無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 足立区神明で台風15号被災した瓦屋根をアイジー工業のスーパー.....

足立区神明で台風15号被災した瓦屋根をアイジー工業のスーパーガルテクトで屋根葺き替え工事

【施工前】
台風15号の影響で捲れてしまった瓦屋根

【施工後】
アイジー工業のスーパーガルテクトで屋根葺き替え工事を実施

【お問い合わせのきっかけ】


担当:岡野


足立区神明で行った屋根葺き替え工事の様子をご紹介します。令和元年9月に上陸した台風15号による強風の影響で瓦が捲れてしまい飛散、落下してしまいました。捲れた瓦は破損してしまい、防水紙が露出している状態です。このままですと雨漏りが発生してしまいます。また、屋根の全体の瓦がズレている事や防水紙に劣化の症状が見られました。お客様に調査のご報告をしたところ、瓦ではない屋根材にできないかとご相談を受けましたので軽量で耐久性に優れている金属屋根材での屋根葺き替え工事をご提案させていただいたところ工事のご依頼をいただきました。新しい屋根材の金属屋根材ですが、アイジー工業のスーパーガルテクトにて施工いたしました。スーパーガルテクトはガルバリウム鋼板で金属製なのに錆にくいので耐久性に優れています。
足立区神明で行った屋根葺き替え工事の様子をご紹介します。令和元年9月に上陸した台風15号による強風の影響で瓦が捲れてしまい飛散、落下してしまいました。捲れた瓦は破損してしまい、防水紙が露出している状態です。このままですと雨漏りが発生してしまいます。また、屋根の全体の瓦がズレている事や防水紙に劣化の症状が見られました。お客様に調査のご報告をしたところ、瓦ではない屋根材にできないかとご相談を受けましたので軽量で耐久性に優れている金属屋根材での屋根葺き替え工事をご提案させていただいたところ工事のご依頼をいただきました。新しい屋根材の金属屋根材ですが、アイジー工業のスーパーガルテクトにて施工いたしました。スーパーガルテクトはガルバリウム鋼板で金属製なのに錆にくいので耐久性に優れています。


担当:岡野


【工事内容】
屋根葺き替え
【工事詳細】
使用材料
スーパーガルテクト
施工期間
3日間
平米数
28.2㎡
施工金額

詳しくは
お問い合わせください

詳しくはお問い合わせください

お施主様
Y様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
足場アイコン火災保険アイコン台風アイコン屋根葺き替え

点検の様子

台風の強風の影響により瓦が剥がれてしまいました

点検の様子です。梯子を使い屋根に上がると台風による強風の影響により瓦が捲れていました。捲れた部分は防水紙が露出している状態で、周囲の瓦が割れていました。瓦が捲れた部分は瓦桟や防水紙が露出している状態です。防水紙には瓦が捲れた際に発生した穴開き等の不具合が発生しており、このままですと雨漏りが発生してしまいますので早期対応が必要になります。

 

台風15号の影響により瓦が割れてしまいました 台風15号の影響で瓦が欠けてしまいました

瓦は耐久性に優れていますが、強風などの影響で瓦同士が干渉すると衝撃で割れてしまいます。瓦が捲れたり、飛散した際に割れてしまうのです。また、滑落した際にも周囲の瓦に干渉しますので被害が拡大してしまうのです。瓦が捲れた部分は瓦桟や防水紙が露出している状態です。

 

お客様のご要望

点検のご報告をし、瓦で葺き直す屋根葺き直し工事と瓦以外の軽量な屋根材で葺き替える屋根葺き替え工事をご提案致しました。お客様のご要望としましては、今回の台風15号のような勢力の強い台風が上陸した場合、葺き直しても再び今回のような被害に遭ってしまうのではないかと心配されており、瓦以外での屋根材で屋根葺き替え工事をご希望でしたので耐久性に優れ、風にも強いアイジー工業のスーパーガルテクトでの屋根葺き替え工事をご提案したところ、工事のご依頼をいただきました。

工事着工までブルーシートで雨養生を行います

工事着工までの期間はブルーシートで雨養生を行い雨水の浸入を防ぎます。

 

屋根葺き替え工事の様子

屋根葺き替え工事で野地板の増し張り 屋根葺き替え工事で下地材補強のため野地板を増し張り

屋根葺き替え工事の様子です。既存の瓦を剥がして新規の屋根材にアイジー工業のスーパーガルテクトを使用して屋根葺き替え工事を行ないます。屋根の下地材の野地板は経年により劣化していますので、屋根葺き替え工事の際には下地を補強する良い機会ですので野地板(12㎜合板)の増し張りを行います。屋根の強度を高める事に繋がります。

 

ルーフィング敷設 ルーフィング敷設

野地板の増し張りが終了しましたら、ルーフィング(防水紙)を敷設します。雨水は屋根の上部から下部へと流れて行きますので、下部側の軒先から上部の棟へと重ねて敷設する事で雨水の浸入を防ぎます。屋根の構造は屋根材が一次防水でルーフィングが二次防水になります。ルーフィングは雨水の浸入を防ぐためには非常に重要な役割を果たしているのです。

 

スーパーガルテクトを使用した屋根葺き替え工事を行ないました 棟板金の下地材には樹脂製の貫板のタフモックを使用しました

ルーフィングを敷設後、新しい屋根材のアイジー工業のスーパーガルテクトを葺いていきます。色はお客様のご希望でブラウンです。屋根材もルーフィングと同様に下部の軒先から上部の棟へと重ねて葺いていきます。

スーパーガルテクト特長としては1㎡あたり5kgと軽量ですので建物にかかる負担が軽減されます。瓦と比較すると約1/10の重量ですで地震などの揺れの心配がありませんので耐震性にも優れています。金属屋根材ですが防錆性に優れており錆びにくいので耐久性にも優れています。

スーパーガルテクトを葺き終えましたら棟板金を設置します。棟板金の下地材の貫板は樹脂製貫板のタフモックを使用します。木製の貫板もありますが樹脂製と比較すると耐久性に劣ります。タフモックは樹脂製ですので腐食しにくく耐久性に優れていますので、台風などの強風や突風で飛散しにくい棟になります。

屋根葺き替え工事が完了です

棟板金の設置が終了しましたら屋根葺き替え工事は完了です。お客様のご要望通り瓦から金属屋根材に葺き替える事で今後の台風被害の心配も解消できました。

屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別)

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

町田市金井にて台風で棟板金が飛散した屋根をスーパーガルテクトで葺き替え工事

【施工内容】

屋根葺き替え

豊島区長崎にて台風で飛散した急斜面のコロニアル屋根の一部を葺き替えて部分補修

【施工内容】

屋根補修工事、スレート屋根工事、屋根葺き替え、スレート屋根葺き替え工事

世田谷区野毛にて雨漏りの原因だったドーマーを解体、屋根葺き替えで雨漏り解消

【施工内容】

屋根葺き替え、雨漏り修理

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求

令和元年台風15号・19号で被災され、
現在、屋根工事をお待ちいただいている方へ

  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る