無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 杉並区成田西で屋根の棟瓦の漆喰を耐久性が高いシルガードで詰め.....

杉並区成田西で屋根の棟瓦の漆喰を耐久性が高いシルガードで詰め直し工事

【施工前】
古い漆喰(しっくい)

【施工後】
シルガードでの詰め直し工事完成

【お問い合わせのきっかけ】
杉並区成田西で屋根の漆喰(しっくい)詰め直し工事を行いました。お問合せのきっかけは、屋根の上に何かの欠片が載っているというものでした。屋根にのぼって調べてみると、その欠片は漆喰(しっくい)でした。棟瓦と平らな面の瓦の隙間に詰めてあるのが漆喰(しっくい)で、棟瓦の土台になっている土が雨水で削られるのを防ぐ為に覆っているのです。経年によって土から剥がれたり浮いてしまうので、定期的に詰め直し工事でメンテナンスをおこなわなければなりません。たまに古い漆喰の上から新しい漆喰を塗っている事がありますが、それはお薦めできない工法です。古い漆喰は必ず剥がしてから工事を行いましょう。見た目には問題無さそうでも、実際には浮いている事がありますし、漆喰の仕上がりと棟瓦の位置によっては雨水を中に引き込んでしまう事になるので、その点は注意が必要です。今回は漆喰詰め直し工事ですので、古い漆喰を綺麗に剥がし、土の露出させてから、施工性と耐久性が高いシルガードを使用して工事を行いました。土が削れると棟瓦の支えが無くなって崩れる原因になりますので、丁寧に作業をしていきます。漆喰詰め直し工事後は今までよりも浮いたり割れにくくなりますので、これで安心です。

【工事内容】
漆喰詰め直し
【工事詳細】
使用材料
シルガード(黒)
施工期間
1日
築年数
18年
平米数
105㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
W様邸
ハウスメーカーその他
地元の工務店
保証年数
3年間
足場アイコン漆喰詰め直し

屋根に載っている欠片は剥がれた漆喰でした

棟部分と壁際にも漆喰が詰めてあります 瓦屋根の棟には漆喰が詰めてあります

瓦葺き屋根はメンテナンスが必要ない屋根といわれることがありますが、実際はそうではありません。瓦自体は何十年も持つ屋根材ですが、下地や漆喰部分は定期的にメンテナンスを行う必要があります。

剥がれた棟瓦の漆喰

お問合せのきっかけでした屋根の上の欠片が何なのか確認する為に屋根にのぼりました。確かに欠片が乗っていて、この正体は棟瓦の下に詰めてある漆喰が剥がれた物でした。

屋根に転がっていた欠片は剥がれた漆喰 漆喰の裏側は棟を支えている土があります

屋根の平らな面に葺いてある桟瓦と、棟部分に積んである瓦の間には瓦の形状による隙間が出来ます。工事の順番は、桟瓦を葺いてから棟瓦を積んでいきますが、棟瓦は土を土台にして積まれています。雨が降ると瓦の形状による隙間部分から土が削られて、最悪の場合棟瓦が外に開いて崩れてしまう事になります。

見た目には問題無くても漆喰が浮いている事があります

触ると漆喰が浮いているのがわかります 銅線も切れています

見た目には問題が無さそうでも、漆喰が土から浮いている所が結構あります。触るとポコポコとした感触がありますので、土から浮いてしまっている事が確認出来ます。このような状態になっている部分は見た目で判断する事が難しいので、古い漆喰は必ず除去してから新しい漆喰を詰めていきます。何箇所か棟を固定している銅線が綺麗ている所がありましたので、ここの補強も一緒におこないます。

古い漆喰は必ず剥がしましょう

古い漆喰は必ず剥がします

棟瓦の漆喰工事は古い漆喰を剥がす事から始めます。浮いている部分は結構ありますので、比較的簡単に剥がれていきます。棟瓦の土台になっている土が雨で削られない様に漆喰が詰めてありますので、部分的に剥がれたりして土が削れると支えが無くなって棟が崩れてしまいます。

古い漆喰は浮いている事があるので剥がす事が必要です 浮いている漆喰は簡単に剥がれます

漆喰の仕上がり位置が上に積んである平らな瓦(のし瓦)の2段目よりも外側に出てしまうと、上から流れてきた雨水を内側に引きこんでしまう事になるので、その点からも古い漆喰の上に新しい漆喰を詰めてはならないことが分かると思います。

土が乾燥していてボロボロとこぼれてきます

下地の土が乾燥していてボロボロこぼれてきます 土が見える状態にしてから漆喰を詰めていきます

古い漆喰を剥がしていくと、下地の土が乾燥していてボロボロとこぼれてくることがあります。この様な状態になっている土は漆喰と一緒に綺麗に除去します。全体の土を剥き出しにして清掃してから新しい漆喰を詰めていきます。

新しい漆喰にはシルガードを使用します

耐久性も施工性も高いシルガードを使用します 壁際の部分も漆喰を詰め直します

古い漆喰を全て除去しましたので、新しく詰めていきます。使用した漆喰は『シルガード』です。シルガードは南蛮漆喰の一つで商品名になります。現在リフォーム工事で使用されているほとんどが南蛮漆喰で、シルガードはシリコンなどが含まれていて耐久性と施工性が高い漆喰です。元々白い漆喰が詰めてありましたが、今回は黒を使用します。白よりも耐久性が高いのですが、年数が経過すると白く色が変化していきます。瓦の波型の形状に合わせて先がツルの首の様に曲がった専用の鶴首コテを使用して、丁寧に漆喰(しっくい)を詰めて表面を平らに仕上げていきます。

漆喰詰め直し工事完成

壁際も漆喰詰め直し工事をおこなって工事が完成しました。表面を綺麗に平らに仕上げるのは、やはり職人技ですね。鶴首コテの角度や力加減で仕上がりの綺麗さに繋がりますので、一カ所一カ所丁寧に仕上げていきました。今までの漆喰よりも耐久性が高いシルガードを使用しましたので工事後、次のメンテナンスまでの期間も長くなります。のでお薦めです。漆喰を詰め直す工事をおこなう事で、棟が崩れて被害が拡大する事を防げますので、瓦屋根の上に何か欠片の様なものが乗っていたら早めにメンテナンスを行いましょう。

街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      東大和市芋窪で危険を感じるほど崩れた棟瓦を取り直して安全な屋根へ

      【施工内容】

      棟瓦取り直し 、漆喰詰め直し

      東久留米市八幡町で漆喰詰め直しと棟取り直しで瓦屋根の不安を解消

      【施工内容】

      棟瓦取り直し 、漆喰詰め直し

      中野区白鷺で瓦が落ちそうと指摘された瓦屋根を部分的に漆喰詰め直し

      【施工内容】

      漆喰詰め直し

      その他の施工事例一覧→

      杉並区と近隣地区の施工事例のご紹介

      中野区新井でセメント瓦屋根への強風被害を火災保険で修理、葺き替えと軒天補修

      【施工内容】

      屋根葺き替え

      杉並区堀ノ内で屋根の平板瓦に後付け雪止めを設置して落雪対策しました

      【施工内容】

      雪止め設置

      中野区本町で強風で割れたバルコニーの屋根をポリカーボネートの波板で張り替えます

      【施工内容】

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求

      台風10号への備え、できていますか

      台風10号への備え、できていますか

      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東東京
      〒132-0023 東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      ページトップへ戻る