無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 日野市豊田で落雪被害を防止するため、防災瓦へ後付け雪止めを追.....

日野市豊田で落雪被害を防止するため、防災瓦へ後付け雪止めを追加設置しました

【施工前】
雪止め増設前の屋根の状態

【施工後】
雪止め増設工事完成

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


日野市豊田で瓦屋根に雪止め取付工事を行いました。
屋根には雪止めと瓦が一体になった『雪止め瓦』が葺かれています。しかし、軒先部分に一列だけだったため、積雪量によっては落雪してしまうこともあり、その対策を検討されていました。
こちらの屋根は風や地震に強い防災瓦が葺かれています。通常の瓦は桟木という横向きに打ち付けた木に引っかけてあるだけなので、簡単に取り外すことが可能です。しかし、防災互は1枚1枚が釘を打ち付けて固定し、なおかつ瓦同士を噛み合わせて外れないようにしているのでほとんど動かせないのです。
今回は落雪対策として雪止めの増設工事を行うのですが、防災瓦では瓦を持ち上げてその奥に雪止めを差し込んで固定することが不可能です。したがって、このようなタイプの瓦には瓦の先に挟み込むタイプの雪止めを取り付けます。
瓦を少し持ち上げて雪止め金具の爪を瓦の端に引っかけ、それからプレートをボルトで挟み込んで固定していきます。雪止めは一列に並べたり、ジグザグ(千鳥)に配置したりしますが、今回はこれまでの雪止め瓦の上に一列に取り付けました。
釉薬瓦の表面はツルツルしていて滑りやすいので、雪の滑落を邪魔する雪止めは非常に効果的です。今年は雪の心配は無いかもしれませんが、降雪に備えての対策だけはしっかりしておきましょう。
日野市豊田で瓦屋根に雪止め取付工事を行いました。
屋根には雪止めと瓦が一体になった『雪止め瓦』が葺かれています。しかし、軒先部分に一列だけだったため、積雪量によっては落雪してしまうこともあり、その対策を検討されていました。
こちらの屋根は風や地震に強い防災瓦が葺かれています。通常の瓦は桟木という横向きに打ち付けた木に引っかけてあるだけなので、簡単に取り外すことが可能です。しかし、防災互は1枚1枚が釘を打ち付けて固定し、なおかつ瓦同士を噛み合わせて外れないようにしているのでほとんど動かせないのです。
今回は落雪対策として雪止めの増設工事を行うのですが、防災瓦では瓦を持ち上げてその奥に雪止めを差し込んで固定することが不可能です。したがって、このようなタイプの瓦には瓦の先に挟み込むタイプの雪止めを取り付けます。
瓦を少し持ち上げて雪止め金具の爪を瓦の端に引っかけ、それからプレートをボルトで挟み込んで固定していきます。雪止めは一列に並べたり、ジグザグ(千鳥)に配置したりしますが、今回はこれまでの雪止め瓦の上に一列に取り付けました。
釉薬瓦の表面はツルツルしていて滑りやすいので、雪の滑落を邪魔する雪止めは非常に効果的です。今年は雪の心配は無いかもしれませんが、降雪に備えての対策だけはしっかりしておきましょう。


担当:富田


【工事内容】
雪止め設置
【工事詳細】
使用材料
ステンレス製後付け雪止め
施工期間
1日
築年数
15年
平米数
13m
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
W様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
3年間
【工事内容】
雪止め設置
【工事詳細】
使用材料
ステンレス製後付け雪止め
施工期間
1日
築年数
15年
平米数
13m
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
W様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
3年間

雪が滑りやすい瓦葺き屋根

瓦の表面を雪が滑り落ちてしまいます

元々の屋根にも雪止めは設置してありました。取っ手と瓦が一体になったような形状の雪止め瓦が軒先近くに取り付けてありますが、降雪量や雪質によってはこの雪止めを飛び越えてしまうことがあるそうです。

釉薬(ゆうやく)瓦は表面に釉薬という薬品の塗ってから焼き上げて造られます。陶器瓦とも称されることからも分かるようにガラスコーティングされたような仕上がりになっているので、非常に滑りやすくなっています。『雪止めを飛び越えてしまうことがある』ということなので、今回は雪止めを増設する工事を行います。

防災瓦はほとんど持ち上がりません

瓦を少し持ち上げて引っかけます 詰めを瓦に引っかけていきます

屋根に葺いてあるのは『防災瓦』です。強風や地震の時に崩れ落ちないようになっている瓦で、釘で固定されている上に瓦同士がしっかりと噛み合わせられる仕様になっています。こちらの屋根瓦は鶴弥というメーカーのスーパートライシリーズです。通常の瓦は瓦桟という木に引っかけてあるだけですので、簡単に持ち上げることが出来ます。しかし、防災瓦はガバっと大きく持ち上げることは出来ません。

後付けの雪止めは瓦を大きく持ち上げることなく設置できるスーパートライシリーズ専用のものを使用します。

上からプレートを被せて挟み込んでいきます 滑り落ちてきた雪が雪止めに引っかかって止まります

全く動かない訳ではありませんので、少し浮かせて雪止めを差し込みます。雪止め瓦の上に一列に設置していきます。

後付け雪止めの設置方法 ボルトを締めて挟み込みます

分かりやすく説明しますと、瓦を少し持ち上げて雪止めを差し込むのですが、奥まで入れるわけではありません。雪止めの先が爪のように持ち上がっていて、そこを瓦の先の方(差し込む側から見るとその瓦の上端)に引っかけます。雪止めを引っかけた後にプレートを瓦の上にかぶせて挟み込み、ボルトとナットで固定します。

ナットを締める事で雪止めとプレートが近づき、瓦を挟み込む事で後付け雪止めが固定されます。

瓦の表面に突起があるだけでも効果が違います

雪止め設置が完了しました

瓦の表面を滑り落ちてくる雪は、周りを巻き込んで一気に落ちてしまいますが、雪止めの様に屋根から出っ張った突起があるだけでも効果は大分違います。何も抵抗が無かった部分に引っ掛かりが出来ますので、この地域での降雪量であれば十二分に対応できるでしょう。

後付け雪止め設置工事が完成しました

一列に雪止めを並べます

後付け雪止め工事が完成しました。今までは簡単に滑ってしまっていた所に引っ掛かりが出来ました。後付け雪止めを設置したことで屋根に影響が出ると心配されるかもしれませんが、瓦に引っかけている事と元々が防災瓦でしっかりと固定されている為に全く心配は要りません。

後付け雪止め設置工事完成

二段階で雪を止める事が出来ますので、今までの様に滑り落ちる可能性はとても低くなりました。

後付け雪止め設置工事にはいろいろなパターンがあります。雪止めと雪止めの間を埋める様に、断面がL型のアングルという金物を取り付けたり、金網で作られている大型の雪止めもありますので、周りの状況によっていろいろなご提案をさせて頂きます。

今年は雪の心配は無さそうですが、雪止めを取付けたことによって被害を受けることなく、雪の日も安心してお過ごしいただけると思います。

このページに関連するコンテンツをご紹介

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
風速46mまで耐える、地震などの災害に強い防災瓦

風速46mまで耐える、地震などの災害に強い防災瓦

  「屋根の重量が嵩む瓦屋根は地震に弱い…」、阪神・淡路大震災以降、瓦が落下し、倒壊した家屋の映像が繰り返し、流され続けたため、そういったイメージが刷り込まれてしまいました。特に熊本・大分地震では熊本城の瓦が落下していく様子が映像で流されたため、そういった思いを強くした方も多いでしょう。確…続きを読む
落雪防止の雪止め設置は後からも可能!4つの雪止めタイプをご紹介

落雪防止の雪止め設置は後からも可能!4つの雪止めタイプをご紹介

「雪止め」についての漫画コンテンツはこちら 温暖な地域では雪止めを設置していないお住まいもかなり見ることができます。確かに温暖な地域では年間に数日のことですし、数時間で止んでしまうことほとんどです。積もることも滅多にありません。「温暖な地域に住んでいるのにわざわざ付けなくても…」と思うのはもっともな…続きを読む
雪害漫画コンテンツ
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      練馬区下石神井でテラスへ雪止めを設置しました

      【施工内容】

      雪止め設置

      墨田区立花で台風被害に遭った廃版セメント瓦屋根を火災保険併用でコロニアル屋根に葺き替えしました

      【施工内容】

      瓦屋根補修工事、瓦屋根葺き替え、雨樋交換、雨漏り修理、雪止め設置

      練馬区西大泉で滑りやすい金属屋根に雪止めを増設して落雪対策

      【施工内容】

      雪止め設置

      その他の施工事例一覧→

      日野市と近隣地区の施工事例のご紹介

      国分寺市東元町で閉まらなくなったベルックス製のトップライトを交換しました

      【施工内容】

      天窓工事

      立川市錦町でトタンの腐食が原因で雨漏りしていた玄関の庇を下地から直しました

      【施工内容】

      屋根補修工事、雨漏り修理

      小平市小川西町で雹(ひょう)の被害を受けたバルコニーの屋根を火災保険で直します

      【施工内容】

      屋根補修工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      イオン銀行住宅ローン

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る