無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 世田谷区船橋で台風の被害を受けた急勾配屋根の棟板金には火災保.....

世田谷区船橋で台風の被害を受けた急勾配屋根の棟板金には火災保険が適用になります

【施工前】
台風で飛ばされた急勾配の棟板金

【施工後】
樹脂製の貫板で棟板金交換が完了しました

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


世田谷区船橋で棟板金交換工事をおこないました。
スレート葺き屋根には、屋根面と屋根面が合わさる部分には棟板金が取り付けてあります。棟板金の下地には貫板という木が使用されていますが、築年数が経過すると木が痩せたり腐食してしまう事があり、棟板金を固定してる釘が抜けたりします。釘が抜けると固定されていない状態になるので、風の影響を受けやすくなってしまいます。
今回のお問合せのきっかけも棟板金が台風19号(令和元年東日本台風)の強風によって、スレート屋根の棟板金が浮いてしまった、という内容でした。
台風などの強風によって建物が被害を受けた場合は、火災保険の風災が適用になります。瞬間最大風速20m/秒以上の風が吹いたことが確認出来れば、保険の対象になります。
作業をおこなうための足場や被害を受けた部分を元に戻す為に掛かる費用を保険会社が負担しますので、ご加入の保険内容によっては自己負担なく直す事が可能です。
元々木を使用していた下地の貫板は、新らしく交換する際に樹脂製の貫板を使用しましたので、今までよりも風などの被害を受けにくくなりました。
世田谷区船橋で棟板金交換工事をおこないました。
スレート葺き屋根には、屋根面と屋根面が合わさる部分には棟板金が取り付けてあります。棟板金の下地には貫板という木が使用されていますが、築年数が経過すると木が痩せたり腐食してしまう事があり、棟板金を固定してる釘が抜けたりします。釘が抜けると固定されていない状態になるので、風の影響を受けやすくなってしまいます。
今回のお問合せのきっかけも棟板金が台風19号(令和元年東日本台風)の強風によって、スレート屋根の棟板金が浮いてしまった、という内容でした。
台風などの強風によって建物が被害を受けた場合は、火災保険の風災が適用になります。瞬間最大風速20m/秒以上の風が吹いたことが確認出来れば、保険の対象になります。
作業をおこなうための足場や被害を受けた部分を元に戻す為に掛かる費用を保険会社が負担しますので、ご加入の保険内容によっては自己負担なく直す事が可能です。
元々木を使用していた下地の貫板は、新らしく交換する際に樹脂製の貫板を使用しましたので、今までよりも風などの被害を受けにくくなりました。


担当:富田


【工事内容】
棟板金交換
【工事詳細】
使用材料
樹脂製貫板、ガルバリウム鋼板製棟板金
施工期間
3日間(足場含む)
築年数
15年
平米数
7.5m
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
N様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
3年間
【工事内容】
棟板金交換
【工事詳細】
使用材料
樹脂製貫板、ガルバリウム鋼板製棟板金
施工期間
3日間(足場含む)
築年数
15年
平米数
7.5m
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
N様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
3年間
足場アイコン火災保険アイコン台風アイコン棟板金交換

台風の強風によって捲れた棟板金

捲れあがった棟板金

 昨年の10月に上陸した台風19号(令和元年東日本台風)の強風によって被害を受けたスレート葺き屋根です。

 実際に被害が出たのは棟板金で、片側が捲れて持ち上がっています。屋根に上って確認したいところですが、建物の立地と屋根の角度(勾配)が急なために梯子を架けての調査が出来ませんでした。

 これ以上被害が広がらない様に足場を架けて作業を進めていきます。今回の被害は台風の強風が原因になっていますので、火災保険の風災を適用して直す事になりました。

足場を架けて作業開始します

下地の貫板が腐食して無くなっています 風で飛ばされなかった部分も撤去します

 足場を架けてやっと屋根の状況を確認する事が出来ました。ドローンを飛ばして屋根の状況を確認する事は出来ますが、被害を受けた部分を直すには足場を架けて作業を進めるしかありません。

 棟板金の下地に使用している木製の貫板が腐食していて飛ばされていました。回りの建物には被害は広がっていませんでしたので、不幸中の幸いだったと言えます。もし飛ばされた棟板金がお隣りの建物へ被害を出してしまった場合は、お客様が加入されている火災保険は使用できず、被害を受けた方が掛けられている火災保険を使用する事になり、ご近所付き合いに影響が出てしまう事がありますので、建物のメンテナンスは早目におこなう事が理想です。

古い貫板を全て撤去します 屋根の角度が複雑に入り組んでいます

 飛ばされずに残っていた棟板金も貫板から撤去します。棟板金交換工事は、板金自体を新しくする事が目的というよりは、下地の貫板を新しくする方が本来の目的になります。

 古くなって劣化している貫板を利用しても、新しい棟板金がしっかりと固定されませんので、必ず貫板は新しい物に交換をおこないます。

樹脂製の貫板を使用します

樹脂製の貫板を使用します

 古い貫板を撤去した後は新しい貫板を固定していきます。今までは木製の物を使用していましたが、交換する時には樹脂製の貫板を使用します。木製に比べて痩せなどによる厚みなどの変化もおこらず、濡れても腐食する事がありませんので耐久性は高くなります。

 屋根の角度が複雑に入り組んでいますので、棟板金の納め方も通常よりも難しくなっています。固定と雨仕舞いがしっかりと出来る様に貫板の配置も考えて納めました。

木に比べて腐食しにくい樹脂製の貫板  軒先から棟板金を取り付けていきます

 貫板に棟板金を固定する際にも釘ではなくビス(ネジ)を使用しますので、より影響を受けにくくなります。軒先から棟板金を固定していき、重なりを設けて固定していきます。

棟板金交換工事が完成しました

ビスで固定して棟板金交換が完成しました 棟板金工事が完成しました

 棟板金交換工事が完成しました。屋根の片面だけが角度が違う納めになっていますが、うまく納める事が出来ました。ビスで固定していますので今までの釘と比べてもがっちりとした固定になりました。

棟板金交換工事が完成しました

 台風の強風によって被害を受けた棟板金ですが、貫板も樹脂製に変えて固定もビスを使用しておりますので、今までよりも強風の影響を受けにくくなっています。

 世田谷区船橋で行った棟板金交換工事は、火災保険の風災を適用して直す事が出来ましたので、お客様にも綺麗におさまったと大変喜んでいただけました。

 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策をおこなっておりますので、ご安心ください。

世田谷区で令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風によって被災してしまった方へ

 2019年9月9日の台風15号、10月12日の台風19号の勢力は凄まじく、各地より被害のご相談をいただきました。世田谷区にお住まいのお客様からもお問合せをいただき、私たち街の屋根やさんでは、数多くの災害復旧工事を実施してきました。
 台風発生当時に比べて、ブルーシートがかかった屋根を見かける機会も減り、それだけ復旧工事が進んでいるように感じますが、中には、まだ工事を行えていない方もいらっしゃると思います。台風シーズン前にしっかりと補修を行いましょう。

令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風に関する世田谷区特設ページはこちら

このページに関連するコンテンツをご紹介

令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和2年6月1日更新 現在、台風に関するお問い合わせは落ち着いてきており、現地調査や工事着工についても通常通りお伺いすることができます。街の屋根やさんでは工事後、長く安心して暮らしていただくため、品質の高い適切な施工を行っています。お気軽にお問い合わせください。現在の東東京支店と品川支店、多摩川支店…続きを読む
【2020年最新】火災保険が適用される屋根工事

【2020年最新】火災保険が適用される屋根工事

 保険が適用される屋根工事、ってどういうことをイメージされるでしょうか?特にそれが「火災保険」となると「屋根修理に使えるの?」と繋がらないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?昨今は大型台風の上陸、そしてそれらの被害が頻発したことにより火災保険という名前や保険の支払い規模の大きさなどがメディア…続きを読む
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう

台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう

 私たちの住んでいる日本は世界的に見ても台風や地震といった自然災害が非常に多い地域です。台風の数で言うと気象庁の発表では2000年以降462(年間平均24)の台風が発生し、58もの台風が日本に上陸しました。年間平均で3、最も多い2004年には10を超える台風が日本に上陸し私たちの生活を脅かしました。…続きを読む
棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

 毎年9月、10月の台風の時期になると特に増えるお問い合わせがあります。それは「棟板金交換」です。こちらのページをお読みの方でも「屋根の上から異音がする」など屋根の上の異変に不安を抱えていらっしゃる方はいらっしゃいませんでしょうか?台風に限らず春一番や竜巻、木枯らしなど突発性の強風でも被害を受けるこ…続きを読む
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

 台風銀座と呼ばれている沖縄・九州・地方・近畿地方南部だけでなく、毎年のようにさまざまな地域に被害をもたらす台風。台風の通過により各地で被害が発生し、毎年多くのお問合せをいただきます。また、台風の通過からかなりの日数が経っているというのに街の屋根やさんにでは季節に関係なく「前回の台風で屋根が被害を受…続きを読む
台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう

台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう

 日本全土のほとんどが台風の通り道であり、地震大国でもあるという日本、豊かな気候など温泉やメリットもあるのですが、災害が多いというデメリットもあります。地震や台風で被災してしまった場合、最も大切なのは二次被害を防ぐということです。二次被害は心掛け次第でゼロにすることができるはずです。台風後や地震後の…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
屋根の専門家が教えます、屋根の勾配(角度)と屋根材の関係

屋根の専門家が教えます、屋根の勾配(角度)と屋根材の関係

 普段、生活している限り、屋根のことはあまり気にしない方がほとんどだと思います。それでも、屋根というと大半の方は三角屋根を思い浮かべるのではないでしょうか。見慣れた街並みを思い出してください。大方の屋根には勾配(傾斜)が付けられています。屋根勾配は雨水を効率良く流すのに必要です。積雪地ではその勾配を…続きを読む
屋根の台風対策|雨漏り対策|無料点検実施中

屋根の台風対策|雨漏り対策|無料点検実施中

  お住いの台風対策はお済みですか?   台風対策に向け、お住まいのココがチェックポイント!   ※特に屋根の点検は危険ですので、専門家にお任せください! 問題があった方は要注意!台風被害にあう可能性があります…続きを読む
台風漫画コンテンツ火災保険漫画コンテンツ
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      足立区入谷で令和元年東日本台風で棟板金を飛ばされたお客様の棟板金交換修理と屋根塗装を行いました

      【施工内容】

      棟板金交換、屋根塗装、ガルバリウム鋼板

      三鷹市新川で樹脂製木材「タフモック」を使用した棟板金交換工事を実施

      【施工内容】

      屋根補修工事、スレート屋根工事、棟板金交換、ガルバリウム鋼板

      町田市本町田で強風で飛ばされた棟板金は火災保険の風災を適用して交換工事しました

      【施工内容】

      棟板金交換

      その他の施工事例一覧→

      世田谷区と近隣地区の施工事例のご紹介

      世田谷区深沢で雨水でボロボロになった階段をタキステップで仕上げます

      【施工内容】

      その他の工事

      調布市国領町で倉庫の大型雨樋を高所作業車を使用して交換工事をおこないました

      【施工内容】

      雨樋交換

      狛江市中和泉で腐食して雨漏りしているバルコニーの笠木をガルバリウム鋼板へ交換しました

      【施工内容】

      雨漏り修理

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      台風14号によって被害を受けた方・受けてしまったかもしれない方は街の屋根やさんが実施している無料点検をご利用ください

      台風14号によって被害を受けた方・受けてしまったかもしれない方は街の屋根やさんが実施している無料点検をご利用ください

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      イオン銀行住宅ローン

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る