無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 江戸川区上篠崎にて棟の歪みや漆喰の剥がれ、瓦屋根の棟取り直し.....

江戸川区上篠崎にて棟の歪みや漆喰の剥がれ、瓦屋根の棟取り直し工事を行いました

【施工前】
漆喰が剥がれて固定する力が弱くなり歪んでしまった棟

【施工後】
棟取り直し工事で歪んでいた棟が真っ直ぐになり耐久性も向上しました

【お問い合わせのきっかけ】


担当:岡野


 江戸川区上篠崎にお住いのK様より「家の周りに漆喰のようなものが落ちていたので屋根を点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。お話をお伺いすると、漆喰のようなものが落ちているのに気が付き下から屋根を見上げたところ、屋根の上にも漆喰の欠片のようなものが落ちているのを確認し、棟の漆喰が剥がれているのではないかとご心配になり弊社にお問い合わせをいただきました。梯子を使い屋根に上がると棟の漆喰が剥がれており葺き土が露出しているのを発見しました。露出した葺き土に雨水が浸透してしまうと雨漏りの原因になってしまいます。また、漆喰が剥がれてしまい棟を固定する力が弱くなっていますので棟自体が歪んでいました。このままですと台風などの強風や突風、地震などの揺れの影響により棟が崩れてしまう事に繋がります。棟が崩れてしまうと積んであるのし瓦や冠瓦が周囲の瓦を割ってしまい、割れた箇所から雨水が浸入する危険性や、屋根の上から落下した瓦が近隣の建物に被害を与えてしまったりと二次被害に繋がりますので、お客様に調査のご説明をし棟取り直し工事のご提案をしたところ工事のご依頼をいただきました。
 江戸川区上篠崎にお住いのK様より「家の周りに漆喰のようなものが落ちていたので屋根を点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。お話をお伺いすると、漆喰のようなものが落ちているのに気が付き下から屋根を見上げたところ、屋根の上にも漆喰の欠片のようなものが落ちているのを確認し、棟の漆喰が剥がれているのではないかとご心配になり弊社にお問い合わせをいただきました。梯子を使い屋根に上がると棟の漆喰が剥がれており葺き土が露出しているのを発見しました。露出した葺き土に雨水が浸透してしまうと雨漏りの原因になってしまいます。また、漆喰が剥がれてしまい棟を固定する力が弱くなっていますので棟自体が歪んでいました。このままですと台風などの強風や突風、地震などの揺れの影響により棟が崩れてしまう事に繋がります。棟が崩れてしまうと積んであるのし瓦や冠瓦が周囲の瓦を割ってしまい、割れた箇所から雨水が浸入する危険性や、屋根の上から落下した瓦が近隣の建物に被害を与えてしまったりと二次被害に繋がりますので、お客様に調査のご説明をし棟取り直し工事のご提案をしたところ工事のご依頼をいただきました。


担当:岡野


【工事内容】
棟瓦取り直し  漆喰取り直し
【工事詳細】
使用材料
シルガード
施工期間
3日間
築年数
築30年
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
K様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
【工事内容】
棟瓦取り直し  漆喰取り直し
【工事詳細】
使用材料
シルガード
施工期間
3日間
築年数
築30年
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
K様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
棟瓦取り直し

瓦屋根の調査の様子

瓦屋根の漆喰調査    棟の漆喰にひび割れが発生しています

 江戸川区上篠崎にて行いましたK様邸の瓦屋根の調査の様子です。お問い合わせのきっかけとなった棟の漆喰ですが剥離していたりひび割れている状態です。棟は屋根の頂点部分になります。屋根材と屋根材が山状に合わさる部分は屋根材だけでは雨水の浸入を防ぐ事ができませんので、のし瓦や冠瓦で覆い、面戸部分に漆喰を詰める事により建物内部への雨水の浸入を防いでいます。

漆喰が剥がれて葺き土が露出しています

 漆喰が剥がれている箇所の様子です。漆喰は紫外線や風雨の影響により劣化してしまいます。また、漆喰が劣化する事によりのし瓦とのし瓦の継目に隙間が出来てしまいますので、その隙間から雨水が浸入すると葺き土に雨水が浸透し、外側へと葺き土が流れてしまいます。葺き土が流れてしまいますと漆喰が押し出されてしまいますのでひび割れたり剥がれてしまう事に繋がります。漆喰がひび割れたり剥がれてしまうと葺き土が露出してしまい、雨水に晒されて浸透してしまうと雨漏りの原因になってしまいますので早めの対応が必要です。

棟が歪んでいると崩れてしまう事に繋がります

 棟が歪んでいる様子です。葺き土は棟の土台となっており、当初は粘土状で固まっているのですが、経年により砂状になってしまいますので固定する力が弱くなってしまいます。棟を固定する力が弱くなってしまうと棟自体が歪んでしまい棟の崩れに繋がります。葺き土が傷んで耐久性が低下すると台風などの強風や突風、地震の揺れなどの影響により崩れてしまいます。このような状態ですと、のし瓦や冠瓦の落下による事故や、落下した瓦が周囲の瓦を割ってしまい雨漏りが発生してしまうなどの様々な被害に繋がりますので早期対応が必要となり、棟取り直し工事を行なう運びとなりました。

棟取り直し工事の様子

棟取り直し工事で既存の棟を解体    棟取り直し工事で既存の棟を解体

 棟取り直し工事の様子です。棟取り直し工事は今の棟を解体し、新しい棟を造る工事なりますので、まずは既存の棟を解体します。既存の瓦にひびや割れ等の不具合が無ければ再利用できますので確認しながら取外していきます。再利用できるのは瓦の特長でもあります。取外したのし瓦や冠瓦は一度下まで降ろしてしまいますと時間が掛かり作業効率が悪くなってしまいますので、平瓦の上に仮置きをしていきます。

既存の棟解体後の清掃    既存の棟解体後、清掃します

 取外したのし瓦や冠瓦は下まで降ろしてしまいますと時間が掛かり作業効率が悪くなってしまいますので、平瓦の上に仮置きをしていきます。既存の棟を解体しましたら葺き土を撤去し、ブロワー等を用いて清掃します。

棟取り直し工事で屋根下地に銅線を固定    棟取り直し工事で棟の通りを出すために水糸を張ります

 棟瓦を固定するための銅線の取付になります。銅線は棟を固定し、ズレを防止するための重要な役割を果たしております。銅線の固定が終わりましたら棟を直線にするための目安となる水糸を張ります。

棟取り直し工事で漆喰にシルガードを使用    漆喰で土台を造ります

 銅線の固定、水糸張りが終わりましたら瓦と瓦が合わさる隙間を漆喰で埋めていきます。使用致しました漆喰は「軽量シルガード」になります。軽量シルガードは葺き土が不要で一回で仕上げる事ができます。軽量骨材を使用していますので、比重を大幅に低減しています。また、特殊なシリコンと防水材を配合していますので防水率も低減しております。防水性や耐久性に優れておりますので近年の漆喰工事では主流となっています。

漆喰で土台を造ります    棟取り直し工事でのし瓦を積んでいきます

 漆喰で土台を形成する際には耐久性や強度を高める為に瓦を割ったものを使用し、漆喰を盛っていきます。土台を形成しましたら、のし瓦を積んでいきます。その際に屋根下地や鬼瓦に固定した銅線が埋まらないように確認しながら作業を行います。

棟取り直し工事でのし瓦を互い違いに積んでいきます    のし瓦を必ず互い違いに積んでいきます

 のし瓦を積む際は必ず互い違いに積んでいきます。互い違いに積むことで継目が重ならず、雨水の浸入防止や耐久性の向上に繋がります。のし瓦を積む際にも割れた瓦を隙間に入れていき強度を高めます。

棟取り直し工事の様子    のし瓦の上に冠瓦を固定

 のし瓦を積み終わったら、一番上の冠瓦を積んで予め仕込んでおいた銅線を結び固定します。銅線は棟を固定する役割や冠瓦やのし瓦の飛散を防ぐ重要な役割を果たしているのです。

棟取り直し工事が完了し棟が真っ直ぐになりました

 銅線で棟を固定しましたら棟取り直し工事が完了となります。既存の棟は歪んでいましたが、棟取り直し工事を行った事で直線になり崩れる心配も無くなりました。雨水が浸入する箇所も無くなりましたので雨漏りの不安も解消され、お客様に満足していただけました。

 私たち街の屋根やさんでは新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、ご訪問の際にはマスク着用でお伺いさせていただいております。感染を防ぐためにもソーシャルディスタンスを徹底し、お客様やスタッフの安全管理を徹底致します。詳しくは「新型コロナウィルス対策について」をご覧ください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

 瓦屋根というと半世紀、またはそれ以上もの耐用年数を期待できる大変寿命の長い屋根材ですよね。そのため瓦屋根にお住まいの方の中にはどうしてもメンテナンスが怠りがちになってしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし瓦屋根と言えども経年劣化がまったくないかというとそうではありませんし、…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

 瓦に飛来物が当たり割れてしまった場合、また風によって少しずれてしまっている場合、雨漏りが起きていなくとも防水紙の劣化に繋がりますので、補修は必要です。瓦の差し替え工事瓦の並び戻し工事 漆喰が剥がれることによって内部の土が露出し、雨水で流れ出てしまいます。そのまま放置してしまうと棟自体の並びも変形・…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
雪害漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      江戸川区篠崎町で鬼瓦の損壊で棟の部分取り直し工事を施工、鬼瓦も漆喰で補強し強風対策を行いました

      【施工内容】

      瓦屋根工事、棟瓦取り直し 、漆喰取り直し

      羽村市神明台で瓦葺きパラペットの棟瓦を乾式ハイロールで取り直し工事しました

      【施工内容】

      瓦屋根工事、棟瓦取り直し 

      世田谷区宇奈根にて令和元年東日本台風で剥がれ始めた漆喰の劣化を含め棟瓦取り直し工事で改善

      【施工内容】

      屋根補修工事、瓦屋根工事、瓦屋根補修工事、棟瓦取り直し 

      その他の施工事例一覧→

      江戸川区と近隣地区の施工事例のご紹介

      葛飾区細田で令和元年東日本台風で破損したダイカポリマの角形雨樋をエスロンの角形雨樋X70に交換しました

      【施工内容】

      雨樋交換

      葛飾区水元で増築した部屋の陸屋根雨漏りをウレタン塗膜防水工事で改修しました

      【施工内容】

      防水工事

      江戸川区船堀で雨漏りの発生から天窓を撤去、部分葺き替えと屋根塗装工事を施工致しました

      【施工内容】

      スレート屋根葺き替え工事、屋根塗装、天窓工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      イオン銀行住宅ローン

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る