無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 豊島区高松にて全体に錆が広がったトタン屋根を短工期・廃材撤去.....

豊島区高松にて全体に錆が広がったトタン屋根を短工期・廃材撤去不要の屋根カバー工法でリニューアル

【施工前】
屋根カバー工法施工前の錆たトタン屋根

【施工後】
ガルバリウム鋼板での屋根カバー工法施工後

【お問い合わせのきっかけ】


担当:渡辺


豊島区高松にてトタン屋根(瓦棒屋根)の屋根カバー工事を行いました。築33年、これまでメンテナンスを行ってこなかったために錆が全体に広がってしまっており、屋根材自体が耐久年数を超えてしまっているばかりか、腐食部分から雨漏りが発生するのではと大変心配されていました。
今回のリフォームにあたって他社様に屋根葺き替えの見積もりをご依頼されたとのことでしたが、ご提出いただいたお見積り内容が「葺き替え工事一式」となっており「どのような工事をするのか?」「どこまで対応してくれるのか?」「どのような材料を使用するのか?」等が不明瞭だったため高額な工事を依頼するにあたって不安を感じられたようです。

このような経緯があり弊社街の屋根やさんにも相見積もりをお願いできないかというご相談をいただき、現場調査を実施させていただいた上で現状をお写真や報告書にてお伝えした上で葺き替え、屋根カバー工法のお見積り・ご提案をさせていただきました。雹害による火災保険のご提案や、屋根だけではなく軒天や雨樋のメンテナンスなども含めてお住まい全体をどのように補修するのかといった詳細なお見積りやご提案内容にご納得いただき工事を承らせていただきました。
豊島区高松にてトタン屋根(瓦棒屋根)の屋根カバー工事を行いました。築33年、これまでメンテナンスを行ってこなかったために錆が全体に広がってしまっており、屋根材自体が耐久年数を超えてしまっているばかりか、腐食部分から雨漏りが発生するのではと大変心配されていました。
今回のリフォームにあたって他社様に屋根葺き替えの見積もりをご依頼されたとのことでしたが、ご提出いただいたお見積り内容が「葺き替え工事一式」となっており「どのような工事をするのか?」「どこまで対応してくれるのか?」「どのような材料を使用するのか?」等が不明瞭だったため高額な工事を依頼するにあたって不安を感じられたようです。

このような経緯があり弊社街の屋根やさんにも相見積もりをお願いできないかというご相談をいただき、現場調査を実施させていただいた上で現状をお写真や報告書にてお伝えした上で葺き替え、屋根カバー工法のお見積り・ご提案をさせていただきました。雹害による火災保険のご提案や、屋根だけではなく軒天や雨樋のメンテナンスなども含めてお住まい全体をどのように補修するのかといった詳細なお見積りやご提案内容にご納得いただき工事を承らせていただきました。


担当:渡辺


【工事内容】
屋根カバー工法
【工事詳細】
使用材料
ガルバリウム鋼板
施工期間
6日間
築年数
築33年
施工金額
詳しくはお尋ねください
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
10年
【工事内容】
屋根カバー工法
【工事詳細】
使用材料
ガルバリウム鋼板
施工期間
6日間
築年数
築33年
施工金額
詳しくはお尋ねください
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
10年
雹災害屋根カバー工事

 

どんな工事を、なぜ行うのか?をご理解いただくため、念入りな現場調査を行い、お見積りをご提出

三棟連なった錆びたトタン屋根のお住まい

ご自宅は三棟が連なる建物で、真ん中の平屋部分を挟むような形で二階建ての建物が建っています。築30年の時点で中古住宅として購入されたようで屋根に関してリフォーム、メンテナンスを行った形跡もなかったようです。中古住宅を購入し、段階的に修繕を行っていこうという計画をお持ちだったようですが、二階の窓からご自宅の屋根を改めて眺めてみると錆による腐食が相当進んでいるということもあり、どうしても屋根を最初にリニューアルしたいというご希望をお持ちになったようです。

トタン屋根の錆びたふき板 錆びた棟板金

使用されている屋根材はトタンです。被害が最も進行しているのは二階建ての建物の屋根です。屋根に上って間近で確認させていただきますと葺き板部分、凹凸の瓦棒部分、棟部分全てに錆が広がっています。トタンはその鋼板が、亜鉛メッキと塗膜とで保護されており、すぐには錆にまで発展しません。現状、錆びているということは経年劣化によって塗膜や亜鉛メッキが剥がれ、鋼板がむき出しになってしまっていることを意味します。このまま錆が進行すれば鋼板を貫通し、穴にまで発展してしまいます。そうなれば当然雨漏りの原因を作ってしまう事にもなりますね。

白錆が広がったトタン屋根 平屋部分のトタン屋根

真ん中の平屋部分の屋根の状態です。屋根の上部(棟付近)にかけて錆が広がっていますが、葺き板部分は亜鉛メッキの犠牲防食によって発生する白錆によって何とか持ちこたえているといった状態です。「何とか」と申し上げたのは、このままの状態を放置してしまうとこちらも経年で亜鉛メッキが剥がれ全体に錆が広がってしまうためです。

トタンのメンテナンスには段階があり、
・錆が所々にしかない
・色褪せが起こり、チョーキングが出ている程度
のような状態であれば塗装によるメンテナンスも可能ですが、全体に錆が広まり、屋根材自体の強度が著しく低下している状態では、塗装で強度を回復することはできませんから屋根カバー工法屋根葺き替え工事がベストな選択となります。

トタン屋根の修理・メンテナンスについてはこちらもご覧ください>>

また雨水の浸入によって防水紙や下地までが傷んでしまっているような場合は葺き替えが望ましいですが、今回はそこまでの劣化は見られません。お客様には当初のご希望であった葺き替えのお見積りに加えて、屋根カバー工法という選択肢があることと屋根カバー工法のお見積りをご提出した上で、葺き替えと比較しても短工期で廃材の撤去も不要なため比較的安価で施工できる屋根カバー工法にてお任せいただくこととなりました。

雹害によって穴の空いた雨樋 降雹被害にあった塩ビ製の雨樋

併せて屋根以外も調査を進めます。こちらは雨樋の様子ですが大きな穴が空いてしまっているのがお判りでしょうか。降雹による被害とのことですが、2017年7月東京でも広範囲に渡って被害がでたことを記憶していらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
昨年の台風報道などを見ていても火災保険が話題になっていたこともありましたが、火災保険は台風だけではなく雹害にも適用することが可能です。また3年前までさかのぼって申請することも可能であるため、雨樋に関しましては火災保険で交換するご提案をさせていただきました。

 

街の屋根やさんではお見積りはもちろん工事の詳細がわかるご提案書もお渡ししています

街の屋根やさんでは納得、安心して工事をご依頼いただくために「屋根工事一式」といったような曖昧なお見積りではなく、工事内容や使用材料等も明記した詳細なお見積りをご提出させていただいております。もちろんお住まいの状況によってはいくつかの工事パターンが考えられますのでご希望があれば複数のお見積りをご提出させていただきますので、ご遠慮なくご相談いただけたらと思います。

屋根カバー工法ご提案書

ただ、屋根工事に関しては専門外であるお客様にとっては見積もりで金額は理解できますが、「工事内容」や「使用材料」についての詳細まで理解することは大変ですよね。もちろんできる限りわかりやすくご説明させていただきご理解いただくように努めますが、例えばそれをご家族のどなたかにご自身で説明しなくてはいけないとなると、これもまた難しいですよね。
街の屋根やさんではお客様自身が費用を出す工事についてきちんとご理解いただけるよう見積もりに加えて、上の写真ような現地調査で分かったご自宅の屋根の状況、また必要な工事内容、使用材料などがわかるご提案書も提出させていただいております。

これによって
「どのような工事をするのか?」
「どこまで対応してくれるのか?」
「どのような材料を使用するのか?」
がわかりますし、もしわからなかった場合にご不明な点を明確にご質問いただけますよね。私たちは金額だけでなく、工事内容についても不安がないよう工事を進めて参りたいと考えております。

 

足場の仮設とメッシュシート張り

外壁にかかった足場 屋根から見下ろした足場

それでは工事の様子をご紹介致します。まず最初に屋根カバー工事を行うための足場を仮設していきます。屋根工事は高所作業となるため安全、且つ正確な作業を行うために必要となります。足場自体は仮設・撤去するものなので足場を仮設することがもったいないと感じる方もいらっしゃるようですが、労働安全衛生規則で定められていることであるため必須であるうえに、足場のない不安定な作業環境で職人が作業をするのと安定した安全な作業環境で作業を行うのでは当然のことなが工期も違ってきます。工期の長短は費用にも直結しますので結果的に経済的で丁寧な工事となるという、お客様側にも大きなメリットがあるのです。

足場の内側から見たメッシュシート 埃の飛散や安全のために取り付けられるメッシュシート

足場の組み立てが終わりましたら足場の周りにメッシュシートを張り、養生を行います。工事中、埃などが舞って近隣の方がにご迷惑をおかけしないようにするための役割もありますが足場同様、職人の安全を守るという役割も持ちます。お客様にご満足いただける工事を行う上で職人の安全は最優先事項ですので、このような作業前の下準備も大切な工程ですね。

 

ガルバリウム鋼板を重ね葺き

ガルバリウム鋼板によるトタン屋根カバー カバー工法のために加工されたガルバリウム鋼板

既存の屋根材の上に新たな屋根材としてガルバリウム鋼板を重ね葺きしていきます。瓦棒部分(凹凸部分)は既存屋根材の形状に合わせてあらかじめ加工しており、心木(凸部分の板金内部に取り付けられている角材)にビスを打ち込み固定します。

瓦棒部分のキャップカバー 瓦棒凸部分へのキャップカバー

そして凸部分にキャップを被せていきます。一つの部材で軒先から棟まで被せるのではなく二つのキャップを重ねてカバーします。その際施工は軒先部分から先に被せます。二つの部材を重ねるということは、当然重なり部分ができますよね。これが下を向いているか、上を向いているかで雨水の浸入の可能性が大きく変わります。雨は上から下に流れますから、当然重なりは下を向いているほうが良いわけですね。そのためキャップは軒先側から被せるのが鉄則なのです。

錆びた棟板金の撤去 木製貫板の撤去

続いて棟板金、貫板の撤去です。こちらは新しい部材へと交換するため取り外したうえで撤去いたします。棟板金内部の貫板には木材が使用されていました。棟は屋根の最も高い位置にあるため、雨の影響を受けやすく雨漏り発生箇所となりやすい場所でもありますが貫板の状況を見る限り、雨水の浸入や腐食はそこまで見られません。よくここまで耐えてくれていたと棟板金を称えるべきですね。

ガルバリウム鋼板によるカバー工法が完工した二階屋根 カバー工法が完工した平屋部分屋根

棟までのキャップを被せ、貫板・棟板金を設置し、カバー工法が完工です。
上記でもありましたが棟板金を最も雨の影響を受けやすい場所の一つです。私たちは棟板金、貫板設置に際して雨に弱い釘や木材は使用しません。貫板にはKMEW社の樹脂製貫板「タフモック」、そして固定用のビスはステンレスビスを用いてより雨に強い屋根へとリニューアルさせていただきます。

シーリング充填した外壁との取り合い 雨押えの板金とシーリングによる雨仕舞

棟板金以外にも雨漏りが発生しやすい場所があります。それは「取り合い部分」と呼ばれる屋根と外壁がぶつかる部分です。外壁から屋根がニョキっと生えているわけではないため、屋根と外壁がぶつかる部分にはどうしてもわずかな隙間が生じます。このわずかな隙間が雨漏りの原因となり得るのですが、わずかな可能性を取り除くためにも雨仕舞として板金を設置し、シーリングを充填します。

横から見た瓦棒 軒先から見上げた瓦棒屋根

金属屋根には縦葺きと横葺きがあり、今回のお宅の屋根は縦葺きです。見た目の特徴としては瓦棒が棟から軒先まで垂直に設置されています。一方で横葺きの見た目の特徴は軒と平行するように、屋根材の重なりが線となって並んでいます。また縦葺きは棟から軒先部分まで一枚の板金で覆われているため、横葺きのように屋根材の重なりがなく雨漏りに強いという特徴もあります。この度のカバー工法ではさらに錆にも強いガルバリウム鋼板屋根材を採用したことで素材も施工も雨漏りに強い屋根へと生まれ変わることができました。

 

雹害で穴の空いた雨樋交換

雨樋交換施工前 雨樋交換後の軒樋

雨樋の交換については火災保険を使って、交換工事を行いました。火災保険を使ったことで自己負担ゼロで交換することができましたが、お客様も雹害で火災保険を使えるということをご存知なかったようで大変お喜びいただくことができました。

火災保険についてはこちらもご覧ください>>

軒樋キャップ 新設後の竪樋

放っておいても上から下に流れ落ちていく雨水ですが、なぜわざわざ雨樋で受け止めて地上へと運ぶのでしょうか?もし雨樋がなかったら・・と考えるとわかりやすいのですが、雨樋がなければ屋根で受け止めた雨水は屋根から落ちて、地面を直接打ち付けますね。地面が土であれば水溜まりを作ったり、泥が跳ねて外壁を汚してしまいますよね。またコンクリートであれば水が跳ねて外壁を濡らしてしまいますね。

また屋根から流れてきた雨水が直接外壁にかかってしまう事も考えられます。もし外壁にヒビ割れなどがあれば雨漏りへと発展してしまう事もあります。外壁を汚してしまうといった見た目はもちろん、外壁の耐久性低下や雨漏りといったことからお住まいを守る役割があるのが雨樋なのです。

 

軒天補修

軒天の雨染み 黒カビが広がる軒天

こちらは施工前の軒天の状態です。木製の軒天に雨染みや黒カビが広がってしまっているのがお分かりいただけると思います。確かに雨に濡れにくい部分ではありますが、雨樋の不具合や横殴りの雨の影響を受けてこのように劣化してしまうのです。特に木材にとって雨水は大敵ですから完全に腐食してしまう前に補修を行います。

軒天に貼り付けるケイカル板 ケイカル板による軒天補修

衝撃や火災に強いケイカル板を既存軒天の上から重ね張りしていきます。既存の軒天が割れてしまっている、剥がれてしまっているなど傷みが激しい時は張替えが必要となりますが状況としては重ね張りに耐えうる強度があるため重ね張りにて補修を行いました。

軒天補修完工 塗装が映える白いケイカル板

仕上げに廻り縁で外壁との取り合い部分を押さえ、塗装を施し、完工となります。

 

ガルバリウム鋼板屋根のメンテナンスについて

ガルバリウム鋼板によるカバー工法完工後

トタンが10年~20年という耐用年数に対してガルバリウム鋼板は20年~30年以上の耐用年数・耐久性を持っている上にさらに錆にも強い屋根材です。適切なメンテナンスを、定期的に行えばトタン屋根と比較しても倍近い寿命でお住まいを守ってくれます。

施工前のトタン屋根は塗装を怠ってしまったことで、紫外線や熱、風雨の影響を受け経年で塗膜の剥がれや錆といった劣化を引き起こしてしまいました。これは必要なメンテナンスを怠ってしまった一例です。塗料にもよりますが約10年に一度、塗装によるお手入れを行い末永く健康な屋根を維持していただきたいと思います。また私たちも今後、1か月、1年、その後は隔年でのアフターサービスにてお伺いさせていただきます。
この度は街の屋根やさんにて工事のご依頼をいただきましてありがとうございました。

ガルバリウム鋼板屋根のメンテナンスについてはこちらもご覧ください>>

屋根カバー工法・屋根カバー工事698,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

古くなったトタン屋根に最適なメンテナンスは塗装か屋根カバー工法か葺き替えか

古くなったトタン屋根に最適なメンテナンスは塗装か屋根カバー工法か葺き替えか

 安くて丈夫、施工もしやすいということから普及がはじまったトタン屋根。現在では見かけることが少なくなったものの、トタン屋根という建物は意外とあります。現在のトタン屋根はそのほとんどが大分、古くなってきています。古くなってきたからこそ、メンテナンスが必要な状態なのですが、どのような方法が改修としては最…続きを読む
地震に備えるなら軽い屋根を!スレート屋根へのカバー工法と種類をご紹介

地震に備えるなら軽い屋根を!スレート屋根へのカバー工法と種類をご紹介

 スレート屋根への屋根リフォームとして行われる屋根カバー工法。これまでの屋根の上に新しい屋根を被せる工法で、その新しい屋根には金属屋根材が用いられることがほとんどです。実は金属屋根材以外でも屋根カバー工法は可能ということをご存知ですか。それでも金属屋根材が使われるのには合理的な理由があるのです。スレ…続きを読む
屋根カバー工法を行う4つのメリットをご紹介

屋根カバー工法を行う4つのメリットをご紹介

 現在の屋根をほぼそのまま残し、その上に新しい屋根を載せて、覆うのが屋根カバー工法です。文字通り、屋根を屋根でカバーする工法です。よって、屋根が二重になります。屋根を重ねて葺くので、「重ね葺き」という呼ばれ方もします。「屋根カバー工法」についての漫画コンテンツはこちら 解体と廃材処理が必要な部分は棟…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      墨田区墨田にて令和元年房総半島台風の影響で片流れ屋根のスレートが飛散、スーパーガルテクトを使用した屋根カバー工事を実施

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      千代田区|アパートの屋根カバー工事と雨樋交換

      【施工内容】

      屋根補修工事、屋根カバー工法、雨樋交換

      江戸川区東小岩にて令和元年房総半島台風の影響で被害を受けたスレート屋根をスーパーガルテクトで屋根カバー工事

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      その他の施工事例一覧→

      豊島区と近隣地区の施工事例のご紹介

      練馬区下石神井でテラスへ雪止めを設置しました

      【施工内容】

      雪止め設置

      新宿区新宿で劣化したアクリル板の屋根をポリカーボネートに交換しました

      【施工内容】

      その他の工事

      文京区本駒込で雹災害により波板が損壊、火災保険を使用した波板交換工事を施工し、色鮮やかな若葉色に生まれ変わりました

      【施工内容】

      その他の工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      イオン銀行住宅ローン

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る