無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 武蔵村山市中原にて乾式工法のハイロールでモニエル瓦屋根の棟取.....

武蔵村山市中原にて乾式工法のハイロールでモニエル瓦屋根の棟取り直し工事を行いました

【施工前】
漆喰を使用した湿式工法

【施工後】
乾式工法のハイロールで

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


 武蔵野市中原で棟瓦の取り直し工事をおこないました。
 台風の強風によって瓦葺き屋根の棟瓦が浮いてしまったのですが、モニエル瓦の棟は芯木という下地の上断面が半丸の瓦を被せて釘で固定しています。しかし、経年によって釘穴から雨水が入り込むので芯木が腐ってしまい釘も抜けて瓦がズレる事になります。
 下地が腐食しているので釘を打ち換えても固定できませんので、芯木を新しくする目的で棟瓦の取り直し工事をおこなう事になりました。
 現在の棟の納め方は、芯木の回りを漆喰(しっくい)で囲んで納めてありますが、新しい棟は乾式工法の『ハイロール』を使用します。
 漆喰(しっくい)の様な湿式工法ではないので、経年によってひび割れたり剥がれたりする心配もありません。漆喰の様に剥がれない為工事後のメンテナンスも殆ど必要無くなります。
 土や漆喰とは違いハイロールは軽い素材ですので、屋根の重さも軽くする事が出来ます。蛇腹状になった防水テープが一体になっているので、瓦の丸い形状にもぴったりと張り付いて雨水の浸入を防げるようになりました。
 棟取り直し工事で下地から新しくしましたので、工事後は今回の様な風の影響を受けにくくなりましたので安心です!
 武蔵野市中原で棟瓦の取り直し工事をおこないました。
 台風の強風によって瓦葺き屋根の棟瓦が浮いてしまったのですが、モニエル瓦の棟は芯木という下地の上断面が半丸の瓦を被せて釘で固定しています。しかし、経年によって釘穴から雨水が入り込むので芯木が腐ってしまい釘も抜けて瓦がズレる事になります。
 下地が腐食しているので釘を打ち換えても固定できませんので、芯木を新しくする目的で棟瓦の取り直し工事をおこなう事になりました。
 現在の棟の納め方は、芯木の回りを漆喰(しっくい)で囲んで納めてありますが、新しい棟は乾式工法の『ハイロール』を使用します。
 漆喰(しっくい)の様な湿式工法ではないので、経年によってひび割れたり剥がれたりする心配もありません。漆喰の様に剥がれない為工事後のメンテナンスも殆ど必要無くなります。
 土や漆喰とは違いハイロールは軽い素材ですので、屋根の重さも軽くする事が出来ます。蛇腹状になった防水テープが一体になっているので、瓦の丸い形状にもぴったりと張り付いて雨水の浸入を防げるようになりました。
 棟取り直し工事で下地から新しくしましたので、工事後は今回の様な風の影響を受けにくくなりましたので安心です!


担当:富田


【工事内容】
棟瓦取り直し 
【工事詳細】
使用材料
ハイロール
施工期間
4日間
築年数
15年
平米数
16m
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
Y様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
3年
【工事内容】
棟瓦取り直し 
【工事詳細】
使用材料
ハイロール
施工期間
4日間
築年数
15年
平米数
16m
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
Y様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
3年
足場アイコン台風アイコン棟瓦取り直し

台風の被害を受けた瓦葺き屋根

台風の被害を受けた瓦屋根

 台風の被害を受けた屋根の調査をおこないました。屋根には瓦が葺いてありますが、日本瓦の様な陶器瓦ではありません。瓦には色々な種類が有り、土が原料になっている日本家屋に良く使用されている陶器瓦や、セメントを瓦状にプレスして作られているセメント瓦などがあります。

モニエル瓦が葺いてあります 瓦の状態は悪くありません

 屋根に葺かれているのはモニエル瓦といってセメント瓦の一種です。切り口が綺麗になっていて表面にはスラリー層という塗膜の層があるのが特徴ですが、現在では製造されていません。

 割れてしまうと差し替えたりできないので、メンテナンス方法が限られます。塗装工事も出来るのですが、通常の塗装の様にはいかず、スラリー層を剥がしてから出ないと塗装をしても剥がれてしまう事になります。

棟瓦が浮いていました

棟が浮いています 釘穴から雨水が浸入しています

 屋根全体の瓦に被害は出ていませんでしたが、台風の強風によって棟瓦が持ち上がっていました。

モニエル瓦の棟は、芯木という木が下地になっていて丸い瓦を上から被せて釘で固定しています。芯木の回りを漆喰で覆うので横からの雨水の浸 入は防げるのですが、棟瓦を固定している釘穴から雨水が入り込んでしまい、芯木を腐食させてしまいます。

芯木が腐っています

 棟瓦を持ち上げて中の状態を見てみると、瓦から長い釘が出ているのが確認出来ました。芯木も見えますが釘が刺さっていたところの木が腐食しています。

 釘穴から入った雨水が釘を伝わって木を腐食してしまった様です。この状態では棟瓦は固定されていないのと同じですので、芯木を新しく交換する棟取り直し工事が必要です。

棟取り直し工事開始

古い芯木の回りに漆喰が詰めてあります

 棟瓦が浮いてしまったのは芯木が腐食していて釘が効いていなかったからですので、棟取り直し工事では瓦は再利用して芯木を新しく交換する事が目的になります。

 瓦を外すと芯木が見えますが、回りに漆喰を詰めていて雨水の浸入を防いでいます。古い屋根の場合は、土や漆喰を土台にして芯木が乗せてあるだけの場合もありますので、下地が雨水によって削られない様にしなければなりません。

棟瓦は再利用します 古い芯木を撤去します

 棟瓦は再利用しますので、丁寧に撤去していきます。モニエル瓦は現在では製造されていない屋根材ですので、割れない様に注意して作業を進めていきます。

 古い漆喰と芯木を撤去しました。防水紙はまだしっかりと機能しており、隙間から雨水が浸入した跡もありませんでしたので、今のところ雨漏りの心配は無さそうです。

芯木を新しくして下地を作ります

新しい芯木

 棟瓦を復旧する為に、芯木を新しい物に交換します。この芯木に棟瓦を固定しますのでここが重要な部分なります。

金具を取り付けて芯木の土台にします 乾式ハイロール

 芯木を固定する時には『強力棟(きょうりょくむね)』という金物を使用します。強力棟を棟木や隅木に固定して、新しい芯木を乗せて固定していきます。高さ調整が可能ですので、被せる瓦のサイズに合わせて高さを決めていきます。

 芯木を固定したあとは、今までの様な漆喰を詰めるのではなく『ハイロール』という乾式工法で納めていきます。

芯木の上にハイロールを乗せていきます 蛇腹状のブチルテープを瓦に貼り付けます

 ロール状になったハイロールを芯木の上に乗せて固定していきます。左右には蛇腹状になったブチルテープが一体になっていて、その部分を瓦に密着させていきます。

 今までの漆喰が担っていた雨水を防ぐ役割を、ハイロールのブチルテープがその役割を果たします。蛇腹状になっていますので建物の動きにも追従し、漆喰の様にひび割れが起きる事もありません。

 熱によってブチルテープが溶けて更に密着度が増しますので、工事後も安心していただく事が出来ます。

ハイロールでの棟取り直し工事が完成しました

ハイロールでの棟工事完成

 瓦を被せてしまうと今までの違いがよくわからないので、半分瓦状態が一番わかりやすいかと思います。

 芯木を新しく交換し、ハイロールを被せてブチルテープを瓦に密着させています。斜めになった隅棟部分は、平らな面に葺いてある桟瓦との取り合いが複雑になりますが、蛇腹状になった部分は斜めの部分でもしっかりと密着できます。

棟取り直し工事完成

 棟瓦を被せてパッキン付きのビスで固定して棟取り直し工事が完成しました。漆喰の様な湿式工法と呼ばれる施工方法と比べて棟部分の重量も大分軽くなりますので、今回の様な芯木を使用した棟のメンテナンスについて、私たち街の屋根やさんでは建物への負担を軽減する乾式工法での棟取り直し工事をお勧めしております。

 新型コロナウイルスによって緊急事態宣言が発令されて大変な時期ですが、建物の被害を放置してしまうと更に被害が拡大してしまいますので、工事を早くおこなって被害を最小限に留めていきましょう!

このページに関連するコンテンツをご紹介

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

 瓦屋根というと半世紀、またはそれ以上もの耐用年数を期待できる大変寿命の長い屋根材ですよね。そのため瓦屋根にお住まいの方の中にはどうしてもメンテナンスが怠りがちになってしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし瓦屋根と言えども経年劣化がまったくないかというとそうではありませんし、…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
瓦屋根を更に軽く!棟瓦の乾式工法で住宅の耐震性を向上

瓦屋根を更に軽く!棟瓦の乾式工法で住宅の耐震性を向上

 近年建築されている住宅をみていると、瓦屋根のお住まいをほとんど見かけなくなったとしみじみ思います。代わりに多くのお住まいで施工されているのはスレート屋根材や金属屋根材等、薄く軽量な屋根材ばかりです。これらは住宅の耐震性を高める為の施工だと言われていますね。しかし屋根材を軽くしただけで住宅の倒壊を免…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

 瓦に飛来物が当たり割れてしまった場合、また風によって少しずれてしまっている場合、雨漏りが起きていなくとも防水紙の劣化に繋がりますので、補修は必要です。瓦の差し替え工事瓦の並び戻し工事 漆喰が剥がれることによって内部の土が露出し、雨水で流れ出てしまいます。そのまま放置してしまうと棟自体の並びも変形・…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
台風漫画コンテンツ

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

羽村市神明台で瓦葺きパラペットの棟瓦を乾式ハイロールで取り直し工事しました

【施工内容】

瓦屋根工事、棟瓦取り直し 

世田谷区宇奈根にて令和元年東日本台風で剥がれ始めた漆喰の劣化を含め棟瓦取り直し工事で改善

【施工内容】

屋根補修工事、瓦屋根工事、瓦屋根補修工事、棟瓦取り直し 

足立区保木間で令和元年東日本台風のご被害で瓦屋根が損壊、火災保険を使用して棟取り直し工事を施工致しました

【施工内容】

屋根補修工事、棟瓦取り直し 

その他の施工事例一覧→

武蔵村山市と近隣地区の施工事例のご紹介

立川市錦町でトタンの腐食が原因で雨漏りしていた玄関の庇を下地から直しました

【施工内容】

屋根補修工事、雨漏り修理

東大和市新堀で雹(ひょう)の被害を受けたスレート屋根をスーパーガルテクトで屋根カバー工事

【施工内容】

屋根カバー工法

東大和市清原で大粒の雹によって割れたバルコニーの波板を火災保険で張り替え工事

【施工内容】

屋根補修工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウィルス対策について

  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る