風対策に向け、お住まいのココがチェックポイント!       ※特に屋根の点検は危険ですので、専門家にお任せください!   問題があった方は要注意…続きを読む
雪害漫画コンテンツ台風漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      立川市錦町でトタンの腐食が原因で雨漏りしていた玄関の庇を下地から直しました

      【施工内容】

      屋根補修工事、雨漏り修理

      八王子市中野町で強風で落下したモニエル瓦のケラバを修理します

      【施工内容】

      屋根補修工事、瓦屋根工事

      羽村市神明台で瓦葺きパラペットの棟瓦を乾式ハイロールで取り直し工事しました

      【施工内容】

      瓦屋根工事、棟瓦取り直し 

      その他の施工事例一覧→

      三鷹市と近隣地区の施工事例のご紹介

      三鷹市新川で樹脂製木材「タフモック」を使用した棟板金交換工事を実施

      【施工内容】

      屋根補修工事、スレート屋根工事、棟板金交換、ガルバリウム鋼板

      三鷹市大沢にて令和元年東日本台風で被害を受けた瓦から、立平スタンビーへの屋根葺き替え工事を実施

      【施工内容】

      屋根補修工事、瓦屋根工事、屋根葺き替え、瓦屋根葺き替え、ガルバリウム鋼板、瓦屋根から金属屋根へ葺き替え工事

      世田谷区宇奈根にて令和元年東日本台風で剥がれ始めた漆喰の劣化を含め棟瓦取り直し工事で改善

      【施工内容】

      屋根補修工事、瓦屋根工事、瓦屋根補修工事、棟瓦取り直し 

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る