無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 大田区下丸子にて台風の強風で割れたバルコニーの波板を火災保険.....

大田区下丸子にて台風の強風で割れたバルコニーの波板を火災保険でポリカーボネート製に張り替えました

【施工前】
被害を受けた波板

【施工後】
ポリカーボネートで張り替え工事が完成

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


大田区下丸子で台風15号と19号の被害を受けた建物の修復工事をおこないました。台風の強風によってバルコニーの屋根に張ってある塩ビ製の波板が割れてしまいましたので、火災保険の風災を適用して直す事になりました。波板を固定している木製の下地が一部腐食していましたので、部分的に補強してから新しい波板を張ることになりました。昔から使われていた波板は塩化ビニル製のものが多く、網目模様が見える材料が使われていました。紫外線の劣化によって固くなってバリバリに割れてしまいます。今回の被害も台風の強風がしたから吹き上げたことによって、波板を持ち上げて割ってしまいました。一旦穴が空くと風の抜け道が出来ますので、被害が拡大せずに済んでいました。下地の木が腐食していて釘が効いていない部分もありましたので、台風でなくても飛ばされてしまう可能性もありますので、早く直す必要があります。腐食した木部は部分的に差し替えたり補強をした後に波板を張っていきます。新しい波板はポリカーボネート製のもので、衝撃に強く耐久性が高いので今回の様に割れる事も無く安心出来る様になりました。
大田区下丸子で台風15号と19号の被害を受けた建物の修復工事をおこないました。台風の強風によってバルコニーの屋根に張ってある塩ビ製の波板が割れてしまいましたので、火災保険の風災を適用して直す事になりました。波板を固定している木製の下地が一部腐食していましたので、部分的に補強してから新しい波板を張ることになりました。昔から使われていた波板は塩化ビニル製のものが多く、網目模様が見える材料が使われていました。紫外線の劣化によって固くなってバリバリに割れてしまいます。今回の被害も台風の強風がしたから吹き上げたことによって、波板を持ち上げて割ってしまいました。一旦穴が空くと風の抜け道が出来ますので、被害が拡大せずに済んでいました。下地の木が腐食していて釘が効いていない部分もありましたので、台風でなくても飛ばされてしまう可能性もありますので、早く直す必要があります。腐食した木部は部分的に差し替えたり補強をした後に波板を張っていきます。新しい波板はポリカーボネート製のもので、衝撃に強く耐久性が高いので今回の様に割れる事も無く安心出来る様になりました。


担当:富田


【工事内容】
屋根補修工事
【工事詳細】
使用材料
ポリカーボネート波板、半月雨樋
施工期間
2日間
築年数
35年
平米数
15㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
S様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
3年
火災保険アイコン台風アイコン

台風被害の状況を確認します

割れた落ちた波板が置いてあります 強風で煽られて割れた波板

台風15号と台風19号、非常に強い勢力の台風と強い勢力の台風が二カ月続けて上陸したことで、建物が被害を受けてしまいました。バルコニーに掛けた屋根の上に張ってある波板が割れて落ちています。網で補強された塩化ビニル製の波板です。木製のフレームに釘で固定されているのですが、塩ビ製の波板は紫外線によって劣化して耐久性が落ちていきます。硬くなって触っただけでバリバリと割れてしまうこともある程です。今回工事する屋根も大分劣化しているので、割れなかった波板も何かの衝撃で割れたり飛んでしまう可能性が高くなっています。

傷んだ木下を補強します 歪んでいる雨樋も一緒に交換しますj

雨樋も歪んでいるので波板と一緒に交換工事をおこないます。固定している金具が横打といって垂木の側面に横から釘で固定するタイプが使われていましたので、同様の新しい吊り金具を使って交換していきます。

古い波板を撤去して傷んだ下地を補強します

劣化してボロボロになっている塩ビ製の波板 木下地に釘で固定していきます

まずは古い波板を剥がしていきます。下地が木ですので波板の固定には釘が使われていますが、何か所か木が腐食しているところがあり、釘が効いていない箇所もありました。

腐食した木下地は補強します 傘の付いた釘で釘穴からの水の浸入を防ぎます

垂木が割れている部分などはそのままでは釘が効きませんので、補強をおこなって下地として使えるようにしていきます。固定するための釘には山形にピタッとかぶさるようになっている傘釘(かさくぎ)を使って固定していきますので、釘穴からの雨水の浸入を防ぎます。

波板張り替え完成

ポリカーボネート製の波板張りが完了しました

新しい波板はポリカーボネート製です。今までの塩ビと比べても衝撃に強く耐久性が高いので、今回の様に台風の強風で割れる心配は無くなりました。

バルコニー屋根の雨樋も一緒に交換します

水糸を張って勾配を確認して金具の取付位置を決めます 真ん中を高くして左右に流れる様に角度をつけます

横打の金物を取り付けていきますが、雨水が流れる様に水勾配をつけていきます。左右に竪樋がありますので、真ん中部分を高くして左右に流すのですが、勾配に合わせて金具を取り付ける為に、水糸を張って水糸の位置に金具を固定していきます。

雨樋を吊って完成です

波板の張替えとバルコニー屋根の雨樋交換工事が完了しました。台風の強風による被害でしたので、火災保険の風災を適用して直しております。台風などの強風によって建物が被害を受けた場合、元に戻す為の費用を保険会社が負担しますので、今回の工事も自己負担なく直す事が出来ました。来年台風が上陸しても今年の様な被害を受けにくくなりましたので、お客様にも安心していただけました。

街の屋根やさん品川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒141-0031
        東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      調布市国領町で台風被害を受けたスレート屋根を火災保険で部分的に葺き替え工事

      【施工内容】

      屋根補修工事、屋根葺き替え

      足立区扇で台風被害を受けたセメント瓦屋根を火災保険を使用してコロニアル屋根へと葺き替えました

      【施工内容】

      屋根補修工事、瓦屋根工事、瓦屋根葺き替え、棟板金交換、雨漏り修理

      墨田区八広で強風の影響により庇板金が捲れてしまい雨漏りが発生、庇板金の葺き替え工事で雨漏りを解消

      【施工内容】

      屋根補修工事

      その他の施工事例一覧→

      大田区と近隣地区の施工事例のご紹介

      世田谷区尾山台にて台風の強風で捲れたアパートの屋根をガルバリウム鋼板で葺き替えました

      【施工内容】

      屋根葺き替え

      世田谷区深沢で足場の代わりに高所作業車で雨樋交換して工期を短縮

      【施工内容】

      雨樋交換

      江東区新砂の工場にてルーフデッキ500で強風で破損した折板屋根の葺き替え工事を実施

      【施工内容】

      屋根補修工事、金属屋根工事、金属屋根葺き替え工事、ガルバリウム鋼板

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      台風15号被害に便乗した悪徳業者に要注意

      台風15号被害に便乗した悪徳業者に要注意

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      ページトップへ戻る