無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 江戸川区鹿骨で雨漏りを起こしている天窓を下地を補強しながら新.....

江戸川区鹿骨で雨漏りを起こしている天窓を下地を補強しながら新しい天窓に交換しました

【施工前】
施工前の天窓

【施工後】
施工後の天窓

【お問い合わせのきっかけ】


担当:渡辺


 江戸川区鹿骨のU様から私たち「街の屋根屋さん」に天窓からの雨漏りのお問い合わせを頂きました。中古住宅を購入されて天窓からの雨漏りがある事に気が付かれたそうです。天窓は平屋部分の洗面所の所にあるため無くしたくはないというのがU様のご要望でした。天窓の外側ケースに破損もあったため天窓自体を交換しながら雨漏り原因を探っていく工事を行う事になりました。室内からの雨漏りの様子から野地板の一部の交換は想定しておりましたが実際に交換作業を進めていくと雨漏りの状況は想定よりも深刻で一部タルキまで被害を受けていることが分かりました。また原因として天窓の施工方法にも問題があったことが分かり、下地の補修・補強と共に雨漏りしない施工を行い工事は無事に終了することが出来ました。天窓のガラスを両面無色透明にしたこともあり交換前より明るくなったと喜んでいただくことが出来ました。
 江戸川区鹿骨のU様から私たち「街の屋根屋さん」に天窓からの雨漏りのお問い合わせを頂きました。中古住宅を購入されて天窓からの雨漏りがある事に気が付かれたそうです。天窓は平屋部分の洗面所の所にあるため無くしたくはないというのがU様のご要望でした。天窓の外側ケースに破損もあったため天窓自体を交換しながら雨漏り原因を探っていく工事を行う事になりました。室内からの雨漏りの様子から野地板の一部の交換は想定しておりましたが実際に交換作業を進めていくと雨漏りの状況は想定よりも深刻で一部タルキまで被害を受けていることが分かりました。また原因として天窓の施工方法にも問題があったことが分かり、下地の補修・補強と共に雨漏りしない施工を行い工事は無事に終了することが出来ました。天窓のガラスを両面無色透明にしたこともあり交換前より明るくなったと喜んでいただくことが出来ました。


担当:渡辺


【工事内容】
金属屋根補修工事 雨漏り修理 天窓工事 ガルバリウム鋼板
【工事詳細】
使用材料
ベルックスFCM(フィックスタイプ)3434、ガルバリウム鋼板t=0.5mm加工板
施工期間
2日間
築年数
20年
平米数
天窓一か所
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
U様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
3年間
【工事内容】
金属屋根補修工事 雨漏り修理 天窓工事 ガルバリウム鋼板
【工事詳細】
使用材料
ベルックスFCM(フィックスタイプ)3434、ガルバリウム鋼板t=0.5mm加工板
施工期間
2日間
築年数
20年
平米数
天窓一か所
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
U様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
3年間
足場アイコン雨漏り修

点検

天窓室内側

 天窓からの雨漏りがあるという事で、私たち「街の屋根やさん」にお問い合わせをくださったU様邸の点検に伺いました。室内調査は新型コロナウイルス感染拡大防止に努めマスク着用、消毒の実施で行います。U様は中古で今回の住宅を購入されたとのことで詳しい事は一切わからないとのことでした。洗面所の上にある天窓の水下側に大きな雨漏りの痕跡があります。

天窓室内右側 天窓室内左側

 室内から見上げた状態で天窓水下側に雨漏りは集中しているようです。左側にも雨染みは確認できますが、右側程酷い状態ではありません。状況から結露ではなく雨漏りと判断できます。

天窓屋外側 天窓屋根側

 屋外での調査を行いました。外観上で大きな損傷は天窓躯体のカバーが一部外れてしまっております。この部分は室内側から見たあまり雨漏りが酷くない側になります。洗面所の採光を兼ねている為、お客様も天窓撤去は考えていない、とのご希望なので天窓を交換する工事を承りました。天窓は既存の物は開閉が出来るタイプを使用しておりましたが今回の交換では、はめ殺しのFIXタイプで内側も外側も無色透明ガラスのタイプを使用していきます。

天窓交換工事

天窓解体開始

 天窓の交換にあたり棟の一部解体を行います。天窓の近辺、約2mほどを解体します。屋根は縦葺きの瓦棒屋根が主体となっており天窓の部分は板金加工しておさめてあります。古い天窓を抜き取るには棟側から解体してゆく必要があります。解体しながら雨漏りの原因も究明していきます。

天窓上部板金解体 天窓上部の板金解体

 解体をしながら気が付いたことは、やたらと釘止めとコーキング処理が多い事です。適切な位置に釘を打ったり、コーキング処理をすることはもちろん大事なことではありますが不必要な部分に行う事は逆効果にもなりえます。

屋根材の解体 屋根材の解体風景

 天窓の上側の雪割部分の板金を解体していくにもかなり細かく釘打ちされており少々難儀いたしました。

天窓上部解体後の様子 天窓周りの板金解体後の様子

 雪割部分の板金を剥がした状態です。棟部分から雪割の部分までは特段問題はなさそうに見えたのですが・・・・。

天窓水上側 天窓水上側から水下側側面

 雪割の部分の下側、天窓の水上側の角の部分の処理が不完全である事がわかりました。この隙間から雨水が浸入してしまったことが調査の時に天窓下側から見て右側の水下側に大きな漏水痕があった原因と考えられます。天窓の躯体には雨水が伝わった跡がハッキリと残り、またやや湿った状態でした。

天窓水下側解体 天窓水下側躯体

 天窓下側の板金も外していきます。流れが短い場所だったせいもあり、板金でふさがっているときには感じなかった野地板のフワフワ感を強く感じます。天窓の躯体下側木材もかなり腐食してしまっているのがわかりました。

天窓木部の腐食 天窓木製躯体の腐食

 雪割を形成していたベニヤ板も天窓に接する部分は真っ黒に腐食し、天窓躯体の水下側も木材がスポンジ状になるほど腐食が進んでおりました。外部からではわからないので解体して正解です。

野地板の腐食 タルキの腐食

 天窓の右側部分は野地板はもちろん、タルキまで浸水の影響を受けておりました。かなりの長い間少しずつ水が入り腐食が進んでしまっていたようでした。野地板の腐食はある程度想定していたもののタルキまで腐食するとは、想定外の被害です。

天窓内装の様子 天窓周囲の野地板剥がし

 このままでは野地板も貼り換えることが出来ないので、タルキや広小舞の一部も補強が必要です。濡れてしまっている内部を乾燥させるのと、補修の範囲を確定させるために内装の一部も解体し天日にあてて乾燥させます。

天窓水下部の木部腐食 タルキ差し替え補強

 幸いだったのは、タルキのサイズが90×45のサイズで通常の40×30よりも大きいものを使っていたことです。完全にダメになってしまった部分は切除して、タルキには新しい木材を抱かせる形で補強を行いました。

野地板貼り替え 防水紙の敷設

 傷んだ野地板も貼り替えをおこない、新しい防水紙を野地板に敷設します。

天窓の設置 天窓交換仕上げ前

 下地の補強、修正が終わったら新しいベルックスの天窓を固定し、ガルバリウム鋼板の厚み0.5mmの平板を加工した板金を既存屋根とつかんで設置して行き、棟板金を戻して工事は終了となりました。

完成

交換した天窓

 ベルックス社製のフィックスタイプの天窓です。既存品よりも縦幅が少し大きくなっています。ガラスは表裏とも無色透明になっているので天気の良い日は室内から雲の流れなども見ることが出来るでしょう。

天窓取り換え終了

 ベルックス社の天窓はメンテナンス体制がしっかりとしているので安心です。定期的な防水メンテナンスをしていただくことで長期にわたって天窓のある素晴らしい生活を楽しんでいただけることが出来ます。雨漏りの原因究明もでき、無色透明ガラスで洗面所も明るくなった、とお客様に喜んでいただく工事が出来ました。

 

 

 

雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別)散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

古くなった天窓のお困り事・お悩み事、全て解決致します!

古くなった天窓のお困り事・お悩み事、全て解決致します!

※窓枠のコーキング充填や水切りの交換、天窓周辺の清掃といったメンテナンスの価格となります。  「空からの光が入ってきてとっても開放的!!」 新築時にそんなメリットを感じた天窓(トップライト)も築年数が経ってしまった今ではお住まいのお荷物のように感じていらっしゃる方はいませんか? -星空を眺めたいけど曇って外がほとんど見えない -天窓から雨漏りするようになって困っている -天窓のある部屋だけ冷暖房の効…続きを読む
雪害漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      狛江市中和泉で腐食して雨漏りしているバルコニーの笠木をガルバリウム鋼板へ交換しました

      【施工内容】

      雨漏り修理

      足立区入谷で令和元年東日本台風で棟板金を飛ばされたお客様の棟板金交換修理と屋根塗装を行いました

      【施工内容】

      棟板金交換、屋根塗装、ガルバリウム鋼板

      立川市錦町でトタンの腐食が原因で雨漏りしていた玄関の庇を下地から直しました

      【施工内容】

      屋根補修工事、雨漏り修理

      その他の施工事例一覧→

      江戸川区と近隣地区の施工事例のご紹介

      江戸川区船堀で雨漏りの発生から天窓を撤去、部分葺き替えと屋根塗装工事を施工致しました

      【施工内容】

      スレート屋根葺き替え工事、屋根塗装、天窓工事

      江戸川区鹿骨でFRP防水ベランダをウレタン塗膜防水通気緩衝工法で再防水工事しました

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事

      墨田区亀沢で瓦棒屋根のカバー工事、嵌合式のアールロックを使用して施工致しました

      【施工内容】

      金属屋根カバー工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る