無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 葛飾区東金町で台風により飛散した棟板金の交換工事を実施、貫板.....

葛飾区東金町で台風により飛散した棟板金の交換工事を実施、貫板には耐久性に優れた樹脂製のタフモックを使用

【施工前】
台風15号の影響により飛散したスレート屋根の棟板金

【施工後】
棟板金交換工事とスレート差し替え工事が完了

【お問い合わせのきっかけ】


担当:岡野


葛飾区東金町で行ったスレート屋根の棟板金交換工事とスレート差し替え工事の様子をご紹介します。令和元年9月に上陸した台風15号の影響でスレート屋根の棟板金と屋根材のスレートが飛散してしまいました。飛散したスレートが台風の強風により剥がれた影響で棟板金も同時に剝がれて飛散したと考えられます。棟板金が飛散した箇所はスレートの下に敷設されている防水紙が露出してしまいましたので、このままですと紫外線や雨水に晒されてしまいますので穴開き等の劣化の原因になり雨漏りに繋がります。また、飛散したスレートの下部のスレートを留めている釘が露出していますので、雨水が釘を伝い建物内部へと浸入し雨漏りに繋がります。
調査のご報告として棟板金とスレートの飛散している事をお伝えし、被害を受けた箇所のみのメンテナンスか、飛散していない棟板金には釘浮きが見られましたので屋根全体の棟板金の交換とスレートの差替えをご提案したところ、以前から釘の浮きは気になっていたとの事で屋根全体の棟板金交換工事と飛散したスレートの差し替え工事のご依頼をいただきました。
葛飾区東金町で行ったスレート屋根の棟板金交換工事とスレート差し替え工事の様子をご紹介します。令和元年9月に上陸した台風15号の影響でスレート屋根の棟板金と屋根材のスレートが飛散してしまいました。飛散したスレートが台風の強風により剥がれた影響で棟板金も同時に剝がれて飛散したと考えられます。棟板金が飛散した箇所はスレートの下に敷設されている防水紙が露出してしまいましたので、このままですと紫外線や雨水に晒されてしまいますので穴開き等の劣化の原因になり雨漏りに繋がります。また、飛散したスレートの下部のスレートを留めている釘が露出していますので、雨水が釘を伝い建物内部へと浸入し雨漏りに繋がります。
調査のご報告として棟板金とスレートの飛散している事をお伝えし、被害を受けた箇所のみのメンテナンスか、飛散していない棟板金には釘浮きが見られましたので屋根全体の棟板金の交換とスレートの差替えをご提案したところ、以前から釘の浮きは気になっていたとの事で屋根全体の棟板金交換工事と飛散したスレートの差し替え工事のご依頼をいただきました。


担当:岡野


【工事内容】
スレート屋根補修工事 棟板金交換
【工事詳細】
施工期間
3日間 足場仮設工事含む
築年数
27年
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
O様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
【工事内容】
スレート屋根補修工事 棟板金交換
【工事詳細】
施工期間
3日間 足場仮設工事含む
築年数
27年
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
O様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
足場アイコン火災保険アイコン台風アイコン棟板金交換

スレート屋根調査の様子

台風15号の影響により棟板金が飛散    台風15号の影響により棟板金とスレートが飛散

葛飾区東金町で行ったスレート屋根の調査の様子です。「台風で屋根の板金が飛んでしまった。板金を留めている釘が抜けてきているので屋根の点検をしてほしい。」と、お問い合わせをいただきO様邸にお伺いしたところ棟板金と屋根材のスレートが飛散しているという事が分かりました。

棟板金は棟包みとも呼ばれ、主にスレート系の屋根材や金属屋根の山状になっている頂点部分に設置されており、屋根材と屋根材が合わさる部分は屋根材だけでは雨水の浸入を防ぐ事ができませんので板金で覆い雨水の浸入を防いでいるのです。

棟板金が飛散し防水紙やスレートを留めている釘が露出

棟板金が飛散するとスレートの下に敷設されている防水紙が露出してしまいます。防水紙は雨水の浸入を防ぐ重要な役割を果たしておりますが、露出したままの状態ですと紫外線や雨水の影響を受け劣化してしまいますので、穴が空いてしまう可能性もあります。そうなると雨漏りの原因になってしまいますので棟板金交換工事を行い、覆ってあげる必要があります。

また、スレートが飛散した箇所は、飛散したスレートの下部のスレートを留めている釘が露出している状態です。通常、スレートが重なっていますので釘は見えませんが、飛散してしまう事により露出してしまうのです。このままですと、釘が錆てしまう事や経年により釘を打っている部分に隙間が出来ている可能性がありますので、雨水が釘を伝い建物内部へと浸入する危険性がありますので、スレートの差し替え工事が必要になります。

棟板金を固定している釘が浮いています

棟板金の釘浮き    棟板金の釘浮き

飛散していない棟板金を調査すると棟板金を固定している釘が浮いているのを発見しました。棟板金は下地材となる貫板を屋根材に固定し、棟板金を留める下地にします。貫板は芯木とも呼ばれており新築時には木製のものが使われている事が多く、湿気等の影響で経年により劣化してしまいます。

また、屋根の棟部分は風や地震の揺れなどの影響を受けやすいので台風などの強風や突風の影響により煽られてしまうと徐々に釘が浮いてきてしまい、固定する力が弱くなり飛散に繋がります。

お客様のご要望

点検終了後、棟板金が一部飛散している事とスレートが一枚飛散している事をご報告しました。必要なメンテナンスとして棟板金交換工事とスレートの差し替え工事をご提案したところ、台風通過後に下から屋根を見上げた際に釘が浮いているように見えていたので気になっていたと仰っておりました。

釘の浮きは固定する力が弱くなっており飛散に繋がるとお伝えしたところ、釘が浮いたままでは不安なので被害箇所だけではなく屋根全体の棟板金交換工事と飛散したスレートの差し替え工事をご希望されました。

今回、被害を受けた棟板金は台風による強風の影響で飛散したこともあり、風災害として火災保険が適用されました。火災保険に加入されていますと風災害の他の自然災害では、雪・雹(ひょう)などで被害を受けた場合に保険会社が現状復旧の費用を負担してくれる場合があります。今回の棟板金交換工事も火災保険を適用し、火災保険が適用されましたのでご希望通りの工事を実施する事となりました。

棟板金交換工事とスレート差し替え工事の様子

既存の棟板金と貫板を解体撤去    飛散したスレートを新規に差し替え工事

棟板金交換工事とスレート差し替え工事の様子です。棟板金交換工事は、まず既存の貫板と棟板金を解体・撤去する作業から開始致します。飛散したスレートは貫板を固定していた部分でしたので、貫板を撤去後に新規の者に差替えて固定します。

貫板は耐久性に優れた樹脂製のタフモックを使用します

貫板はタフモックを使用します    貫板は樹脂製のタフモックを使用します

貫板の設置の様子です。貫板には樹脂製貫板のタフモックを設置します。従来の木製の貫板は湿気や雨水などの水分により腐食等の劣化が発生していましたが、タフモックは樹脂製になりますので腐食に強く耐久性も高い下地材になります。貫板の固定には従来の抜けやすい丸釘は使用せず、錆にも強く抜けにくいステンレス製のSUSビスを使用し貫板に対して真上から屋根材に留めます。

棟板金設置の様子

貫板設置後に棟板金を設置    タフモックに新規の棟板金を固定

棟板金設置の様子です。樹脂製貫板のタフモックの設置が完了したら、棟板金もSUSビスで固定していくのですがタフモックを固定したSUSビスとは種類の異なるものを使用します。棟板金を固定するのに使用するSUSビスには止水性のあるパッキン付きのものを使用します。

SUSビスで棟板金を固定    SUSビスで棟板金を固定

ゴム製のパッキンは棟板金内部への雨水の浸入を防ぎます。棟板金内部への雨水の浸入を防ぐという事はタフモックや屋根内部への浸入も防げます。棟板金を固定する際はSUSビスを留めていく向きに注意し必ず真横から留め、棟板金を固定します。貫板と同様に真上から留めてしまうと雨水が滲んで入る可能性が高くなります。

真上から留めるのは脳天打ちと呼ばれるもので雨漏りの原因にもなりますので絶対に行ってはいけません。

棟板金交換工事とスレート差し替え工事が完了    棟板金交換工事とスレート差し替え工事が完了

棟板金と棟板金の継目は折り曲げたり、切ったりと加工し、大棟と隅棟の板金を繋げて設置していきます。SUSビスで固定後は接着力を高めると共に雨水の浸入を防ぐ役割のシーリング材を充填して棟板金交換工事が完了となります。

棟板金交換工事とスレート差し替え工事が完了

貫板と棟板金は全て新しくする事で耐久性が期待できます。更に錆にくく固定する力が強いSUSビスを使用する事で長期間の耐久性が期待できます。棟板金に関しては強風などの影響による心配はなくなりO様の不安も解消されました。

今後のメンテナンスとしましては屋根材の保護が必要になる事をO様にご説明しました。屋根全体のスレートが経年の劣化により防水性が低下している状態ですので、棟板金の錆止めも兼ねて屋根塗装工事を行うことで屋根の寿命やお家の寿命を延ばすことにも繋がります。

台風漫画コンテンツ火災保険漫画コンテンツ
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      墨田区押上にて棟板金交換工事と日本ペイントのサーモアイ4Fを使用した屋根塗装工事を実施

      【施工内容】

      棟板金交換、屋根塗装

      杉並区高井戸西で廃盤のかわらU専用の棟をガルバリウム製のものへ交換

      【施工内容】

      棟板金交換

      世田谷区大蔵にて台風の強風で飛ばされたマンションの棟板金をガルバリウム鋼板製へ交換しました

      【施工内容】

      棟板金交換

      その他の施工事例一覧→

      葛飾区と近隣地区の施工事例のご紹介

      足立区梅田で瓦屋根のお住まいをガルバリウム鋼板、スーパーガルテクトに葺き替え工事を行いました

      【施工内容】

      瓦屋根葺き替え、ガルバリウム鋼板

      葛飾区東金町で台風で被害を受けたコロニアル屋根にスーパーガルテクトで屋根カバー工事を実施、結露対策に換気棟も新設しました

      【施工内容】

      屋根カバー工法、ガルバリウム鋼板、換気棟

      江戸川区上篠崎で台風で割れてしまったコロニアルをアイジー工業のスーパーガルテクトを使用した屋根カバー工事で改修

      【施工内容】

      屋根カバー工法、ガルバリウム鋼板

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      令和元年台風15号・19号で被災され、
      現在、屋根工事をお待ちいただいている方へ

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る

      質問してね!

      私は街の屋根やさんの人工知能、AIコンシェルジュ!
      何を知りたい?

      質問してね!