無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 墨田区京島で耐震性アップのため、重い瓦屋根から軽い石葺き屋根.....

墨田区京島で耐震性アップのため、重い瓦屋根から軽い石葺き屋根材エコグラーニに屋根葺き替え

【施工前】
瓦屋根

【施工後】
エコグラーニに葺き替えた屋根

【お問い合わせのきっかけ】


担当:渡辺


墨田区東向島のお客様は築50年ほどの二階建て瓦屋根のお宅にお住まいです。昨今の地震のこともあり、室内側は耐震補強工事を実施済みとのことでした。屋根は未着手で重たい瓦屋根だったので軽量化を検討されていたそうです。そのようなことを考えているときに、某リフォーム会社様が開催したセミナーに参加した際に見積り依頼をされたそうで実際にその会社でご契約を検討するところまで行ったところで、相手先の「今日、ご契約を頂けたら・・・」という営業トークに不信感を抱かれ、契約を保留にして「街の屋根やさん」にお見積り依頼を頂きました。「街の屋根やさん」では適正価格にてお見積りを作成させていただいておりますので、「本日契約いただけるのなら・・何十万円お引きします!」のようなやり方はしておりませんが価格も他社様が出されたものよりも納得のいく内容だったとのことでご契約、工事を承らせていただきました。
墨田区東向島のお客様は築50年ほどの二階建て瓦屋根のお宅にお住まいです。昨今の地震のこともあり、室内側は耐震補強工事を実施済みとのことでした。屋根は未着手で重たい瓦屋根だったので軽量化を検討されていたそうです。そのようなことを考えているときに、某リフォーム会社様が開催したセミナーに参加した際に見積り依頼をされたそうで実際にその会社でご契約を検討するところまで行ったところで、相手先の「今日、ご契約を頂けたら・・・」という営業トークに不信感を抱かれ、契約を保留にして「街の屋根やさん」にお見積り依頼を頂きました。「街の屋根やさん」では適正価格にてお見積りを作成させていただいておりますので、「本日契約いただけるのなら・・何十万円お引きします!」のようなやり方はしておりませんが価格も他社様が出されたものよりも納得のいく内容だったとのことでご契約、工事を承らせていただきました。


担当:渡辺


【工事内容】
屋根葺き替え 瓦屋根からエコグラーニへ葺き替え工事
【工事詳細】
使用材料
D’sルーフ エコグラーニ カフェ色
施工期間
仮設工事解体まで1週間
築年数
51年
平米数
約70㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
S様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
15年
【工事内容】
屋根葺き替え 瓦屋根からエコグラーニへ葺き替え工事
【工事詳細】
使用材料
D’sルーフ エコグラーニ カフェ色
施工期間
仮設工事解体まで1週間
築年数
51年
平米数
約70㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
S様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
15年
足場アイコン地震アイコン屋根葺き替え

着工前の屋根の様子

施工前屋根入母屋 施工前屋根平場

基本的には切妻屋根ですが一部入母屋になっている瓦屋根です。今回の工事に至るにあたり特段雨漏りがあったり、棟の崩れがあったりといった状況はありません。重たい瓦屋根を軽量な金属屋根に交換して、すでに内装は耐震工事を実施されている効果を高めることが目的です。

施工前屋根 施工前屋根瓦屋根

鳩がよく屋根にとまっていることが原因しているのか、棟の一部には背の高い雑草が生えておりました。鳩の糞が原因かもしれません。

 

足場仮設にかかわる申請

建物と区道の間隔 足場が区道に出る部分

屋根葺き替え工事を実施するにあたり、足場仮設工事は必須です。特に瓦屋根から他種屋根材に葺き替え工事を行う際は、土埃も発生します。その予防策もあります。足場を組む上では敷地の問題も発生します。今回の現場では三方向は敷地内に収まることがわかりましたが、一方向は区道に足場がはみ出してしまいます。足場がはみ出すことで通行の妨げやご近所様にご迷惑をおかけすることになるので、しっかりと法令に従い、道路使用許可と道路占有許可の申請を行って工事に臨んでいきました。

道路使用許可 道路占有許可申請

工事地域を管轄する警察署と区道を管理している墨田区役所に必要書類を用意して申請を行いました。警察署の承認は比較的早くおりますが、区役所での占有許可承認は区によっても差があるため早めに行っていく必要があります。

仮設工事

足場仮設

道路使用許可と道路占有許可の承認が下りてから、足場仮設作業が行われました。敷地も都内にしては比較的広く作業は半日程度で終了となりました。足場が組み上がったら飛散防止と安全対策のために足場の周りにメッシュシートを貼って足場仮設作業は終了となります。

屋根葺き替え工事(瓦おろし)

瓦屋根解体棟撤去 瓦屋根解体作業

屋根葺き替え工事の最も過酷な作業は既存の屋根材(今回は瓦)を撤去していく作業です。この夏一番の暑さではないかと思われるほどの中での作業は集中力と体力を奪われます。

棟土撤去 瓦屋根撤去平場

それでも職人5人にて、午前中で屋根瓦の撤去・搬出を行う事が出来ました。写真でもわかる通り瓦屋根の撤去の場合は「土」がやっかいな存在です。主に棟の部分に素材として使用されています。瓦の下にも積年でたまった埃も多く土嚢袋はすぐにいっぱいになってしまいます。

瓦下し終了清掃後

瓦と土を取り終わった屋根です。お昼休憩を取った後は、屋根の下地作成に移っていきます。

 

屋根葺き替え工事(下地作成)

瓦撤去後の軒先 瓦撤去後のケラバ

瓦を降ろし終えた後は、新しい屋根材「エコグラーニ」を葺くための下地を作成していきます。軒先とケラバ部分にはモルタル製の面戸が付いています。瓦と屋根面の隙間を埋めるためのものですが、葺き替え工事には邪魔になるものなので切除作業を行います。

軒先のモルタル面戸切除 ケラバモルタル面戸切除

電動工具を使用してモルタル製面戸を切除していきます。このような作業も粉塵が多く出るので、事前のご近隣へのご案内はトラブル防止の観点からも重要になります。

高さ調整の胴縁施工 野地板敷設

高さ調整の木材を打設し、構造用針葉樹合板12ミリを使用して野地板重ね張りを行いました。

ルーフィング敷設

野地板を施工した後は、屋根防水の要の防水紙を敷設しました。屋根葺き替え工事では、一日の作業の中では絶対にここまでは終わらせればいけないので、まずは一安心です。突然の雨があっても雨漏りは起こさないです。

屋根葺き替え工事(エコグラーニ敷設)

エコグラーニ荷揚げ ユニック車で荷揚げ

屋根葺き替えの下地工事の後は、いよいよ新規屋根材の敷設作業が始まります。使用する屋根材はディーズルーフィングのエコグラーニを使用します。ジンカリウム鋼板の表面に自然石粒を貼り付けた屋根材です。ユニック車を使用して屋根に荷揚げいたしました。

ケラバ水切り ケラバ水切り設置工事

軒先唐草やケラバ水切りといった板金の設置を行います。ディーズルーフィングの屋根材には自然石粒を貼りつけた屋根材と同質の板金役物もありますが、今回の工事では、GL鋼板でできた板金役物を使用した工事を行います。

エコグラーニ敷設 エコグラーニビス止め

エコグラーニを屋根に敷設していきます。他の屋根材同様、軒先の唐草にひっかけるように設置しビスを使用して野地板に固定していきます。屋根材1枚に対してビスは三か所打つのがメーカー指定の工法です。この屋根材エコグラーニ1枚の重さは3キログラムと非常に軽量になっています。

エコグラーニ敷設 入母屋付近エコグラーニ

基本が切妻形状の屋根の為、エコグラーニでの屋根葺き替え工事も停滞することなく順調に進んでいきます。エコグラーニ屋根材の裏側はリブ状になっており、この空間が空気層となって表面の石粒と合わせて断熱効果、遮音効果を発揮しています。

葺き上がり間近のエコグラーニ

棟の施工を残すのみとなったエコグラーニを使用した屋根葺き替え工事です。エコグラーニは4色のラインナップがあります。今回使用しているのはカフェ色です。線路の軌道に近い立地ということもありこの色を選びました。屋根材表面の摩擦係数が自然石粒によって高いため雪止め金具は使用しておりません。この辺りも他の金属屋根材との違いです。

屋根葺き替え工事(役物板金設置)

入母屋雨押え板金処理エコグラーニ 棟板金施工前エコグラーニ

入母屋部分の壁との取り合い板金の施工と棟板金の取付を行って作業は終了となります。

工事終了

エコグラーニカフェ色

棟板金の取付も終わり、工事は終了です。瓦屋根よりはスッキリとしたイメージなりましたが、エコグラーニ特有の凹凸があるので、単調な金属屋根よりも見栄えがします。

エコグラーニ葺き上がり

入母屋部分もうまく収めることが出来ました。エコグラーニは他の金属屋根材と比較してもメーカー保証が30年と長期です。安心してお過ごしいただけると思います。

ベランダ波板交換

ベランダにある波板屋根も経年劣化していたので足場のあるタイミングで交換いたしました。外してみてわかったのですが波板屋根の雨樋が完全に詰まっておりました。交換して正解でした。

鳥よけ設置

霧除け屋根にも鳩が良くとまるとのことで、鳥よけを設置してみました。

屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

 瓦屋根というと半世紀、またはそれ以上もの耐用年数を期待できる大変寿命の長い屋根材ですよね。そのため瓦屋根にお住まいの方の中にはどうしてもメンテナンスが怠りがちになってしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし瓦屋根と言えども経年劣化がまったくないかというとそうではありませんし、…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?

瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?

 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面を広く取った屋根、そし…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?

屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?

 屋根工事の中で大型リフォームと言えば屋根葺き替えと屋根カバー工法が挙げられます。いずれも屋根材を新設するリフォームですが、工期やコストの違いがあるなどそれぞれにメリットやデメリット、特徴があります。こうした大型の屋根葺き替えや屋根カバー工法を検討するタイミングとしては経年劣化により屋根が寿命を迎え…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要

 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
長寿命な屋根材はどれ?耐用年数から考える各屋根材の耐久性ランキング

長寿命な屋根材はどれ?耐用年数から考える各屋根材の耐久性ランキング

 お住まいの中で最も過酷な環境に晒されている部位を問われたら、多くの方が屋根だと答えるでしょう。高いから強風の影響を受けやすく、寒暖・雨・直射日光といった天候の影響をダイレクトに受ける、本当にとんでもないところです。寒い地方になれば、降雪や降雹はもちろんのこと、軒に氷柱ができます。積雪の重みにも耐え…続きを読む
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

 瓦に飛来物が当たり割れてしまった場合、また風によって少しずれてしまっている場合、雨漏りが起きていなくとも防水紙の劣化に繋がりますので、補修は必要です。瓦の差し替え工事瓦の並び戻し工事 漆喰が剥がれることによって内部の土が露出し、雨水で流れ出てしまいます。そのまま放置してしまうと棟自体の並びも変形・…続きを読む
屋根葺き替えで不安を解消しませんか?

屋根葺き替えで不安を解消しませんか?

 これまでの屋根を解体・撤去し、新しい屋根に葺き替える工事です。屋根材を取り外しますので、その下の防水紙や野地板といった手の入れにくい部分も同時にメンテナンスや補修を行うことができます。屋根の葺き替えというと老朽化した屋根というイメージがありますが、最近では耐震対策としての軽い屋根へ葺き替えるお客様…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
雪害漫画コンテンツ落葉除けネット漫画コンテンツ
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      足立区鹿浜で雨漏りをしているポリカ波板工場庇屋根をガルバリウム波板に屋根葺き替え工事しました

      【施工内容】

      屋根葺き替え、雨漏り修理、ガルバリウム鋼板

      台東区千束で屋根葺き替え工事、アイジー工業のスーパーガルテクトで施工致しました

      【施工内容】

      屋根葺き替え、ガルバリウム鋼板、瓦屋根から金属屋根へ葺き替え工事

      西東京市中町でモニエル瓦葺き屋根をジンカリウム鋼板のエコグラーニへ葺き替え工事

      【施工内容】

      瓦屋根からエコグラーニへ葺き替え工事

      その他の施工事例一覧→

      墨田区と近隣地区の施工事例のご紹介

      葛飾区細田で令和元年東日本台風で破損したダイカポリマの角形雨樋をエスロンの角形雨樋X70に交換しました

      【施工内容】

      雨樋交換

      葛飾区水元で増築した部屋の陸屋根雨漏りをウレタン塗膜防水工事で改修しました

      【施工内容】

      防水工事

      江戸川区篠崎町で鬼瓦の損壊で棟の部分取り直し工事を施工、鬼瓦も漆喰で補強し強風対策を行いました

      【施工内容】

      瓦屋根工事、棟瓦取り直し 、漆喰取り直し

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      新型コロナウィルス対策について

      新型コロナウィルス対策について

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      イオン銀行住宅ローン

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る