無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 東大和市新堀で雹(ひょう)の被害を受けたスレート屋根をスーパ.....

東大和市新堀で雹(ひょう)の被害を受けたスレート屋根をスーパーガルテクトで屋根カバー工事

【施工前】
雹(ひょう)の被害を受けたスレート屋根

【施工後】
スーパーガルテクトでの屋根カバー工事が完成

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


 東大和市新堀で屋根カバー工事をおこないました。
 築30年のスレート葺き屋根は、以前に塗装工事をおこなった事が有るようですが、表面の塗膜がだいぶ傷んでいて雨水を弾く撥水性が落ちていました。スレート自体は大分古いのですが、アスベストを含んでいるためか、反りなどは殆ど出ていませんでした。
 築30年も経過しているとスレートの下に葺いてある防水紙(ルーフィング)の劣化も出ていますので、塗装工事でのメンテナンスはお勧めできません。屋根工事をおこなう必要があり、今回は上からガルバリウム鋼板製の屋根材『スーパーガルテクト』を被せる屋根カバー工事をおこなう事になりました。
 調査の時に気になったのが、屋根全体についている黒い斑点です。スレートの表面や棟板金についた斑点は、雹(ひょう)がぶつかって出来た雹痕(ひょうこん)といいます。
 雹(ひょう)などの自然災害で建物が被害を受けた場合は火災保険が適用になりますので、今回の被害も火災保険を適用して直す事になりました。被害を受けた部分を元に戻す為の費用を保険会社が負担してくれますが、被害の状況によって適用になる範囲が変わります。
 耐久性の高いスーパーガルテクトでの屋根カバー工事が完了し、殆どメンテナンスが必要無くなりましたのでお客様にも安心していただけました。
 私たち街の屋根やさんでは、工事中もマスクを着用して新型コロナウイルス対策をおこなっておりますので、安心してお任せください。
 東大和市新堀で屋根カバー工事をおこないました。
 築30年のスレート葺き屋根は、以前に塗装工事をおこなった事が有るようですが、表面の塗膜がだいぶ傷んでいて雨水を弾く撥水性が落ちていました。スレート自体は大分古いのですが、アスベストを含んでいるためか、反りなどは殆ど出ていませんでした。
 築30年も経過しているとスレートの下に葺いてある防水紙(ルーフィング)の劣化も出ていますので、塗装工事でのメンテナンスはお勧めできません。屋根工事をおこなう必要があり、今回は上からガルバリウム鋼板製の屋根材『スーパーガルテクト』を被せる屋根カバー工事をおこなう事になりました。
 調査の時に気になったのが、屋根全体についている黒い斑点です。スレートの表面や棟板金についた斑点は、雹(ひょう)がぶつかって出来た雹痕(ひょうこん)といいます。
 雹(ひょう)などの自然災害で建物が被害を受けた場合は火災保険が適用になりますので、今回の被害も火災保険を適用して直す事になりました。被害を受けた部分を元に戻す為の費用を保険会社が負担してくれますが、被害の状況によって適用になる範囲が変わります。
 耐久性の高いスーパーガルテクトでの屋根カバー工事が完了し、殆どメンテナンスが必要無くなりましたのでお客様にも安心していただけました。
 私たち街の屋根やさんでは、工事中もマスクを着用して新型コロナウイルス対策をおこなっておりますので、安心してお任せください。


担当:富田


【工事内容】
屋根カバー工法
【工事詳細】
使用材料
スーパーガルテクト
施工期間
10日間
築年数
30年
平米数
87㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
T様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
10年間
【工事内容】
屋根カバー工法
【工事詳細】
使用材料
スーパーガルテクト
施工期間
10日間
築年数
30年
平米数
87㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
T様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
10年間
足場アイコン火災保険アイコン雹災害屋根カバー工事

屋根に上って調査開始です

塗装工事をおこなった形跡があるスレート葺き屋根 色が濃くなった部分は雨染みです

 スレート葺き屋根は過去に塗装工事をおこなった跡がありますが、表面の塗膜が大分劣化してチョーキングが出ているのでズルズルと滑りそうになります。築30年でアスベストを含んだスレート屋根で、屋根材自体の耐久性はありますので反りなどは出ていませんでした。

スレート葺き屋根の表面は劣化しています 複雑な納まりの部分が有ります

 スレートを縁取る様に色が濃くなっているのは、雨水を弾く撥水性が落ちてしまった為に雨水を吸い込んだ雨染みです。スレート屋根は塗装工事でのメンテナンスが必須の屋根材で、雨水を吸い込む様になると反りが出たり、割れてしまう事があります。しかし、塗装工事で保護できるのはスレートの表面だけですので、スレートに下に葺いてある防水紙は経年によって劣化してしまいますので、築年数によっては塗装工事ではなく屋根工事が必要になります。

黒い斑点は雹(ひょう)がぶつかった跡

雹がぶつかった跡が付いています

 屋根全体と棟板金に黒い斑点が付いていますが、これは雹(ひょう)がぶつかった跡です。昨年の5月に大粒の雹が降った時に付いた跡で、1カ所スレートが割れているところもありました。

 この様な雹(ひょう)による被害の場合は、火災保険が適用出来ます。雹(ひょう)や台風などの強風、雪などによって建物が被害を受けた時に火災保険が適用になり、元に戻す為の費用を保険会社が負担してくれます。表面の被害でしたので、今回は屋根塗装工事で保険申請をおこない保険がおりました。実際の工事は、築年数を考えて防水紙(ルーフィング)の劣化が考えられますので、上からガルバリウム鋼板製の屋根材を被せる屋根カバー工事をおこなう事になりました。

屋根カバー工事開始です

棟板金の貫板が腐食していました 木の黒ずみは雨水を吸った跡です

 屋根カバー工事はスレートの上に新しい屋根材を被せるのですが、棟板金や雪止めなどの屋根から出っ張った部分を取り除くことから工事が始まります。棟板金を撤去すると貫板という木が出てくるのですが、黒くなっている部分は木が腐食しているところです。

 貫板に棟板金を被せて横から釘で固定していますが、木が腐食していると釘が効かなくなってしまうので、棟板金が浮いたり強風によって飛ばされてしまう事があります。

新しい防水紙 捨て板を納めるために面戸を入れます

 棟板金と雪止めを撤去した後は防水紙(ルーフィング)を葺きます。屋根は、屋根材とこの防水紙(ルーフィング)によって2段階で雨から建物を守っていますので、古いスレートの上に葺いた防水紙が重要になります。

スーパーガルテクトで屋根カバー工事

長い屋根材を加工しながら葺いていきます

 屋根カバー工事に使用するのは、アイジー工業のスーパーガルテクトです。軽くて耐久性が高い屋根材で、屋根材自体にメーカーの製品保証も付く材料です。裏に断熱材が張ってあるので既存のスレート屋根と二重屋根になり暑さ対策にもなります。一枚が3mほどのスーパーガルテクトを屋根の形状に加工しながら葺いていきます。

複雑な納まりの多面体屋根

谷と立上りが入り組んだ難しい納め 多面の屋根の為作業に手こずりました

 今回工事している屋根は複雑な形状をしており、屋根面が全部で13面に分かれています。シンプルな切り妻屋根は2面、寄棟屋根は4面から屋根が構成されていますので、いかに複雑な造りになっているのかがお分かり頂けると思います。

 屋根の上で谷や壁際の納めが入り組んでいる所が多いので、雨水の流れを考えた役物の納め方を考えながら葺いていく必要があります。基本的な考え方は雨水は高いところから低いところに流れますので、その雨水がスムーズに流れていくように役物を加工していきます。

複雑な造りが多い屋根 壁と軒裏の納まり

 ドーマーの回りや壁・軒裏と絡む部分もありますので、屋根材の下にも水切りを入れてこの様な取り合い部分から雨水が入り込んで雨漏りするのを防ぎます。

 この様な加工をおこなうところが無数にありますので、工事期間もシンプルな屋根に比べて長くなってしまいます。私たち街の屋根やさんで工事をおこなう職人さんは皆経験を積んだ職人さん達ですので、複雑な造りの屋根だとしても安心して工事をお任せいただければと思います。

屋根カバー工事が完成しました

綺麗に収まりました うまく納めています

 スーパーガルテクトでの屋根カバー工事が完成しました。表面が劣化していて雹痕だらけになっていたスレート屋根から、見違える様に綺麗になりました。

 耐久性が高い屋根材ですので、工事後のメンテナンスも殆ど必要ありません。複雑なドーマー回りの納めも綺麗に納まりましたので、雨漏りの心配もなくなりました。

屋根カバー工事が完成しました

 これから夏にかけて熱くなった時には、断熱材が張ってあるスーパーガルテクトの二重屋根になっていますので、これまでよりも快適にお過ごしになれると思います。

 工事期間中に雨で作業に入れない日が何日かありましたが、無事に工事が終わってお客様にも大変喜んでいただけました。

屋根カバー工法・屋根カバー工事698,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

 国内でもっとも使用されている屋根材の一つが今回のテーマにもなっているスレート(化粧スレート)と呼ばれる屋根材です。コロニアルやカラーベストとも呼ばれることも多く、「我が家も屋根材にスレートを使っている」という方も多いかもしれませんね。仮に瓦や金属といった他の屋根材のお住まいに住んでいらっしゃる方でも「スレート」と聞けばどんな屋根材かイメージできるという方も多いかもしれません。それほど一般的で大変よく見かける屋根…続きを読む
東京の雹災害、火災保険で修理します

東京の雹災害、火災保険で修理します

.youtube2 { position: relative; width: 100%; padding-top: 56.25%; } .youtube2 iframe { position: absolute; top: 0; right: 0; width: 100% !important; height: 100% !important; } …続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。  また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。 目次【非表示表示】 ・屋根の勾配とデザイン  -屋根の勾配が緩やかだと雨漏りの危険性が高まる  …続きを読む
進化したガルバリウムでより強い屋根材へスーパーガルテクト

進化したガルバリウムでより強い屋根材へスーパーガルテクト

耐久性・快適性・意匠性が見事にマッチした 屋根材の新しいスタンダード  ガルバリウム鋼板の屋根材はリフォーム市場においてナンバー1のシェアを誇ります。 そもそも、ガルバリウム銅板とは、JIS規格では「溶融55%アルミニウム亜鉛合金めっき鋼板」と定められています。アルミと亜鉛で鉄を守ることで生まれた鋼板です。  スーパーガルテクトは、金属素材の良い特性を最大限生かせるよう配合して誕生した素材とい…続きを読む
火災保険漫画コンテンツ
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      墨田区墨田にて令和元年房総半島台風の影響で片流れ屋根のスレートが飛散、スーパーガルテクトを使用した屋根カバー工事を実施

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      江戸川区東小岩にて令和元年房総半島台風の影響で被害を受けたスレート屋根をスーパーガルテクトで屋根カバー工事

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      葛飾区金町にて遮熱塗料(高日射反射率塗料)が対象の助成金で外壁塗装工事、合わせて屋根カバー工事も実施しました

      【施工内容】

      屋根カバー工法、外壁塗装、遮熱塗料

      その他の施工事例一覧→

      東大和市と近隣地区の施工事例のご紹介

      立川市錦町でトタンの腐食が原因で雨漏りしていた玄関の庇を下地から直しました

      【施工内容】

      屋根補修工事、雨漏り修理

      小平市小川西町で雹(ひょう)の被害を受けたバルコニーの屋根を火災保険で直します

      【施工内容】

      屋根補修工事

      武蔵村山市中原にて乾式工法のハイロールでモニエル瓦屋根の棟取り直し工事を行いました

      【施工内容】

      棟瓦取り直し 

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る