無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 杉並区高井戸西で廃盤のかわらU専用の棟をガルバリウム製のもの.....

杉並区高井戸西で廃盤のかわらU専用の棟をガルバリウム製のものへ交換

【施工前】
剥がれたかわらUの棟

【施工後】
ガルバリウム鋼板製の棟板金

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


 杉並区高井戸西で屋根工事を行いました。
 築25年の建物の屋根にはかわらUが葺かれています。セキスイから販売されていたかわらUは化粧スレートや瓦棒屋根の上に被せる屋根カバー工法用の屋根材で、かなりの数が市場に出回りました。2007年に製造が終了したため、現在は廃盤製品であり、手に入れることはほぼ不可能です。
 今回、セキスイかわらUの屋根で被害を受けたのは棟部分で、台風の強風によって飛ばされて落下してしまいました。かわらUもスレート屋根や金属屋根と同様に、葺いた後に下地の貫板を取り付けて棟を固定しています。今回は貫板が腐食していて固定が効いていない状態の為に、風の影響を受けてしまったようです。
 セキスイかわらUは廃盤になっているため、その棟部分の部材もありません。今回はその代用品として、ガルバリウム鋼板製の棟板金を使用することになりました。下地の貫板も新しくして、棟板金をビスで固定しますので、今までよりも風の影響を受けにくくなりました。
 一度、屋根塗装を行っているかわらU葺きの屋根ですので、まだ使用を続けられる耐久性は残っています。台風で被害を受けた部分は復旧できました。これで次回のメンテナンスである屋根葺き替え工事まで安心して生活できるようになりました。
 杉並区高井戸西で屋根工事を行いました。
 築25年の建物の屋根にはかわらUが葺かれています。セキスイから販売されていたかわらUは化粧スレートや瓦棒屋根の上に被せる屋根カバー工法用の屋根材で、かなりの数が市場に出回りました。2007年に製造が終了したため、現在は廃盤製品であり、手に入れることはほぼ不可能です。
 今回、セキスイかわらUの屋根で被害を受けたのは棟部分で、台風の強風によって飛ばされて落下してしまいました。かわらUもスレート屋根や金属屋根と同様に、葺いた後に下地の貫板を取り付けて棟を固定しています。今回は貫板が腐食していて固定が効いていない状態の為に、風の影響を受けてしまったようです。
 セキスイかわらUは廃盤になっているため、その棟部分の部材もありません。今回はその代用品として、ガルバリウム鋼板製の棟板金を使用することになりました。下地の貫板も新しくして、棟板金をビスで固定しますので、今までよりも風の影響を受けにくくなりました。
 一度、屋根塗装を行っているかわらU葺きの屋根ですので、まだ使用を続けられる耐久性は残っています。台風で被害を受けた部分は復旧できました。これで次回のメンテナンスである屋根葺き替え工事まで安心して生活できるようになりました。


担当:富田


【工事内容】
棟板金交換
【工事詳細】
使用材料
ガルバリウム鋼板棟板金
施工期間
3日間
築年数
25年
平米数
13m
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
I様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
3年
【工事内容】
棟板金交換
【工事詳細】
使用材料
ガルバリウム鋼板棟板金
施工期間
3日間
築年数
25年
平米数
13m
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
I様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
3年
足場アイコン火災保険アイコン台風アイコン棟板金交換

台風で被害を受けた屋根

落ちたのは屋根の棟部分です

 お問合せは「台風で屋根が被害を受けたので調べて欲しい」という内容でした。屋根の状況を確認すると棟部分が剥がれているのが確認出来ます。

 屋根に葺かれているのはセキスイで製造販売されていた『かわらU』という屋根材です。2007年に製造中止になっており、現在は廃盤品の屋根材になっております。

 

落下した棟は割れています 棟に刻まれた刻印で製造年が確認出来ます

 台風による強風のため、棟が風に飛ばされて落下していました。結構な重さがある屋根材ですので、台風の風の強さはやはり凄かったのだと改めて思います。

 かわらUは1975~2007年まで製造されており、1990年以前の物にはアスベストが含まれています。屋根にアスベストが含まれているかどうか確認するには、棟に刻まれた刻印を見ればわかります。アルファベットと数字が刻印されていて、一番最後の数字が製造された年の下一桁を表しています。

 今回飛ばされてしまったかわらUには『8』と刻印されていますので、製造されたのは1998年・1988年・1978年に限定されます。屋根を葺いてから約20年が経過したと伺っておりましたので、1998年に製造されたアスベストを含まない材料だということが判明しました。

 

下地が腐食していて固定されていません

棟が剥がれて下地が見えています

 かわらUの棟も下地に貫板を固定してから棟を被せて長いビスで固定されています。しかし、経年によって下地の貫板が腐食してしまうとビスが効かずに抜けてしまったり、緩んでしまいしっかりと固定されていない状態になってしまいます。

 

木が腐食していて固定が効いていません カバーしてあるので雨漏りはしていません

 棟を下地の貫板から交換する必要がりますが、落下して割れてしまいましたので元の状態に戻す事が出来ません。何年か前にはまだ材料を取り寄せることができましたが、現在では新しい材料がなく不可能です。今回はかわらバリウム鋼板製の棟板金に交換工事を行うことになりました。

 

かわらUの棟をガルバリウム鋼板製の棟板金に交換します

下地の貫板が腐食しています 棟があった跡があります

 廃盤品のかわらUは破損しても交換する事が出来ませんので、破損した場合は該当する部分を全て交換する必要があります。棟の下地には木が打ち付けてありましたが、腐食していて釘が全く効いていない状態でした。

 新しくするために、まずは古い棟と木を撤去します。

 

かわらUの面戸はそのまま残します

 古い木とかわらUの隙間を埋める様にスポンジ製の面戸が取り付けてあります。スポンジが密着する事で雨水の浸入を防ぐ事が出来ます。今回新しくする時にも面戸を取り付けます。

 

新しい下地に棟板金を被せます

スポンジ製の面戸 ガルバリウム鋼板製の棟板金

 面戸の上に貫板を乗せて固定していきます。ビスで芯木に向かって貫板を固定して、ガルバリウム鋼板製の棟板金を被せます。

 

棟板金のジョイント かわらUの棟をガルバリウム鋼板製の棟板金

 棟板金は一枚の板金で長いものが作られている訳ではありませんので、ジョイントが必ず出来ます。板金同士を重ねるのですが、重なり部分から雨水が入り込まない様にコーキングを裏打ちしておきます。

 棟板金を被せた後は、横から新しい貫板に向かってビス(ネジ)で固定します。貫板と棟板金がビスでがっちりと固定されますので、風の影響を受けにくくなりました。

 

棟板金交換が完成しました

棟板金交換が完成しました

棟板金交換工事が完成しました。今回は棟部分だけを直しましたが、屋根全体に葺かれたかわらUが劣化してしまったら葺き替え工事が必要になります。塗装工事をおこなった事で劣化の進行を遅らせる事が出来ていましたので、全体的に割れなどは殆どありませんでした。

 次回のメンテナンスは屋根葺き替え工事が必須になりますが、台風で被害を受けた部分は問題ない状態になりました。私たち街の屋根やさんでは、屋根の状態を調べて必要な工事をご提案致します。

台風漫画コンテンツ火災保険漫画コンテンツ
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      三鷹市新川で樹脂製木材「タフモック」を使用した棟板金交換工事を実施

      【施工内容】

      屋根補修工事、スレート屋根工事、棟板金交換、ガルバリウム鋼板

      町田市本町田で強風で飛ばされた棟板金は火災保険の風災を適用して交換工事しました

      【施工内容】

      棟板金交換

      江戸川区松江で令和元年房総半島台風で棟板金を破損したコロニアル屋根を火災保険で復旧、屋根塗装も実施

      【施工内容】

      棟板金交換、雨樋交換、屋根塗装

      その他の施工事例一覧→

      杉並区と近隣地区の施工事例のご紹介

      三鷹市中原にて令和元年東日本台風で発生した雨漏りを葺き直し工事で改善

      【施工内容】

      屋根補修工事、瓦屋根工事、瓦屋根補修工事、屋根葺き直し

      三鷹市大沢にて令和元年東日本台風で被害を受けた瓦から、立平スタンビーへの屋根葺き替え工事を実施

      【施工内容】

      屋根補修工事、瓦屋根工事、屋根葺き替え、瓦屋根葺き替え、ガルバリウム鋼板、瓦屋根から金属屋根へ葺き替え工事

      世田谷区宇奈根にて令和元年東日本台風で剥がれ始めた漆喰の劣化を含め棟瓦取り直し工事で改善

      【施工内容】

      屋根補修工事、瓦屋根工事、瓦屋根補修工事、棟瓦取り直し 

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る