無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 葛飾区西水元にて雨漏りの原因だった天窓を撤去、モニエル瓦から.....

葛飾区西水元にて雨漏りの原因だった天窓を撤去、モニエル瓦からスーパーガルテクトへ屋根葺き替え

【施工前】
築35年のセメント瓦屋根

【施工後】
天窓を撤去し屋根を葺き替え

【お問い合わせのきっかけ】


担当:藤崎


 葛飾区西水元で建てられてから35年、セメント瓦のお住まいのお客様で、ここに来て雨漏りがするようになったとの事で、屋根のメンテナンスを考えているとのご相談をお受け致したのが始まりです。
 早速点検調査にお伺い致しましたが、屋根の状況は勿論、小屋裏の状況も含めて確認を行い雨漏り箇所が天窓周りに集約されていたので、天窓周りの水切り処置等に原因がると見解をお伝えし、この際、屋根全体の葺き替え工事を検討していたことも有り、天窓を撤去封鎖した上で屋根の葺き替え工事を行い、雨漏り対策を講じる事になりました。
 屋根の葺き替え工事にあたり、使用する屋根材はガルバリウム鋼板、アイジー工業のスーパーガルテクトになります。今回はその屋根葺き替え工事から天窓の撤去工事の流れのご紹介になります。
 葛飾区西水元で建てられてから35年、セメント瓦のお住まいのお客様で、ここに来て雨漏りがするようになったとの事で、屋根のメンテナンスを考えているとのご相談をお受け致したのが始まりです。
 早速点検調査にお伺い致しましたが、屋根の状況は勿論、小屋裏の状況も含めて確認を行い雨漏り箇所が天窓周りに集約されていたので、天窓周りの水切り処置等に原因がると見解をお伝えし、この際、屋根全体の葺き替え工事を検討していたことも有り、天窓を撤去封鎖した上で屋根の葺き替え工事を行い、雨漏り対策を講じる事になりました。
 屋根の葺き替え工事にあたり、使用する屋根材はガルバリウム鋼板、アイジー工業のスーパーガルテクトになります。今回はその屋根葺き替え工事から天窓の撤去工事の流れのご紹介になります。


担当:藤崎


【工事内容】
屋根葺き替え 天窓工事
【工事詳細】
使用材料
スーパーガルテクト
施工期間
10日
築年数
35年
平米数
66㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
M様邸
保証年数
10年
【工事内容】
屋根葺き替え 天窓工事
【工事詳細】
使用材料
スーパーガルテクト
施工期間
10日
築年数
35年
平米数
66㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
M様邸
保証年数
10年
足場アイコン屋根葺き替え

屋根の点検調査

セメント瓦屋根の点検

 既存の屋根材は名称をモニエル瓦と呼ばれる乾式コンクリート瓦になります。この瓦は陶器製の日本瓦と異なり、年数が経つと劣化症状が出てきます。ご覧の通り表面の剥離が始まっているので、白色化している部分も見受けられます。

表面剥離と瓦のずれが発生

セメント瓦の表面剥離 棟瓦に浮きが発生

 拡大していくとこう言った形となります。表面の剥離症状がよく判ります。更に部分的に瓦がズレてしまってる箇所も見受けられました。但しスレート瓦とは違い、厚みも有るので10年おきに塗装を行うと言ったメンテナンスをされる方は少ないのも実状です。こちらのお住まいでも、屋根の塗装では無くメンテナンスをするのであれば、全体としてもっと軽い素材で尚且つ塗装等の手間が掛からない様、ガルバリウム鋼板による葺き替え工事を検討されておりました。

小屋裏も確認します

天窓横に雨漏り症状 天窓横の下に雨漏り症状

 そもそもそのきっかけとなったのは、冒頭でもお伝えした雨漏りの発生になります。ですので小屋裏の点検も実施致しました。全体的には症状は見られませんでしたが、天窓の周囲やその下に雨漏れ症状が集約されておりました。天窓は屋根においても突起箇所となり水切り処置が為されております。年数と共にその水切り処置の部分から水を侵入させてしまう様になり、雨漏りを来たす事がよく見受けられます。

天窓周りの状況

天窓上の状況 天窓の水切り部分

 この天窓周りの板金が水切り処置の部分になります。水が一旦滞留する事は勿論、内側の水切り部分に劣化や変形が生じると、その滞留した水が階下に流れ雨漏りが起きやすくなってしまいます。今回も天窓の直下よりもその周りの部分に雨漏れ症状が見受けられたので、お客様により確実に雨漏り対策を講じるのであれば、天窓を塞いで屋根をフラットにし葺き替え工事をなさる事がベストな方法で有る事をお伝えさせて頂きました。

屋根の葺き替え工事の始まりです

葺き替え工事の準備です

 そこで今回は、既存天窓の撤去封鎖工事を実施した形での屋根全体の葺き替え工事の施工と言う事で、お客様よりご依頼を頂く事となりました。足場も設置しこのように資材の準備も万端です。いよいよ屋根の葺き替え工事のスタートとなります。

先ずは瓦降ろしです

棟瓦を外します 上から瓦を外していきます

 既存瓦の撤去を行います。先ずは棟と呼ばれるてっぺんの瓦を外す作業から開始し、順次上部の瓦から外していきます。この作業から防水シートの敷設までの作業を一日の内に実施していかなければならないので、この日は5名の人員で迅速に作業を行って参りました。

瓦を全て撤去しました

瓦を全て撤去

 瓦を全て撤去してくと桟木と既存の防水シートが顕になります。年数を経過している分劣化も見られます。この既存の防止シートの上に野地板を設置し更に新規の防水シートを被せて新しい屋根を構築していきます。

天窓の撤去を行います

天窓を外します 水切り板金も外し天窓を封鎖します

 その前に今回は雨漏り対策として天窓を撤去封鎖していきました。先ずは既存の天窓と水切り板金をを取り外し、突起となる天窓の木材下地も撤去して周りの部分と高さが均一になる様にして参ります。

フラットにし天窓部分には新しい垂木を設置

廻り縁の補強で新しい木材を入れます 開口部補強の為垂木を入れます

 フラットになった天窓の部分が開口箇所となるので、新しい木材でその開口部に下地の木材を入れて行きます。ここに野地板を被せて取り付けて行くのので、ガッチリとした屋根下地となっていきます。

新規野地板を設置

野地板を設置していきました 下屋根の葺き替え野地板の設置

 天窓の撤去、更に瓦の細かい端材等もしっかり清掃して野地板の設置となります。これまで天窓が有りましたが、そう言った面影も無く完全に屋根を均一に塞いでいく形となりました。今回は大屋根だけでなく1階部分の下屋根も葺き替え工事となりますので、下屋根の方も同様に新しい野地板を設置していきました。

野地板設置の完了です

野地板の設置完了です

 こうして全体の野地板設置が完了致しました。新しい野地板でこれまでの屋根よりも強度のある屋根へと変貌してくのです。

防水紙の敷設

防水紙の敷設 段違いの屋根の防水紙の敷設

 野地板の設置が完了して次の工程は新しい防水シートの敷設となります。アスファルトルーフィングと呼ばれる防水シートで、今回葺くガルバリウム鋼板の屋根材と同様、屋根の防水の要となります。

防水シートも敷設しいよいよ新しい屋根材に葺き替えへ

新規屋根材はスーパーガルテクト

 全体に防水シートを敷設して屋根作業の一日目の工事は終わりとなります。そして翌日はガルバリウム鋼板製の屋根材スーパーガルテクトの登場となります。この材料はアイジー工業社製品で断熱材も有り、耐久性にも優れた屋根材です。私たち街の屋根やさんで、葺き替え工事やカバー工事行う際、その耐久性と快適性から、非常によく使用される屋根材となります。材料の荷揚げを行い、屋根葺き作業の準備も整いました。

ケラバ、唐草の設置からスタート

ケラバ、唐草の取り付け 唐草、ケラバに合わせて屋根材を葺いていきます

 屋根葺き作業に当たって、最初に行う事は廻り縁となるケラバや軒先唐草の設置となります。先ずはその周りをしっかりと固めて、そこに写真の様に本体の屋根材の取り付けを行って参ります。

スーパーガルテクトに葺き替え開始

ガルテクト葺きの開始です だいぶ屋根葺きも進みました

 屋根本体は下から上へと一段ずつ順番に葺いていきます。同時に雪止めの設置も行い新しい屋根が徐々に出来上がっていきます。この辺りまで屋根葺きが進んでいくと新しい屋根の形もだいぶ見えてきました。

屋根葺き替えももう少しです!

屋根葺きが最上部に到達

 最終的には全ての面にスーパーガルテクトを葺いて最後に着手した面の最上部まで到達すると、屋根葺き作業が完了です。あとは仕上げ作業の棟板金取り付けとなります。この日の作業はここでタイムアップとなりましたので、仕上げ作業は翌日に行う事となりました。

屋根葺きの仕上げは棟板金の取り付け

棟板金の下地は樹脂製貫板を使用 雨押えも下地は樹脂製貫板を使用します

 仕上げ作業の棟板金の取り付けです。私たち街の屋根やさんではこの棟板金や雨押えを取り付ける際、下地の貫板はプラスティック樹脂製のものを使用致します。従来貫板には殆ど木材が使用されておりましたが、昨今年数を経過したお住まいの棟板金の飛散する事案がよく見られます。その被災で大半の場合、木製貫板が腐食し弱っている事が原因の一つとなっております。ですのでこの製品で有れば、腐食する心配はありありません。こう言った所も含めて、耐久性の有る屋根の工事に拘って施工していきます。

棟板金を取り付けて完成です!

棟板金の取り付け

 棟板金の取り付け、てっぺんの大棟の継ぎ目にシーリング処置を施して仕上げの棟板金取り付けも終了です。これで屋根の葺き替え工事は完了しました!本来であれば屋根葺き替え工事が終了したのでこれで終わりの所ですが、今回は天窓の閉鎖工事も行いました。天窓のお部屋内の工事が残っておりますので、その工事が本当の意味での仕上げ工事となります。

天窓のお部屋内工事

封鎖した天窓の裏側

 上を塞いだ天窓は下から見るとこの様な形となります。このままでは見た目も良くありませんので、お部屋内の内装工事で天窓を封鎖していきます。こちらのお宅は天窓までの高さが比較的高めにあったので、封鎖するラインを下げて周りの天井と違和感のない高さまで下げて新しい天井を作っていく事となりました。

封鎖した天窓のお部屋内の構築

下地の木を設置していきます 下地の木の設置完了

 屋根の天窓撤去と同様に、先ずは下地の木材を入れて行きます。このように天井材を取り付ける下地を入れて内装工事はスタートしていきます。

石膏ボードの取り付け

この天井材を設置します 天窓下に天井材を設置し封鎖

 新しい天井材は石膏ボードです。開口部に合わせてサイズを調整し隙間の無い様ピッタリに取り付けて参ります。取り付けて行くとこの様な感じとなります。このままだと材料がそのまま剥き出しになっている状況となるので、ここにクロスを貼る等の処置が必要となります。今回は化粧ベニヤを取り付けて行く方法で施工致しました。

化粧ベニヤで周りと一体化

化粧ベニヤの設置準備 化粧ベニヤを取り付け

 サイズを合わせてこれもピッタリに取り付けて行きます。タッカーと呼ばれる言うなれば工事用ホチキスの様な機材で石膏ボードに取り付けます。それを使用すると下から見ても違和感の無い様仕上がりとなっていきます。

縁廻りをシーリング

縁廻りのシーリング シーリングを均して完成

 ピッタリのサイズに合わせて取り付けたと言っても、若干の隙間は生じてしまうので、最後に縁廻りに白色のシーリング材を入れて完全に隙間を塞いでいきます。

天窓封鎖お部屋内工事の完成となります

天窓封鎖の完成です

 この様な形で仕上がりました。お部屋内についてもこれで天窓の撤去封鎖工事が完成致しました!これで本当に屋根葺き替え及び天窓撤去封鎖工事の一連の施工の完成となった訳です。

天窓撤去工事と屋根葺き替え工事が完成しました!

屋根の葺き替え工事の完成です

 屋根葺き替えスーパーガルテクトの完成形はこちらです。色はシェイドチャコール、グレー系の色味です。新しい屋根材はどの色でも太陽光線を浴び綺麗に輝きます。

下屋根も葺き替えてます

下屋根の葺き替えも行いました

 先程もご紹介した様に1階の下屋根の葺き替え工事も行いました。施工としては大屋根と同様です。棟板金、シーリングもしっかりと行い仕上げて参りました。

全ての工事が完了です!

スーパーガルテクトに葺き替え

 全体的に見てもしっかりとした、尚且つ綺麗な仕上がりとなりました。この左側部分にかつては天窓が有りましたが完全に周りと一体となり塞がっています。これで雨漏りの心配も必要無くなりました。私たち街の屋根やさんでは、雨漏り等屋根のお困り事解消の為の施工に拘って工事のご提案をさせて頂いております。もし天窓等の雨漏りでお困りの方々には是非ご参考にして頂ければ幸いです。昨今はコロナの影響でお問い合わせに躊躇される方もいらっしゃると思いますが、マスクの完全着装は勿論、ソーシャルディスタンスの徹底等コロナ対策も万全に採らせて頂いております。ご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類できます。 そして瓦の種類によってメンテナンス方法も違ってくるのです。 目次【非表示表示】 …続きを読む
屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?

屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?

 屋根工事の中で大型リフォームと言えば屋根葺き替えと屋根カバー工法が挙げられます。いずれも屋根材を新設するリフォームですが、工期やコストの違いがあるなどそれぞれにメリットやデメリット、特徴があります。 こうした大型の屋根葺き替えや屋根カバー工法を検討するタイミングとしては経年劣化により屋根が寿命を迎えてしまった、雨漏りなどの不具合が顕著で部分補修では解決に至らないといった事情があるケースがほとんどです。もしかし…続きを読む
古くなった天窓のお困り事・お悩み事、全て解決致します!

古くなった天窓のお困り事・お悩み事、全て解決致します!

※窓枠のコーキング充填や水切りの交換、天窓周辺の清掃といったメンテナンスの価格となります。  「空からの光が入ってきてとっても開放的!!」 新築時にそんなメリットを感じた天窓(トップライト)も築年数が経ってしまった今ではお住まいのお荷物のように感じていらっしゃる方はいませんか? -星空を眺めたいけど曇って外がほとんど見えない -天窓から雨漏りするようになって困っている -天窓のある部屋だけ冷暖房の効…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ間違いなく割れます。瓦屋根でこういった多重被害を受けた方もいるのではないでしょうか。 自分の敷地内ならまだしも、お…続きを読む
屋根葺き替えで不安を解消しませんか?

屋根葺き替えで不安を解消しませんか?

 これまでの屋根を解体・撤去し、新しい屋根に葺き替える工事です。 屋根材を取り外しますので、その下の防水紙や野地板といった手の入れにくい部分も同時にメンテナンスや補修を行うことができます。屋根の葺き替えというと老朽化した屋根というイメージがありますが、最近では耐震対策としての軽い屋根へ葺き替えるお客様もいらっしゃいます。 街の屋根やさんではお客様の事情や好みに応じて様々な葺き替え工事を行っております。 …続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。  また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。 目次【非表示表示】 ・屋根の勾配とデザイン  -屋根の勾配が緩やかだと雨漏りの危険性が高まる  …続きを読む
進化したガルバリウムでより強い屋根材へスーパーガルテクト

進化したガルバリウムでより強い屋根材へスーパーガルテクト

耐久性・快適性・意匠性が見事にマッチした 屋根材の新しいスタンダード  ガルバリウム鋼板の屋根材はリフォーム市場においてナンバー1のシェアを誇ります。 そもそも、ガルバリウム銅板とは、JIS規格では「溶融55%アルミニウム亜鉛合金めっき鋼板」と定められています。アルミと亜鉛で鉄を守ることで生まれた鋼板です。  スーパーガルテクトは、金属素材の良い特性を最大限生かせるよう配合して誕生した素材とい…続きを読む
金属屋根材への葺き替え工事

金属屋根材への葺き替え工事

  実際に瓦屋根から金属屋根材への葺き替え工事の流れをご紹介しています。 そもそも、葺き替え工事とは一体どんな工事なのか、も合わせてご紹介していきたいと思います。                     …続きを読む
雪害漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      江戸川区船堀で雨漏りの発生から天窓を撤去、部分葺き替えと屋根塗装工事を施工致しました

      【施工内容】

      スレート屋根葺き替え工事、屋根塗装、天窓工事

      三鷹市大沢にて令和元年東日本台風で被害を受けた瓦から、立平スタンビーへの屋根葺き替え工事を実施

      【施工内容】

      屋根補修工事、瓦屋根工事、屋根葺き替え、瓦屋根葺き替え、ガルバリウム鋼板、瓦屋根から金属屋根へ葺き替え工事

      江戸川区鹿骨で雨漏りを起こしている天窓を下地を補強しながら新しい天窓に交換しました

      【施工内容】

      金属屋根補修工事、雨漏り修理、天窓工事、ガルバリウム鋼板

      その他の施工事例一覧→

      葛飾区と近隣地区の施工事例のご紹介

      足立区南花畑で令和元年東日本台風のご被害により波板屋根が損壊、火災保険を使用しての修繕工事となります

      【施工内容】

      その他の工事

      足立区入谷で令和元年東日本台風で棟板金を飛ばされたお客様の棟板金交換修理と屋根塗装を行いました

      【施工内容】

      棟板金交換、屋根塗装、ガルバリウム鋼板

      江戸川区鹿骨でFRP防水ベランダをウレタン塗膜防水通気緩衝工法で再防水工事しました

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る